メガバンク

LINEとみずほが銀行設立 - 信用スコア参入とローンサービス展開にらみ
LINEとみずほが銀行設立 - 信用スコア参入とローンサービス展開にらみ
LINEとみずほフィナンシャルグループは11月27日、共同で新銀行を設立すると発表した。傘下のLINE Financial、みずほ銀行、さらにオリコも加わった3社を引受先として、LINE Creditによる第三者割当増資を実行することで合意した。目指すのは、ジーマ信用に代表される信用スコアサービス「LINEスコア」や、LINEスコアをもとにアプリ上で完結させる個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」の展開だ。
2020.08.07 15:24
【7/13〜が最後 】みずほ銀行のATM臨時休止期間・システム移行日・スケジュール注意点まとめ【保存版】
【7/13〜が最後 】みずほ銀行のATM臨時休止期間・システム移行日・スケジュール注意点まとめ【保存版】
みずほ銀行ATMがシステム移行実施のために停止する日程・期間・スケジュールを解説。次回の臨時休止期間は2019年7月13日(土)0時~7月16日(火)8時です。システム移行期間は、ATMやキャッシュカードが使えません。休日にATMが使えず、現金が下ろせない…という事態を避けるためにも、事前にシステム移行日やATM休止期間、スケジュールを確認しておきましょう。【随時更新】
2019.07.11 09:45
銀行での本人確認を1本化「金融庁FinTechハブ」初の実証実験
銀行での本人確認を1本化「金融庁FinTechハブ」初の実証実験
2017年に金融庁が設置した「FinTech実証実験ハブ」において、第1号の実証実験が行われ、その結果が公表された。ブロックチェーンに本人確認の情報や取引情報を記録させ、他の金融機関での本人確認を省くことを可能にするための同実証実験。みずほファイナンシャルグループ、三井住友ファイナンシャルグループなど12の金融機関などが参加し、4か月にわたり行われた。
2018.08.09 06:30
みずほ銀行「新システム移行」期間・スケジュールなどのポイントを解説 | 6月から順次ATM休止
みずほ銀行「新システム移行」期間・スケジュールなどのポイントを解説 | 6月から順次ATM休止
みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行およびみずほ信託銀行は、2018年6月より順次、 次期勘定系システムへの移行を行う。臨時休止期間中は、みずほ銀行/みずほ信託銀行の全ATMが利用できないほか、キャッシュカードも利用不可になる。(追記:2018年6月12日)
2018.06.08 05:30
メガバンク正社員「大リストラ」の背後には銀行業務へのRPA導入、その次に来るAI活用競争
メガバンク正社員「大リストラ」の背後には銀行業務へのRPA導入、その次に来るAI活用競争
「三菱東京UFJ銀行がRPAで2万時間を削減」「三井住友銀行がRPAで40万時間を削減」など、銀行のRPA導入事例が発表されると同時に、「メガバンクなど金融機関の正社員がリストラされるのでは」という声もあがっている。本当にRPAは金融機関で大リストラを誘引するのだろうか?RPAおよびその次に活用が本格化すると予測されるAIは雇用にどのような影響を与えていくのか、メガバンク3行のRPA導入状況とともに見ていこう。
2018.01.19 06:30
みずほ銀行の次期システム開発はなぜ炎上した?今さら聞けない合併・統合失敗の歴史【図解】
みずほ銀行の次期システム開発はなぜ炎上した?今さら聞けない合併・統合失敗の歴史【図解】
みずほ銀行の新システムが2018年にようやく完成し、移行スケジュールが示されている。みずほフィナンシャル・グループが発足した2000年から18年が経過したが、その間、みずほ銀行次期システム開発は、長らく経営の重しとなり続けてきた。富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行という三行合併の歴史を振り返り、混迷・失敗の背景を探ってみたい。(追記:2018年6月12日)
2017.11.06 14:10
三菱UFJフィナンシャル・グループがAWSへ移行、クラウド以前の歴史と今後のクラウド化戦略
三菱UFJフィナンシャル・グループがAWSへ移行、クラウド以前の歴史と今後のクラウド化戦略
IT利用に最も保守的とも囁かれたメガバンクが競ってクラウド活用に乗り出している。本記事では、AWSへの移行を着々と進める三菱UFJフィナンシャル・グループに焦点を当て、クラウド以前の歴史、同グループがデジタルトランスフォーメーション戦略と題して発表した「AWS IaaSの標準化・自動化」から今後のクラウド戦略について探った。
2017.10.16 21:18