仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も?

仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高いです。そんな仮想通貨のデメリットを中心に、安全面や将来性もあわせて見ていきます。

仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も?

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料

仮想通貨とは

仮想通貨とは、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨です。本記事では、仮想通貨が持つデメリットを中心に、安全性や将来性もあわせて説明していきます。

もっとも有名な仮想通貨は「ビットコイン」です。「ビットコイン」はブロックチェーンという技術を用いて、全世界での取引がデータベースに記録されていきます。膨大な取引がブロックチェーンを用いて記録されるため、特定の管理者がおらず取引の改ざんが極めて困難であると言われています。

仮想通貨は「ビットコイン」を筆頭に、1,000種類以上あります。

アルトコインの種類は1600種類以上!特徴とおすすめ銘柄を紹介 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとした仮想通貨は現在1,600種類以上の銘柄が存在します。その中でもアルトコインの種類や特徴と、...

仮想通貨のメリット

大きな利益を上げられる可能性を秘めていることが現時点での最大のメリットでしょう。1年前と比べて価格が10倍以上になっている仮想通貨も珍しくありません。投資の対象として見た場合、これほどリターンを見込める投資先は他にはありません。

もし1年前に10万円分の仮想通貨を購入していれば、今や100万円を超える価格である可能性が高いです。仮想通貨が新しい通貨であり、その価格が定まっていないからこそ起きていることです。

1,000円程度の少額から始められるため、敷居が低いこともメリットです。FXや株式では最低でも数万円は必要なので、その差は歴然です。

仮想通貨FX、知っておくべきメリット・デメリット | 取引所を選ぶポイント | ボクシルマガジン
これから仮想通貨FXの投資を始めようとしている方が気になる魅力やリスクなどをまとめました。また、レバレッジやボラテ...

仮想通貨のデメリット

需要と供給という市場原理に支配される価格

仮想通貨にはストップ高、ストップ安がなく、国家のような中央管理者がいません。

値動きを制限する仕組みがないため、一瞬にして暴騰暴落が起こります。需要と供給によってのみ、その時々の価格が決まります。そのためボラティリティ(価格変動)が大きくハイリスクハイリターンな投資とみなされています。

ボラティリティが高いということは、上昇トレンドのときには莫大な利益を得ることがき、メリットになります。

一方、下降トレンドのときはその逆で、デメリットになります。一瞬にして自身の資産がなくなるリスクも秘めています。

仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...

紛失やハッキングの可能性

仮想通貨には中央管理者がいないため、万一トラブルが起きた場合の保証は一切されません

自己責任ではありますが、仮想通貨の送金時に使用するアドレスを1文字でも間違えると、送金した仮想通貨は紛失します。実際はアドレスをコピー&ペーストをするのであまり問題にはなりませんが、送金時には細心の注意が必要です。

また、何度か世間を騒がせたようにハッキングに遭う可能性もあります。

マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...

もちろん、これらのデメリットに対して無対策ということはありません。

たとえば、日本では2017年4月に実施された資金決済法の改定によって、仮想通貨を取り扱う業者は金融庁へ届出が必要となりました。これによって、国の監視が行き届き犯罪に巻き込まれても調査を行うことが可能となりました。

取引の迅速性は失われますが、仮想通貨取扱業者ではなく自身のウォレットをオフラインで保管すれば相当程度ハッキングによる損害は防ぐことができます。

長期間保管する予定の仮想通貨は、ネットワークに接続しない「コールドウォレット」で保管をすれば非常に安全です。

重い税負担

仮想通貨は非常に大きな利益を得る可能性があります。気をつけなければならないのは、仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類され、一律10%の住民税と累進課税の所得税として15%〜55%の税が課されることです。

「先物取引に関わる雑所得」として扱われ、住民税、所得税を合わせて一律20%のFXとは大きな違いです。

仮想通貨の法律「改正資金決済法」で〇〇税に影響 | 制定の背景・内容・目的・定義 | ボクシルマガジン
仮想通貨に関連する日本の法律とは、主に2017年に施行された改正資金決済法のことです。消費税や所得税などの税制度に...

