脆弱性情報収集・管理ツール「SIDfm」

SIDfm

まだ評価はありません
更新日 2022-05-26
サービス資料・基本情報
2022-05-02更新
スマートキャンプ作成
資料の続きを閲覧するには
料金プラン(抜粋)
もっと見る
プラン価格
400,000円-/年
月額/ユーザー
-
初期費用
100,000円-
無料トライアル
無料プラン
×
もっと詳しく知りたい方へ
セキュリティ診断サービスの資料20件分をまとめて資料請求できます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください
WEB改ざん検知サービス サイトパトロール
CloudSmartGate
SiteLock
ネットワークセキュリティ診断アドバンスサービス
脆弱性TODAY
DIT Security
SECURE-AID
SECURE-ARGUS

基本情報

まだ口コミがありません
BOXIL口コミ
ぜい弱性情報から必要な情報を特定し、 対処法や進捗を把握できるツール

ぜい弱性の情報収集は800種類以上(※)を対象とし、セキュリティ関連を含めると39,000件以上(※)もの膨大な量から収集します。メールの自動通知に対応しているので、知りたい情報を逃しません。

※引用:SIDfm公式サイト(2022年5月時点)

サービス画面 / UI

SIDfmのスクリーンショット1
SIDfmのスクリーンショット2
SIDfmのスクリーンショット3
SIDfmのスクリーンショット1
SIDfmのスクリーンショット2
SIDfmのスクリーンショット3
脆弱性情報収集を自動化
OS・アプリケーション・ソフトウェア製品の脆弱性情報を世界中から収集・蓄積。パッチ情報や回避方法などの対策情報も含めて管理画面で確認可能となり、情報収集の工数を大幅削減!
必要な脆弱性情報をお知らせ
自社が使用しているOS・アプリケーション・ソフトウェア製品を登録することで、膨大な情報の中から必要な情報だけを検索・フィルタリングすることが可能!
定量的な数値で脆弱度を判断!属人化から一元化へ
共通脆弱性評価システムCVSSを採用し、個々のセキュリティホールの脆弱度を定量的に数値で評価。 影響を受けるシステム(プロダクト)が実際に攻撃されたときの脅威(深刻度)も細かく分類され、所有資産の「リスク分析」も一瞬で可能!

導入事例と掲載記事

導入実績

  • ・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • ・国立開発研究法人科学技術振興機構

掲載記事

サービスの説明

必要な脆弱性情報だけを収集しつつ、対処までの工程を削減したい企業におすすめ!
脆弱性情報収集・管理ツール「SIDfm」は、あらゆる脆弱性情報から必要な情報を特定し、
対処方法・進捗が一目でわかるツールです。

<SIDfmが選ばれるポイント>
1.脆弱性情報を世界中から収集蓄積!
対策方法も含めた最新情報が管理画面ですぐに確認できるので情報収集の工数を大幅削減できます。

2.日本初の脆弱性情報提供サービス!
1999年に日本で初めて脆弱性情報の提供を開始した長年の実績。
セキュリティホール情報を日本語で解説、リスク分析・パッチの情報が一目でわかります。

3.脆弱性の対処進捗の記録・管理まで一元化!
属人化してしまいがちな対処の進捗確認・管理までツール内で完結。管理の作業時間省力化実現できます。

サービス資料

サービス資料
サービス資料
2022-05-02更新
スマートキャンプ作成

料金プラン

無料トライアルあり
SIDfm Group
プラン価格
400,000円-/年
月額/ユーザー
初期費用
100,000円-
最低利用人数
最低利用期間
1年

自社システムのぜい弱性対策のための、情報収集効率をあげたい方

SIDfm Biz
プラン価格
700,000円-/年
月額/ユーザー
初期費用
100,000円-
最低利用人数
最低利用期間
1年

自社の顧客や子会社に対して、メールや報告書でぜい弱性情報を提供したい方

SIDfm RA
プラン価格
800,000円-/年
月額/ユーザー
初期費用
100,000円-
最低利用人数
最低利用期間
1年

ホストごとの状態管理まで行いたいが、管理サーバの運用を任せたい方
(管理対象200台以下の方)

SIDfm VM
プラン価格
480,000円-/年
月額/ユーザー
初期費用
100,000円-
最低利用人数
最低利用期間
1年

独自ルールで運用の自動化を図りたい、またはセキュリティーポリシー上、外部サーバに資産情報を登録できない方

機能・連携

iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応

よくある質問

Q

セキュリティホール情報の情報ソースは何ですか?

