Segwitとは - 仮想通貨の問題点を解決策する技術のメリット・デメリット

Segwitはビットコインやモナコインなどに導入されている仮想通貨に関連する技術です。Segwitとは何なのか?導入することにどのような意味があるのか?という疑問を抱く方のために、Segwitの仕組みやメリット・デメリットを紹介します。

 Segwitとは - 仮想通貨の問題点を解決策する技術のメリット・デメリット

人気取引所ランキング

初めての仮想通貨購入、海外仮想通貨取引所の利用には、まず国内取引所への口座開設が必須です。

1位 GMOコイン 2位 DMM Bitcoin 3位 QUOINEX
現物取引手数料・入出金手数料
レバレッジ取引手数料が無料
入出金・スプレッド手数料無料
アプリの使いやすさに定評
100%コールドウォレット管理
実効スプレットが非常にタイト


仮想通貨は実社会での利用が期待されている技術ですが、現状のビットコインは処理が遅く手数料も高いという問題点があります。また、安心して利用するためにはセキュリティの強化も必要です。

そのような問題を解決するための技術がSegwitです。本記事ではビットコインなどへの導入によって注目されているSegwitの仕組みや、メリット・デメリットについて解説します。

Segwitとは

Segwit(セグウィット)とは、ブロックチェーンに記録される取引データの改ざんを不可能にし、さらにブロックチェーンの1ブロックあたりに格納できるデータ量を増加させる技術です。

もともとは改ざんされる可能性を持つデータを外部に分離することによって改ざんリスクを防止するための技術として開発されました。さらに、ブロックに記録できるデータ量が増えるというメリットも生まれました。

この2点は、それぞれスケーラビリティ問題・マリアビリティ問題と呼ばれるビットコインの問題点なので、それぞれ詳しく解説します。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨のトランザクション(処理量)が増加してネットワークの負荷が上昇し、取引の処理が遅くなってしまう問題のことです。

ビットコインのブロックサイズは1MBに設定されていますが、一般的な決済システムよりも格納できるデータ量が少ないためこのスケーラビリティ問題に悩まされています。

スケーラビリティ問題の対処法としてブロックサイズを大きくするという手段もありますが、ブロックサイズを拡張するとブロックチェーンに問題が発生してしまう可能性もあります。

Segwitは、ブロックサイズを拡張するのではなく、ブロックに格納されるデータを圧縮することによって、スケーラビリティ問題の解決に貢献するのです。

マリアビリティ問題

マリアビリティ問題とは、悪意を持ったユーザーが取引データを改ざんすることにより、二重取引ができてしまうぜい弱性(セキュリティ上の問題点)のことです。

簡単に解説すると、送金の受取人がブロックに格納されるデータのなかからscriptSig(署名)にあたる部分を改ざんし、送金されたビットコインを受け取っているのに送金が失敗したように見せかけて二重送金をさせるという方法です。

これはビットコインのブロックチェーンが持つバグとも言われていて、悪意を持つユーザーによってデータが改ざんされてしまうリスクがあるのです。

Segwitすると……

Segwitは、マリアビリティ問題の原因になっているscriptSigのデータを切り離して格納することで、データの改ざんを阻止します。さらにトランザクションデータの一部を切り離して保存することにより、ブロックに格納されるデータ量を減らしてトランザクションを効率化できるので、スケーラビリティ問題の改善にもつながるのです。

Segwitのメリット

Segwitはビットコインをはじめとした多くの仮想通貨に導入されています。まずはSegwitによるメリットを紹介します。

マリアビリティ問題とスケーラビリティ問題の解決

Segwitの最大のメリットは、上記のマリアビリティ問題とスケーラビリティ問題の解決につながるということです。データの改ざんはブロックチェーンにとって致命的なリスクですし、トランザクション処理が遅くなってしまうと実用性が著しく低下します。Segwitによってこの2つの重大なデメリットへの対処ができるのです。

取引手数料の低下

ビットコインは、マイナーへの報酬である取引手数料を多く支払ったトランザクションを優先的に処理する、という仕組みになっています。したがってスケーラビリティ問題が大きくなると取引手数料が上がっていきます。

Segwitの導入によってスケーラビリティ問題が改善されれば、取引手数料も低くなるというメリットがあるのです。

仮想通貨マイニングの方法・仕組みとは | 個人参加するなら知るべきマイナーの基本 | ボクシルマガジン
仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の取引履歴を記録するためにコンピュータの処理能力を提供して、その報酬として新規発...

