分散型プラットフォーム【Waves】とは? 特徴や購入方法、将来性を徹底解説

Wavesは独自トークンの発行や投票システムに対応し、分散型の金融取引プラットフォームとして開発されている仮想通貨です。 日本ではまだメジャーとはいえない通貨ですが、将来性が期待されており、その機能や購入方法を押えておくべき通貨のひとつといえるWavesを本記事では解説します。

分散型プラットフォーム【Waves】とは? 特徴や購入方法、将来性を徹底解説

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料


仮想通貨は金融商品としての価値が注目されがちですが、スマートかつ信頼性の高い取引を可能にするプラットフォームとしても期待されています。本記事で「Waves」も、分散型の金融取引プラットフォームを推進するものとして作られました。

個人単位で独自トークンを発行でき、投票システムやメッセージ機能、クラウドストレージ、スマートコントラクトも実現できるなど、将来性が評価されている通貨と考えて良いでしょう。

Wavesとは

Waves(ウェーブズ)は、分散型プラットフォーム(Wavesプラットフォーム)上で利用できる仮想通貨です。略号は「WAVES」、発行上限は1億WAVESで、2016年4月に公開されました。

ビットコインの後継を目指して作られたNtx(ネクスト)から派生しており、次世代の仮想通貨として期待されています。

Wavesの他の仮想通貨にない特徴とは

高機能かつ信頼性の高い金融取引プラットフォームを目指しているWavesには、優れた独自機能が複数存在しています。

WavesplatformDEX

WavesはDEX(分散型、非中央集権型の取引所)として使うことができ、セキュアで使い勝手の良い取引が可能です。

また、あらかじめ用意されたWallet機能がDEX機能と連動しているため、通貨の保管や管理、資産の送受信、売買などがワンストップで実現できます。

相次ぐ取引所のハッキング事件を受けて、非中央集権で分散管理が行われるDEXの需要が高まっていると言えます。

独自トークンの発行

Waves最大の特徴ともいえるのが「Custom Application Token(CAT)」です。CATを使えば、Wavesプラットフォーム上で誰もが自分だけのトークンを発行できます。

イーサリアム(Ethereum)ネオ(NEO)と同じような仕組みと考えて良いでしょう。

独自トークンを発行できるプラットフォーム上では、ICOが頻繁に行われることから、今後の需要増が期待できます。

さらに独自トークンには用途に応じた機能(送金、保存、取引など)を持たせることができ、柔軟性の高さも魅力です。

Leake Proof of Stake(LPoS)

Wavesでは承認システムとして「LPoS(Leasing Proof of Stake)」を採用しています。

既存のPoS(Proof of Stake)は「通貨の保有量に比例して、報酬が付与される」という仕組みであるのに対し、LPoSでは「保有している通貨を貸し出す(リースする)ことで、貸出額に応じた報酬が獲得できる」ことが特徴です。

つまりLPoSでは、通貨の保有量ではなく貸出量で報酬が決定します。このことからLPoSの報酬獲得方法は、「リーシング(Leasing)」と呼ばれています。

法定通貨の取り込みに対応

Wavesでは、ウォレット内に法定通貨を取り込み、別の法定通貨に変換するというリップル(XRP)にも似たブリッジ通貨的な使い方ができます。

これはWavesのマルチゲートウェイによって実現される機能です。マルチゲートウェイ機能では、さまざまな法定通貨や仮想通貨の価値を保ったまま、トークン化できることが特徴です。

Wavesの将来性

Wavesに実装が予定されている機能は、「価値の保存」「送金や契約コストの低減」といった仮想通貨への期待を実現するものとして評価できます。

そこで具体的に2018年の開発ロードマップから、その将来性を推測してみましょう。

ロードマップから見る将来性

Wavesは公開済みの2018年ロードマップに従い、順調に開発が進められています。

2018年にはスマートコントラクトの実装やモバイルアプリ対応、投票、メッセージ機能やアトミックスワップの実装などが予定されており、分散型金融プラットフォームとして成熟する段階にあるといえます。

2018年の開発が無事完了すれば、セキュアで使いやすい取引用プラットフォームとして価値が認められるようになるでしょう。

大手企業がトークン発行

ロシアのバーガーキングでは自社トークンとしてWavesプラットフォームを利用した「Whoppercoin(ワッパーコイン)」を発行しており、既存のポイントプログラムと同じような使い方ができます。

Whoppercoinはバーガーキングでフードやドリンクを購入したときに発行されるレシートの情報を送信することで付与されます。発行レートは1ルーブルで1Whoppercoinで、1700Whoppercoinごとに好きなバーガーと交換できるようです。

チャートから見る将来性


出典:WorldCoinindex

仮想通貨全体の値段が上がった12月から1月において、Wavesも大幅に価格が高騰しました。しかし、2017年12月下旬には1700円まで値を上げたものの、2018年初頭から下落が続き、2018年4月現在では400円弱で推移しています。

この値下がりはWavesだけに限ったことではなく、仮想通貨市場の一時的な調整と考えられるでしょう。調整の終息とWaves自体の開発が進めば、価格面でも新たな局面が見えてきそうです。

Wavesの購入方法

2018年はWavesの開発ロードマップ上で重要な年になっていることから、購入可能な取引所を押さえておくべきです。

国内取引所

残念ながら2018年4月時点で国内取引所には取り扱いがありません。海外の取引所で購入する方法に限定されています。

海外取引所

海外取引所では世界最大級の仮想通貨取引所であるBinance、アルトコイン売買の取引所として実績が豊富なBITTREXで購入できます。いずれも日本人の利用が多く、Wavesの購入に適した取引所といえます。BINANCEは日本語に正式対応している点も魅力ですね。

海外の仮想通貨取引所について詳しく知りたい方はこちら

【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...

Binanceの詳しい登録方法と使い方は以下の記事に記載していますので、ぜひ合わせてお読みください。

世界ベスト5の取引高 仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法と使い方 - 急成長のワケ | ボクシルマガジン
取扱い通貨数が100を超える中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)。取引手数料が安く、アルトコインも多く...

仮想通貨の次代を担う万能通貨「Waves」

Wavesは、CATやLPoSの採用、スマートコントラクト対応、メッセージや投票機能など、仮想通貨に期待される機能を豊富に持つ万能通貨といえます。独自トークンを誰でも発行でき、個人から大企業まで安全かつ柔軟な取引の仕組みを実現できるのは大きな魅力といえるでしょう。

さらに法定通貨と仮想通貨をシームレスにつなぎ、通貨同士の振り替え機能を果たす点は、社会へ浸透する足掛かりとして期待できます。

すでにカザフスタン政府とのイノベーション協定や、モスクワ証券取引所のNSD(証券保管振替機関)とパートナーシップを締結しており、金融取引プラットフォームとしての優秀さが評価されはじめています。

ただし、独自トークンを発行できるプラットフォームとしてイーサリアム(Ethereum)が大きく先行していることは確かです。

その中でどれだけ差別化を図れるかが、将来性を語るうえでの焦点といえます。マルチゲートウェイ機能による法定通貨と仮想通貨の振り替えが認知されれば、知名度が高まる可能性はおおいにあるでしょう。

2018年の開発進捗次第では、法定通貨と仮想通貨の垣根を取り去る存在として注目され、日本国内の取引所でも取り扱いが始まるかもしれませんね。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
Liquid by Quoine 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!