Azumi 70x93
Beyond編集部 安住 久美子
執筆記事数: 178
アマゾンでライフの生鮮食品が買える、最短2時間で配送 - 食品スーパー初Prime Now出店
アマゾンでライフの生鮮食品が買える、最短2時間で配送 - 食品スーパー初Prime Now出店
食品スーパー「ライフ」は、Amazonプライム会員向けサービス「Prime Now(プライムナウ)」に食品スーパーとして国内初出店すると発表した。最短2時間で商品を届けるPrime Nowの配送システムと、273店舗の規模を有するライフのノウハウを掛け合わせ、両者の販路拡大を狙うという。
2019.05.30 13:04
ユニクロへ不正アクセス46万件以上、個人情報流出の可能性|パスワード変更呼びかけ
ユニクロへ不正アクセス46万件以上、個人情報流出の可能性|パスワード変更呼びかけ
ユニクロとGUは14日、運営するユニクロ公式オンラインストア、ジーユー公式オンラインストアにおいて、第三者による不正ログインが発生したと発表した。現時点で判明しているところによれば、4月23日~5月10日にかけて「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」で不正ログインが行われ、被害を受けたアカウント数は46万件を超えている。
2019.05.14 12:51
長時間労働・サービス残業など違反6割超、ブラック企業予備軍のやばい実態
長時間労働・サービス残業など違反6割超、ブラック企業予備軍のやばい実態
厚生労働省は4月、「過重労働解消キャンペーン」の調査結果を公表した。これは長時間の過重労働などで労災請求のあった事業場や、法令違反が疑われる8,494事業場を重点監督の対象として行われた調査で、このうち全体の67.3%で労働基準関係法令違反が確認されたという。
2019.05.13 14:38
アグリテックで課題解決へ挑む、農業ベンチャーに投資家も熱視線
アグリテックで課題解決へ挑む、農業ベンチャーに投資家も熱視線
高齢化や担い手不足が深刻化する農業において、労働負担の軽減や生産性向上、安定した収益化は重要な課題だ。ロボットやドローン、AI、IoTなどの技術を活用する「スマート農業」実用化に向け、さまざまな取り組みが進んでおり、スタートアップ・ベンチャーへ投資家も注目している。
2019.04.12 08:30
「オープン・イノベーション」でゲームチェンジャーは生まれるか
「オープン・イノベーション」でゲームチェンジャーは生まれるか
企業間の連携を推進するオープン・イノベーションへの取り組みが活発化している。ソフトバンクとトヨタの共同出資会社であるMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は3月28日、「MONETコンソーシアム」設立を発表した。JR東日本、サントリー、三菱地所など計88社が参加し、各社が持つ技術や知見を持ちより、モビリティイノベーションを目指すという。オープン・イノベーションが必要とされる背景や、現場レベルでの課題などを調査データからまとめた。
2019.04.09 15:03
コミュニケーションと緊急時対応でインバウンド満足度向上へ|観光庁が施策強化
コミュニケーションと緊急時対応でインバウンド満足度向上へ|観光庁が施策強化
2020年に向け、観光庁はインバウンドへの対応を強化している。4月3日に発表された調査によれば、外国人旅行者が最も困るのは「施設でのコミュニケーション」であった。また、災害が続く日本では緊急時の対応も不可欠。日本がインバウンド大国となるためには、まだまだ課題は山積している。
2019.04.05 08:30
3月29日はPayPay、Origami Payで支払いがお得|プレミアム"キャッシュレス"フライデーキャンペーン
3月29日はPayPay、Origami Payで支払いがお得|プレミアム"キャッシュレス"フライデーキャンペーン
Yahoo!とソフトバンクの共同出資会社PayPayは、プレミアムフライデーのキャンペーンを行うと発表した。「3月29日はプレフラPayPay!」キャンペーンは、29日の15時~18時までにPayPay加盟の飲食店で決済すると、支払い額の最大20%がPayPayボーナスとして付与されるというもの。付与上限は1万円相当だという。
2019.03.26 13:34
ドコモがRPA活用サービスを全国JAに提供、流通改革は日本農業を浮上させるか
ドコモがRPA活用サービスを全国JAに提供、流通改革は日本農業を浮上させるか
NTTドコモが、農業分野での改革へ名乗りをあげた。4月1日から、RPAとOCRを組み合わせた農業向けソリューションパッケージを、全国のJAに提供開始することを発表したのだ。これにより職員の予約注文作業時間を80%削減、水稲の生産資材の予約注文数20%増を実現するという。また生産者と買い手企業をマッチングするプラットフォームの実証実験もはじまっている。人材不足や高齢化など課題山積の農業は、流通革命で活気を取り戻せるのか。
2019.03.19 12:23
最先端FinTech(フィンテック)サービスが集結、FIBC2019開催|国内大賞は「Scalar DLT」が受賞
最先端FinTech(フィンテック)サービスが集結、FIBC2019開催|国内大賞は「Scalar DLT」が受賞
3月7日、金融イノベーションビジネスカンファレンス(FIBC)2019が開催された。投資家などからも注目される同カンファレンスのメインイベントは「FinPitch」。熱いピッチバトルが行われ、日本のサービスでは、スケーラビリティと改ざん検知性を備えた分散データベース「Scalar DLT」が大賞を受賞した。
2019.03.12 11:35
CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「与え続けることからはじまる」【コミュニティ論・最終回】
CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「与え続けることからはじまる」【コミュニティ論・最終回】
SNSグループやオンラインサロンなど、現代のコミュニティは無数に増え、そのカタチも変化し続けている。しかし選択肢が増えれば増えるほど、コミュニティとの付き合い方は難しくなっている。CAMPFIRE家入一真さん、村田アルマさんとコミュニティについて理解を深めてきた本連載。最終回は、コミュニティに関わる姿勢や選び方についてお話しを伺った。
2019.03.12 09:00
CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「現代のコミュニティを可視化する」【連載第2回】
CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「現代のコミュニティを可視化する」【連載第2回】
SNSグループやオンラインサロンなど、現代のコミュニティは無数に増え、そのカタチも変化し続けている。しかし、選択肢が増えれば増えるほど、自分にとって必要なコミュニティはどこなのか、どのように付き合うべきなのか、判断は難しくなっている。そこで、CAMPFIRE家入一真氏、村田アルマ氏と一緒に、複雑化するコミュニティについて深く考察する会を開催。全3回の連載第2回は、現代のコミュニティの特徴やオンラインサロンの現状などについて伺った。
2019.03.06 16:00
ファンの支持を強くする3つのアプローチとは【ファンベースセミナー取材・第3回】
ファンの支持を強くする3つのアプローチとは【ファンベースセミナー取材・第3回】
1月30日、現代経営技術研究所セミナーにおいて、コミュニケーション・デザイナーの佐藤尚之(さとなお)氏が講演を行った。佐藤氏は、企業やブランド・商品が大切にしている価値を支持してくれる人を「ファン」と呼び、ファンをベースに考えるフレームワーク「ファンベース」を提唱している。佐藤氏の講演内容、全3回の最終回は「ファンの支持を強くするアプローチ」について紹介する。
2019.03.06 09:00
今、ファンベースが必要な理由~4つの視点から紐解く【セミナー取材・第2回】
今、ファンベースが必要な理由~4つの視点から紐解く【セミナー取材・第2回】
1月30日、現代経営技術研究所セミナーにおいて、コミュニケーション・デザイナーの佐藤尚之(さとなお)氏が講演を行った。佐藤氏は、企業やブランド・商品が大切にしている価値を支持してくれる人を「ファン」と呼び、ファンをベースに考えるフレームワーク「ファンベース」を提唱している。佐藤氏の講演内容から、第2回は「今、なぜファンベースが必要なのか」について紹介していく。
2019.03.05 09:00
佐藤尚之(さとなお)氏が提唱する「ファンベース」とは~顧客とじっくり向き合うマーケティング【セミナー取材・第1回】
佐藤尚之(さとなお)氏が提唱する「ファンベース」とは~顧客とじっくり向き合うマーケティング【セミナー取材・第1回】
1月30日、現代経営技術研究所セミナーにおいて、コミュニケーション・デザイナーの佐藤尚之(さとなお)氏が講演を行った。佐藤氏は、企業やブランド・商品が大切にしている価値を支持してくれる人を「ファン」と呼び、ファンをベースに考えるフレームワーク「ファンベース」を提唱している。広告で一方的に企業の価値を押し付け、新規の顧客だけを増やせば売上が伸びる時代は終わったと、佐藤氏は言う。なぜ、今ファンベースが必要なのだろうか。佐藤氏の講演内容を、全3回に分けて紹介する。
2019.03.04 09:00
CAMPFIRE家入一真×村田アルマと考える「コミュニティの正解とは」【連載第1回】
CAMPFIRE家入一真×村田アルマと考える「コミュニティの正解とは」【連載第1回】
SNSグループやオンラインサロンなど、現代のコミュニティは無数に増え、そのカタチも変化し続けている。しかし、選択肢が増えれば増えるほど、自分にとって必要なコミュニティはどこなのか、どのように付き合うべきなのか、判断は難しくなっている。そこで、CAMPFIRE家入一真氏、村田アルマ氏と一緒に、複雑化するコミュニティについて深く考察する会を開催。全3回の連載第1回は、それぞれの原体験やコミュニティ運営への想いなどを伺った。
2019.02.24 09:00
ホリエモン「ゼロ高」で人事評価クラウド導入、学生の目標達成を支援へ
ホリエモン「ゼロ高」で人事評価クラウド導入、学生の目標達成を支援へ
人事評価クラウドサービスを提供するHRBrainは24日、ホリエモンこと堀江貴文氏主催のゼロ高等学院と新プロジェクト発足を発表した。HRBrainはこれまで多くの企業の人事評価を支援してきた実績を、ゼロ高の学生支援に応用。人事評価クラウドHRBrainの提供、カスタマーサクセス担当者による目標管理やコンサルティングなどを行うという。
2019.01.24 14:28
「月額5,000円で世界一周できる未来へ」サブスクリプションで実現する住まいの自由化
「月額5,000円で世界一周できる未来へ」サブスクリプションで実現する住まいの自由化
サブスクリプションサービスが多方面に広がりを見せている。株式会社22が運営する海外多拠点生活支援のサブスク「トークンハウス」もそのひとつだ。コミュニティ参加で付与される独自トークンで世界中のシェアハウスに宿泊可能、コミュニティ内でトークンを稼げば衣食住を実質無料など、新しい提案で多くの投資家から資金を調達している。また、国内外のホステルに定額で住み放題サービスなど、住まいの自由化は本格化しつつある。
2019.01.22 12:45
なぜ私たちは行動できないのか?寄付をめぐる議論が活発化|「誕生日寄付」のプラットフォームも登場
なぜ私たちは行動できないのか?寄付をめぐる議論が活発化|「誕生日寄付」のプラットフォームも登場
