GDPR

GDPR(EU一般データ保護規制)とは | 日本企業が最低限とるべき4つの対応策 - 訴訟のケースも?
GDPR(EU一般データ保護規制)とは | 日本企業が最低限とるべき4つの対応策 - 訴訟のケースも?
GDPR(EU一般データ保護規則)とは、基本的人権の確保やプライバシー保護を目的に策定・施行された管理規制である。個人情報の移転・処理・取得に規則を設けたGDPRは日本企業にどのような影響があるのか、対応への課題とともに解説していく。
2020.04.09 17:31
グーグルも参画「Data Transfer Project」 SNSデータはユーザーのものになるか?
グーグルも参画「Data Transfer Project」 SNSデータはユーザーのものになるか?
グーグル、フェイスブック、ツイッター、マイクロソフトという「BIG5(アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト、グーグル)」の一角が、オープンソース・プロジェクト「Data Transfer Project(DTP)」を立ち上げた。SNSなど各種オンライン・サービス間でユーザーによる容易なデータ移行を実行可能にしようと、具体的な技術開発をする注目の取り組みだ。DTPの仕組みを調べ、DTPがインターネットにもたらす影響を考えてみた。
2018.08.06 06:15
カリフォルニア州「プライバシー保護法」 本質は企業活動円滑化?企業と消費者をゆさぶる8項目
カリフォルニア州「プライバシー保護法」 本質は企業活動円滑化?企業と消費者をゆさぶる8項目
カリフォルニア州で消費者の個人情報を守る法律「消費者プライバシー法」が成立した。欧州の「GDPR(EU一般データ保護規則)」と似ているが、ポイントを整理したところ、一方的に消費者有利といえない内容が浮かび上がった。本質的な目的は、情報収集の透明化と企業活動の円滑化のようだ。
2018.07.30 05:30
グーグル、フェイスブックを脅かすGDPR 「炎上」の火の粉は日本企業にもかかる恐れ
グーグル、フェイスブックを脅かすGDPR 「炎上」の火の粉は日本企業にもかかる恐れ
EU加盟国市民のプライバシー保護目的で定められた「GDPR(EU一般データ保護規則)」には、厳しい罰則が設けられている。グローバルな大企業にとどまらず、日本国内にしか事業所のない企業も規制対象だ。対岸の火事と見過ごさず、適切に対応する必要がある。さっそく「標的」にされたグーグルやフェイスブックを例にあげて現状をみていく。
2018.06.27 05:40
なぜ今フェイスブックが批判されるのか?4つのポイントを議会との対立から読み解く
なぜ今フェイスブックが批判されるのか?4つのポイントを議会との対立から読み解く
現在のフェイスブックには、大きな悩みが2つある。1つは、2016年の米大統領選挙に影響を与えたとされるロシア関係の広告とフェイクニュース(偽ニュース)。もう1つは相次ぐ「個人情報」問題。欧米議会との対立から、なぜ今フェイスブックが批判されるのか、4つのポイントを解説する。
2018.06.19 05:40
フェイスブックはGDPR(欧州一般データ保護規則)でマイクロソフトの二の舞になるのか
フェイスブックはGDPR(欧州一般データ保護規則)でマイクロソフトの二の舞になるのか
個人情報不正流用疑惑に揺れるフェイスブックには米国に加え、欧州・英国議会からも監視の目が光る。EUでプライバシー保護を目的としたGDPRの施行や、EU全体での売り上げに課税されるデジタル税の導入が報じられる中、フェイスブックは競争力を維持できるか。
2018.04.18 06:30