Liquid by Quoine(リキッドコイン)とは - セキュリティが自慢の金融庁登録済み仮想通貨取引所

国内の仮想通貨取引所のなかでもセキュリティ面での評判が高いLiquid by Quoine(リキッドコイン)。そんなLiquid by Quoineの取扱銘柄や手数料など特徴を紹介します。また、登録方法の手順を画像つきで解説します。

Liquid by Quoine(リキッドコイン)とは - セキュリティが自慢の金融庁登録済み仮想通貨取引所

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料

Liquid by Quoine(リキッドコイン)とは

Liquid by Quoine


Liquid by QuoineはQUOINE社が運営する日本の仮想通貨取引所です。最大の特徴はその会社の規模の大きさ。セキュリティ面に関してもコールドウォレット、マルチシグネチャウォレットといった技術を導入しており、強固なセキュリティを誇っています。

Liquid by Quoineの特徴やセキュリティ、手数料などの解説からなぜLiquid by Quoineのが注目されているのかを紹介します。

仮想通貨取引所口コミサイト

Liquid by Quoineの特徴・メリット

Liquid by Quoineの仮想通貨取引所としての特徴や、利用することによるメリットを紹介します。

取り扱い通貨は?

2018年5月1日時点で、Liquid by Quoineが取り扱っている通貨は以下の5種類です。

このなかでも特に注目されているのは、Liquid by Quoineでしか購入できない通貨QASHです。QASHについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...

通貨ペアは?

Liquid by Quoineは日本円以外にも53種類の法定通貨を取り扱っています。

Liquid by Quoineが取り扱っている法定通貨:JPY、USD、EUR、AUD、HKD、SGD、CNY、PHP、INR、IDR

Liquid by Quoineにはこれらの法定通貨と仮想通貨5種類のペア、仮想通貨同士のペアがあり、計52種類の通貨ペアで取引できます。

金融庁登録第一号

2017年4月に施行された改正資金決済法によって、仮想通貨取引所は金融庁によって審査される登録制になりました。

9月に仮想通貨交換業の正式登録業者が発表され、Liquid by Quoineは第一号としてその中に含まれています。

金融庁の正式登録を受けているということは、セキュリティやユーザー資産の保護体制、運営主体のガバナンスなどの審査をした結果、一定水準以上の信頼性があると判断されたということです。

なお、仮想通貨交換業の登録制度や各取引所の登録状況などは以下の記事をご覧ください。

金融庁登録済み仮想通貨交換業者はどこ?対策・注意喚起も解説 | ボクシルマガジン
金融庁によって2017年の4月に新しく施行された制度によって、取引所などを運営する仮想通貨交換業者には金融庁の登録...

なぜセキュリティが最高レベルなのか

Liquid by Quoineは非常にセキュリティが高いことで有名です。そこでLiquid by Quoineがどのようなセキュリティ対策を施しているのか解説します。

■ 100%コールドウォレットで保管

Liquid by Quoineは、顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで管理しています。

流出事件が起きたコインチェックは顧客資産をオンラインにつながっているホットウォレットで保管していたことが問題につながりましたが、Liquid by Quoineならそのようなことはありません。

■ マルチシグ対応

マルチシグとは、保管している仮想通貨を移動させるために複数の鍵(パスワード)が必要になるシステムのことで、Liquid by Quoineはマルチシグ対応を進めており、すでにBTCとBCHへ対応済みです。

マルチシグによる仮想通貨のセキュリティ向上へ - 4つの課題 | 特徴・メリットデメリット | ボクシルマガジン
マルチシグとは仮想通貨の秘密鍵を複数登録する仕組みで、シングルシグよりもセキュリティが向上します。コインチェックの...