「他にもどこかで倒れてるおばあちゃんがいるかもしれないから、目の前のおばあちゃんだけ助けたら不平等になるから助けないの?」ZOZOの前澤社長がツイッターで問いかけた言葉が、反響を呼んでいる。心臓病を患う子どもへの支援活動をはじめたことへの、さまざまな声に答えたものだ。博報堂研究開発局「2017年 生活者の社会意識調査」によれば、7割の人が社会のために役立ちたいと考えているという。しかし実際に行動を起こせる人はわずかなのだ。なぜ、私たちは行動することへ二の足を踏んでしまうのだろうか。
2019.01.15 14:32
学生論文で描かれた2030年の未来予想図|スマートヘルスケアモビリティ、ペイフォワード、コーチング型教育
学生論文で描かれた2030年の未来予想図|スマートヘルスケアモビリティ、ペイフォワード、コーチング型教育
2019年頭、個人の目標やビジネ戦略を立てている人も多いだろう。しかし経営者や企画者であれば、今年1年という近視眼的な視点ではなく、この先10年・20年にどんな未来を描くかが重要だ。発想のアップデートを続けるヒントとして、野村総研が行った「NRI学生小論文コンテスト2018」から、受賞した論文を紹介する。大学生の部で大賞を受賞した作品テーマは、生体データをモニタリングするIoTデバイスをハンドルに搭載した「スマートヘルスケアモビリティシステム」だ。
2019.01.06 09:00
2019年は田舎で働きたい!移住・定住を目指す人がチェックすべきサービスとは
2019年は田舎で働きたい!移住・定住を目指す人がチェックすべきサービスとは
2019年、今年こそキャリアチェンジをはかりたいと考えている人もいるだろう。そんな中で今注目されているのが、地方で働くという選択だ。より自分らしい暮らしを求めて、移住・定住を目指す人が増えているという。今回は移住・定住を検討する際に必要な情報を知るためのメディアやサービスについて紹介する。
2019.01.02 09:00
Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風
Beyond編集部が選ぶ!2018年10大ニュースランキング | 働き方改革、トヨタ、ソフトバンク、キャッシュレス旋風
台風や豪雨、猛暑など災害が続いた2018年。ビジネス界では、働き方改革関連法の成立、トヨタのモビリティ企業への転換、キャッシュレス旋風、ソフトバンクやメルカリの上場など大きな話題がいくつもありました。2018年にBeyondで配信したニュースは約300本。なかでもPVが伸び、SNSでも多く拡散されるなど読者の反応が大きかったニュース、また編集部として特に注目した10大ニュースをランキング形式で紹介します。
2018.12.28 06:30
政府が電子マネーでの給与支払いへGOサイン、キャッシュレス社会が加速
政府が電子マネーでの給与支払いへGOサイン、キャッシュレス社会が加速
政府の国家戦略特区諮問会議は17日、電子マネーでの賃金支払いを解禁する方針を固めた。銀行口座の開設が難しい外国人材受け入れ拡大や、2027年に4割を目指すキャッシュレス決済比率の引き上げを狙ったものだ。給与をスマートフォンの決済アプリなどに直接入金できるため、利用者の利便性は高まる一方、ますますセキュリティ面での強化が求められることとなる。
2018.12.18 12:19
Origami Payが「オリガミで、半額」キャンペーン開始、吉野家で牛丼並盛が半額に|スマホ決済サービス各社が攻勢
Origami Payが「オリガミで、半額」キャンペーン開始、吉野家で牛丼並盛が半額に|スマホ決済サービス各社が攻勢
スマホ決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」は、12月17日より「オリガミで、半額。」キャンペーンの展開を発表した。第一弾は吉野家で「牛丼並盛一杯半額」になるという。PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」でキャッシュレス旋風を巻き起こしたが、すかさずLINE Payも20%還元キャンペーンを発表。大手の相次ぐ戦略に、日本で早くからスマホ決済を手掛けてきたOrigami Payがいよいよ反撃に出るのか。
2018.12.18 10:56
PayPayでクレカを不正利用される事態が相次ぐ | 公式Twitterでも注意喚起
PayPayでクレカを不正利用される事態が相次ぐ | 公式Twitterでも注意喚起
100億円あげちゃうキャンペーンがわずか10日で終了し、大きな話題となったPayPay。実は登録したクレジットカードを不正利用されたという声が相次いでいる。PayPay公式ツイッターでは、不正利用に対する注意喚起を行っているが、なぜこのような事態が発生してしまったのか、セキュリティについての言及はない。
2018.12.17 12:42
Google検索ランキング2018、「仮想通貨とは」がトップに|ワールドカップや台風も
Google検索ランキング2018、「仮想通貨とは」がトップに|ワールドカップや台風も
Googleは12月12日、平成最後”の Google 検索ランキングを発表した。2018年1月1日~12月1日の間の検索数や急上昇したワードなどをまとめたもので、「多くの人が検索し知りたかった事象」のリアルがわかるランキングとなっている。急上昇ランキングでは、1位「ワールドカップ」、2位「オリンピック」となったが、台風や大阪・北海道の地震など災害も10位内に複数ランクイン。また、「〇〇とは」のカテゴリーでもっとも検索されたのは仮想通貨だった。
2018.12.14 12:22
PayPayキャンペーン終了も、たしかに見えた日本キャッシュレス化の幕開け
PayPayキャンペーン終了も、たしかに見えた日本キャッシュレス化の幕開け
