仮想通貨LISK(リスク)は今後も高騰の可能性大?特徴・将来性・イーサリアムとの違い

2017年になって急激な高騰を見せ、今非常に注目を浴びている仮想通貨「LISK」。今回はLISKに投資する際に参考となるスマートコントラクトなどの特徴や、過去の高騰要因、イーサリアムとの違い、将来性、LISKを取引できる国内仮想通貨取引所などについて紹介していきます。

仮想通貨LISK(リスク)は今後も高騰の可能性大?特徴・将来性・イーサリアムとの違い

投資家だけでなく開発者にも人気の仮想通貨LISK

2017年の秋になって急激な高騰を見せているLISKは、投資家にはもちろん、開発の容易さから開発者にも人気の仮想通貨です。今回はそんなLISKの特徴や過去の高騰要因、今後の将来性について紹介していきます。

仮想通貨LISKとは

出典:Lisk (LSK) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

LISKは仮想通貨そのものの名称と思われがちですが、分散型アプリケーションのプラットフォームのことを指す場合もあります。

その中で使用される仮想通貨のこともLISK(単位はLSK)と呼ぶので、話の内容によって意味合いが全く異なるため混合しないように注意が必要です。

仮想通貨LISKの特徴

LISKは契約を自動化してくれるシステム「スマートコントラクト」を特徴とした仮想通貨です。

他の仮想通貨と大きく違う点はプログラミング言語にJavaScriptを使用していることと、サイドチェーンを使用していること。

LISKに使われているJavaScriptは、すでに広く使用されているプログラミング言語のため、開発するのに新しい技術を習得せずとも参入することが可能です。

またサイドチェーンはメインのブロックチェーン上にコードを書くのではなく、分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意しコードを書いて動作させる仕組みのことで、メインのブロックチェーンに載せる情報が少なくなるため処理能力の向上が望めます。

イーサリアムとの違い

イーサリアムはその開発にブロックチェーン専用のプログラミング言語を使用するため参入の障壁が高いですが、先ほど説明したとおりLISKにはJavaScriptが使用されており、すでに習得している人は容易に参入できます。

またイーサリアムは世界最大級のソフトウェア会社であるマイクロソフト社や、世界的なコンサルティング会社であるデロイト社などとの提携によりこれまで価格を上げてきました。

これに対しLISKは、過去にLISK自身の機能のアップデートやマーケティングで価格を上げているのも特徴的です。

イーサリアムとは | ICOに使われる理由・ビットコインとの違い・規制の背景を解説 | ボクシルマガジン
イーサリアムという仮想通貨をご存じですか?ビットコインの次といえばこの通貨といわれるくらいですが、なぜここまで注目...

仮想通貨LISK高騰の理由

LISKは過去に幾度とない高騰を見せていますが、そのほとんどがLISK自身のアップデートLISK社のマーケティングの結果によるものです。

ここでは、過去にLISKが高騰した際の値上がりの要因を紹介していきます。また、高騰の要因は以下の記事でも詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

リスクの今後は? | 150倍以上の高騰はナゼ起きたのか -  将来性・価格動向・4つの展開 | ボクシルマガジン
リスクの今後の価格動向にかかわる情報を解説します。2018年にはSDK配布、リブランディング、アップデートなどが予...

東京カンファレンス

2017年11月11日に東京で仮想通貨のカンファレンスが行われ、LISKを含む複数の仮想通貨事業者がその場に集いました。

この3日前から仕手(価格を操作するプロの集団)の価格操作が行われ、急な価格高騰に焦った人がさらにLISKを購入することで結果として大きな高騰を見せ、11月の初旬と比較し50%ほど価格が上がりました。

希薄化

2017年11月17日にはLISKのマイニングに対する報酬が半減期に入り、供給量の増加率が以前と比べてゆるやかになりました。

それによりLISKの希少性が高まることで、価格が高騰するのではないかという投機的観点から購入する投資家が一時的に殺到し、一時は1,400円台につけるほどの高騰を見せました。

ベルリンミートアップ

2017年11月22日にベルリンで行われたブロックチェーンのイベント「ベルリンミートアップ」では、LISK社が重大発表を行うと事前に告知し、それにより価格が高騰しました。

そこでは後述するLISK Core 1.0のリリースが年内に行われることやLISK自身のリブランディング戦略について、エンジニアの開発を支援するツールキットであるSDKの配布予定などが発表されました。

LISK Core 1.0リリース

LISKは大型のアップデートを控えており、それを「LISK Core 1.0」と言います。

このアップデートではLISK最大の特徴であるサイドチェーンの強化と、LISK自体の規模の拡大を予定しています。

もともとは2017年9月リリースの予定でしたが、延期によって同年12月にリリースされる予定です。

リブランディング

LISK社は「LISKのブランドを普及させていくために、一度すべての戦略やデザインなどを見直す」ということを発表しました。

その内容にはLISK社が大手の企業と共同で開発を進めていく意思があることや、LISKのロゴやデザイン、ネーミングの変更までもが含まれています。

この発表に伴ってLISKに期待する人の買いが集中し、結果として価格が高騰しました。

SDKの配布

SDKはエンジニアが開発を行うためのツールキットで、LISK社はLISKを用いた開発を支援するためのSDKを配布することを発表しました。

これにより、さらに多くのエンジニアがLISKのサイドチェーンを用いた開発に参入することが可能となるため、より効率良く開発が行え、かつLISK自身もより良い仮想通貨に成長していくことが期待されています。

仮想通貨LISKの将来性

これまでLISKの特徴や過去の高騰要因などについて紹介しましたが、LISKはまだまだこれから需要が伸びてくる通貨だと言われています。

ここでは、LISKの将来性について紹介していきます。

マイクロソフトと連携?

