空き家・土地活用

さあ移住、仕事や家はどうする?1/2が関心を持つ田舎暮らし、体験や助成金も充実
さあ移住、仕事や家はどうする?1/2が関心を持つ田舎暮らし、体験や助成金も充実
仕事や家など移住に際する不安は尽きません。一方で、都内在住者の2人に1人が移住に関心を持つというデータもあり、田舎暮らしに憧れる人も多くいます。各自治体は暮らしを体験するプログラムや各種助成金をし、1人でも多くの定住者を獲得しようと奮闘中。移住検討時に知っておきたい制度や事例を紹介します。
2020.06.25 19:15
空家対策特別措置法で変わったこと 対策をわかりやすく解説
空家対策特別措置法で変わったこと 対策をわかりやすく解説
空き家対策特別措置法は、近年の都市への人口集中や少子高齢化によって増加の一途をたどる空家に対処するために制定された法律です。この法律により行政が対応できる範囲が広がり、場合によっては撤去の代執行が行われるケースも出てきました。代執行にまで至らなかったとしても、「特定空家」に登録されれば罰金を貸される可能性もあります。空家を持っている場合、どのような対処をしておけばよいのでしょうか。空家対策特別措置法の成立背景や内容、注意点などについてまとめました。
2020.06.25 19:05
空き家バンクとは | メリットとデメリット、失敗しないために知っておきたいこと
空き家バンクとは | メリットとデメリット、失敗しないために知っておきたいこと
「空き家バンク」は自治体が運営する空き家の仲介サービスです。空き家所有者自らが登録した情報を、空き家利用希望者が閲覧できるよう公開しています。通常よりも安く空き家を入手できる可能性があるほか、多くの自治体が空き家バンク利用者に向けて用意している補助金や支援制度を利用できるのもメリットの一つ。一方で契約時に注意が必要といったデメリットもあります。空き家問題に頭を悩ませる自治体にとっても、移住を検討している人にとっても、空き家の有効活用は気になる問題。空き家バンク制度が解決してくれるかもしれません。
2020.06.22 21:18
無料の空き家を探す方法 | 無償譲渡のメリット・デメリット
無料の空き家を探す方法 | 無償譲渡のメリット・デメリット
近年大きく社会問題化している「空き家」。今後も空き家が増え続けるといわれるなか、無料譲渡や無料貸し出しの空き家も登場しています。 空き家を所有していると解体にも維持管理にもお金がかかるので、無料でも手放したいと考えている所有者がいるのです。一方無料空き家は初期費用を抑えられるため、空き家が欲しい人にとってもメリットがあります。空き家を改装して古民家民宿にする事例もあり、空き家活用は地域振興の糸口になるかもしれません。
2020.02.25 11:37
1000万戸を超える「空き家問題」はなぜ起きた?【現代経営技術研究所・講演取材】
1000万戸を超える「空き家問題」はなぜ起きた?【現代経営技術研究所・講演取材】
10月17日、現代経営技術研究所の産業事情検討会が開催され「不動産市場予測が映し出す日本社会の未来地図」と題し、講演が行われた。少子高齢化などの影響で、空き家の売却や活用に悩む人は増加しており「空き家バンク」などのサービスも登場している。そもそも、空き家問題の原因は何なのか?専門家講演の取材内容を報告する。
2018.10.22 11:29
空き家対策「売却」関心がトップ 遠距離と複数所有がネックに
空き家対策「売却」関心がトップ 遠距離と複数所有がネックに
不動産相続にまつわる相談窓口を全国で展開しているハイアス・アンド・カンパニーは、「空き家」についてアンケート調査を実施、7月19日に結果を発表した。それによると、空き家の悩みのトップは距離が遠いこと。また今後の対策方法として関心があるのは「売却」がトップだった。
2018.08.14 19:16