Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風

台風や豪雨、猛暑など災害が続いた2018年。ビジネス界では、働き方改革関連法の成立、トヨタのモビリティ企業への転換、キャッシュレス旋風、ソフトバンクやメルカリの上場など大きな話題がいくつもありました。2018年にBeyondで配信したニュースは約300本。なかでもPVが伸び、SNSでも多く拡散されるなど読者の反応が大きかったニュース、また編集部として特に注目した10大ニュースをランキング形式で紹介します。

Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風

【2018年】Beyond10大ニュースランキング

Beyond/ビヨンドでは2018年、ビジネスからライフスタイルまで、さまざまなニュースを取り上げてきました。なかでもPV、SNSでの拡散状況から読者の反応が大きかった話題や、編集部として特に注目した10大ニュースを厳選。ランキング形式で紹介します。

順位 話題 選んだ理由
1位 働き方改革関連法の成立 働く人すべてに関係する話題で、2019年4月の施行に向け影響範囲は大きい。働き方改革関連の記事も多く読まれた。
2位 キャッシュレス旋風 各社がキャンペーンで攻勢、利用者が急増。2018年後半にかけて読者の関心も高まった。
3位 災害・台風・猛暑・地震 台風の名前に関するビヨンド記事が検索上位、今年の漢字でも「災」が選ばれた。
4位 トヨタ、製造メーカーからモビリティ企業へ転換 日本を代表する車製造メーカーが、モビリティ企業への転換を表明。サブスクリプション型サービススタート、ソフトバンクとの合弁会社の記事も伸びた。
5位 IoTやAIの進化 テクノロジーが実証段階に入ったというニュースが多く、実用化に向けて着実な歩みを感じさせた。
6位 障害発生 YouTubeやソフトバンクなど年末にかけて大きな障害ニュースが相次ぎ、Beyondにもアクセスが殺到した。
7位 民泊新法施行 新法施行で、Airbnbで予約している人のキャンセル騒動など混乱が生じた。2020東京五輪に向けて注目すべき市場のひとつと編集部で注目。
8位 メルカリ・ソフトバンクの上場 ユニコーン企業メルカリと、今世紀最大といわれるソフトバンクの上場は、大きな注目を集めた。
9位 ZOZO前澤社長、ホリエモンなど話題の人の動向 企業としての取り組みだけでなくプライベートでの月旅行を発表した前澤社長、「ゼロ校」設立を発表したホリエモンこと堀江貴文氏の記事は、とくにSNSで多く拡散された。
10位 2018年はSaaS元年 日経新聞は2018年をSaaS元年と報道。SaaSレポートなど関連記事もPVを伸ばした。

1位 働き方の大きな変革が始まった

2018年は、働き方や生活に大きな変化をもたらす出来事が多くありました。

1位に挙げた「働き方改革関連法案」は、2018年6月に可決・成立。働き方改革が叫ばれはじめて約3年。取り組みは進んでいるものの、企業間の格差がある、時短ハラスメントなど、改革の歪みも指摘されています。

2019年4月から施行される働き方改革関連法は「高プロ」「同一労働同一賃金」「残業時間の上限規制」などを柱とし、罰則規定も盛り込まれています。

高プロ制度には反発があるのも事実。しかし、さまざまな角度から働き方について議論し、労働者が自分たちで変えていく意思を持つことこそ、真の働き方改革には必要なのではないでしょうか。

働き方を変えていくために明日からできることはなにか、今すぐにできることは何か。Beyondでは、日々の仕事をアップデートするための視点を大事に、2019年も働き方改革を取り上げていきたいと思います。

「働き方改革」法成立、実現に向け今こそ読んでおきたい重要記事まとめ | ボクシルマガジン
働き方改革関連法が6月29日、参院本会議で可決、成立した。「高プロ」「同一労働同一賃金」「残業時間の上限規制」の導...

2位 キャッシュレス旋風は2019年も続く

2位の「キャッシュレス旋風」はこれからの生活を大きく変える出来事だったといえるでしょう。政府もキャッシュレス推進に本腰を入れはじめ、電子マネーでの給与支払い解禁も検討しています。

2018年冒頭からキャッシュレス覇権争いは始まっていました。LINE、楽天、Amazonなど大手企業がオンラインからオフライン(実店舗)でのキャッシュレス決済へ投資を強化しはじめたのです。

10月から新たにサービス提供をはじめたYahoo!とソフトバンクのPayPay、大手に先駆けてスマホ決済の実店舗利用を進めてきたOrigami Payなども含め、「〇〇Pay」の乱立ともいえる状態となっています。

また、12月4日にはじまったPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」は大きな契機となり、消費者の間でキャッシュレス旋風が起こりました。多くの消費者がアプリをダウンロードし、スマホ決済デビューを果たしたのです。結果このキャンペーンは、たった10日間で100億円の上限に達し終了しました。

