bitFlyerのウォレットアプリの使い方 - 安全性や機能を詳しく解説

bitFlyer ウォレットは、取引所への送金や通貨の保管を安全に行うためのWebウォレットです。ウォレットの仕組みに触れながら、bitFlyerウォレットアプリの安全性や機能、入出金や送金アドレスの登録方法について解説しています。

bitFlyerのウォレットアプリの使い方 - 安全性や機能を詳しく解説

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 QUOINEX
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
100%コールドウォレット管理
実効スプレットが非常にタイト

bitFlyerのウォレットとは

国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyerでは、iOS・Android向けのスマートフォンアプリ(ウォレット)を提供しています。

ウォレットはいわゆる「財布」や「保管庫」に相当するもので、面倒な手続きをしなくても簡単に作成が可能です。

ただし、安全性が保障されたサービスを受けるためには、いくつかの手続きをしなければなりません。

そこで、さまざまなウォレットの仕組みや安全性を比較しながら、bitFlyerウォレットの作成方法、使い方、アカウントレベルごとのサービス内容などを解説していきます。

そもそもウォレットとは?

まずウォレットがどういうものなのかを理解しておきましょう。ウォレットは直訳すると「財布」です。文字通り仮想通貨を購入し、保管しておく場所がウォレットになります。

銀行口座をイメージする方がいるかもしれませんが、口座よりは「金庫」といったほうが正しいでしょう。

仮想通貨取引所では、購入したコインを取引所内に保管できるものの、セキュリティの観点から好ましくありません。

取引所のセキュリティホールを狙ったクラッキングよって通貨が盗まれる可能性があるからです。そこで自分専用の保管庫を作成し、コインを保管することが推奨されています。

【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は? | ボクシルマガジン
仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのでは...

ウォレットの種類

ウォレットはその仕組みによって次の4タイプに分類されます。

  • Webウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

基本的には上記の順で下になるほどセキュリティが強固で、安全性が高まります。つまりペーパーウォレットのセキュリティがもっとも高いということです。以下からはそれぞれの特徴を解説します。

■ Webウォレット

Webサービスの1種で、IDやパスワードをオンライン上で登録し、利用するタイプです。オンライン管理という特性上、クラッキングの可能性はゼロではありません。

しかし、通常のパスワードに加えて「2段階認証設定(2FA)」「秘密のパスワードの設定」といった対策を行えば、取引所に保管するよりも格段にセキュリティリスクが減ります。

bitFlyerのウォレットもこのタイプですね。オンライン上に作るため、普段アクセスしない環境からでも仮想通貨を取り出せるというメリットがあります。

■ ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

スマートフォンやPCなど、端末にダウンロードして使用するタイプのウォレットです。

オンライン、オフライン両方で使用可能なものがあります。取引所とは完全に切り離されたサービスですので、万が一取引所が潰れるといった事態が発生しても問題なく使用できます。

ただし、ダウンロード・インストールした端末のセキュリティがそのままウォレットのリスクになるため、端末自体のセキュリティ対策は万全にしたいところです。また、基本的にはインストールした端末以外では使用できません。

■ ハードウェアウォレット(ハードウォレット)

USBをPCに接続し、ブラウザからウォレットにアクセスします。安全性が高く、「オフライン環境での保管」「パスワード(暗証番号)の一致」という2つのセキュリティ対策が特徴です。

特にオフライン管理はローカル端末のセキュリティリスクがウォレットに影響しにくいため、大きなメリットです。

ただし、本体の紛失・破損リスクがあり、ファームウェアアップデートやリカバリーの手間というデメリットもありますLedger Nano S(レジャー・ナノ・エス)やKeepKey(キープキー)、TREZOR(トレザー)などがメジャーです。

■ ペーパーウォレット

ウォレットのアドレスと秘密鍵を紙に印刷し、保管する方法です。

アナログな状態で仮想通貨を保管できるため、長期保有派の方にマッチする保管方法といえます。一方、頻繁に取引する方には不向きです。

4つのウォレットの中ではもっとも利便性が低いですが、印刷した紙を貸金庫に保管するといった対策をとれば、他のウォレットにはないセキュリティ対策となるでしょう。

より詳しくウォレットについて知りたい方はこちら。

【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は? | ボクシルマガジン
仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのでは...

bitFlyerウォレットの安全性は?

