リップルおすすめ取引所を徹底比較 | 安く購入できる取引所をランキングで紹介

注目が集まるリップルを取り扱う取引所について比較し、ランキングでまとめました。メリット・デメリットについても詳しく解説するのでどこで買うべきか検討材料にしてみてください。

リップルおすすめ取引所を徹底比較 | 安く購入できる取引所をランキングで紹介

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料


アメリカのRipple社が開発した仮想通貨であるリップル
世界的IT起業であるGoogleが出資、また東京三菱UFJ銀行がリップルを用いたネットワーク利用を表明するなど、リップルの将来性には大きな注目が集まっています。

そんなリップルは仮想通貨時価総額ランキングで常に上位にランクインしている銘柄でもあり、今後取引をはじめたいと思っている方も多いと思います。

そこで気になるのが「いったいどこの取引所で取引するのがよいのか?」ということですよね。
本記事ではそんなリップルの取引におすすめの取引所についてランキングで紹介していきます。
メリット・デメリットについても詳しく解説するので、自分の取引スタイルにあった取引所がわかるようになりますよ。

仮想通貨取引所口コミサイト

1位:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業のGMOのグループ会社、GMOコインが2016年10月に設立した仮想通貨取引所です。

GMOはFXや株式投資サービスで長い歴史と信頼があり、仮想通貨取引でも安心して取引できる大手取引所として人気があります。
2017年9月には金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録されていることから、数ある取引所の中でも安心して取引できる取引所のひとつといえるでしょう。

GMOコインのメリット

■ 販売所なのですぐリップルを購入できる
GMOコインのメリットは販売所なので、すぐにリップルが取引ができるところです。

取引所は売り手の提示する価格と買い手の希望する価格がマッチしなければ取引は成立しません。
しかし販売所の場合販売所が仕入れた仮想通貨を直接購入することになるため、希望する価格と数量を指定するだけですぐに仮想通貨を購入できます。

■ 高いセキュリティ
GMOコインではbitbankと同様にセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグのシステムを採用しています。

またサイバー対策として三井住友海上火災保険と提携しており、仮想通貨の盗難対策にも力を入れています。
いくら取引がしやすいとしても預けている仮想通貨が盗まれてしまったら元も子もありません。
そういった点ではGMOコインはぜひ口座開設しておきたい販売所です。

■ アプリに定評あり
GMOコインのスマートフォン用アプリは「ビットレ君」というアプリになります。
リアルタイムのレートや縦玉一覧、約定履歴などを表示しながら取引を行うことができ、新規や決済を1タップで即時発注できるスピード注文は特に定評があります。

また移動平均線やMACDなど9種類のテクニカルでスマートフォンであっても詳細にチャートを分析できるので、出先での取引も簡単に行えます。

GMOコインのデメリット

■ 販売所のため手数料が高い
GMOコインは販売所形式なので、どうしても取引所より手数料が高くなってしまいます。
確実に購入ができる販売所ですが、何度も取引を行うと手数料がかさむことになるので、取引の際には注意しておきたいですね。

■ リップルの購入は日本円のみ
GMOコインではリップルをはじめとした仮想通貨の購入を日本円で行えます。
他社ではビットコインで他の仮想通貨を購入できるところもありますが、GMOコインの場合一度日本円に換金するか、新たに入金する必要があります。

この場合他の仮想通貨の取引で利益が出ていたとしても、リップルの取引に用いることはできないということなので、不便に感じる方もいるかもしれません。

2位:bitbank

bitbank

bitbankは2014年に設立した仮想通貨取引所で、国内の取引所の中でも老舗の部類に入る取引所です。

これまで他の有力取引所の陰に隠れてあまり目立たない存在でした。
しかし2018年初頭に起きたコインチェックのNEM流出事件など仮想通貨取引の際のセキュリティに大きな注目が集まるようになりました。

bitbankは資本金も11億円以上と資金力もあり、ウェブ上から切り離したウォレットで資産を管理しているなど、安心・安全に取引できると定評があります。

bitbankで取り扱っている仮想通貨は全部で6種類あり、もちろんそのなかにリップルは含まれています。

bitbankのメリット

■ 手数料無料キャンペーン中
bitbankで取引できるメリットはなんといっても、今なら手数料無料で取引ができることです。
取引する会社によっては、手数料だけで3%から5%も取られてしまいこともあるので、ぜひこのキャンペーンを利用したいですね。
手数料取引無料キャンペーンは2018年6月末までとなっています。

■ アプリ提供開始
bitbankは長い間スマートフォン用のアプリがなかったため、出先で価格をチェックするためにはいちいちブラウザで確認しなくてはなりませんでした。
しかし最近になってスマートフォンアプリがリリースされたため、取引がしやすくなりました。

bitbankのスマートフォンアプリではビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨を取引可能です。
また100種類以上のテクニカル分析を利用でき、もちろん24時間取引できるようになっています。
またオフラインのコールドウォレットを採用しており、マルチシグでハッキング対策も万全なので、安心して取引を行うことができます。

「ビットバンク Androidアプリ」提供開始 -全ペア取引手数料無料キャンペーン開催中 | ボクシルマガジン
仮想通貨取引所ビットバンクは17日、「ビットバンク iPhoneアプリ」に引き続き「ビットバンク Androidア...