■ 4段階の出金プロセス

Liquid by Quoineでは出金時に2段階認証を設定しており、出金操作について確認メールも届きます。顧客資産の移動に不正が発生しないようにするためのセキュリティ対策といえます。

安心のラインサポート

Liquid by Quoineは通常のメールサポートだけではなくLINEでのサポートも対応しています。LINEなら気軽に問い合わせができるので、初心者の方でも使いやすい取引所だといえます。

高いレバレッジ

FX取引のように、仮想通貨にもレバレッジ取引があります。レバレッジ取引は、預けている資産に倍率をかけて取引できるサービスで、少額でもハイリターンを得られる可能性があります。

そしてLiquid by Quoineで設定できる倍率は個人アカウントなら国内取引所としてはトップの25倍(法人アカウントなら50倍)になっています。

仮想通貨でレバレッジ取引するメリット・デメリットとは | 取引所も徹底比較してみた | ボクシルマガジン
仮想通貨で手元の資金が少なくてもテコの原理のように大きな資金を運用するレバレッジという方法があります。今回はそのレ...

クイック入金サービス

みずほ銀行や三菱UFJ銀行など約380の金融機関からできる通常の入金サービスに加えて、入金が即時反映されるクイック入金サービスもあります。クイック入金は、ジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行決済・コンビニ決済・ペイジー決済に対応しています。

スプレッドの狭さ

仮想通貨取引には「取引所」形式と「販売所」形式がありますが、Liquid by Quoineはすべての取り扱い通貨を取引所形式で売買可能です。販売所形式の仮想通貨取引所よりもスプレッドが狭いので、仮想通貨をお得に取引できるというメリットもあります。

Liquid by Quoineの手数料

Liquid by Quoineは、口座開設手数料・ベース通貨の現物取引手数料・入手金手数料が無料になっています。ベース通貨とは、居住地の法定通貨とビットコインのペアのことで、日本ならBTC/JPYの取引がすべて無料ということです。

無料じゃないものは?

BTC/JPY以外の通貨ペアの現物取引手数料は、イーサリアムを含む取引は0.1%、それ以外のペアは0.25%になっています。また、レバレッジ取引はポジション料として1日あたり0.05%の手数料が発生します。

Liquid by Quoineの登録方法

Liquid by Quoineに登録する方法として、アカウント開設と本人確認書類の提出について解説します。すべて合わせても30分程度で完了するので、まだLiquid by Quoineのアカウントを解説していない方はぜひ登録してみましょう。

公式サイトへアクセス

まずはLiquid by Quoineの公式サイトにアクセスしましょう。


トップ画面に「口座開設無料はこちら」ボタンがあるのでクリックすれば口座開設画面にアクセスできます。

本人情報を入力

ここからは口座開設に必要な本人情報を入力します。ここで入力する情報と、あとから提出する本人確認書類に記載されている情報に違いがあると口座開設できないので気をつけましょう。

まずは居住地国の選択をします。日本人住んでいる方は「Japan(日本)」を選択して「次へ」をクリックしましょう。

続いて、口座情報やメールアドレスとパスワードなどの入力画面です。口座情報は「個人」を選択して、メールアドレスとパスワードを入力します。また、居住地と米国納税義務についてもそれぞれ確認してチェックを入れましょう。

画面をスライドさせると本人情報の入力欄が表示されます。氏名・生年月日・性別・住所などを欄に従って入力して、最後に「確認」ボタンを押します。

本人情報の入力が完了したら、登録したアドレスに確認メールが届きます。メール内の「Confirm my account」(アカウントの確認)というURLをクリックすればアカウント開設は完了です。

本人確認書類を提出

仮想通貨取引をするためには本人確認資料の提出が必要なので、口座開設と一緒にやっておきましょう。

Liquid by Quoineの画面左上にある「三」をクリックするとメニューバーが表示されます。メニューバーを開いたら「プロフィール&口座開設状況」をクリックします。

本人確認資料の提出が完了していない場合は、提出画面が表示されます。提出する書類を選択して、スマホや携帯電話で撮影した画像をアップロードしましょう。

なお、 Liquid by Quoineで利用可能な本人確認書類は以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード・パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

また、以下の書類はいずれか2点で本人確認書類として利用できます。

  • 各種健康保険証(共済組合員証)
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

提出書類や入力内容に不備がなければ、1営業日程度で確認が完了します。

書留ハガキの受け取り

本人確認資料の確認が完了すると、登録した住所宛に数日から1週間程度で書留ハガキが届きます。

なお、書留ハガキはポストに投函されないので、手渡しで受け取る必要があります。ハガキを受け取れば、登録したアドレスに「アカウント承認メール」が届きます。

以上で本人確認手続きがすべて完了し、いよいよ仮想通貨取引が可能になります。

Liquid by Quoineの評判・口コミ

Liquid by Quoineのを利用したユーザーからの評判や口コミを紹介します。

送金が遅い?