ソフトバンクとヤフーの合同出資会社PayPayが、4日からスタートしていた「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月13日をもって終了すると発表した。還元金額が上限の100億円に達したという理由だが、開始からわずか10日での終了に、まだ利用していなかったユーザーからは残念という声もあがっている。ビックカメラにはPayPayの還元を求めて長打の列ができ、PayPayで賽銭を納められるお寺も登場。PayPayが起こしたキャッシュレス旋風は、一時的なキャンペーンだけでは終わらないだろう。
2018.12.14 10:07
企業Webユーザビリティランキング、1位はKDDIで2年連続|AIチャットボットやスマホ対応UXなどがトレンド
企業Webユーザビリティランキング、1位はKDDIで2年連続|AIチャットボットやスマホ対応UXなどがトレンド
12月10日、「主要企業Webユーザビリティランキング2018・企業サイト編」が発表された。トライベックス・ストラテジーとトライベックス・ブランド戦略研究所が、全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手・安全性など)について調査したという。1位KDDI、2位UQコミュニケーションズ、3位大同生命は昨年から順位を保持した。また、今年のトレンドとしてAIを活用したチャットボットや、スマートフォン利用を前提としたUX設計、コミニケーション接点のボーダレル化への対応などがあげられた。
2018.12.11 14:32
ソフトバンク19日に東証一部上場へ、売出価格は1株1,500円|通信障害やファーウェイへの逆風を不安視する声も
ソフトバンク19日に東証一部上場へ、売出価格は1株1,500円|通信障害やファーウェイへの逆風を不安視する声も
ソフトバンクが12月19日、東証一部へ上場する。1987年のNTT以来となる大型の上場で、今年を締めくくる大きな話題になることは間違いない。10日に発表された売出価格は1株1,500円。6日に大規模な通信障害があったが、売出価格にはひとまず影響しなかったようだ。しかし政府のファーウェイ排除の方針をうけ、さらなる逆風が吹いているのも事実。今後の動きを、投資家たちは注視している。
2018.12.11 12:53
インスタ映えスポットランキング2018、1位は京都・八坂庚申堂|2019年はストーリー性がトレンドへ
インスタ映えスポットランキング2018、1位は京都・八坂庚申堂|2019年はストーリー性がトレンドへ
SNAPLACEは12月11日、2018年にSNS映え度の高かったスポットをランキング化しTOP10を発表した。インスタ映え1位は京都の八坂庚申堂、2位は埼玉・川越氷川神社など。また同じく発表されたツイッター映えランキングでは、1位に広島県・大久野島がランクイン。戦時中に毒ガス工場があったため「毒ガスの島」とも言われる島だが、大量のウサギが生息しており、ウサギと戯れる写真がSNS上で話題だという。2018年は、地方のスポットで、そこでしか撮れない「希少性」に価値を見出す人が多かったようだ。
2018.12.11 11:36
帰省や旅行時の混雑がなくなるかも?人間行動シミュレーションで混雑緩和へ挑戦|富士通
帰省や旅行時の混雑がなくなるかも?人間行動シミュレーションで混雑緩和へ挑戦|富士通
年末年始は休暇を海外で過ごす、国内の実家に帰省するなど空港を利用する人が増える時期である。混雑をなんとか避けたい、と思う人も多いだろう。富士通と早稲田大学が開発した技術は、近い未来にそんな課題を解決してくれるかもしれない。人間行動シュミレーションから混雑原因を短時間で発見し、対策を提示するという技術を紹介する。
2018.12.10 13:37
アジア太平洋の企業成長率ランキング500社、上位は中国企業が独占|日本企業はエアクローゼットなど41社
アジア太平洋の企業成長率ランキング500社、上位は中国企業が独占|日本企業はエアクローゼットなど41社
デロイトトーマツグループは12月6日、テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト2018年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表した。1位は中国のオンライン不動産物件情報を提供するKe.comで、成長率はなんと32,179%だったという。また上位10社中7社が中国企業で、10社の平均成長率は過去最高となる17,314%。全500社中、日本からは41社がランクインした。
2018.12.06 13:53
今年の天気を表す漢字は「災」と「荒」まさかが現実に起きた1年
今年の天気を表す漢字は「災」と「荒」まさかが現実に起きた1年
日本気象協会は12月6日、「今年の天気を表す漢字」と「2018年のお天気10大ニュース・ランキング」を発表した。気象予報士100名と一般の人1,000名を対象に調査した「今年の天気を表す漢字」は、「災」と「荒」。振り返れば、7月の西日本豪雨、記録的猛暑、台風被害に地震など、多くの災害が列島を襲った1年だった。雨でまさかここまでの被害が出るとは、台風でこんなことになるとは。「想定外」の事態に人々は苦しめられた。
2018.12.06 11:44
インバウンド対応NO.1を目指すLINEPay、スターバックスと提携を発表
インバウンド対応NO.1を目指すLINEPay、スターバックスと提携を発表
LINEは12月5日、スターバックスコーヒージャパンとの包括的な業務提携の締結を発表した。デジタル領域におけるイノベーションが目的だといい、スターバックス店舗でのLINEPay(ラインペイ)での支払いを可能にするほか、スターバックスのLINE公式アカウントを2019年春に開設予定だという。
2018.12.05 17:25
Yahoo!検索大賞2018、家電部門で受賞「iPhone8」はXとの違いを検索する人が急増