ビットコインにおける送金時間・手数料問題

これまで仮想通貨全般について述べてきましたが、ここからはビットコインに集中して解説をします。

ビットコインはブロックチェーンを使用しており、これによって送金に時間がかかります。ネットワークを通じて10分間の取引を1つのブロックとして記録し、そのブロックをつなげてビットコイン取引の正確性を担保しています。

この10分間のブロックに記録が間に合わないときは、次の10分のブロックに取引が後ろ倒しにされます。多くのビットコインでの取引がなされるほど、取引完了に時間がかかるようになります。

また、ビットコインを使用する際には手数料がかかります。
ブロックに記録される取引は、送金手数料を多く支払うほど優先して処理されます。少額決済を繰り返した場合、手数料がかさんでしまい、総コストが膨らんでしまします。これらを解決しない限り、日常通貨としてビットコインが普及することは困難でしょう。

ブロックチェーン技術の仕組みとは | ビットコインから銀行や政府まで広がる活用 | ボクシルマガジン
ビットコインの根幹技術であるブロックチェーンについて解説します。ブロックチェーンはほぼすべての仮想通貨に利用されて...

ビットコインの誕生〜これまでの価格変動

今でこそ1BTCが100万円近くもするビットコインですが、2009年に誕生してからしばらくは、ほぼ価値のない状態でした。初めての上昇は、2013年に起こります。これは中国での需要が高まったからではないかと言われております。

その後も順調に価格が上昇していきますが、仮想通貨元年である2017年に爆発的に上昇します。

ちなみに、1980年代の日本のバブルとビットコインのチャートは非常に似ていると言われることがあります。これによって、ビットコインはバブル状態であり信用できない、という方がいるのも事実です。

ここで、「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年以降にビットコインの価格に大きく影響を与えた3つのでき事を見ていきましょう。

チャイナショック

2017年9月、中国当局がICOの全面規制を発表したこと、BTCCという中国でトップ3に入る仮想通貨取引所が取引停止した一連の出来事を指します。当時のビットコイン保有割合が世界No.1であった中国で大幅な売りが入り価格が暴落した事件です。

仮想通貨取引が中国で全面禁止になったワケ | 個人投資家の規制後の様子・現状 | ボクシルマガジン
過熱する中国国内の仮想通貨人気に中国政府は全面的に禁止する規制を行いました。しかし、その結果として中国では投資家が...

JPモルガンCEOの詐欺発言による価格操作

2017年9月13日、米JPモルガンのダイモンCEOが「ビットコインは詐欺だ。JPモルガンのトレーダーが取引をしていたら解雇する」という発言をしました。この発言を受け、ビットコインの価格は急落します。

ところが、この後JPモルガンがビットコインを購入していたことが露呈します。価格操作のためのボジショントークだったというわけです。

韓国での実名確認開始

韓国では2018年1月30日より、仮想通貨の取引に実名確認を導入しました。

目的は、悪用を防ぐために、偽名での取引、未成年の取引を排除することでした。
日本では金融商品を扱うとき当たり前に行われていることですが、韓国では未整備だったのです。これにより、偽名で取引していた人たちが現金化を急ぎ、ビットコインも価格が下落しました。

仮想通貨大国・韓国 | これまでの規制と2018年の市場予測 | ボクシルマガジン
仮想通貨の価格に大きな影響を与えることが多い韓国当局による仮想通貨規制。いままで韓国でどのような規制があったかをみ...

ビットコインハードフォークの影響

ハードフォークとは、仮想通貨の分裂のことを言います。

ビットコインでは、2017年8月にハードフォークを実施し、ビットコインキャッシュという新たな仮想通貨が誕生しました。ハードフォークを実施する目的は、新たなブロックチェーンを用いることで取引の処理スピードを上げることです。利用者が増えることによって、処理速度に遅れが出ると懸念されていたスケーラビリティ問題を解決することが見込まれます。

デメリットとしては、ハードフォークでは新しいブロックチェーンを用いることになるため、通貨の紛失のリスクが伴います。実際、紛失のリスクを懸念してハードフォーク実施直前ではビットコインの価格は下降しました。

一時的な下落はありましたが、ハードフォーク成功後の価格は上昇傾向にあります。2018年もビットコインのハードフォークはいくつか予定されています。

ビットコインキャッシュが完全にビットコイン越えする日は近いのか | ハードフォークが起きたワケ | ボクシルマガジン
ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日にビットコインがハードフォーク(分裂)し誕生した仮想通貨です。...

