C#言語でアプリ開発可能な仮想通貨Stratis(ストラティス)とは - 特徴・取引所・将来性を解説

Stratisは独自トークンのSTRATを発行する仮想通貨プロジェクトです。Stratisの特徴はC#言語でアプリ開発が可能な点と、Microsoft Azureとの技術提携で実現するCloud Stratis 、BaaS、TumbleBit、などの特徴的なサービス提供が可能な点です。

C#言語でアプリ開発可能な仮想通貨Stratis(ストラティス)とは - 特徴・取引所・将来性を解説

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 Liquid by Quoine
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
業界最安値水準
レバレッジ取引0.025%!豊富な通貨53種類のペア/BTCJPY取引率の手数料無料


Stratis(ストラティス)は2016年8月に公開された仮想通貨プロジェクトで、発行しているトークンは「STRAT」です。

Stratisプロジェクトの主なサービスは、ブロックチェーンのアプリ開発を簡略化するシステムの提供です。本記事では仮想通貨Stratisの特徴や購入できる取引所について解説していきます。

Stratisとは

Stratisはブロックチェーン上にアプリケーションを開発するためのプラットフォームです。
Stratisのシステムを利用によってプロセスが簡略化されるため、専門知識が乏しくてもアプリ開発が可能になります。

このためStratisのシステムを利用すれば、開発力のない企業でもブロックチェーンのアプリ開発に参入することが可能になります。

仮想通貨Stratisの特徴

Stratisのシステムを利用するために必要になるのがSTRATトークンです。Stratis提供するサービスには以下のような特徴があります。

BaaS

BaaSは「Block chain as a service」の略で、Stratisはブロックチェーンをサービスとして使えるようにすることを目指しています。

BaaSを利用する場合はStratisにアカウント作り、サインインします。あとはBaaSの利用を選択し、必要なパラメーターを入力するだけで新しいチェーンを作ることが可能です。

つまりBaaSはブロックチェーンの簡易的なエディターソフトと言えるのです。

“X”aaS(as a Service)とは?「AからZまですべて存在する説」を検証してみた | ボクシルマガジン
さまざまなクラウドサービスに用いられる「aaS(as a Service)」という表現。“X”aaSと記載される場...

C#言語

プログラミングを行うには何かしらのプログラミング言語を用いる必要があります。

ブロックチェーンを構築するためのプログラミング言語はマイナーな言語が多く、この点がブロックチェーンに精通したエンジニア不足の要因の一つです。

Stratisはプログラミング言語の人気ランキングでも5位の「C#」を開発言語に選んでいます。

4月プログラミング言語ランキング発表
TIOBE Softwareから、2018年4月のTIOBE Programming Community Inde...

C#は多くのプログラマーが精通しているため、多くのプログラマーがブロックチェーン開発に参入できます。

TumbleBit

仮想通貨はすべての取引記録を照会できる点が大きな特徴ですが、Stratisが提供するTumbleBitを利用すれば一定の匿名性を保つことが可能です。

TumbleBitを利用することで、クスクローという第三者仲介人を利用して取引を実行し、さらにミキシングという方法で受け取り側のコインを混合させ、一連の仮想通貨取引に匿名性を持たせます。

TumbleBitはStratisが開発するウォレットの「Breeze Wallet」に導入される予定です。TumbleBitを利用すればビットコインの匿名送金も可能になります。

Cloud Stratis

従来、社内のネットワークにブロックチェーンを取り込むには専門知識を持つエンジニアの力が必要でした。

しかし「Cloud Stratis」のサービスを利用すればクラウド上のシステムで自動的にブロックチェーンを社内ネットワークに取り込めます。

Stratisと企業の提携

Stratisプロジェクトの特徴はいくつかの大手企業と提携している点です。特にMicrosoftとの提携は大きな注目を集めました。

Stratisは以下の企業と提携関係にあります。

Microsoft Azure

Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)はMicrosoftが提供するサービスの一つで、主に法人向けにさまざまなクラウドサービスを提供しており、StartisとMicrosoftはブロックチェーンの導入技術に関する提携をしています。

StratisはMicrosoft Azureと連携して「Stratis Development Platform」というサービスを提供しています。このサービスにより、クラウド経由でブロックチェーンを社内ネットワークに導入することが可能になります。

提携による懸念

上記で解説したようなクラウドを介し、ブロックチェーンを導入するサービスはMicrosoft Azureのシステムに大きく依存します。

Stratisプロジェクトの最大の魅力は、ブロックチェーンに関する専門知識がなくても利用できるサービスです。

そのサービスの技術部分を提携先であるMicrosoftに大きく依存する形は、今後のStratisプロジェクトの進行と発展に良くも悪くも影響するでしょう。

たとえば、もしもMicrosoftが提携を打ち切ればStratisプロジェクトは大きく破綻してしまい、トークンの暴落は免れません。

仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...