ではウォレットの概要と種類を把握したところで、 bitFlyerウォレットの安全性を具体的に考えてみます。

bitFlyerはセキュリティ世界一?

bitFlyerウォレットはWebウォレットですが、bitFlyer自体のセキュリティが強固なため、安全性は高いといえます。

なぜなら、bitFlyeのセキュリティは、セキュリティ企業から世界一との評価を受けるレベルだからです。
マルチシグ(複数署名)対応や、コールドウォレット(ネットワークから断絶されたウォレット)による管理、顧客資産の分別管理などは当然行っています。

また、SSL通信、WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)の採用など不正アクセス対策にも力を入れており、高度な暗号化技術も導入済みです。

マルチシグによる仮想通貨のセキュリティ向上へ - 4つの課題 | 特徴・メリットデメリット | ボクシルマガジン
マルチシグとは仮想通貨の秘密鍵を複数登録する仕組みで、シングルシグよりもセキュリティが向上します。コインチェックの...

払出と送金はすべて目視チェック

bitFlyerでは日本円と仮想通貨の払出・送金処理時、システムでの自動チェックに加えて人間の目視確認も行っています。

システムと人という2重のチェック体制で安全性を高めているわけですね。これは古くから公共交通機関や金融機関で採用されてきた手法です。

また、払出・送金処理時には二段階認証の手続きが必要で、第三者の不正な処理を防止しています。

Webウォレットである点は注意

このようにbitFlyerは、取引所自体が強固なセキュリティで守られています。そのため、bitFlyerウォレット自体の安全性も高いといえます。

ただし、bitFlyerウォレットはあくまでもWebウォレットです。前述したとおり、Webウォレットはソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレット・ペーパーウォレットよりも攻撃を受けやすく、セキュリティ強度ではやや劣るものと考えてください。

ウォレットの鍵をしっかり保管・管理できれば、利便性と安全性を両立させやすいため、セキュリティに対する意識が重要になります。

ウォレットアプリの特徴・使い方

bitFlyerには、「ウォレットクラス」と「トレードクラス」という2つのアカウントクラスがあります。
ウォレットクラスは簡単に開設できるものの、仮想通貨の売買ができず、仮想通貨の送金に一部制限があります。

郵送による本人確認を経てトレードクラスにアップグレードすれば制限が外れ、すべての機能が使用可能です。主にトレードクラスでの使い方を解説します。

入出金について

日本円の入出金には、あらかじめ銀行口座の登録・承認を行っておく必要があります。

スマートフォンのbitFlyerウォレットアプリを起動し、右上の三本線マーク(メニュー)から「入出金」を選択してタップしましょう。

■ 入金

入出金の画面に遷移したら、「日本円」をタップします。その後、画面の下に「入金」「出金」という2つの選択肢が表示されますので、「入金」をタップ。

画像右の「日本円入金」という画面に遷移したら、お好みの入金方法を選択します。通常は銀行口座振り込みを使うことが多いですが、リアルタイムに入金したい場合は、クイック入金を選択します。クイック入金はネットバンキング(ペイジー)・銀行ATM・コンビニ入金が利用可能です。

■ 出金

出金の場合は、入出金の画面から日本円を選択し「出金」をタップします。その後、画像のように「日本円出金」という画面が表示されますので、銀行口座を確認して出金額を入力。

入力が完了したら「出金する」をタップします。銀行営業日の午前11時30分までに受け付けた出金依頼であれば、当日中に口座へ反映されます。

ただし、注意書きにもあるように、クイック入金によって入金した資産は7日間出金できません。7日以内に出金予定がある場合は、通常の銀行口座振り込みで入金するようにしましょう。

仮想通貨の取引について

bitFlyerでは仮想通貨の売買を「販売所」と「取引所」の2つで行えます。

販売所はあらかじめ決められた価格で仮想通貨を売買する方法です。

これに対して取引所では、自分の自分の好きな価格で仮想通貨を売買できます。販売所のほうがスプレッド(売買の価格差)が大きいため、注意したいところです。があります。

■ 販売所の使い方

bitFlyerウォレットアプリから、「販売所」をタップします。
下に売買可能な仮想通貨が表示されますので、好きな通貨をタップし、遷移後の画面で数量を入力。あとは「買い」「売り」のどちらかをタップすれば売買完了です。

買いと売りの価格差(スプレッド)を考慮しながら使いたいところですね。

■ 取引所の使い方

bitFlyerウォレットアプリから、「取引所」をタップします。
2018年4月時点ではビットコインのみ、取引所での売買が可能です。右の画面に遷移後、売買したい価格を入力して「買い」「売り」のどちらかをタップすれば注文完了です。

売り板と買い板の差額(スプレッド)が小さいため、ビットコインの短期売買ならこちらが適しているでしょう。

初心者も必見!仮想通貨の「板」の見方を徹底解説 | 指値注文・成行注文の取引方法 | ボクシルマガジン
仮想通貨の取引を行う際に重要になるのが「板」です。売り板と買い板の見方がわかるようになると、自分の希望する価格で通...