Yahoo!検索大賞2018、家電部門で受賞「iPhone8」はXとの違いを検索する人が急増
ヤフーは12月5日「Yahoo!検索大賞2018」を発表した。この賞は前年と比べ検索数がもっとも急上昇した人物、作品、製品などを表彰するもの。今年の顔となるパーソンカテゴリーの大賞は、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「King & Prince」が受賞。また家電部門賞は、2017年に発売されたiPhone8が受賞。4月の新色「赤」の登場に加え、最新作のiPhoneXが発売された9月には検索数が急上昇。違いを検索する人が多かったようだ。
2018.12.05 15:20
PayPayキャンペーン初日、キャッシュレス化がようやく消費者のもとへ|17日からミニストップも導入を発表
PayPayキャンペーン初日、キャッシュレス化がようやく消費者のもとへ|17日からミニストップも導入を発表
諸外国に比べてキャッシュレス化が進まないと言われてきた日本において、12月4日は特別な日になったに違いない。PayPay(ペイペイ)の「100億円あげちゃうキャンペーン」初日、ツイッターではPayPayがトレンド入りし、利用した人から多くのつぶやきが寄せられた。また一時PayPayの利用ができなくなる障害も発生し、困惑の声もあがった。企業間競争が激化する中、どこか遠いところの話だった「キャッシュレス化」が、ようやく消費者の元にやってきたのだ。
2018.12.05 07:00
障がい者雇用にITはどう貢献できるか?8割が活用していると回答
障がい者雇用にITはどう貢献できるか?8割が活用していると回答
野村総合研究所とNRIみらいは11月30日、「障がい者雇用に関する実態調査」「障害者雇用及び特例子会社の経営に関する実態調査」の結果を公表した。4回目となる同調査の今年の中心テーマは「障がい者雇用におけるIT活用への考えや活用状況」である。上場企業や特例子会社の回答から、IT活用における期待や不安などが明らかになっている。
2018.12.03 15:27
LINEやヤフーなど参入相次ぐ「信用スコア」活用反対が6割
LINEやヤフーなど参入相次ぐ「信用スコア」活用反対が6割
ドコモ、ヤフーに続き、LINEとみずほ銀行が共同で参入を発表し話題となっている「信用スコア」。しかし、ネットプロテクションズが11月28日に発表した「信用スコア」に関する調査によると、認知度は約20%と低いことがわかった。また調査からは6割の人が信用スコアに反対しており、その理由として個人情報が共有されることへの不安をあげている。どうすれば信用スコアは普及するのか、また消費者として情報の価値をどう捉えるべきなのだろうか。
2018.11.29 14:17
Uberがソフトバンクグループの配車システムと連携、タクシーの効率配車すすむ
Uberがソフトバンクグループの配車システムと連携、タクシーの効率配車すすむ
ソフトバンクは11月28日、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズと、UberJapanが配車システムの連携を開始することを発表した。Uberが他社の配車システムと連携するのは日本初のことで、これによりUber側でタクシーの状態を把握し、より効率的な配車サービスが可能になるという。
2018.11.29 10:40
LINE Pay(ラインペイ)が「LINE店舗経理」開始で中小の加盟店を狙う
LINE Pay(ラインペイ)が「LINE店舗経理」開始で中小の加盟店を狙う
LINEは11月26日、LINE Payにおいて、12月6日から「LINE店舗経理」のサービス提供を発表した。「LINE店舗経理」はクラウド会計ソフト「freee」のOEMで、個人事業主の確定申告や、中小企業における経理業務が簡単にできるものである。今後LINEならではのトークチャットボットなどを使い、個人事業主の経営や経理を支援していくという。
2018.11.27 15:23
総務省「モバイル市場競争に関する緊急提言案」ドコモ値下げ後も課題山積
総務省「モバイル市場競争に関する緊急提言案」ドコモ値下げ後も課題山積
携帯代の適正化に向け、総務省は11月26日、モバイル市場の競争環境に関する研究会(第4回)を開催し、「モバイルサービスの適正化に向けた緊急提言(案)」をまとめた。2019年1月の緊急提言とりまとめに向け、事業者が取り組まなくてはならない事項や販売代理店の届出制などがあがっている。
2018.11.27 14:03
1,000万人を超えたフリーランスが抱える「社会的信用」問題の背景とは
1,000万人を超えたフリーランスが抱える「社会的信用」問題の背景とは
副業・兼業も含めると、フリーランスとして働く人は1,000万人を超え、市場規模は拡大を続けている。しかしフリーランスで働く人の多くが「社会的信用」を得にくいという課題を抱えているという。国内初の「ITフリーランス専用クレジットカード」の提供開始を発表したPE-BANKの取り組みとともに、この問題の背景について考えていこう。
2018.11.27 12:41
PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ
PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ
日本能率協会総合研究所は11月9日、日本国内のQRコード決済市場規模を推計した。2018年はPayPayやAmazonPayなど、大手が実店舗での運用・実証実験などをスタートし、〇〇Payの乱立状態となった。同調査によれば、2023年のQR決済市場は8兆円と推計され、東京五輪のインバウンド需要や政府の後押しもあり、市場は拡大するという。
2018.11.26 14:59
テクノロジーで野球はもっと面白くなる、楽天スマートスタジアムに注目!
