暗号通貨をマイニング(採掘)したら儲かる?ビットコイン以外の採掘法も紹介

ビットコインを始めとした多くの暗号通貨はマイニング(採掘)という方法で新規に発行され、マイナー(採掘者)に付与されるという仕組みを採用しています。そのマイニングの仕組みやビットコイン以外の採掘法について紹介します。

暗号通貨をマイニング(採掘)したら儲かる?ビットコイン以外の採掘法も紹介

暗号通貨のマイニング(採掘)

マイニングとは、ビットコインなどといった特定の暗号通貨を新たに発行し付与する仕組みで、新しく通貨を掘り出すことになぞらえて採掘などとも呼ばれています。

そのマイニングの仕組みややり方、種類などを紹介していきます。

暗号通貨マイニングの基礎知識

マイニングとは「鉱山から貴金属を採掘する」という意味の「mining」が由来の言葉で、マイニングではなくそのままの意味で「採掘」と呼ばれることも少なくありません。

マイニングとは

ビットコインを始めとした多くの暗号通貨は、取引履歴の記録とチェックを世界中のパソコンなどが行うことによって整合性が保たれています。

マイニングとはそのための処理能力を提供してくれたユーザーに対し、報酬として新しい暗号通貨が発行され支払われる仕組みのことです。

仮想通貨マイニングの方法・仕組みとは | 個人参加するなら知るべきマイナーの基本 | ボクシルマガジン
仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の取引履歴を記録するためにコンピュータの処理能力を提供して、その報酬として新規発...

マイニングは誰が行うのか

マイニングに参加しているユーザーのことをマイナーと呼びます。

マイナーになるための特別な資格は不要で、インターネットにつながるデバイスさえ持っていれば個人でもマイニングへの参加が可能です。

今では世界中の人たちがマイニングに参加しています。

どの暗号通貨もマイニング可能?

ビットコインを始めとする多くの暗号通貨はPoW(プルーフ・オブ・ワーク)という、ブロックチェーンとマイニングを成立させるうえで欠かせない仕組みを採用しています。

日本語に訳すと「仕事量による証明」という意味なのですが、パソコンなどの処理能力を使って多くの計算処理を行うことでしか、ブロックチェーンへの追記ができないということです。

逆に言うと、このPoWを採用していない暗号通貨や、企業が発行している暗号通貨などはマイニングを行えません。

暗号通貨マイニングの仕組み

先ほどマイニングとは何かを説明しましたが、マイニングにはマイニングが正当に行われるための仕組みが備わっています。

その仕組みについて説明していきます。

難易度調整アルゴリズム

マイナーたちのマイニング量を適正に保つため、ビットコインには、状況に応じて難易度を調整するアルゴリズムが組み込まれています。

これをNDA(Normal Difficulty Adjustment)と呼びますが、暗号通貨のブロックチェーンは、一つのブロックが追加される時間があらかじめ定められており、NDAはブロックチェーンへのブロック追加を一定時間に保つための仕組みです。

難易度が高すぎると取引の承認が遅くなり送金速度が遅くなってしまい、逆に難易度が低すぎると、次々と取引の承認が行われるのでマイニングによる通貨発行量が増え、インフレを引き起こしてしまうリスクがありますし、不正取引が承認されるリスクも高まります。

それを適正に保つため、難易度調整は2016ブロックごとに行われます。

毎回の難易度調整のタイミングで、そのタイミングの1つ前のブロック生成速度を計算し、ブロックの生成時間が平均して10分に1回になるように難易度を上下させ調整することで、適正な難易度を保っているというわけです。

マイニングの半減期とは

マイニングによって得られる報酬は一定期間ごとに減少するようになっており、そのタイミングのことを半減期と呼びます。

また多くの暗号通貨にはあらかじめ総発行量が定められています。

たとえばビットコインは総発行量が2,100万BTCで、半減期である約4年ごとに報酬が半減します。

この総発行量と半減期が定められていることによって、暗号通貨の流通量が抑えられてインフレが起きないようになっているわけです。

暗号通貨マイニングのやり方

マイニングは基本的に誰でも参加できますが、そのための機材やソフトを揃えて設定をしないといけません。

また、マイニングと一口に言ってもその手法はさまざまです。そんなマイニングの各手法について紹介します。

ソロマイニング

ソロマイニングとは、個人が自分のパソコンなどを使ってマイニングを行うことです。

現在ではマイニング報酬を目当てに多くのユーザーがマイニングに参加しており、個人が所有するマシンだけでは処理能力が弱いので報酬を得るのが困難になっています。

たとえば、2017年8月に一般的なノートパソコンでビットコインのソロマイニングを行ったマイナーによると、1日で0.00002BTC(当時のレートで約2.4円)の報酬しかえられなかったというデータがあります。

これを1か月続ければ2.4円×30日=72円の報酬を得られるということですが、マイニングをするために1か月で約107円の電気代が発生しているため、72円-107円=35円の赤字になってしまうのです。

報酬額はマシンのスペックや、対象となる暗号通貨のマイニングに参加しているマイナー数などによって変わりますが、ソロマイニングで大きな報酬を得るのは現在では困難になってきています。