A

OS・アプリケーションベンダーからのセキュリティ情報を最重要視しています。セキュリティアドバイザリを発行しないアプリケーションの場合は、CVE情報を情報源としています。
さらに、セキュリティホール情報の確度を向上させるため、以下の関連情報も情報源として確認しています。
JVN(http://jvn.jp/index.html)、JPCERT/CC(http://www.jpcert.or.jp)、US-CERT(https://www.us-cert.gov/)

Q

セキュリティ情報は、どのくらいで登録されますか?

A

弊社セキュリティ情報データベースの情報は、弊社が対象としております情報源を営業日毎に日々確認し、新しい脆弱性情報を発見、または情報が更新されていた場合に、原則2営業日以内にデータベースへの登録または更新を行います。

Q

どれだけのOS/アプリケーションを取扱っていますか?

A

2021年4月現在、国内最大級の870種類以上のOS/アプリケーションに関するセキュリティ情報を取り扱っています。詳細は以下ページよりご確認いただけます。
https://www.softek.co.jp/SID/software.html

Q

SIDfm RA/VMのホストとは何ですか?

A

ホストとは、SIDfmにユーザが登録するサーバ機器や端末等の総称で、お客様がシステムの維持・管理を行っている対象の機器を意味します。ユーザがホストを登録する際、ホストに付ける名前は任意です。実際のサーバのホスト名でも通称でも構いません。担当者が区別・管理しやすい形で自由にご利用可能です。

口コミ・評判

0.00
0件の口コミ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
口コミを投稿することで
チャートを表示することができます
SIDfm
セキュリティ診断サービス
並び順
絞り込み
絞り込み
選定のポイントから探す
使いやすさ
0件
お役立ち度
0件
カスタマイズ性
0件
機能満足度
0件
サービスの安定性
0件
まだ口コミはありません。

提供会社

株式会社サイバーセキュリティクラウド
IT/通信/インターネット系
東京都東京都品川区上大崎3丁目1−1 JR東急目黒ビル 13階
資本金
6億5,855万円(資本準備金を含む)
代表者名
小池 敏弘
従業員規模
51~100人
企業URL
https://www.cscloud.co.jp/
設立年月
2010年8月

その他のセキュリティ診断サービスのサービス

ホームページ健康診断 - セキュリティ対策の第一歩の位置づけの脆弱性診断
まだ評価はありません
ホームページ健康診断は企業さま向けホームページの脆弱性診断サービスです。経験豊富な熟練のセキュリティエンジニアが、セキュリティの問題を診断、レポートでご確認いただけます。ご希望とあらば対策の実施もサポートいたします。
WEB改ざん検知サービス サイトパトロール
4.0
WEBサイトの改ざんを検出して自動的に修正するリモート監視サービスです。改ざんと更新を明確に見分け、改ざんされたファイルを修正し、フィッシングサイトを設置されたら削除し、消去されたら追加という作業を自動的に実行します。
中部システム事務機の中小企業向け情報セキュリティ
まだ評価はありません
外部と内部の情報セキュリティを一括で。世界トップクラスのセキュリティを小規模事業主へリリース。UTM、マルウェア対策、マイナンバー対策、個人情報保護対策、ネットバンキングへの対策、不正アクセス対策、パソコン使用履歴、パソコンログシステム
SiteLock
5.0
Webサイトの安全確認を3ステップでできるWebセキュリティサービス。WordPressなどのアプリの脆弱性診断、改ざん監視、マルウェア検知・駆除などオールインワンで提供しています。
CloudSmartGate
まだ評価はありません
CloudSmartGate(クラウドスマートゲート)はスマホやタブレットなどのスマートデバイスから安全に社内ネットワークにアクセスできる環境を構築するクラウド統合認証基盤です。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。