承認時間の短縮

トランザクション数が増えると、取引承認までにかかる時間が長くなってしまいます。Segwitはスケーラビリティ問題を改善するので、取引承認の時間を短縮するというメリットもあるのです。

Segwitのデメリット

Segwitはメリットが多い技術ですが、デメリットも存在します。

マイナーの報酬が減る

Segwitが普及するとビットコインのブロックチェーンを支えているマイナー(採掘者)への報酬が下がります。マイナー報酬が下がりすぎてしまうとマイナーが減り、ブロックチェーンの維持が難しくなってしまう可能性があります。

リソースの使用量が増える

1ブロックの処理にたいしてトランザクション数やネットワークの使用量が増えるので、マイナーのリソース(パソコンの処理能力と電気)の使用量が増えます。

ウォレットなどのSegwit対応

Segwitを導入する場合は対応するウォレットなどもすべてSegwitへの対応が必要になります。Segwitは実装が難しく手間もかかるため、何らかの問題が発生する可能性があるのです。

Segwitを導入したコイン

実際にSegwitを導入しているコインを紹介します。Segwitは仮想通貨業界から注目されている技術なので、導入前にはいずれの通貨も価格がやや上昇しました。

ビットコイン

ビットコインは2017年8月にSegwitを導入しました。しかし、ビットコインの取引量はそれ以降も爆発的に増えているので、スケーラビリティ問題が解決したとは言えない状況です。さらにビットコインは、後述するSegwit2xの導入を予定していますが、コミュニティ内の意思統一ができずに延期されている状況です。

 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...

モナコイン

モナコインは日本発祥の仮想通貨で、日本のコミュニティが活発です。実はモナコインは世界ではじめてSegwitを導入した仮想通貨でもあり、スケーラビリティ問題が発生しない高性能な仮想通貨としても知られています。

モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...

ライトコイン

ライトコインはビットコインのようなスケーラビリティ問題が顕在化していたわけではありませんが、後述するライトニングネットワークを導入するためにSegwitを取り入れました。

ライトコイン取引所おすすめ比較15選 | 選び方・価格・特徴【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
今後が期待されるライトコインを売買するうえでおすすめな取引所の選び方を紹介します。ライトコインを取り扱っている取引...

Segwitを導入したウォレット

Segwitを導入しているウォレットも紹介します。なお、通常のビットコインアドレスは「1」から始まる文字列になっていますが、Segwit対応の場合は「3」から始まるアドレスになります。

Trezor

ビットコインだけではなくイーサリアムやライトコインなどの仮想通貨にも対応するのハードウェア型ウォレットです。

Nano Walletはネム取引に不可欠!?人気ハードウォレットTREZORも解説【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
記憶に新しいコインチェック事件や、これまでの仮想通貨史で度重なるハッキング被害。当然これらの過失は企業側にあります...

Ledger

ビットコインを含めた27種類の仮想通貨に対応したハードウェア型ウォレットです。全世界で10万人以上が利用している人気商品です。

GreenAddress

Segwitに対応した初めてのモバイルウォレットです。ハードウェアウォレットよりも堅牢性は劣りますが、その分普段使いには便利なウォレットです。

仮想通貨のウォレットについてもっと詳しく知りたい方はぜひ下記の記事をご覧ください。

【2018年最新】仮想通貨ウォレット5種類のメリット・デメリット徹底比較 | それぞれの特徴は? | ボクシルマガジン
仮想通貨の市場はいまや一時の盛り上がりも落ち着いているようですが、そういったときこそ管理の手が緩むこともあるのでは...

その他の解決策

スケーラビリティ問題をはじめとした仮想通貨の問題点はSegwitだけで、すべてが解決できるわけではありません。Segwit以外にもさまざまな解決策が生まれているので、詳しく解説します。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークはスケーラビリティ問題を劇的に改善する技術として注目されています。ライトニングネットワークについては下記の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

ライトニングネットワークとは | ビットコインの問題を解決する革新的な技術の仕組み | ボクシルマガジン
ビットコインなどへの実装が期待されているライトニングネットワークとは何なのかをわかりやすく解説します。ライトニング...