■ 高いセキュリティ
2018年1月26日国内大手取引所であったコインチェックでNEMの不正出金事件が発生したニュースは記憶に新しいと思います。
このニュースは大きく報道され、また被害者数や被害額が大きかったため、仮想通貨取引を行うユーザーの中でも「取引所はセキュリティ重視で選ぶ」という動きが急速に広まっていきました。

bitbankでは「二段階認証」といった基本的なセキュリティシステムを整えていることはもちろん、ユーザーの資産はオフライン環境のウォレットに保管する「コールドウォレット」というシステムを採用しています。

またマルチシグという管理方法を用いていますが、これはウォレットの秘密鍵を複数で管理し、全員の許可がない限りウォレットを開くことができないというものです。
このマルチシグにより内部犯への対策も十分行われており、かなり高いセキュリティシステムになっていることがわかります。

■ 取引高が高い
bitbankはbitFlyerZaif、コインチェックといった国内大手の取引所から比べると、取引高が少ないことがデメリットとしてあげられてきました。
取引高が少ない取引所の場合希望の価格やタイミングで売買が行えない可能性もあり、大きなネックとなっていました。

しかし最近はそのセキュリティへの注目もあってか大きな成長を見せており、世界取引量ランキングでも30位近くまでランクを上げてくるなど、取引量が急激に増加しています。

取引量が増えれば増えるほど、スムーズな取引が可能になるということですから、今後bitbankを利用するユーザーはどんどん増えていくでしょう。

bitbankのデメリット

■ 販売所がない(取引所のみ)
bitbankのデメリットとしては販売所がないことがあげられます。
取引所は販売所に比べると手数料を安くおさえて取引できますが、販売所は価格と数量を指定して取引できる、相場の混乱の際に取引所での取引ができないとしても販売所なら取引できるといったメリットがあります。

販売所で取引する場合取引所よりも高い手数料を払うことになりますが、こうしたメリットから取引所と販売所を双方備えた業者を選ぶユーザーが増えています。
bitbankも販売所の併設が待たれるところです。

■ サーバーの信頼性
市場で大きな動きがあると、購入している仮想通貨を確認しようと多くのユーザーが取引所のウェブサイトに殺到することになります。
するとウェブサイトがデータを処理しきれなくなってサーバーがダウンしてしまい、取引も注文もできないという事態になることがよくあります。

上記でも述べたとおりbitabankはユーザー数が急増していることから、その負荷に耐えられるかどうかはまだ未知数です。
サーバーのダウンを心配することなく取引を行いたい場合は、ユーザー数が多い取引所に口座開設を行っておくのも一つの手でしょう。

3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMMBitcoinは2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所の中でもかなり新しい部類に入る取引所です。大手インターネットグループ会社であるDMMが運営にあたることから、高い信頼性を有しています。

DMM Bitcoinのメリット

■ 手数料が安い
DMMビットコインの場合以下の手数料が無料になっています。

  • 現物取引の手数料
  • レバレッジ取引の取引手数料
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の送金

手数料は取引を行ううえでは意外と大きなコストになってきますから、主要な手数料が安く済むのはうれしいですね。

■ 唯一アルトコインのレバレッジ取引ができる
DMMbitcoinの最大のメリットはアルトコインのレバレッジ取引ができることです。

レバレッジ取引とは、預けたお金を担保としてより大きな取引を行うことを指します。
もちろんリップルをレバレッジ取引できる取引所はDMMbitcoinだけなので、レバレッジ取引を検討している方は一番に口座開設を検討したいところです。

レバレッジは5倍で固定になっており、そこまで高いものではありませんが、仮想通貨の相場は急な値動きを見せることが多いので、十分な利益を得ることができるでしょう。

■ LINEでのサポートあり
DMMbitcoinでは土日を含めて24時間・365日のサポートが提供されています。
LINEでの問い合わせが可能なので、気軽に問い合わせができるのもうれしいポイントです。

■ アプリが使いやすい
DMMはFXやCFDの取引サービスでも定評がある会社です。
そのためそのノウハウを生かし、使いやすいスマートフォンアプリを提供しています。

使いやすいデザインはもちろん、4分割チャートやチャートを見ながら発注できる「ワンタッチ発注」なども可能な高性能アプリとなっています。

DMM Bitcoinのデメリット

■ 現物取引できる通貨数が少ない
DMMbitcoinの場合現物取引できる仮想通貨はビットコインとイーサリアムのみになっています。
そのためリップルを取引する場合はレバレッジ取引のみとなります。

