2018年まとめ

Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風
Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風
台風や豪雨、猛暑など災害が続いた2018年。ビジネス界では、働き方改革関連法の成立、トヨタのモビリティ企業への転換、キャッシュレス旋風、ソフトバンクやメルカリの上場など大きな話題がいくつもありました。2018年にBeyondで配信したニュースは約300本。なかでもPVが伸び、SNSでも多く拡散されるなど読者の反応が大きかったニュース、また編集部として特に注目した10大ニュースをランキング形式で紹介します。
2020.08.07 15:36
ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング2018発表 人気だったスポットは?
ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング2018発表 人気だったスポットは?
ナビタイムジャパンは19日、「2018ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング」を発表した。地方別ランキングでは地域の特色が出ており、人気だったスポットは温泉や神社、歴史的建造物、寺院といった日本を代表する場所が多かった。
2020.08.07 15:35
U.S.A.子どももとりこに - “乳幼児の流行語大賞2018”はカモンベイビー、ひょっこりはんも大人気
U.S.A.子どももとりこに - “乳幼児の流行語大賞2018”はカモンベイビー、ひょっこりはんも大人気
子どもの「流行語大賞2018」にU.S.A.の歌詞「カーモンベイビーアメリカ」が選ばれた。ウェルクスが乳児と幼児の間で流行った言葉として発表した。保育士や幼稚園教諭、保護者への調査をもとにしており、乳幼児が日常のなかで口にしている言葉や、遊びに表出しているものが挙がっている。
2020.08.07 15:33
Yahoo!検索大賞2018、家電部門で受賞「iPhone8」はXとの違いを検索する人が急増
Yahoo!検索大賞2018、家電部門で受賞「iPhone8」はXとの違いを検索する人が急増
ヤフーは12月5日「Yahoo!検索大賞2018」を発表した。この賞は前年と比べ検索数がもっとも急上昇した人物、作品、製品などを表彰するもの。今年の顔となるパーソンカテゴリーの大賞は、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「King & Prince」が受賞。また家電部門賞は、2017年に発売されたiPhone8が受賞。4月の新色「赤」の登場に加え、最新作のiPhoneXが発売された9月には検索数が急上昇。違いを検索する人が多かったようだ。
2020.08.07 15:32
「なんとAIの、広い、深い。」ビッグデータ解析から生まれた2018年を象徴する広告コピー、2万6000件を分析
「なんとAIの、広い、深い。」ビッグデータ解析から生まれた2018年を象徴する広告コピー、2万6000件を分析
「なんとAIの、広い、深い。」ーー広告コピー約2万6,000件を解析し、使用頻度の高かった言葉から生まれた“2018年を象徴する広告コピー”だ。東京コピーライターズクラブ (TCC)が発表した。何かと話題になったAIは、増加率19倍と広告コピーにも多く使われたようだ。
2020.08.07 15:23
Google検索ランキング2018、「仮想通貨とは」がトップに|ワールドカップや台風も
Google検索ランキング2018、「仮想通貨とは」がトップに|ワールドカップや台風も
Googleは12月12日、平成最後”の Google 検索ランキングを発表した。2018年1月1日~12月1日の間の検索数や急上昇したワードなどをまとめたもので、「多くの人が検索し知りたかった事象」のリアルがわかるランキングとなっている。急上昇ランキングでは、1位「ワールドカップ」、2位「オリンピック」となったが、台風や大阪・北海道の地震など災害も10位内に複数ランクイン。また、「〇〇とは」のカテゴリーでもっとも検索されたのは仮想通貨だった。
2018.12.14 12:22
企業Webユーザビリティランキング、1位はKDDIで2年連続|AIチャットボットやスマホ対応UXなどがトレンド
企業Webユーザビリティランキング、1位はKDDIで2年連続|AIチャットボットやスマホ対応UXなどがトレンド
12月10日、「主要企業Webユーザビリティランキング2018・企業サイト編」が発表された。トライベックス・ストラテジーとトライベックス・ブランド戦略研究所が、全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手・安全性など)について調査したという。1位KDDI、2位UQコミュニケーションズ、3位大同生命は昨年から順位を保持した。また、今年のトレンドとしてAIを活用したチャットボットや、スマートフォン利用を前提としたUX設計、コミニケーション接点のボーダレル化への対応などがあげられた。
2018.12.11 14:32
今年の天気を表す漢字は「災」と「荒」まさかが現実に起きた1年
今年の天気を表す漢字は「災」と「荒」まさかが現実に起きた1年
日本気象協会は12月6日、「今年の天気を表す漢字」と「2018年のお天気10大ニュース・ランキング」を発表した。気象予報士100名と一般の人1,000名を対象に調査した「今年の天気を表す漢字」は、「災」と「荒」。振り返れば、7月の西日本豪雨、記録的猛暑、台風被害に地震など、多くの災害が列島を襲った1年だった。雨でまさかここまでの被害が出るとは、台風でこんなことになるとは。「想定外」の事態に人々は苦しめられた。
2018.12.06 11:44