仮想通貨の送金について

bitFlyerウォレットアプリからはビットコイン、アルトコイン両方の送金に対応しています。手順は以下のとおりです。

■ 初めての送金の場合

  1. 入出金の画面から送金したい通貨をタップ
  2. 初回送金の場合は「外部○○アドレスが登録されていません」(○○には仮想通貨の名前が入ります)と表示されるため「外部○○アドレスを追加」をタップ
  3. 「ラベル」と「アドレス」がセットで表示される
  4. アドレス登録が完了したら右上の「保存」をタップ
  5. 二段階認証を設定している場合はパスワード入力

手順3の時には、ラベルには自分が理解しやすいように自由に名前をつけましょう。アドレスには送金先アドレスを入力します。

また、QRコードをタップすると送金先アドレスをQRコードで読み込めるようになります。

■ 登録したアドレスへの送金処理

保存したアドレスを再びタップし、「出金数量」と「優先度」を入力し、送金手続きが完了します。

ウォレットはどう選ぶべきか

bitFlyerウォレットアプリ以外にも、仮想通貨の売買や入出金に対応したウォレットは数多くあります。これらを選ぶとき、一体どのような基準で選ぶべきなのでしょうか。

最高の安全性をもとめるならハードウェアウォレット

短期売買も行うけれど、何よりも安全性の高さを重視するならばハードウェアウォレットが最適といえます。オフライン環境で保管できるうえに、どこにでも持ち運びできることから利便性も高いです。

端末に保管された秘密鍵は、オフライン管理によって他社からのクラッキングを受けないため、安全性は非常に高くなります。

また、復元用のパスフレーズを別の場所に保存しておけば、本体の紛失や故障時に復元も可能です。復元用のパスフレーズは紙ベースで残しておきたいですね。

端末をしっかり管理できるならソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)

個人で簡単に秘密鍵を管理できるのが、ソフトウェアウォレット(モバイルウォレット)の強みといえます。

端末の紛失・盗難リスクやウィルス感染などのリスクはあるため、端末の管理が非常に重要です。

セキュリティ対策ソフトを導入し、定期的に端末をメンテナンスしていきましょう。端末の管理さえできれば、煩わしさが少なく使いやすいウォレットです。外出先からの短期売買にも適しています。

仮想通貨の売買をよく行うなら取引所のWebウォレット

デイトレードやスキャルピングなど、頻繁に超短期売買を行うならWebウォレットが圧倒的に有利です。入出金にかかる手間や時間がほぼありませんから、リアルタイムな取引が可能になります。

bitFlyerウォレットアプリのように、取引所自体のセキュリティが強固であれば、セキュリティ・利便性の総合力では一番かもしれませんね。

bitFlyerウォレットの安全性向上にはセキュリティ意識が大切!

仮想通貨のウォレットは、個人の資産を保管する重要な仕組みです。特にWebウォレットは、一般的にやや安全性が低いと考えられており、リスクをゼロにすることは困難です。

Webウォレットを選ぶ際には二段階認証やSMS認証といった仕組みを導入しているか、取引所が十分なセキュリティ対策を講じているかに注目していきましょう。

これらは第三者からの不正なアクセスを防ぐ、もっとも大きな砦になります。もちろんbitFlyerウォレットも、取引所のサーバー上にバックアップがあるとはいえ、個人で管理・保管を徹底すべきです。

ちなみにbitFlyerは、取引所では非常に珍しい、最大500万円の盗難補償を設けています。ただし、これはあくまでも「日本円の出金にのみ」対応しており、仮想通貨の出金・送金に対する補償ではありません。やはり個人のセキュリティ意識が重要になるわけですね。

Webウォレットは、売買や送金の手間が少なく、非常に便利な仕組みです。仮想通貨の売買で資産を安全に増やすため、Webウォレットを上手に使いこなしていきましょう。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
QUOINEX 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!