■ スプレッドが広くレバレッジ手数料が高い
そのレバレッジ取引を行う場合、スプレッドが広く手数料が高いのが大きなネックになっています。

スプレッドは売値と買値の差のことで、実質的な手数料となっています。
たとえば売値が100円で、買値が105円なら、5円のスプレッドを支払うことになります。
リップルのレバレッジ取引ができるのは国内の取引所の場合DMMbitcoinのみなので、比較は難しいところですが、やはりスプレッドが高いのは気になるところです。

またレバレッジ取引を行う場合建玉金額の0.04%/日が手数料としてかかってきます。
他の手数料が無料とはいえ、リップルを主要な取引通貨としている方にとっては思わぬコストになるかもしれません。

■ ロスカットの基準が厳しい
DMMbitcoinではレバレッジ取引で損が発生しても追加手数料が発生しない「追証なし」としていますが、その代り保証金が80%以下になると強制的に取引ができなくなる「ロスカット」が行われてしまいます。

DMMbitcoinはスプレッドが大きいため、このロスカットが起きやすい仕組みになっています。
大きな取引が可能になるレバレッジ取引ですが、それだけに難しい取引であることもきちんと確認しておいたほうがよいでしょう。

リップル取引所を選ぶポイント

国内の取引所の中でもリップルの取引におすすめの取引所を紹介してきました。
取引所を選ぶうえで重要なのは安全に、かつ自分の取引スタイルにあった取引所を選ぶことです。

「でもいったい何をチェックすればいいのかわからない」という方は、次の4点を確認するようにしましょう。

セキュリティ

まず何よりも大切なのはセキュリティです。
いくら取引がしやすい取引所であっても、ハッカーの攻撃を受けてせっかくの利益が盗まれてしまってはどうしようもありません。

セキュリティを比較する際には以下の条件を確認するようにしましょう。

  • ウェブからユーザーの資金を切り離して管理する「コールドウォレット」
  • ユーザーの強固な本人確認である「二段階認証」
  • 内部犯対策にもなる「マルチシグ」
  • WebブラウザとWebサーバー間で暗号化通信を行うための証明書である「SSL証明書」

アプリの有無

またスマートフォンアプリの有無も大切です。
リップルをはじめとした仮想通貨は価格変動が激しく、日々発表されるニュースによって10%や20%を超える値上がりや値下がりを見せることがあります。

もしパソコンのみで取引をしている場合、出先で相場が動いた場合に取引に参加できず、せっかくのチャンスをものにできない、または思わぬ損失を受けてしまうこともあります。

こうした点からも必ずスマートフォンアプリがある取引所を選ぶようにしましょう。

手数料

仮想通貨の取引を行う場合、取引手数料はもちろん、日本円入出金やレバレッジ取引などにも手数料がかかってきます。

取引手数料にばかり目が奪われがちですが、何度も取引を行うようになると手数料が「塵も積もれば山となり」、思わぬコストになることもあります。

取引手数料が無料だとしてもスプレッドが高いということもあるので、実際に取引した場合どの程度手数料がかかるのかシミュレーションしてから口座開設に移るようにしたいですね。

手数料が安い仮想通貨取引所はどこ?全種類と取引所別比較 | ボクシルマガジン
仮想通貨取引所の手数料は、取引所によってそれぞれ異なります。普段利用している人でも意外と知らない売買手数料や送金手...

銘柄数

銘柄数もチェックしておきたいポイントです。
仮想通貨の取引に慣れてくると、徐々に他の仮想通貨の取引にも挑戦したくなってくるものです。

しかし銘柄数の少ない取引所にしかアカウントがない場合、また別の取引所にアカウントを作らなくてはなりません。
ビットコインイーサリアムはもちろん、主要な仮想通貨はカバーしている取引所にアカウントを作っておきたいところです。

アルトコインの種類は1600種類以上!特徴とおすすめ銘柄を紹介 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとした仮想通貨は現在1,600種類以上の銘柄が存在します。その中でもアルトコインの種類や特徴と、...

リップルの価格推移

現在の価格は?

リップルの現在の価格は2018年4月23日現在94.606円となっています。
2017年度末から2018年初頭にかけての仮想通貨の下落に伴ってリップルも大きな下落を見せたものの、徐々に上昇を見せています。

リップルは大手企業が送金システムとして注目している将来性の高い仮想通貨なので、今後も上昇を見せる可能性は高いといえるでしょう。

特に日本時間4月12日にはリップルをはじめとして他の仮想通貨が高騰しました。
もし購入を迷っている場合は、今のうちに取引所だけでも選んでおくことをおすすめします。

リップルを購入するなら今!

リップルはその技術力の高さもあって、世界的に大きな注目を集める仮想通貨です。
時価総額ランキングにおいても常に上位にランキングしていることからも、その注目度の高さが伺えます。

仮想通貨相場は下落を見せていたものの、徐々に持ち直す動きをみせています。
もしリップルに興味を持っているのなら、ぜひ今のうちに口座開設してみてはいかがでしょうか。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
Liquid by Quoine 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!