テクノロジーで野球はもっと面白くなる、楽天スマートスタジアムに注目!
楽天は11月16日、宮城県仙台市にある「楽天生命パーク宮城」において、スマートスタジアム実現に向けた実証実験を行ったことを発表した。5G通信ネットワークを活用し、自動配送ロボットの遠隔操作やドローンによる撮影映像を用いたユーザー認証、360度カメラを用いた8KVRの映像配信など、新しい観戦体験の提供を模索する楽天の取り組みを紹介する。
2018.11.22 15:40
ZOZOが世界で1億世帯視聴「PGAツアー」スポンサーへ|前澤氏ゴルフでも世界戦略
ZOZOが世界で1億世帯視聴「PGAツアー」スポンサーへ|前澤氏ゴルフでも世界戦略
ZOZOは11月20日、ゴルフ界最高峰のツアー運営団体「PGA TOUR」とスポンサー契約を締結し、2019年秋に「ZOZO CHAMPIONSHIP」を開催することを発表した。国内初となるPGAトーナメントは、賞金総額も国内ゴルフ史上最高となる総額11億円。ゴルフとファッションを融合させるというZOZOの新たな戦略とは。
2018.11.20 14:06
「仕事の満足度をあげる」攻めのメンタルヘルス対策とは
「仕事の満足度をあげる」攻めのメンタルヘルス対策とは
労働者が50人以上いる事業場においてストレスチェックが義務化されて3年。対象となる企業のストレスチェック実施率は8割を超えているものの、この対策は本質的な改善にはつながっていない、という声もある。そこで本記事では「ストレスチェック後に必要な行動」について分析されたドクタートラストの発表を事例に、メンタルヘルス対策に必要なことを探っていきたい。
2018.11.20 13:24
「家庭と仕事両立したい」は欲張りなの?主婦が働くために必要な条件とは
「家庭と仕事両立したい」は欲張りなの?主婦が働くために必要な条件とは
働き方の選択肢は広がっている。時短勤務、リモートワーク、フリーランス、副業など、これまで家事や育児、介護などさまざまな理由で就業をあきらめてきた人が、働ける機会は確実に増えた。しかし実際のところ、家庭と仕事の両立には課題はつきものである。しゅふJOB総研が11月15日に発表した調査をもとに、どうすれば課題を乗り越えていくことができるのか、考察していこう。
2018.11.19 17:00
1人で2台の自動走行車を遠隔運転|11月19日世界初の実証実験
1人で2台の自動走行車を遠隔運転|11月19日世界初の実証実験
経済産業省・国土交通省は、自動運転レベル4相当の車両を用いて、11月19日に公道で実証実験を行うことを発表した。遠隔にいる1人の運転者が、2台の自動走行車両を遠隔監視・操作するという実験で、世界初の試みだという。これが成功すれば、無人走行のさまざまな移動サービスの実現に向け、大きな一歩となる。
2018.11.15 11:15
2023年までにAI顔認証で行方不明者は80%減少する|10の未来地図をガートナーが発表
2023年までにAI顔認証で行方不明者は80%減少する|10の未来地図をガートナーが発表
ガートナーは10月に米国で開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の中で、2019年以降にIT部門およびユーザーに大きな影響を与える10の戦略的展望を発表した。テクノロジーの進化のスピ―ドが早く、企業はそのスピードに追い付かなくなっている。どうすればこの時代に、遅れをとることなく成長を続けられるのか。
2018.11.14 13:45
1年間リモートワークで働いてみた|体験談から見えたメリット・デメリット
1年間リモートワークで働いてみた|体験談から見えたメリット・デメリット
働き方改革の推進で、よく耳にするようになった「リモートワーク」という働き方。時間を有効に使える、満員電車に乗らなくていいなどメリットはイメージしやすい。一方で、リモートワークで仕事に支障は出ないのか、社内の人とうまくコミュニケーションはとれるのか、など不安に思う人も多い。そこで今回は1年間リモートワークで働く人の体験談をもとに、リモートワークのメリット・デメリットなどについて考えていこう。
2018.11.13 11:30
Huaweiなど中国メーカーがスマホ市場で存在感、Appleは単価アップで売上増
Huaweiなど中国メーカーがスマホ市場で存在感、Appleは単価アップで売上増
カスタマーポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ(Counterpoint Technology Market Research )は11月12日、全世界のスマートフォン出荷台数の最新市場調査の結果を発表した。これによれば、Appleの出荷台数は対前年比横ばい。一方で中国勢は台数を伸ばし、Oppo、Xiaomi、Vivoの3社が単一四半期としては過去最高を記録した。
2018.11.12 16:45
トヨタが目指す水素社会とは?本社工場で世界初の汎用水素バーナー導入へ
トヨタが目指す水素社会とは?本社工場で世界初の汎用水素バーナー導入へ
