banto

バントウ
更新日 2020-09-11
サービス資料
資料の続きを閲覧するには
基本情報
料金プラン
-
無料トライアル
無料プラン
×
連携サービス数
1
もっと詳しく!
無料でダウンロード
タレントマネジメントシステムの資料25件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料ダウンロードをご利用ください
huubHR
カオナビ
LearningWare
Profile Manager
MBO Cloud
Smart Company
タレントパレット
Cornerstone

サービス画面 / UI

bantoのスクリーンショット1
bantoのスクリーンショット2
bantoのスクリーンショット1
bantoのスクリーンショット2

導入事例と掲載記事

サービスの説明

【目標達成に不可欠なコミュニケーションをアクティブに】
OKR/KPIなどの進捗管理や、日々の活動記録の報告が面倒だと思ったことはありませんか?
bantoを使えば、いちいちスプレッドシートを開いて入力する必要はありません。
Slackからその日の進捗や活動記録を入力するだけで、OKR/KPIのデータとなってbanto内に蓄積されます。banto内のデータは、折れ線グラフやカンバンボード、ツリー形式で確認できたり、SNSを使うような感覚でチームの活動を見える化することが出来ます。

【目標管理だけじゃなく日報ツールとしても使える】
目標管理を導入していないけど、社員の仕事ぶりは見える化したいという企業におすすめです。
bantoは目標管理のツールだけでなく、日報や週報、朝会などのレポートツールとしても使えます。
いつどんな内容をメンバーに聞きたいか質問を作成すれば、後はチャットbot「AIbanto(エーアイバントウ)」が上司の代わりになって自動的に質問をしてくれます。
質問への回答結果はbantoに蓄積されるのはもちろん、指定したSlackのチャンネルに通知されたり、やり残したことなどは翌朝に自分にリマインドしてくれたり、仕事をサポートしてくれた感謝のコメントを指定した人に送ったりすることができ、仕事のコミュニケーションをよりアクティブにすることができます。

【お一人300円、従量課金で気軽にスタート】
初期費用:19,800円
月額費用:300円/ お一人あたり
※Slackでのテクニカルサポートあり
※OKRコンサルテイングサービスあり

資料・事例

banto資料

仕様

iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
連携サービス
Slack

料金・費用

無料トライアルあり
banto利用料金
プラン価格
月額/ユーザー
300円-
初期費用
19,800円-
最低利用人数
1人
最低利用期間
6ヶ月

(1) 従量課金制となっていますので、利用アカウントの追加・削除はユーザー様にてbantoシステム内で行えます。
(2) 変更内容は即時反映されます。
(3) ご利用人数を変更した場合、変更されたアカウント数で月額料金をご請求させていただきます。
(4) OKRコンサルテイングサービスは、ユーザー様の現状をヒアリングさせていただいた後、お見積りをご提出させていただきます。

よくある質問

Q

チームの何名かで トライアルを試してみたいのですが可能ですか?

A

30日間の無料トライアルを、最大10名様まででご利用いただけます。

Q

Slackがなくても利用できますか?

A

申し訳ございません、bantoはSlackのご利用が必須となっております。
ただ、Teams、ChatWork、LINE WORKSとの連携を順次行っていく予定です。
Teams連携は2020年10月、ChatWorkとLINE WORKSは2020年12月に連携開始予定となっています。
詳細につきましてはbantoまでお問い合わせください。

なお、Slackは無償プラン、有償プランご契約形態に関係なくbantoと連携可能です。

Q

チャットbotが投げかける質問や質問を受け取る時間などはカスタマイズできますか?

A

チャットbotに、「いつ・どんなタイミングで・誰に・どんな内容の質問」を送るのかはユーザー様で自由にカスタマイズ可能です。
朝会用、日報用、週報用など目標管理に使うレポートはもちろん、質問の作り方次第では、飲み会の出欠アンケートなどにもご利用可能です。

Q

うちの会社は営業などの分かりやすい数字目標を持っているわけではないのですが、数字目標以外にも使えますか?

A

はい、ご利用いただけます。
目標は、数字で表す「定量目標」だけでなく、言葉で表す「定性目標」も作ることができます。
定性目標の例を挙げると、「◯◯◯製品を9月までに開発完了させる」と言った、研究・開発などを行っている企業様が設定されるような目標です。
こういった数字で表しにくいような目標も設定して、進捗を管理していくことが可能です。

よく比較されるサービス

選択したサービスをまとめて比較・資料ダウンロードできます
すべて選択(6件)

口コミ・評価

匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:利用中
/
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
チャットから質問に回答するだけで営業の数字入力や日報などの報告が完了。報告した営業数値やタスクの進捗状況は、bantoの画面で自動で集計され、全社員で確認することが出来他に類をみないサービスです。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
日報業務を効率よく行いたく導入しました。チャットbotが、一人ひとり決められた時間に目標の進捗を質問し課題の解決ができました。
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性

提供会社

株式会社サイダス
IT/通信/インターネット系
東京都港区芝
資本金
254,747,300円
代表者名
松田 晋
従業員規模
101~200人
企業URL
設立年月
2011年10月

その他のタレントマネジメントシステムのサービス

【タレントマネジメントに関する調査 3部問でNO.1獲得】 人材情報を見える化しマネジメントを効率的に行えるシステムです。分析ツールのPerformance Cloudも使えば、個人と組織のパフォーマンスを最大化し、最適配置、育成が可能に。
人材管理のペーパーレス化で「テレワーク」など新しい働き方にも対応。スキルや個性など人材データの見える化で、一人ひとりに合わせたマネジメントが可能に。人事部門だけでなく経営陣やマネジメント層も使えるシンプルな画面と直感的な操作性が特長です。
【タレントマネジメントに関する調査 3部問でNO.1獲得】 中長期的な目標達成・人事考課を支援するクラウドシステムです。評価業務工数の削減はもちろん、自社の目標方法をそのままシステム化し、目標達成までの経過を見える化できます。
人材の最適配置、適正評価、発掘・採用、離職防止などの豊富な見える化機能を搭載。メンバーがもつ様々な色を掛け合わせ、組織としての夢を自由に描ける“科学的人事戦略”を人事ビッグデータを活用して実現することができる人事情報プラットフォームです。
HRMOS CORE
まだ評価はありません
HRMOS COREは、企業の根幹を支える「人事」の生産性を改善するDX推進システムです。人事データを一元化し、人事業務の効率化とデータの可視化を促進します。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。