仮想通貨イーサリアムの特徴・ウォレット作成法・取引所 - 最新ニュースから将来性を読み解く

仮想通貨イーサリアムは将来性があるのか?資金を投入してもよいのか?最新ニュースや4段階アップデート計画、スマートコントラクトからイーサリアムの未来を読み解きます。イーサリアムを購入できる仮想通貨取引所やウォレットも紹介します。(※初回公開日:2018/02/07)

仮想通貨イーサリアムの特徴・ウォレット作成法・取引所 - 最新ニュースから将来性を読み解く

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 QUOINEX
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
100%コールドウォレット管理
実効スプレットが非常にタイト

これからのイーサリアム

仮想通貨の価値は、需要が高まるほど上昇します。つまり、多くの人から求められるような将来性がある仮想通貨は、価格が高騰する可能性が高いということです。よって、仮想通貨イーサリアムに投資するのか判断する材料として、将来性の有無が重要なポイントになります。

そこでこの記事では、イーサリアムとは何なのか。価格の上昇につながるような将来性はあるのか。という点について解説します。

また、イーサリアムの購入方法や安全に保有するためのウォレットについても紹介します。

仮想通貨イーサリアムとは

仮想通貨イーサリアムは、ビットコインとならんで知名度が高く、2018年6月12日時点では時価総額が約6兆円になっています。これは仮想通貨全体の時価総額ランキング2番目に位置する価格です。

また、世界初の仮想通貨格付けランキングでは最高評価を獲得しました。

仮想通貨は需要が高まるほど価格が上がるものなので、イーサリアムは数千種類はあるといわれている仮想通貨の中でも、2番目に価値が高いともいえます。

このイーサリアムを含めた仮想通貨の時価総額ランキングは以下の記事から。

仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...

格付け評価は以下の記事から。

世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...

仮想通貨イーサリアムの最新ニュース

仮想通貨の価値は、その仮想通貨を取り巻く環境の変化によって変動します。よって、仮想通貨に関連するニュースは、保有している仮想通貨の未来の価格を予想するうえで重要な判断材料になります。そこで、イーサリアムに関連する最近のニュースを紹介します。

ハードフォーク再び?340億円分のイーサリアム凍結

2017年11月にParityというイーサリアムのウォレットに脆弱性が見つかり、時価340億円相当のイーサリアムが凍結された、というニュースがありました。この問題への対処として、Parityの自己破壊されたマルチシグウォレットコントラクトライブラリ及び、Parityのみのコントラクトの回復を提案した「EIP-999」が発表されています。

かつて「The DAO事件」と呼ばれるイーサリアムへのハッキング被害が発生したときに、その対処方法でイーサリアムコミュニティが対立した結果、イーサリアムはイーサリアムクラシック分裂ハードフォーク)しました。

今回のニュースでも、問題への対処としてハードフォークする可能性があると言われていましたが、Parityの共同創業者のJutta Steiner氏及び、Gavin Wood氏は声明の中でハードフォークの可能性を明確に否定しました。

「The DAO事件」や、イーサリアムのハードフォークについては以下の記事で詳しく解説してます。

仮想通貨ETC(イーサリアムクラシック)の特徴とは | 派生コインが高騰したワケ | ボクシルマガジン
イーサリアムから派生した仮想通貨ETC(イーサリアムクラシック)は、The DAO事件を機に生まれた仮想通貨です。...

イーサリアムを利用した実店舗での国内決済開始

2017年9月にリミックスポイントが、イーサリアムを使った実店舗での決済システムをリリースしました。実店舗での決済が浸透すれば、イーサリアムの需要はさらに高まります。

ビックカメラなどがビットコイン決済を導入しているように、イーサリアム決済を採用する実店舗も今後は増えていくはずです。イーサリアムはビットコインよりも決済スピードが早いので、実店舗での利用においてはビットコインよりも普及する可能性もあります。

ビットコインや、ビットコイン決済については以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

仮想通貨とは?代表的なビットコインとその投資法を紹介 | ボクシルマガジン
代表的なビットコイン以外にも、仮想通貨は現在1,000種類以上の銘柄があるとされています。今回はビットコインを始め...

EEA1.0のリリース

Enterprise Etherium Alliance (EEA:イーサリアム企業連合)は、5月16日にニューヨークで開催されたコンセンサス2018にて、Enterprise Ethereum Client Specification 1.0のリリースを発表しました。イーサリアムブロックチェーン上で共通の設計仕様となる、相互運用性の高い共通のフレームワークです。

EEAの常任理事であるRon Resnick氏によると、

「EEAのEnterprise Ethereum Specificationは、主力企業と、我々の技術委員会内のテクノロジー及びプラットフォームメンバーの、18ヶ月にも及ぶ共同作業の結果なのです。 
このEEAの、オープンソースであり、マルチプラットフォームに対応できるフレームワークによって、個別の企業部門では到底達成し得なかった、(イーサリアムブロックチェーンでの)より深く、より広い大量の採用を成し遂げることができることでしょう。」