プールマイニング

プールマイニングは、複数人で力を合わせて行うマイニング方法で、現在の主流のマイニング法になっています。

プールマイニングでは貢献度に応じて報酬が分配され、より多くの処理能力を提供している参加者ほど分配される報酬が多くなるようになっています。

またプールマイニングにはMinergateというサイトがおすすめで、Minergateではビットコイン以外の暗号通貨のマイニングも可能です。

さらにMinergateには「SMART MINER」という機能があり、現在もっとも採掘効率が高い暗号通貨の銘柄を知ることもできます。

クラウドマイニング

ソロマイニングもプールマイニングも、処理能力が高いマシンで参加しないと少額の報酬しか得られません。

また多くの方がマイニングに参加するための機材準備や設定の段階でつまずいてしまっているのではないでしょうか。

そのような方でも簡単にマイニングに参加できるのがクラウドマイニングです。

クラウドマイニングとはマイニングを行っている団体や企業に投資することで、出資を受けた企業は、そのお金を使って機材増強を行いマイニングの競争力を高めます。
いわば株式投資のようなもので、出資した金額に応じてマイニング報酬が配当されるという仕組みになっています。

このようにクラウドマイニングは面倒くさい機材設定などが不要で、だれでも簡単にマイニングに参加できるというメリットがあります。

ただし、クラウドマイニングを謳って資金を集めてそのお金を持ち逃げするような詐欺被害に遭ってしまうリスクもあります。

また、十分な成果を得る前に投資先が倒産してしまい、投資の回収ができないリスクもあります。
特に海外のクラウドマイニングを受け付けているチームは、その実態を個人が見極めるのが困難であるというデメリットもあるので注意が必要でしょう。

マイニングについては以下の記事でも詳しく解説しています。

一橋大教授 北村行伸氏らが語る仮想通貨の経済学 | 価格を安定させるには? | ボクシルマガジン
Satoshi Nakamotoによる一枚の論文からビットコインそして仮想通貨の世界が開かれました。マイナーがやっ...

暗号通貨ビットコイン以外のマイニング

ビットコインを始めとした多くの暗号通貨はマイニングで新規発行されます。

がしかし、すべての暗号通貨がそうかというとそうではなく、中央集権型で企業が発行している暗号通貨もあれば、マイニングを模した仕組みで新規発行されている暗号通貨もあります。

フォージング(鋳造)

ビットコインのPoWに対し、フォージングではPoS(プルーフ・オブ・ステーク)という仕組みを採用しています。

PoSでは暗号通貨を保有している量と期間によるマイナーの選定をしており、より多く、かつより長く保有している人が優先的にマイニングを行えるように権利を与えます。

この仕組みによってマイナーを選定するうえでの不必要な電力を減らせ、かつ世界で51%を超える計算力を持った人にブロックチェーンの改ざんが行われる可能性がある「51%攻撃」が起こりづらくなりました。

この仕組みはすでに多くの暗号通貨に採用されており、アルトコインの中で時価総額ランキングの一番手につけるイーサリアム(ETH)も、PoWからこのPoSに徐々に移行することを発表しています。

ハーベスティング(収穫)

ビットコインのPoWに対し、ハーベスティングではPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)という仕組みを採用しています。

この仕組みでは暗号通貨に対する貢献度を重視した選定を行っており、その暗号通貨のネットワークを積極的に使う人が報酬を得られる仕組みです。

現在はこの仕組みをネム(XEM)が採用しており、入出金の頻度などから重要度を計算して取引承認者の選定を行っています。

またハーベスティングには、PCの電源をつけたまま行うローカルハーベスティングと、PCの電源を落として任意の上位ノードにハーベスティングを委任するデリケードハーベスティングの2種類のやり方があるのが特徴です。

ただし、参加するためには10,000XEM以上の残高が必要なので注意しましょう。

自分に合ったマイニングを

さまざまなマイニングのやり方について説明しましたが、使えるコンピュータの処理能力に応じて適したマイニング方法は異なってきます。

マイニングにチャレンジしたい方は、自分のコンピュータの処理能力に合ったマイニング方法を探してみましょう。

仮想通貨取引所の登録がまだの方はこちら

「口座を開設したいけど、どこの取引所がいいかわからない…」
「もう登録してるけど、他の取引所ってぶっちゃけどうなの?」
そんな方は仮想通貨取引所を徹底比較してから登録しましょう!

仮想通貨取引所の選び方!手数料・取扱通貨数・セキュリティを徹底比較 | ボクシルマガジン
これから仮想通貨の投資を始めようとしている方は、取引所にサービスを利用するための登録が必要になってきます。今回はそ...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
【図解】仮想通貨10年の歴史!グラフィックで振り返るビットコイン10年間ハイライト | ボクシルマガジン
Satoshi Nakamotoがビットコインの論文を投稿してから10年が経とうとしています。今回は、ビットコイン...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
仮想通貨NEM(ネム)は今投資するべきか | 特徴・今後の可能性 | ボクシルマガジン
仮想通貨の中でもいま非常に高い注目を集めている銘柄にNEM(ネム)というものがあります。今回はそんなNEMの概要と...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
日本発ICO最高額!期待のトークン「QASH(LIQUID)」の将来性とは - 購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
イーサリアムクラシックは3月のハードフォークで値上がりするのか | 特徴・価格の連動性 | ボクシルマガジン
2018年3月のエアドロップによって有利な配当が受けられる可能性のあるイーサリアムクラシック。イーサリアムとの違い...
【2018年4月最新】暗号通貨時価総額ランキング | 上位10銘柄の特徴を紹介 | ボクシルマガジン
暗号通貨(仮想通貨)は1,500以上あると言われていますが、みなさんはいま人気がある暗号通貨をご存知ですか?今回は...
仮想通貨のアービトラージ取引は儲かる?異なる取引所での売買方法 | ボクシルマガジン
ビットコインなどの仮想通貨でアービトラージを行うことは可能です。アービトラージとは小さい利益のさやを取りにいく手法...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...