仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測

リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています。この記事ではリップルの将来性が高いと噂される理由と2018年の価格予測を紹介します。※初回公開日2018/03/02

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 QUOINEX
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
100%コールドウォレット管理
実効スプレットが非常にタイト

以上の取引所は、XRP(リップル)も購入もできるおすすめの取引所です。

リップルとは

リップルは国際送金に特化して作られたプラットフォームで、そのプラットフォーム内で使われる仮想通貨のことをリップルコイン(単位:XRP)と呼びます。XRPはすでに1,000億XRPが発行済みで、国際送金をするときに「日本円→XRP→米ドル」というかたちで中間通貨として利用されます。

この記事では、すでに実用化に向けた開発が進んでいるリップルの将来性と2018年後半の価格予測について解説します。

リップルの価格上昇予測の根拠は!?

リップルは既存の国際送金システムや、他の仮想通貨よりもはるかに安価で高速な送金処理を実現できるシステムとして注目されています。さらに、これらの長所を活かした実用化が現実的に進んでいることが将来性を期待されている理由です。

バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ、JPモルガンなどの世界的大手銀行が参加して、リップルを利用した国際送金システムの構築にすでに動き始めているのです。

日本の大手金融機関もリップルプロジェクトに参加表明

世界の大手銀行だけではなくみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの日本の大手金融機関もすでにリップルを活用するプロジェクトに参画しています。

さらに三菱東京UFJ銀行は2018年からリップルの技術を活用した国際送金サービスを開始すると発表しているので、実用化はすぐ目の前にまで迫っているといえます。

中央銀行とも提携

リップルは大手金融機関だけではなく、以下の中央銀行などとも提携しています。

  • イングランド銀行
  • インドネシア銀行
  • シンガポール金融管理局
  • インド準備銀行

中央銀行はいわば国家が運営する機関なので、リップルへの期待がいかに大きいかわかります。

さらに2017年7月21日にはアメリカのFRB(連邦準備銀行)が、「Rippleが次世代国際送金の土台となることができる」と公式に言及しました。このように、もはやリップルは世界中の銀行や金融機関にとって注目の的になっているということです。

リップルに今後起こりうる4つの大きな展開 | 価格に影響するトピックとリスク | ボクシルマガジン
リップルは実用性の高さから今後の展開が期待されている送金システムです。リップル内で使われる仮想通貨・XRPの201...

リップルの今後の価格予測

ここまで紹介してきたとおり、リップルは将来性が非常に高い仮想通貨です。そんなリップルの価格予測と、最適な投資方針を紹介します。

リップルコイン(XRP)の価格予想 1XRP、いくらに?

XRPは日本円→XRP→米ドルというように、国際送金をするときの中間通貨として利用されます。よって、仮に日本円から米ドルへ10兆円の送金をするときには、中間通貨であるリップルも10兆円の価値をもっていないといけません。

つまり、リップルの時価総額は理論上、世界中で行われる国際送金と同等の価額になるということです。

現在、世界中の多くの金融機関ではSWIFTという海外送金システムを利用しています。
そしてSWIFTの一日あたりの送金総額は約620兆円です。また、XRPの発行上限枚数は1,000億XRPで、すでにすべて発行されているのでこれ以上増えることはありません。

つまり、もし現在SWIFTで行われている国際送金がリップルに切り替わった場合、1,000億XRP=620兆円の価値を持つことになります。2018年7月時点で1XRPは約50円ですが、上記の計算に基づけば1XRP=6,200円の価格になってもおかしくないという計算になります。

もちろん、SWIFTで行われている海外送金がすべてリップルに切り替わるとは限りませんし、すべての取引が同時に行われるわけではないので上記の計算が正しいわけではありません。

とはいえ多くの金融機関がリップルの利用に向けて積極的な姿勢をとっていますし、SWIFT以外の海外送金市場もあるので上記の価格を上回る可能性もおおいにあります。少なくとも現在の1XRP=50円という価格がリップルの限界ではないといえるでしょう。

リップル/日本円(XRP/JPY)リアルタイム相場・価格チャート | ボクシルマガジン
最新のリップル(Ripple)と日本円のリアルタイム相場(価格変動チャート)です。

リップルの取引所ごとの手数料比較

リップルを実際に取引する際には、下記の手数料比較表を参考にしてみてください。手数料から判断すると、GMOコインDMM Bitcoinは特に、リップルの取引をしやすい取引所であると言えます。

取引所 取引手数料 出金手数料
GMOコイン 無料 無料
DMM Bitcoin 無料 無料
QUOINEX 無料 500円
bitbank 取引所 無料 540円/3万以上756円
BITPoint 無料 自己負担
BitTrade メイカー 0.25%
テイカー 0.45%
648円

これらの取引所では、リップル以外の通貨も数多くを取り扱っています。その他通貨の情報や2018年の動向についてはこちらをご参照ください。

アルトコイン2018年おすすめ銘柄と購入できる取引所 - 将来有望なコイン10選 | ボクシルマガジン
アルトコインは現在1,600種類以上の銘柄があり、そのほとんどはに取るに足らない銘柄な場合が多いです。本記事では、...