相互運用性の獲得により、イーサリアムプラットフォームに今まで深く関わってこなかったような大きな企業が関わるようになる可能性があります。
EEAの開発は、イーサリアムプラットフォームのステークホルダーを変容させる大きな一歩であると言えるでしょう。

仮想通貨イーサリアムの購入方法

仮想通貨取引所での売買

イーサリアムをはじめとした仮想通貨の売買は、基本的には仮想通貨取引所で行われます。仮想通貨取引所はひとつではなく、多くの企業がインターネット上で仮想通貨取引所を運営しています。

そして、仮想通貨取引所ごとに取り扱っている仮想通貨は違いますが、イーサリアムはとても有名な仮想通貨なので、たいていの取引所で購入可能です。

イーサリアムを購入したい場合はどの仮想通貨取引所でも、「アカウント開設→日本円入金→イーサリアム購入」という流れになります。アカウント開設をするためには本人確認書類の提示が必要なため、認証されるまで数日から数週間かかるので、早めに登録しておきましょう。

以下、イーサリアムを売買できる代表的な日本の仮想通貨取引所を紹介します。その他の取引所について知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

イーサリアム取引所比較おすすめ14選 | 手数料・選び方・セキュリティ | ボクシルマガジン
イーサリアムを取り扱っているおすすめの取引所の中からセキュリティ、手数料、銘柄数、通貨ペア、最少購入単位など取引所...

bitFlyer

bitFlyerは、日本の仮想通貨取引所のなかで取引量・ユーザー数・資本金が第1位の大手取引所です。

仮想通貨取引所は自分の資産を預ける場所なので、このような実績があるbitFlyerは、信頼性が高い仮想通貨取引所といえます。また、サイトが非常に見やすくわかりやすいので、初心者の方にとって利用しやすい仮想通貨取引所です。

Zaif

Zaif(ザイフ)は、取り扱っている仮想通貨の多さと、決済手数料の低さが特徴の仮想通貨取引所です。イーサリアム以外にも取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、日本の仮想通貨取引所のなかではZaifでしか購入できない仮想通貨も少なくありません。

また、仮想通貨を売買するときの決済手数料が、他の仮想通貨取引所よりも低い-0.01%になっています。通常は、仮想通貨を売買すると一定の手数料が発生します。しかしZaifでは、上限はあるものの逆にユーザに対して仮想通貨が還元される仕組みになっているのです。


仮想通貨取引所の選び方はこちらから。

仮想通貨取引所おすすめ徹底比較12選 | 選び方のポイント解説  | ボクシルマガジン
これから仮想通貨の投資を始めようとしている方は、取引所にサービスを利用するための登録が必要になってきます。そんな仮...

ウォレットの作成方法は?

ウォレットとは、仮想通貨を入れておくための財布のようなものです。仮想通貨取引所で購入したイーサリアムをそのまま取引所に保存しておくこともできますが、取引所がハッキングされてイーサリアムが盗まれるなどのリスクもあります。

ウォレットは仮想通貨取引所よりもセキュリティが強力なので、ハッキング被害などのリスクを下げられます。短期的な売買をする予定がない場合は、ウォレットを作成して仮想通貨を移しておくことをオススメします。そこで、イーサリアムを保存できる代表的なウォレットを紹介します。

また、ウォレットの種類については以下の記事で詳しく解説しています。

【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は? | ボクシルマガジン
仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのでは...

My Ether Wallet

My Ether Walletはイーサリアムなどを保管できるインターネット上のウォレットです。

ウォレットを作成する

まずはMy Ether Walletの公式サイトにアクセスします。

サイトは英語になっていますが、右上の言語選択で日本語に変更できます。ただし、日本語訳の質は低いので、英語でも問題ない方は英語のままにしておきましょう。

真ん中の欄に、9文字以上の文字列を自分で考えて打ち込みます。ここに入力した文字列をもとに、My Ether Walletにログインするための秘密鍵(パスワード)が生成されます。文字列が多いほどセキュリティが高まるので、少し大目に20文字程度打ち込むことをおすすめします。入力が終わったら「お財布の作成」をクリックします。

まずは「ダウンロード Keystore ファイル」をクリックして秘密鍵をダウンロードしましょう。ダウンロードしたファイルは、今後ウォレットを開くために必要となります。また、紛失してしまうとウォレットにアクセスできなくなってしまうので、厳重に保存しておきましょう。ダウンロード後、画面下の赤いボタンをクリックします。

ここで表示される秘密鍵は、My Ether Walletにログインするために必要となります。いわば銀行の「キャッシュカード+暗号」と同じような役割をもっています。必ずメモをして、他人の目に触れないようにしておきましょう。秘密鍵をコピーしたら、ページ下部のボタンをクリックします。