ビットコインの実用性について

ビットコインの実用性については現状ではかなり疑問が残ります。送金手数料の安さや、送金速度の速さが特徴でしたが、利用者の増えた現在どちらも実現できていません

ブロックチェーンでは、高い送金手数料を支払った取引を優先してブロックに記録される仕組みです。取引データが膨大になったため、高い手数料を支払って取引を優先させるか、長時間をかけて取引完了を待つか、といった状況になっています。

さらに、価格が定まっておらずボラティリティが高いことも相まって、ほとんど投機の対象としかみられていません。

ビットコインの実用性と安全性

ビットコインは新しい通貨であり、現時点では日本社会に普及していません。しかし、世界各国ではコンビニやショッピングモールの支払いで使用されています。

日本においても、楽天、DMM、ビックカメラ、アマゾンを代表にビットコインで決済ができる場所が増えてきています。

時間はかかりますが、観光大国を目指す日本において、グローバル通貨になりうるビットコインでの決済は今後も進んでいくことでしょう。

ハッキングの不安は付きまといますが、各国当局による規制、団体による自主規制が進み安全性は担保されていくでしょう。今でも、先述のコールドウォレットを使用することでハッキング被害はほとんど回避できます。

ビットコインの2018年の価格予測、1,000万まで伸びる?

2018年はビットコイン価格はどのように動くのか

2018年のビットコインは一時的な上昇はありましたが、暴落が続いています。1月は1BTC=200万円程度でしたが、2月10日現在80万円〜90万円で推移しています。しかし、専門家の中には1BTC=1,000万円を超える可能性もあるとみている方もいます。

なぜなら、ビットコインを使いやすくする要因が控えているからです。代表的なものは、セグウィット対応ウォレットの導入による取引の記録を拡大、ライトニングネットワークによる送金速度、手数料の改善があげられます。

ビットコインはさまざまな問題を抱えている

現在、仮想通貨の覇者として君臨するビットコインですが、その座は安泰とは言えません。イーサリアムを筆頭に、他の仮想通貨の台頭や送金時間、送金手数料の問題もあります。

また、法整備も間に合っておらず問題が発生したときの保証はありません。すべて自己責任です。

2018年も注目されるビットコインを代表とした仮想通貨

ビットコインは現時点では価格が定まっておらず、ボラティリティが高いため投機の対象とみられがちです。しかし、今回見てきたように仮想通貨は革新的な技術で成り立っているものです。

現在ビットコインの価格を正確に予測することは不可能です。まだまだ上昇するかもしれないし、バブルということは本当で一気に暴落するかもしれません。

以下の注目の仮想通貨を簡単に紹介します。

イーサリアム

ビットコインに次ぐ時価総額を誇ります。契約の自動化をすることができます。

仮想通貨イーサリアムの特徴・ウォレット作成法・取引所 - 最新ニュースから将来性を読み解く | ボクシルマガジン
仮想通貨イーサリアムは将来性があるのか?資金を投入してもよいのか?最新ニュースや4段階アップデート計画、スマートコ...

リップル

銀行間の取引での送金時間、手数料の改善に取り組んでいます。GoogleやSBIグループといった有力企業も投資しています。

仮想通貨「リップルコイン」の将来性は?特徴と過去の高騰要因 | ボクシルマガジン
仮想通貨の中でも、ビットコインに次いで注目を浴びているアルトコイン「リップルコイン」を知っていますか?リップルコイ...

ネム

取引額や保有数に応じて「PoIスコア」が設定されます。「PoIスコア」に応じて、NEMが使われたときに発生する手数料が報酬として分配されます。

ネム(NEM)にカタパルトが実装されるのはいつ?価格への影響・メリットを解説 | ボクシルマガジン
ネム(NEM)は現在大型のアップデートであるカタパルトの実装を控えていますが、その時期は2018年内になるであろう...

OmiseGO

主に東南アジアの決済システムとして広まっています。東南アジアでは銀行口座の開設やクレジットカード作成のハードルが高いです。

一方で、スマートフォンは普及しています。そのため、スマートフォン同士での決済ができるように、と作られました。

オミセ・ゴー(OmiseGO)は東南アジアの決済シーンを変える仮想通貨になりうるのか? | ボクシルマガジン
オミセ・ゴー(OmiseGo)は日本人が経営するオンライン決済の会社が開発した仮想通貨です。オミセ・ゴーの特徴と将...

モナコイン

日本発祥の仮想通貨です。名称は巨大掲示板「2ch」でおなじみ、「モナー」にちなんでいます。「Monage」と呼ばれているブログにモナコインを投げ銭できるシステムがあります。秋葉原のPCショップでの購入時にも使用できます。実社会で使用できる場面が多いことが特徴です。

仮想通貨には新しい技術を使っており、これからの活躍が期待されています。そのため、将来に対する見通しの感度が高い方々を中心に需要が高まってきています。特に、仮想通貨の注目度が高まった2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれました。

モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
Liquid by Quoine 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

堅実的な投資、資産運用に興味のある方はこちらもどうぞ

[ogp href="https://boxil.jp/articles/4860/"]

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!