リップルは長期保有に向いている

リップルはすでに発行上限である1,000億XRPが発行済みです。そして、そのうちの550億XRPをリップル社が保有していて、2018年から毎月10億XRPずつ市場に放出すると発表しています。

これはXRPの流通量が急激に増えてインフレを起こしてしまうことを防ぐための施策です。つまりXRPは急激なインフレによる暴落のリスクが低い仮想通貨であるといえます。

ただし、リップル社が急激な価格の変化が起きないようにコントロールしているということなので、短期的な高騰が起きる可能性も低いといえます。

仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...

リップルは世界中の大手金融機関が採用しているので将来性が高い仮想通貨であることは間違いありませんが、短期的には大きな変動が起きないようにコントロールされているということです。

とはいえリップルへの期待は非常に大きく、今後も実用化に向けて開発が進み価値が高まる見込みなので、長期的な保有に向いている仮想通貨であるといえます。

リップルの特徴

以下ではリップルが注目されている特徴をおさらいしていきます。

中央管理者の存在

ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨には特定の中央管理者がいないという特徴があります。一方リップルには中央管理者が存在していて、シリコンバレーのリップル社が運営および通貨の発行をしています。

一般的に、中央集権型の通貨は運営者の能力や方針次第で通貨としての価値や利便性が左右されてしまうというデメリットがあります。

しかし、リップル社の創業者であるクリス・ラーセン氏はpaypalなどの複数の事業を成功させている敏腕経営者であり、その他にもシリコンバレーの優秀なメンバーが集っています。そんなリップル社によって、現時点ではリップルは順調に進んでいるといえます。

「価値のインターネット」の実現

リップルが目指しているのは「価値のインターネット」を実現することです。インターネットによって情報が瞬時に伝達できる社会になったように、リップルによって価値(お金)も瞬時にやりとりできる社会を実現させようということです。

現在、国際送金を利用すると取引の処理までに3~10日程度かかるうえに、3,000円程度の手数料が発生します。リップルはこのような国際送金の不便さを解消し、高速で安価な国際送金を実現する仮想通貨なのです。

なぜリップルが使われているのか

リップルは、既存の国際送金システムの不便さを解消できる仕組みとして注目されています。その理由はリップルの「送金速度」「手数料」「処理性能」という3つの長所です。

送金の速さ

ビットコイン、イーサリアム、リップルの送金速度は以下のとおりです。

  • ビットコイン:1時間以上
  • イーサリアム:2分以上
  • リップル  :4秒

有名なビットコインやイーサリアムよりも、圧倒的にリップルの送金速度のほうが早いということがわかります。リップルを利用すれば送金は4秒程度で完了するので、どこのだれとでも瞬時に価値のやりとりができる社会が実現するということです。

手数料の低さ

リップルは手数料が圧倒的に低いことも大きなメリットです。

出典:Ripple公式twitterアカウント

上図はリップルの公式twitterアカウントが発表したもので、日本円に換算すると以下のとおりになります。

  • ビットコイン:約3,000円
  • イーサリアム:約100円
  • リップル  :約0.043円

このように、手数料の面でも圧倒的にリップルが優れています。手数料をほとんど気にする必要がないので、価値のやり取りが気軽にできるということです。また、少額の国際送金も促進されるはずです。

