決済代行の
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
この資料は10ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは決済代行のサービスについてまとめています。
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
株式会社ネットプロテクションズ

決済代行サービスを選ぶときの3つのポイント!


1
セキュリティの高さ
決済代行は、一時的とはいえ、企業の売り上げを預かるサービスです。万が一情報漏れなどが起きると、今後の取引に甚大な被害が発生します。ですので、信用が非常に重要です。この後挙げる費用や、締め日と出勤日よりも重要かもしれません。一般的に、大きな企業ほど信用低下による損失は大きいので、サービスの導入事例をチェックするとである程度はわかります。また、3Dセキュア(本人認証決済サービス)などの公的な認証を受けているか否かでも確認することができます。
2
全体の費用
決済代行サービスを比較するときには、費用は細かく検討する必要があります。なぜなら、このサービスは料金体系が複雑だからです。具体的には、基本費用や決済手数料をはじめ、売上の処理費用などが挙げられます。しかも、決済する手段で決済手数料が異なることがあります。費用の試算をするときには、サービス資料などの料金体系をしっかり精査する必要があります。
3
締め日と出入金日
この点は意外と導入時に考えることが少なく、いわば盲点となりやすい点です。支払いの締め日はいつになるのか、取引が成立した後に実際に出入金が行われるのはいつなのか、というタイミングは導入前にしっかり確認しておくようにしましょう。

決済代行サービスの一覧


手間なし
費用なし
決済代行
3
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
決済代行
3
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


決済代行の基礎知識


1
決算代行サービスとは

決算代行とは、「掛売り」(販売後、一定期間後に代金を受け取る方法)と「掛買い」(購入後、一定期間後に代金を支払う方法)に関わる業務を代行してくれるサービスです。「掛売り」の決済代行では与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て引き受けてくれます。もちろんそれらにかかわるノウハウも必要ありません。さらに決算代行クラウドサービスが代金を全額立替えてくれるので、代金未回収リスクも発生しません。取引先の信用状況も調査してくれますし、与信判断も行います。また「掛買い」のサービスを提供している決算代行サービスもあります。こちらでは初期費用、利用料がほぼゼロで掛買い(後払い)を可能な決算代行サービスもあります。したがってバイヤーもサプライヤーもチャンスの拡大が見込まれます。

2
決算代行サービスの基本性能

・未回収リスクがない
・掛売りに関わる業務(与信、請求書発行、入金管理、督促、回収など)を全てを代行
・個人事業主・あらゆる販売形態で掛売りが可能
決算代行サービスでは、与信管理、請求書発行、入金管理、督促、代金回収業務など全てを請け負います。もちろん与信判断、取引先の信用状況調査も請け負い、代金は全てサービス提供側が全額負担するので、未回収リスクはありません。また、掛売りが難しい個人事業主・小口取引にも対応していますし、初回取引の相手が多いeコマースや電話注文、FAX注文でも与信を請け負います。

3
決済代行サービスがなぜ必要か

・掛売りに関わる業務の負担軽減
・営業や商品開発の業務に集中できる
・掛売りのノウハウがない企業でも、掛売りが行える
・顧客の開拓・拡大
今まで掛売りを行っていた企業でも、事務作業や回収漏れの負担が減りますし、その分の業務をなくし、営業や商品開発にその分を充てることができます。もちろん今まで掛売りに未対応の企業や新規事業であっても、未回収リスクがないため、ノウハウ無しで、安心して掛売りをスタートできます。また、これらの決算代行サービスでは、個人事業主や中小企業、eコマースや電話注文・FAX注文なども請け負っているので、さらなる顧客の開拓や拡大が見込まれます。このように、決算代行サービス導入にはいくつものメリットがあります。

4
決済代行サービス導入のメリット

・掛売りに関わる手間・リスクの軽減
・顧客の開拓と拡大
決済代行サービスでは掛売りに関わる与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て引き受けてくれます。さらにサービス提供側が全額立替えてくれるため、実質リスクがゼロなのです。決済代行サービスでは、独自に円滑な取引先の信用状況調査・与信判断を行うので、サービス利用者はそれらの業務負担・リスクが全く必要ないです。
また掛売りの業務をなくし、営業や商品開発にその分を充てることができます。
また、これらの決算代行サービスでは個人事業主や中小企業。またはeコマースや電話注文などの今まではリスク的に掛売りが難しいところにも、掛売りが可能になります。そのため、さらなる顧客の開拓・拡大が期待できるのです。

5
決済代行サービスのデメリット

・手数料
決済代行クラウドサービスでは、デメリットが無いと言っても、過言ではありません。
本来、顧客の開拓や拡大のために掛売りを始めたいと考えているものの、リスクや業務負担のために躊躇してしまうことが大半です。しかし、決済代行サービスでは未回収リスクや、業務負担がなくなるため、掛売りのデメリットがほぼなくなるのです。もちろん掛買い(後払い)ができなかった企業も掛買い(後払い)ができるるようになり、ほぼデメリットはありません。唯一のデメリットは、決済代行サービスでかかる手数料程度でしょう。しかし、決済代行サービスでかかる手数料も、本来の掛売りにかかるコストを考えると、むしろメリットなのではないでしょうか。すなわち決済代行サービスでは、ほぼデメリットが無いのです。

6
決済代行サービスを導入する際に比較するべきポイント

・決済代行で発生する手数料
・決済代行サービスの信頼度
・済代行サービスの取引でのスムーズさ
決済代行サービスでは掛売りで手数料が発生します。もちろん与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て行っていた時と比較するとコストダウンであることが大半です。しかし、手数料があまりかからない方が良いですよね。ですから、手数料はしっかりと検討しましょう。また決済代行サービスではクレジットカードや口座番号などの情報を提供します。他にも高額な取引を行うわけですから、決済代行業者の信頼度はきちんとチェックすべきです。そのほかには、掛売りの目的の一つである取引のスムーズさ、スピード性がきちんと向上し、顧客に満足してもらえるようにどの程度の速さで与信や取引を実行するのか比較しましょう。

7
決済代行サービスの導入に成功するため、失敗しないためのポイント

・代行サービス業者のサポート体制
事業が拡大し、取引が多くなってくると、これまでの体制では社内が回らなくなっていきます。例えば請求書業務が追い付かなくなっていくと、取引先からの問い合わせなど、次から次へと業務負荷が増えてきます。そこで決済代行サービスを導入することが多いでしょう。しかし、運用しはじめのころは、何かしらのトラブルが発生することもあるでしょう。その際に、導入した決済代行業者が素早く・手厚いサポートに応じてくれるか。この点は十分に調べてから導入すると、後々困ることが少ないでしょう。