年末にかけて、LINE PayやOrigami Payもこれを追う形でキャンペーンを展開。2019年も引き続きユーザーと加盟店の獲得競争が続くことになるでしょう。

ただ、消費者の立場としては、〇〇Payの乱立状態が続くと企業間競争で得になる反面、何が一番使いやすいのか、どこで何が使えるのかわからないという不便さもあります。

本当に使う人の目線にたったサービスはどれか、加盟店が導入しやすいサービスはどれか。Beyondではそうした点に深く焦点を当て、キャッシュレスの話題を追っていきます。

ソフトバンクとYahoo!のPayPay(ペイペイ)がアプリ利用スタート|使い方・キャンペーンなど徹底解説 | ボクシルマガジン
ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは10月5日、サービスの利用開始を発表した。2016年に「P...
LINE Payチャージ方法・使い方 | 20%還元スタート、PayPayに対抗か | ボクシルマガジン
“キャッシュレス元年”といわれる2018年。「LINE Pay」も着々とユーザー、加盟店を増やしており、残高を20...
楽天ペイの使い方 | キャンペーンや使える店は?Edy・ポイントカードと統合視野 | ボクシルマガジン
楽天の決済サービス「楽天ペイ」。スマホアプリによる実店舗でのコード決済に加え、楽天以外のオンラインショップの支払い...

3〜5位の関連ニュースまとめ

3位 災害・台風・猛暑・地震

大阪地震を受けSNSで話題 「東京都防災アプリ」が間違いなく役に立つ | ボクシルマガジン
18日朝に発生した大阪北部を震源とする地震を受け、「東京都防災アプリ」が注目されている。2015年に都が発行した防...
豪雨被災地のために何ができる?ZOZO、ドコモ、HIKAKIN氏も支援へ | ボクシルマガジン
西日本を襲った「平成30年7月豪雨」により、120名が死亡、81名の行方不明者(9日21時現在、朝日新聞発表)、各...
台風〇〇号の名前・名称はどうやって決まる?全140の命名規則 | 29号うさぎ | ボクシルマガジン
台風発生時「台風〇〇号」という番号と名前が付いていますよね。27号は「トラジー」、28号は「マンニィ」、29号は「...
台風や災害の避難時、持っていくのは「携帯電話」情報収集はやっぱり「テレビ」 | ボクシルマガジン
BIGLOBEは「災害に関する意識調査」を実施、9月19日に調査結果の第1弾を発表した。それによると、避難の際に持...
今年の漢字「災」に - 人為的な“わざわい”も相次いだ2018年 | ボクシルマガジン
2018年を表す漢字は「災」。12日、1年の世相を表す今年の漢字が発表された。豪雨や台風などの自然災害に加え、スポ...

4位 トヨタ、製造メーカーからモビリティ企業へ転換

トヨタとソフトバンク新会社設立「100年に一度の大変革」へ2018年の取り組みまとめ | ボクシルマガジン
10月4日トヨタ自動車とソフトバンクの共同記者会見が行われ、新会社「MONET Technologies(モネテク...
トヨタが車の「サブスクリプション」と「シェアリング」サービス発表 | ボクシルマガジン
トヨタ自動車は11月1日、車のサブスクリプションサービス「KINTO」の展開を発表した。税金や保険、メンテナンスな...
トヨタもBMWもライドシェアへ 「持たない」時代にメーカーはどう生き残るか | ボクシルマガジン
移動手段をサービスとして提供する「MaaS(マース)」は、シェアリングエコノミーの一種だ。本来は個人資産を有効活用...

5位 IoTやAIの進化

人工知能がクリエイターになる時代 - 映像も音楽も小説も創作、AI絵画4900万円も | ボクシルマガジン
ニューヨークで開かれたオークションで、AI(人工知能)の描いた絵画が43万ドル(約4,887万円)で落札された。A...
「なんとAIの、広い、深い。」ビッグデータ解析から生まれた2018年を象徴する広告コピー、2万6000件を分析 | ボクシルマガジン
「なんとAIの、広い、深い。」ーー広告コピー約2万6,000件を解析し、使用頻度の高かった言葉から生まれた“201...
スマートシティとは|IoT時代に広がりを見せる次世代都市 | ボクシルマガジン
今後世界人口の70%が都市部に集中すると予測されており、交通網やエネルギー不足などが問題となってくる。そんな中、あ...
「5GでIoTデータ分析」認識市場に浸透か――8KやARへは期待薄、IDC | ボクシルマガジン
ICT専門調査会社IDC Japanは、国内ネットワークサービス利用動向に関する企業アンケート調査を実施、9月6日...