処理性能の高さ

リップルは、ビットコインやイーサリアムなどよりも処理速度も非常に早いという特徴があります。

出典:Ripple公式twitterアカウント

  • ビットコイン:16件/秒
  • イーサリアム:16件/秒
  • リップル  :1500件/秒以上

処理速度が早ければ送金づまりが発生する可能性が下がるので、送金速度が早くなります。

処理速度が遅いビットコインは常に送金づまりが発生している状況で、早く送金処理を完了させるためには追加手数料を支払う必要があるなどの問題が発生しています。

リップルならビットコインよりもそのようなリスクが低くなるのです。

2018年 リップルに起きた出来事

2018年にもリップルに関するプラスの出来事は多くありました。

世界中の企業が採用

これまでにも幾度かありましたが、最近も続々と大手の銀行やクレジットカード会社がリップルのシステムの採用を決定しています。

今後も世界中の銀行がリップルのシステムを採用すれば、同時にリップルコインも高騰する可能性が高いと言えるでしょう。

また、インターネットオークションサイトを運営している米国企業「ebay」2020年までにリップルを決済手段にすることを検討しているようです。というのも、ebayがAdyenとの契約を締結し、Adyenはリップル社が開発しているxRapidを活用するという内容であるため、リップルのさらなる活用が期待されているようです。

Nasdaq

Rippleはこの数週間、$ 0.17から$ 0.20の範囲でチャネリングを続けています。現在の状況に基づいて、リップルは、今後52週間以内に1ドル、次の数年間で5ドルの価値があります。一部の専門家は、リップルごとに$ 20プラスを要求しています。
出典:Ripple公式twitterアカウント

これは米株式市場ナスダックが2017年9月末に発表した文書です。近年、各方面と提携・活用しているというニュースを聞くと、現実味も出てくるのではないでしょうか。

Xpring(スプリング)を発表

2018年5月14日、リップル社は新たなプロジェクトである「Xpring(スプリング)」を発表しました。

このプロジェクトは、すでにXRPを使用している実績のある企業やプロジェクトに対して、出資支援買収補助金を提供することで、XRPをさらに普及させることを目指しています。このように支援や補助金といった「送金」以外の用途が発表されたことで、今まで以上に多分野への応用の期待が高まっています。これは市場価値を考えるうえでも確実に好材料と言えるでしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

暗号通貨リップルとは | ビットコイン超えの可能性はアリ? - 金融機関が採用するワケ | ボクシルマガジン
リップル(XRP)は2017年末、ビットコインを除く暗号通貨「アルトコイン」の中で、イーサリアムを抜き去り時価総額...

リップルを手に入れるには

リップルは2018年に本格的な実用化が開始されると予想されています。

そうなれば今よりも価格が上昇する可能性が高いので、投資は今がベストなタイミングであるといえます。リップルに投資する方は実用化に関わるニュースの動向を注視しておきましょう。

最後に、リップルを購入できるオススメの仮想通貨取引所を紹介します。本記事で紹介した取引所以外も知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

リップルおすすめ取引所を徹底比較 | 安く購入できる取引所をランキングで紹介 | ボクシルマガジン
注目が集まるリップルを取り扱う取引所について比較し、ランキングでまとめました。メリット・デメリットについても詳しく...

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。

GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。
2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

DMM Bitcoin

DMMBitcoinは2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。

またリップルをレバレッジ取引できる取引所はDMMbitcoinだけなので、レバレッジ取引を検討している方は一番に口座開設を検討したいところです。

Bitbank

bitbank(ビットバンク)は、リップルをはじめとして取り扱っているすべてのアルトコインを指値注文できるので、他の取引所よりも手数料が安くなっています。

また、セキュリティの高さもbitbankの特徴で、仮想通貨をオンラインから切り離した状態で保管するコールドウォレットをすべてのウォレットで採用しています。さらにハッキングへの対策としてマルチシグという技術も用いているので、安心して利用できる仮想通貨取引所といえます。

アルトコインが超お得に - ビットバンク(bitbank)で取引する3つの大きなメリットとは? | ボクシルマガジン
手数料無料、チャートが見やすいといった特徴があるビットバンクの3つの大きなメリットについてまとめました。取引手数料...

BINANCE

Binanceはリップル以外にも約100種類の仮想通貨を取り扱っている世界最大の仮想通貨取引所です。

また、手数料も国内の仮想通貨取引所と比較して非常に低いので、リップル以外でも多くの仮想通貨への投資を検討している方は登録必須といえます。

Binanceの詳しい登録方法と使い方は以下の記事に記載していますので、ぜひ合わせてお読みください。

世界ベスト5の取引高 仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法と使い方 - 急成長のワケ | ボクシルマガジン
取扱い通貨数が100を超える中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)。取引手数料が安く、アルトコインも多く...

その他海外の仮想通貨取引所については以下の記事で紹介しています。

【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
QUOINEX 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

堅実的な投資、資産運用に興味のある方はこちらもどうぞ

[ogp href="https://boxil.jp/articles/4860/"]

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!