トヨタ自動車は11月8日、工業利用を目的とした世界初の汎用水素バーナーを開発し、本社工場に導入したことを発表した。トヨタ自動車は水素ステーションの設置や、JR東日本との水素を活用したモビリティ連携の発表など、水素活用に積極的だ。トヨタの取り組みを紹介する。
2018.11.09 12:53
会社の評価に満足してますか?人事評価制度の課題は基準のばらつきが1位
会社の評価に満足してますか?人事評価制度の課題は基準のばらつきが1位
あしたのチームは11月8日、企業の人事評価制度の構築・運用に関する調査の結果を公表した。これによれば、自社で独自に制度を作り実施している企業では「評価者間での評価基準のばらつき」や「評価基準・目標設定のあいまいさ」などが運用面での課題となっているという。
2018.11.08 15:15
不用品=ゴミではない!日本のかくれ資産総額は37兆円、メルカリデータより推計
不用品=ゴミではない!日本のかくれ資産総額は37兆円、メルカリデータより推計
みんなのかくれ資産調査委員会は11月7日、メルカリからデータ提供・ニッセイ基礎研究所監修のもと、家庭内での不用品の想定価格を隠れ資産として算出した結果を発表した。これによると、日本のかくれ資産総額は推計37兆177万円、1世帯あたり約70万円となった。これまで単なる不要品であったものを資産ととらえ、それを活用するという価値観が、フリマアプリを通じて形成されようとしている。
2018.11.08 13:32
子ども6割がキャッシュレス決済を経験済み、お金についてどう教える?
子ども6割がキャッシュレス決済を経験済み、お金についてどう教える?
イー・ラーニング研究所は「子どもの金融教育に関するアンケート」を実施、10月に結果を公表した。これによれば、約半数の子どもが自分でお金の管理を行っており、6割がキャッシュレス決済で支払いをしたことがあるという。仮想通貨、QRコードなどの各種キャッシュレス決済が進む中、親世代として「お金」について子どもにどのような教育をするべきなのだろうか。
2018.11.06 15:04
スマホユーザー6割「携帯代は高い」、ドコモ値下げは不信感を払拭できるか
スマホユーザー6割「携帯代は高い」、ドコモ値下げは不信感を払拭できるか
NTTドコモは10月31日、携帯電話料金をこれまでの2~4割程度値下げする方針を発表した。野村総研の調査によれば、スマホユーザーの6割が携帯電話料金を高いと感じており、3割が納得していないという。そしてその根底にあるのは、通信事業者に対する不信感だ。楽天とKDDIの提携など、業界再編の動きが加速する中、事業者・ユーザーがとるべき道とは?
2018.11.02 12:17
トヨタが車の「サブスクリプション」と「シェアリング」サービス発表
トヨタが車の「サブスクリプション」と「シェアリング」サービス発表
トヨタ自動車は11月1日、車のサブスクリプションサービス「KINTO」の展開を発表した。税金や保険、メンテナンスなどがパッケージ化されており、月額定額のサブスクリプションモデルで、より手軽に車を楽しんでもらいたいという。サービス開始は2019年初めを予定している。
2018.11.02 10:05
楽天モバイル携帯キャリア事業開始へあと1年、次世代通信の新たな競争
楽天モバイル携帯キャリア事業開始へあと1年、次世代通信の新たな競争
楽天は10月29日、インドのテックマヒンドラ社と連携し、次世代ネットワークの実験施設を設立すると発表した。2019年10月の「移動体通信事業者」サービスを開始まで1年。電力会社の送電鉄塔などを携帯基地局として活用する方針を発表しており、主要な電力会社との提携もほぼ完了している。強固な楽天経済圏の確立に向け、楽天はゆっくりと、しかし着実に足場を固めている。
2018.10.30 14:31
楽天市場ヒット番付2018「スポーツ特需」「キャッシュレス化需要」など
楽天市場ヒット番付2018「スポーツ特需」「キャッシュレス化需要」など
楽天は10月30日、「楽天市場ヒット番付2018」の一部を先行発表した。楽天市場での購買データをもとに、消費動向や社会情勢を振り返り、その年を象徴するキーワードを選出する番付。「スポーツ特需」「キャッシュレス化需要」など注目のキーワードがランクイン。すべての番付は11月26日に公開予定だという。
2018.10.30 12:11
樹木希林さんの広告が話題「サヨナラ、地球さん。」「あとは、じぶんで考えてよ。」
樹木希林さんの広告が話題「サヨナラ、地球さん。」「あとは、じぶんで考えてよ。」
宝島社は10月29日の朝日新聞と読売新聞の朝刊に、同時広告を掲載した。9月に亡くなった樹木希林さんの写真を使い、あらためて「死」について問いかける内容で、Twitterなどで反響を呼んでいる。樹木希林さんの生前の言葉をもとに作られたメッセージは、深く突き刺さる強さを持っている。本記事では、広告コピー全文を紹介する。
2018.10.29 22:42
日経「2018年はSaaS元年」と報道、2019年は成長期へ|ボクシル責任者の深堀り解説