 

Segwit2x

Segwit2xとは、ビットコインの1ブロックあたりのサイズをこれまでの1MBから2MBにアップデートする計画のことです。

これによりブロックに格納されるサイズが拡張されるので、ビットコインの機能や利便性を向上させられるといわれています。

しかしブロックサイズの拡張は、これまでのブロックチェーンのルールを変えてしまうアップデートなので、思わぬエラーやトラブルが発生してビットコインの価値を毀損してしまうかもしれないと危惧されています。

実は2017年11月にSegwit2xが導入される予定になっていましたが、上記のようなリスクもあるためコミュニティ内の反発が多く、現在も延期されたままになっています。

マイクロペイメントチャネル

ビットコインのブロックチェーンにはすべての取引履歴が記録されていますが、処理量が多すぎてスケーラビリティ問題が生じています。

マイクロペイメントチャネルとは、取引の一部をブロックチェーンから切り離して処理した複数のトランザクションをまとめてブロックチェーンに記録することによって、ブロックチェーンの負担を減らす仕組みです。

ビットコインは手数料が高いので数十円程度のマイクロペイメント(少額決済)をすると、総金額よりも手数料が高くなってしまうという問題があります。

そこでマイクロペイメントチャネルを導入すれば、ブロックチェーンで処理するトランザクションの量が減るので手数料が下がり、マイクロペイメント(少額決済)にも対応できるようになるとされています。

Segwitは仮想通貨にさらなる発展もたらす技術!

スケーラビリティ問題は、ビットコインだけではなく多くの仮想通貨を悩ませています。仮想通貨が実用化されるためにはスケーラビリティ問題の解決が欠かせないため、segwitを始めとした多くの仕組みが考案されています。

Segwitだけですべてのスケーラビリティ問題が解決するわけではありませんが、この記事で紹介した他の技術と組み合わせて、仮想通貨はより便利になっていくはずです。利便性の向上は仮想通貨の価値を高めるので、今後も新たな技術の誕生と導入を期待しましょう。

人気が高く始めやすい、国内の仮想通貨取引所

取引所 特徴・ポイント
GMOコイン 入出金・スプレッド手数料が無料
QUOINEX 金融庁登録第一号!
DMM Bitcoin 売買手数料、入金手数料が無料

アルトコインの取り扱いが豊富な海外取引所

取引所 特徴・ポイント
BINANCE 日本語にも対応、
120種以上の取り扱い
bittrex 200種程度のアルトコイン
bitfinex 入金は仮想通貨のみ

おすすめ資産運用セミナー情報

仮想通貨以外にも資産運用を行いたい方向けにその他のおすすめのセミナーや講座を紹介します。

お金の教養講座

お金の教養講座は、東京、大阪、ニューヨークで開校している総合マネースクールで、ファイナンシャルアカデミーの無料講座です。年間3万人以上が受講し、お金の貯め方から効果的な家計管理、無駄な支出を減らす方法など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べる無料講座です。

マンション投資セミナー

トラストが提供するマンション投資セミナーです。東京15区の単身者向け(1R、1K)中古マンション投資に特化しており、賃貸管理委託業務をしているため、空室保証や設備保証のサービスもあり、オーナーにとって安心して取り組める不動産投資の仕組みを提供可能です。販売から賃貸管理、リノベーション、売却までを対応可能なので、オーナー様と長く親密にお付き合いしていくことができます。

マンション経営セミナー

株式会社リアネストが提供するマンション経営セミナーです。マンション経営がよくわからない人向けのセミナーとなっているので、初心者の方でも気軽に参加することができます。また一人一人に対して相談の時間を設けているので、丁寧なアドバイスを受け取ることができます。他にもマネー・保険・年金などのセミナーも無料開催しています。

