みずほ銀行ATMなどストップ 新システム移行で2度目の臨時休止、3連休直撃

最終更新日: 公開日:
みずほ銀行は7月14日から17日にかけて、オンラインサービスを臨時休止する。6月に続き2回目。新システム移行に伴うもので、期間中は全ATM、キャッシュカードが使用できなくなる。休止期間には海の日も含まれ、3連休を直撃することになる。
みずほ銀行ATMなどストップ 新システム移行で2度目の臨時休止、3連休直撃

みずほ銀行は「新システム」への移行のため、7月14日深夜から17日朝までオンラインサービスを休止する。全9回のうち2回目の臨時休止となる。

3連休はATMが使えない

使用できなくなる主なサービスや休止期間は次のとおり。「海の日」を含む3連休を直撃する。

休止日時

2018年7月14日(土)0:00〜2018年7月17日(火)8:00

休止するサービス

期間中、使用できなくなる主なサービスは次のとおり。全ATM、キャッシュカードが使えないため現金も引き出せなくなる。

  • みずほ銀行のATM
  • 提携金融機関、コンビニATMなどでのキャッシュカードを通じた取引
  • インターネットバンキング「みずほダイレクト」や関連アプリ、サービス
  • みずほ銀行のキャッシュカードによるデビットカードサービス(J-Debit)、みずほJCBデビット、みずほWallet、Pay-easy(ペイジー)口座振替受付サービス
  • 法人向けEBサービス(みずほe-ビジネスサイト・パソコンサービスなど)

これに加えて、みずほダイレクトでの一部取引が、7月13日(金)15:00〜24:00の間休止される。対象サービスは次のとおり。

  • 外貨普通預金
  • みずほグローバル口座 外貨定期預金
  • みずほグローバル口座 特約付き外貨定期預金(対円取引/クロス取引)
  • みずほグローバル口座 金利特約付き外貨定期預金/特約付き円定期預金

不安視される新システム移行

新システム移行によるサービス休止は今回で2回目。前回、第1回は6月第2週に実施された。

このとき、大きな障害は起きなかったものの、6月末にはみずほ証券でシステムトラブルが発生したこともあり、不安視する声は根強い。そもそもこの新システム移行自体に問題があるという指摘もある。

システム移行によるサービス休止は、2019年度まで全9回が予定されている。いずれも週末の予定なので、金曜日のうちに必要な現金を引き出しておくなど、事前の対応を心がけたい。