ウイルス対策・不正アクセス対策の関連情報
SentinelOne

SentinelOne
の評判・口コミ・料金・機能・導入事例

最終更新日 : 2022年03月07日 08:38
サービスの説明

『SentinelOne』は、AI機械学習による防御と検知、自動対応をマシンスピードで実現する自律型エンドポイントセキュリティ製品です。
入口でウィルスの侵入を防ぎつつ、仮に侵入されても侵入経路や対応方法をAIが分析し、被害を最小限に抑えることのできるアクティブ EDRで、AI実施セキュリティの専門家がいなくても高い水準のセキュリティが可能になります。

セキュリティ製品の格付けで世界的に認められるガートナー社。
そのEDR部門 Customer’sChoice の中でも、SentinelOneはトップクラスの評価を得ています。
また、将来性の高いソフトとしても、高く評価されています。

新しく検知されたウィルスに対してブラックリストを作って対処する従来型のアンチウイルスソフト(EPP)では、昨今のウィルス作成技術の向上により日々大量に生成されるウィルスへの対応が間に合わっていない状況です。
ブラックリストにない新種のウィルスには進入時はもちろん、侵入後も対策のしようがありません。
最近は厳重なネットワークセキュリティ対策をしているはずの大手企業でも、EMOTETやランサムウェア、ファイルレスマルウェアによる被害が増加しています。
EPPによる対策だけでは後手後手となり、対応の遅れにより被害が拡大すると、自社オフィスだけでなく関連する営業所や取引先にも影響を与え、業務復旧にもさらに長い時間が必要となります。
そういった流れから、ウィルスに侵入されることは避けられないものとして、その後いかに被害を抑えるかをコンセプトに開発されたのが「EDR」です。
EDRではウィルス進入時から状況を監視し、怪しい動きを見せたときに素早く影響範囲を分析。被害の拡大を抑えるための対策を迅速におこなうことができます。

『SentinelOne』はEPPとEDRの良いところを融合した「アクティブEDR」で、入り口でウィルスの侵入を防ぎつつ、もし侵入されてもAIによって状況監視と分析、対策をおこないます。
ウィルス検知時の対応方法はポリシーとして詳細に設定することができます。
また、インシデントの状況によってはロールバックによりシステム復元することで被害を最小限に抑えることが可能です。
SentinelOneは既存EPPのように定義ファイルの更新や定期的なフルスキャンなどが必要なく、通常のPCの動きを阻害せずに監視が可能なため、CPUへの負荷を最小限で抑えることができ仕事のパフォーマンスを落としません。

EMOTETは各種認証情報やアドレス帳情報を窃取し感染を拡大させるもので、感染した企業が被害者になるだけでなく加害者にもなりうるもので、政府も以前から注意喚起しています。
一度踏み台にされてしまうと、企業イメージは大きく失墜しかねません。
また決して大企業に限定されるものではなく、対岸の火事とは言っていられません。
最近はコロナ禍もあり、テレワークなどで必ずしもセキュリティの高くない環境からネットワークに接続することも多くなっているため、より一層の注意が必要な状況です。
この機会に、御社のネットワークセキュリティが本当に安全か、もう一度見直すことをおすすめします。

サービス画面 / UI

SentinelOneのスクリーンショット1
SentinelOneのスクリーンショット1
画像をクリックすると左側に表示されます

導入実績

  • 株式会社ビーグローバル

機能ごとの評価

iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
ウイルス/スパイウェア対策
未知の攻撃対策
ファイアウォール
迷惑メール対策
動作の軽さ

連携サービス

アンチウイルスソフト

SentinelOneの口コミ・評判

1.00
レビュー分布
(0)
(0)
(0)
(0)
(1)
従業員規模
1~10
(1)
11~30
(0)
31~100
(0)
101~500
(0)
501~
(0)

レビューを書いてみませんか?

製品に関するあなたの意見や感想を自由に公開できます。サービス向上に役立つ、さまざまな意見や感想を投稿してください。

匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2022/04/25
1/5
在籍確認
投稿経路オーガニック自然発生の口コミです
請求金額が突然変更され、サポート外のサービスを押し売りされそうになりました。おそらく、海外で開発されたシステム自体は良いかもしれないが、日本国内で満足なサポートを受けられない企業に、端末を預けることは避けた方が良いと思います。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
EDRであるため、既存アンチウィルスソフトとの共存も可能とのふれこみでありましたが、実際にテストをした結果それぞれが衝突して、脅威があるというアラートのままでありました。万が一導入するなら、単独導入しか選択肢がないようです。

SentinelOneの提供会社

株式会社TTM
IT/通信/インターネット系
大阪府大阪市中央区淡路町1丁目6番9号8階
代表者名
山口 啓
資本金
従業員規模
2~10人
企業URL
https://www.to-tm.com/
設立年月

資本金
企業URL
https://www.to-tm.com/
レビューを書いてみませんか?

製品に関するあなたの意見や感想を自由に公開できます。

サービス向上に役立つ、さまざまな意見や感想を投稿してください。

プロが教える後悔しない選び方
ウイルス対策ソフト選び方ガイド
かんたん30秒!一括資料請求
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。