LISKはマイクロソフト社のサービスと連携が進んでいるとされています。

マイクロソフト社が法人向けに提供しているクラウドサービス「Windows Azure」内にLISKの機能が取り入れられる可能性があるようです。

が、あくまで可能性の1つにすぎないので、過信しすぎないよう注意しましょう。

インドの仮想通貨市場に上場?

2017年8月にはインドで新しく開設された[仮想通貨取引所]である(https://boxil.jp/token/a3312/) BitBayLISKが上場し、取扱いが開始されることが発表されました。

もともとインドはオンライン決済が盛んであることに加え開発者の数も非常に多いため、仮想通貨業界の中でも注目されていた市場。この上場決定によりLISKの価格は大きく高騰しました。

開発が簡単?

先ほども説明しましたが、LISKはJavaScriptという比較的ポピュラーなプログラミング言語を開発に使用しているため、技術者の参入が他の仮想通貨と比べると容易だと言えます。

またLISK社は、2018年にLISKを用いた開発を支援するためのSDKを配布する予定のため、今後はより開発者の参入障壁が下がっていくでしょう。

多数の開発者がLISKの開発に携わることにより、LISKが今後より良い仮想通貨になっていくことが期待できるのではないでしょうか。

仮想通貨LISKの取引所

ここでは、LISKを購入できる国内の仮想通貨取引所を紹介していきます。LISKを購入できる仮想通貨取引所は2017年12月現在、国内で1か所のみです。

Coincheck

出典:ビットコイン(Bitcoin)を最短10分で購入 | Coincheck(コインチェック)

Coincheckはコインチェック社が運営している仮想通貨取引所で、国内でLISKを購入できるのはこのCoincheckのみです。

非常にわかりやすいデザイン、操作性に加え、仮想通貨の銘柄に関しても時価評価額が高く世界中で注目されているものばかり扱っています。

仮想通貨取引所についてはこちらから。

仮想通貨取引所の選び方!手数料・取扱通貨数・セキュリティを徹底比較 | ボクシルマガジン
これから仮想通貨の投資を始めようとしている方は、取引所にサービスを利用するための登録が必要になってきます。今回はそ...

今後も高騰する可能性大

今回紹介したように、LISKはこれまでLISK自身の機能のアップデートやマーケティング力で価格を高騰させています。そのため、今後は大きな企業との提携が決まることなどで、さらに高騰する可能性は高いと言えるでしょう。

また開発者の参入が容易なため、機能面などを見てもより良いものになっていくことが期待できます。今話題の仮想通貨LISK。投資を考えている人はCoincheckに登録し、購入してみましょう。

仮想通貨取引所の登録がまだの方はこちら

「口座を開設したいけど、どこの取引所がいいかわからない…」
「もう登録してるけど、他の取引所ってぶっちゃけどうなの?」
そんな方は仮想通貨取引所を徹底比較してから登録しましょう!

仮想通貨取引所の選び方!手数料・取扱通貨数・セキュリティを徹底比較 | ボクシルマガジン
これから仮想通貨の投資を始めようとしている方は、取引所にサービスを利用するための登録が必要になってきます。今回はそ...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
【図解】仮想通貨10年の歴史!グラフィックで振り返るビットコイン10年間ハイライト | ボクシルマガジン
Satoshi Nakamotoがビットコインの論文を投稿してから10年が経とうとしています。今回は、ビットコイン...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
仮想通貨NEM(ネム)は今投資するべきか | 特徴・今後の可能性 | ボクシルマガジン
仮想通貨の中でもいま非常に高い注目を集めている銘柄にNEM(ネム)というものがあります。今回はそんなNEMの概要と...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
日本発ICO最高額!期待のトークン「QASH(LIQUID)」の将来性とは - 購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
イーサリアムクラシックは3月のハードフォークで値上がりするのか | 特徴・価格の連動性 | ボクシルマガジン
2018年3月のエアドロップによって有利な配当が受けられる可能性のあるイーサリアムクラシック。イーサリアムとの違い...
【2018年4月最新】暗号通貨時価総額ランキング | 上位10銘柄の特徴を紹介 | ボクシルマガジン
暗号通貨(仮想通貨)は1,500以上あると言われていますが、みなさんはいま人気がある暗号通貨をご存知ですか?今回は...
仮想通貨のアービトラージ取引は儲かる?異なる取引所での売買方法 | ボクシルマガジン
ビットコインなどの仮想通貨でアービトラージを行うことは可能です。アービトラージとは小さい利益のさやを取りにいく手法...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...