SNSを見ると、Liquid by Quoineは他の取引所やウォレットへの仮想通貨の送金、日本円の出金が遅いという口コミがあります。

ただし、送金が遅い理由にはLiquid by Quoineが顧客資産を100%コールドウォレットで保管していることも関係しています。送金をするためにはネットから切り離されているコールドウォレットから、オンラインへと接続する必要があるからです。セキュリティがしっかりしているからこそ、移動させるためにはどうしても時間がかかってしまうのです。

アプリの評判は?

Liquid by QuoineのPCブラウザ版と同じように現物取引やレバレッジ取引ができる機能を備えています。
ただし、機能としては十分なのですが、やはりPCブラウザ版よりはやや使いにくいという評価が多いようです。

セキュリティはやはり高い

SNSの口コミを調べるとLiquid by Quoineは国内取引所のなかでもセキュリティ対策がしっかりしている取引所として評判です。

コインチェックの不正出金疑惑で相場全体が下がるのは理解できる。でも何でQASHまで投げ売りする人がいるんだろう…もし不正出金が起きていたら「セキュリティの高い取引所に移そう」という発想になる人が出てくるよね。するとLiquid by Quoineに資金が集まる可能性も出てくる。QASHが上がる可能性もあるよ?

このように、Liquid by Quoineはセキュリティレベルが高い取引所という認識が広まっています。仮想通貨取引所は大切な資産を預ける場でもあるので、セキュリティが高いLiquid by Quoineは初心者の方にとてもおすすめな取引所といえます。

Liquid by Quoineのデメリット

Liquid by Quoineはセキュリティが高く非常に信頼できる取引所ですが、一方でデメリットもあります。

出金の遅さ

Liquid by Quoineから日本円を出金する場合、最大で3営業日かかります。ビットフライヤーは1営業日、ザイフは2営業日なので、Liquid by Quoineの出金処理はやや遅めであるといえます。

追証・ロストカット

レバレッジ取引をするときにはロスカットや追証が発生する仕組みや条件をかならず調べておきましょう。Liquid by Quoineは、追証なしで、証拠金維持率が110%以下となった場合にロスカット(強制決済)が発生します。

セキュリティが高くて安心なLiquid by Quoineで取引しよう!

Liquid by Quoineは金融庁に仮想通貨交換業者として登録されており、セキュリティ対策もしっかりしている取引所です。特にコインチェックのハッキング事件以来、仮想通貨取引所のセキュリティ対策は非常に重視されていますが、Liquid by Quoineは国内取引所のなかでもセキュリティへの信頼性はトップクラスといえます。

さらにスプレッドが非常に狭く、QASHやXRPといった話題のコインを取り扱っているという長所もあるので、仮想通貨投資をはじめるならぜひLiquid by Quoineに登録しておきましょう!

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
Liquid by Quoine 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金のパーソナルトレーニング『bookee (ブーキー)』

bookee (ブーキー)毎日専属コンサルタントにオンラインで支出報告をしながら貯金ができるようになる『お金の習い事』です。90日間、全10回の面談トレーニングで貯金習慣、保険、住宅、話題のiDeCo、NISAなどが学べぶことができます。お金のことなのにオシャレな空間で楽しくマンツーマンで学べるのが特徴で、メディアでも取り上げられています。中立的なサービスなので、金融商品の販売をされる心配もなく、プロの知識を身につけることができます。
無料体験や30日返金保証などもサポートも充実しているので、まずは試してみたいという方におすすめです。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!