人気の仮想通貨関連記事

仮想通貨リップルの将来性 | 1XRP=6,200円時代は到来するのか - 2018年 価格と上昇理由を予測 | ボクシルマガジン
リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています...
マウントゴックス事件と暴落の関係|多発する仮想通貨流出 - 問題視される安全と将来性 | ボクシルマガジン
2018年のビットコイン相場にマウントゴックスが関係していた?世間を騒がせてから4年経ち、Coincheckでの大...
モナコイン取引所おすすめ比較12選 | 選び方のポイント・メリットデメリット【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
日本発の仮想通貨として注目が集まるモナコイン。世界で初めてSegwitを実装するなど、話題になっているモナコインを...
mijinのカタパルトを終えたネムの今後は?その特徴と可能性【2018年版】 | ボクシルマガジン
NEM(ネム)はコインチェックのゴックス事件などマイナスイメージはあれど、いまだ根強い人気があります。今回はそんな...
ブロックチェーンの技術への注目度が高まる中、SIRIN LABSが業界初のブロックチェーンスマホを開発。気になるそ...
期待のトークンQASH(LIQUID)が日本発ICOで最高額を出したワケ - その将来性と購入方法 | ボクシルマガジン
Quoine(コイン)社が発行しているトークン・QASH(キャッシュ)はどんな仮想通貨なのか?将来性は?そんな疑問...
COMSA(コムサ)とは?日本発の大型ICOがイマ話題な理由 - 購入方法 | ボクシルマガジン
資金調達の手段として注目されているICO。その中でもTech Bureau(テックビューロ)が提供している日本最大...
【2018年最新版】海外仮想通貨取引所18社を国別に紹介 | バイナンスやビッサムも | ボクシルマガジン
仮想通貨取引を始めるときに一番悩むのは通貨の種類ですが、二番目に悩むのは取引所ではないでしょうか。「海外の仮想通貨...
仮想通貨ランキング上位15銘柄 2018年6月最新版 | チャート・ランキングの調べ方も紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨に投資を行う際に選定の指標としてとても重要になってくる時価総額。今回は仮想通貨の時価総額ランキングトップ1...
ネム取引所おすすめ比較9選 | 選び方のポイント - Binance上場はどう影響する? | ボクシルマガジン
Binance上場などで大きく話題になっているネムですが、売買するにはどの取引所がいいのでしょうか?本記事ではネム...
1BTC(ビットコイン)はいくら?日本円最新価格|いくらから買える?BTC/JPYをリアルタイム更新 | ボクシルマガジン
1BTC(ビットコイン)の日本円最新レートをリアルタイム更新。現在のBTC/JPY価格やチャートをチェックできます...
世界初、仮想通貨「74銘柄ランキング」格付け結果はコレだ | ボクシルマガジン
世界で初めて外部機関による仮想通貨の格付け結果が発表されました。有名な銘柄をはじめ、なんと全74種類を4つの独自の...
仮想通貨が抱える4つのデメリットと将来性 | ビットコインが1,000万まで伸びる可能性も? | ボクシルマガジン
仮想通貨はボラティリティが高く投資として魅力的です。現状では価格変動が激しくハイリスクハイリターンなため投機性が高...
 ビットコイン取引所比較おすすめ15選 | 選び方のポイント【2018年決定版】 | ボクシルマガジン
ビットコインを取り扱っている15個の有名な取引所のなかから、おすすめの取引所を紹介します。選び方のポイントとして重...
仮想通貨詐欺とは | 絶対知っておくべき特徴11種類・5つの対処法 - 実例紹介 | ボクシルマガジン
仮想通貨関係の詐欺の件数が、価格の上昇につれて増加傾向にあります。仮想通貨で詐欺に遭わないために、絶対に押さえてお...
2018年注目ICOを見分ける8つの方法とは?価格が2倍以上になったトークン紹介 | ボクシルマガジン
ハイリスクハイリターンで注目されているICO。「投資してみたいけど何を基準に選んだら良いのかわからない」という方必...
ビットコインゴールド購入可能な取引所比較 | 付与やハードフォークの対応 | ボクシルマガジン
2017年の10月に誕生したビットコインゴールドですが、取引所ごとに付与などの対応が分かれました。ビットコインゴー...
ビットコインで損している人がやりがちな5つの行動--損をしないために覚えておきたい回避方法 | ボクシルマガジン
ビットコインで負けている人に共通している5つの行動とは?ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格の上下が激しい昨今...
カジノ通貨?Cardano ADA(カルダノエイダ)コインとは | 詐欺コインの噂とその真相 | ボクシルマガジン
オンラインゲームやカジノで使える仮想通貨でありながら、詐欺との噂も多いカルダノコイン(ADA)について、その背景と...
仮想通貨リスクのアップデートは結局いつ?2018年の最新情報を徹底調査 | ボクシルマガジン
2018年2月にリブランディングを行ったことで話題となったリスクですが、近々大幅なアップデートを控えていると言われ...
仮想通貨ステラ(XLM)とは | リップル(XRP)がベースで開発された注目銘柄の特徴 | ボクシルマガジン
リップル(XRP)の兄弟分として認識されているステラ(XLM)。個人間の送金目的として処理スピードと手数料の安さか...
仮想通貨はナゼ暴落するのか | 原因と今後の展開 - 回避のための注意点 | ボクシルマガジン
2017年に急成長を遂げた仮想通貨市場ですが、2018年に入り仮想通貨の価格が下落。一時は60万円台まで落ち込みま...
暗号通貨とは?仮想通貨との違い・市場規模・仕組みを解説 | ボクシルマガジン
ビットコインを始めとする暗号通貨は、暗号技術を用いて取引の安全性を確保し、かつ新規発行の統制を行っている通貨です。...

ボクシルトークンとは

ボクシルトークンは、日本発の仮想通貨・ICOメディアです。
国内外のICO案件のデータベースを提供するほか、仮想通貨・ICOに関する情報を発信しています。

「仮想通貨に興味あるけどいまいちわからない…」
「最新のICO情報を日本語で知りたい!」

そんな方はぜひボクシルトークンをご利用ください!