Stratisのメリット

他のプラットフォームが持つ機能を利用

Stratisを利用してブロックチェーンを構築することで、ブロックチェーン以外のプラットフォームと結びつけた開発や利用が可能です。しかもStratisを利用すればC#言語ベースでの開発が可能になります。

エンジニアの参入が容易

ブロックチェーンもそうですが、多くの仮想通貨プラットフォームはマイナーなプログラム言語を用いる場合が多く、精通したエンジニアはまだまだ不足しています。

Stratisを利用すればC#言語での開発が可能になるため、既存エンジニアの参入が容易になります。

ビットコイン送金の匿名性の高さ

StratisはTumbleBitのサービスを利用すればビットコインでも匿名で送金が可能になります。TumbleBitによる匿名性の高い仮想通貨の運用もStratisの特徴的な点です。

Staticのデメリット

中央集権的な運営

例えばビットコインは特定の運営元がなく、大元となるデータベースは分散型です。これは例えるなら保有者全員で管理しているようなものです。

それに対してStratisは明確な運営元が存在し、中央集権型と呼べます。もしも中央の運営が破綻すればユーザーの意思や行動とは関係なく、トークンの暴落は免れないでしょう。

流動性が低下する可能性

StratisプロジェクトのトークンであるSTRATはPoSというシステムにより、たくさん保有している人ほどステーキングの成功率が上がる仕組みになっています。

ステーキングとはマイニングのようなもので、新規発行分を保有できる仕組みです。

PoSの仕組みにより、STRATをたくさん保有している人はそれを手放しにくい傾向が生まれるため、仮想通貨のとしての流動性にブレーキがかかる要因となります。

Stratisの値動きと将来性

2018年6月現在、Stratisの値動きは以下のようになっています。

3月、4月と低迷し、低い時には3ドル以下にまで落ちていますが、5月に高騰し、8ドルを超えました。

6月頭の時点で下がっていますが、チャート見る限りでは今後も高騰する可能性はありそうです。
STRATは1か月で倍くらいまで上下しており、値動きの激しいトークンといえます。

Stratisの取引所

STRATは日本国内の取引所では取り扱っておらず、以下の海外の取引所で売買が可能です。

BINANCE

  • 取引手数料が一律0.1%で割安
  • 独自トークンを利用すると取引手数料が半額
  • 投機目的に適したシットコインの取り扱いが多い

Binance(バイナンス)は上海に拠点を置く仮想通貨取引所で、独自のトークンを発行しています。Binanceは月に一度、仮想通貨銘柄の人気投票を行い、1位になった銘柄を上場するという特徴的なサービスがあります。

Bittrex

  • アカウント認証が3段階で、出金限度が異なる
  • アルトコインの取り扱いは200種類以上で豊富
  • 日本でも知名度が高い海外取引所

Bittrex(ビットレックス)はアメリカの仮想通貨取引所で、世界でも最大手の巨大な仮想通貨取引所です。特にアルトコインを多く取り扱うことで有名です。

Poloniex

  • 仮想通貨取引所としての規模は世界最大
  • 取引手数料は0.15%以下で割安
  • アプリで簡単に取引やチャート確認ができる

Poloniex(ポロニエックス)は世界最大級の仮想通貨取引所です。日本語に対応はしていませんが専用アプリが使いやすいという評判もあり、多くの日本人ユーザーが利用しています。

世界最大級の仮想通貨取引所「ポロニエックス」登録方法と使い方徹底解説! | ボクシルマガジン
ポロニエックスはアメリカを拠点にする仮想通貨取引所です。世界最大規模であるため参加者が多くアルトコインの取引も活発...

HitBTC

  • 知名度の低い仮想通貨の取り扱いが多い
  • 手数料は0.1%で割安
  • 誕生は2013年で、老舗の取引所

HitBTC(ヒットビーティーシー)はICO直後の知名度が低い仮想通貨を取り扱うことが多いことで有名な取引所です。

仮想通貨Stratis、購入するには

STRATは2018年6月現在、上記で紹介したような海外の取引所でしか扱っていません。

海外の取引所のほとんどは日本円を取り扱っていないため、STARTを購入するにはまず国内の取引所に口座を開設し、円をビットコインに替え、ビットコインをウォレットに送金して購入する手順がもっとも一般的で簡単と思われます。

仮想通貨Stratisは市場の成長とともに伸びる可能性

ブロックチェーンはこれからも画期的なイノベーションのベースとなる可能性が高く、高い将来性を秘めたデジタルプラットフォームです。

しかしブロックチェーンはまだ新しい技術のため、それに精通するエンジニアの絶対数は不足しています。

Stratisを利用すればブロックチェーン開発技術を持たない企業でも気軽にブロックチェーン開発に参入が可能です。企業にとってはエンジニアを雇うか、Stratisを導入するか、という選択肢が増え、Stratisはブロックチェーン開発の発展に貢献するでしょう。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
Liquid by Quoine 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!