みずほ銀行「新システム移行」期間・スケジュールなどのポイントを解説 | 6月から順次ATM休止

みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行およびみずほ信託銀行は、2018年6月より順次、 次期勘定系システムへの移行を行う。臨時休止期間中は、みずほ銀行/みずほ信託銀行の全ATMが利用できないほか、キャッシュカードも利用不可になる。(追記:2018年6月12日)

みずほ銀行「新システム移行」期間・スケジュールなどのポイントを解説 | 6月から順次ATM休止

みずほ銀行の新システム移行、押さえておきたいポイント

2018年、みずほ銀行の新システムが完成し、6月11日より第1回目の移行が開始される。

移行にあたっては、みずほ銀行およびみずほ信託銀行の全ATMやキャッシュカードが利用できなくなる。また移行実施は複数回にわたるため、臨時休止期間や全体のスケジュールなど、みずほ銀行のユーザーはポイントを押さえておこう。

1. 移行目的はグループ内勘定系システムの一元化

今回の移行は、「みずほ銀行」と「みずほ信託銀行」の既存の勘定系システムを、新たに再構築したシステムに一元化することが目的だ。

同行によれば、システム一元化により次のようなメリットがあるという。

  • IT システムのスリム化・効率化
  • 障害対応力の向上
  • シンプルな構成による柔軟性向上
  • 新サービスへの柔軟な対応が可能に
  • 新規開発の期間短縮・コスト削減
  • サービス提供基盤の強化
  • 事務処理スピードの向上

2. システム移行は9回にわけて実施

同行によれば、安全・着実な移行を行うため、新システムへの移行は9回にわけて段階的に進められる。移行日直前の作業期間中は、オンラインサービスが複数回にわたって臨時休止する。

第1回目では、みずほ銀行/みずほ信託銀行のシステムの業務共通基盤を移行する。また第2回〜第8回ではみずほ銀行のシステムを、第9回ではみずほ信託銀行のシステムを移行するという。

3. 最初の臨時休止期間は6月9日22時から11日8時まで

システム移行日は6月11日(月)だが、オンラインサービスの休止期間はそれより少し早く始まる。

第1回目のオンラインサービス臨時休止期間は6月9日(土)22時から11日(月)8時までなので注意が必要だ。

4. 移行スケジュール一覧 | 完了は2019年度上期(予定)

実施回
新システムへの移行日
オンラインサービス休止期間
第1回 6月11日(月) 6月9日(土)22時~6月11日(月)8時
第2回 7月17日(火) 7月14日(土)0時~7月17日(火)8時
第3回 9月10日(月) 9月8日(土)0時~9月10日(月)8時
第4回 10月9日(火) 10月6日(土)0時~10月9日(火)8時
第5回 11月12日(月) 11月10日(土)0時~11月12日(月)8時
第6回 12月17日(月) 12月15日(土)0時~12月17日(月)8時
第7回 2019年1月15日(火) 2019年1月12日(土)0時~1月15日(火)8時
第8回 2月12日(火) 2月9日(土)0時~2月12日(火)8時
第9回 2019年度上期 具体的な日程はみずほ銀行・みずほ信託銀行より別途アナウンス

(出典:みずほフィナンシャルグループ プレスリリースより作成)