左の「秘密鍵」を選択して、真ん中の入力欄にさきほどコピーした秘密鍵をペーストします。最後に画面右の「アンロック」をクリックすればウォレット作成は完了です。

ウォレット画面には、自分のアカウントアドレスやイーサリアムの残高が表示されています。

赤枠のアカウントアドレスとは、仮想通貨取引所などからMy Ether Walletのウォレットにイーサリアムを送付するときに入力する宛先のことです。ここに表示されているアドレス宛に、仮想通貨取引所などからイーサリアムを送付すれば、自分のウォレットにイーサリアムが保存されます。

JAxx

JAxxは、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどの保存ができるローカルウォレットです。ローカルウォレットとは、仮想通貨取引所などのようにオンライン上にあるウォレットではなく、自分のパソコンにインストールしてオフラインで使うタイプのウォレットです。

ローカルウォレットは仮想通貨をオフライン環境で保存するので、オンラインウォレットよりもハッキングなどのリスクが低くなります。

JAxxをダウンロード

まずはJAxxの公式サイトで「Download Now」をクリックします。

以下のとおり、JAxxにはアプリ版とPC版があります。今回はデスクトップ版を紹介しますが、登録の流れはアプリ版でもおなじです。

JAxxをインストール

ダウンロードしたJAxxを起動するとお知らせなどが表示されます。確認後、右下の「CONTINUE」をクリックします。次に利用規約が表示されるので、確認後「ACCEPT」をクリックします。

JAxxでウォレットを新規で作成する場合は、赤枠部分を選択して、右下の「CONTINUE」をクリックします。

初心者の方や、とりあえずウォレット作成をしたい方は「EXPRESS」を選択しましょう。「CUSTOM」を選択すればウォレットの設定を細かく決められますが、後からでも設定可能です。

次に、JAxxのウォレットで管理する仮想通貨を選択します。イーサリアムのウォレットを利用する場合は「ETH」を選択してください。他の仮想通貨を利用したい場合は後から追加できます。「ETH」を選択後、右下に表示される「TAKE ME TO MY WALLET」を選択すればウォレット作成は完了です。

ウォレット画面では、「Receive」でイーサリアムの受け取り、「Send」で仮想通貨取引所や他のウォレットへの送付ができます。仮想通貨取引所などで、赤枠内のアドレス宛にイーサリアムを送付すれば、ウォレットにイーサリアムが送付されます。

仮想通貨イーサリアムの将来性

イーサリアムの将来性を考えるうえで重要な、アップデートとスマートコントラクトについて解説します。

メトロポリス

イーサリアムは、機能拡張やセキュリティ強化などのために、リリース時から4段階のアップデートが計画されています。

それぞれの段階に名前がついていて、2018年6月現在は「メトロポリス」という3段階目のアップデートをしています。

さらにメトロポリスは、「ビザンチウム」と「コンスタンティノープル」という2段階のアップデートに分けられていて、「ビザンチウム」は2017年10月16日に行われました。

現時点で「コンスタンティノープル」の時期は未定ですが、それほど遠くない未来に行われる予定です。2018年内にはこのアップデートは完了すると言われています。このようなアップデートが行われるとイーサリアムの利便性が増すため、アップデート時期の発表やアップデート日が近づくことによって価格が上昇する傾向があります。

スマートコントラクトの可能性

仮想通貨にはそれぞれ独自の機能や役割がありますが、イーサリアムの場合はスマートコントラクトという優れた機能を備えています。

スマートコントラクトとは、取引の契約内容や契約の履行についての情報をブロックチェーン上に記録することによって、契約を自動化する機能のことです。

簡単にいえば、イーサリアムを使って取引をすれば、取引に関する契約を簡略化して低コストにできるということです。

たとえば企業間で契約をする場合には、まずはお互いの信頼性を調査して、支払う金額や対価について交渉をしてから合意するという業務が発生します。
しかし、スマートコントラクトを使えばこれらの業務を自動化できます。

このように、商取引において有用な機能であるスマートコントラクトを備えているイーサリアムは、将来性が高いといえるでしょう。

イーサリアムは実社会で活用される可能性が高い仮想通貨

この記事で紹介したようにセキュリティリスクに関するニュースは、イーサリアムの価格を大きく変動させる可能性があります。一方で、実店舗への決済ステムの導入や、Amazonのような大企業によるイーサリアムの活用は、イーサリアムの需要をさらに高めるニュースです。

また、イーサリアムはスマートコントラクトという優れた機能を有しているので、需要は今後も増えていく見込みです。また、4段階のアップデートがさらにイーサリアムの利便性を高めるので、将来性も非常に高いと言えます。

ただし、イーサリアムを取り扱うシステム上での脆弱性の発見やハッキング被害などのように、イーサリアムの信頼性を揺るがす事態が発生すると価格が暴落する可能性があるので、このようなニュースには注意しましょう。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
QUOINEX 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...