日経「2018年はSaaS元年」と報道、2019年は成長期へ|ボクシル責任者の深堀り解説
10月29日、日経新聞にて2018年のSaaS市場についての記事が掲載された。カーシェアのように所有から利用へ、SaaSが企業に浸透し、注目度は高まっているという。弊メディア「Beyond」と、SaaS比較サイト「ボクシル」を運営するスマートキャンプCOO阿部は、この記事の中で2018年は「SaaS元年」と分析している。2018年を振り返り、2019年のSaaS市場動向について解説する。
2018.10.29 14:13
YouTubeクリエイターフィッシャーズが審査で参加、Google「ウェブレンジャープログラム」
YouTubeクリエイターフィッシャーズが審査で参加、Google「ウェブレンジャープログラム」
Googleは10月27日、中高生がインターネットを安心・安全に活用するアイディアを発信する「ウェブレンジャープログラム」で、今年の受賞団体を発表した。YouTubeクリエイターフィッシャーズが審査員として参加した今年のお題は「ネットいじめ・ネット詐欺・ネット上の出会いトラブル」から地球を救うための動画を3分で作成せよというものだった。中高生たちのとがった想像力や感性あふれる作品を紹介する。
2018.10.29 10:55
アマゾンAmazon新サービス「プライム・ワードローブ」開始|自宅で試着・返送無料
アマゾンAmazon新サービス「プライム・ワードローブ」開始|自宅で試着・返送無料
Amazon は10月25日、Amazonプライム会員向けの新サービス「プライム・ワードローブ」の提供を開始した。これは自分の気になるものを取り寄せ、自宅で実際に試着してから購入できるサービスで、色違いやサイズ違いも試せるというもの。プライム会員ならば追加の会費は不要で、返送も無料だ。
2018.10.26 09:14
Facebook(フェイスブック)不正アクセス問題、日本の個人情報保護委員会から行政指導
Facebook(フェイスブック)不正アクセス問題、日本の個人情報保護委員会から行政指導
10月22日、Facebookは「日本の利用者のプライバシーを保護するための取り組みについて」と題したコメントを発表した。また同日、個人情報保護委員会はFacebook.incに対し行政指導を行ったことを発表した。9月にセキリティのぜい弱性を利用し、約5,000万のアカウントに不正アクセスがあったことを発表したFacebook。その後の調査により、当初より少ない約3,000万アカウントであったことや、攻撃の経緯なども発表されている。
2018.10.22 22:47
メルカリ「グッズ取引数」1位はやっぱりあのメダリスト!アスリートランキング
メルカリ「グッズ取引数」1位はやっぱりあのメダリスト!アスリートランキング
メルカリは2018年10月、「メルカリ内で取引された日本人アスリートランキング」を発表した。引退を発表した福原愛選手はランクインしているのか?またフィギア金メダリスト羽生結弦選手、人気急上昇の大阪なおみ選手に関する品物は、どんなグッズが多く取引されているのか。メルカリの調査結果を紹介する。
2018.10.22 16:33
1000万戸を超える「空き家問題」はなぜ起きた?【現代経営技術研究所・講演取材】
1000万戸を超える「空き家問題」はなぜ起きた?【現代経営技術研究所・講演取材】
10月17日、現代経営技術研究所の産業事情検討会が開催され「不動産市場予測が映し出す日本社会の未来地図」と題し、講演が行われた。少子高齢化などの影響で、空き家の売却や活用に悩む人は増加しており「空き家バンク」などのサービスも登場している。そもそも、空き家問題の原因は何なのか?専門家講演の取材内容を報告する。
2018.10.22 11:29
PayPay、LINEPayなどがファミリーマートで利用可能に、コンビニキャッシュレス化進む
PayPay、LINEPayなどがファミリーマートで利用可能に、コンビニキャッシュレス化進む
ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは10月18日、12月以降ファミリーマートでのPayPay支払いが可能になることを発表した。また、ファミリーマートでは同じくLINEPayや楽天Payなどスマートフォン決済6種が12月から利用できるという。セブンイレブンも、来春には「セブン・ペイ」という独自決済手段を導入するといわれており、コンビニ各社のスマートフォン決済は本格化しそうだ。ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンで現在利用できる決済手段についてもまとめた。
2018.10.18 21:58
2019年は「信用スコア」元年か?ヤフーに続きドコモが参入表明で競争激化
2019年は「信用スコア」元年か?ヤフーに続きドコモが参入表明で競争激化
NTTドコモは10月17日、金融機関向けに「ドコモレンディングプラットフォーム」を2019年3月から提供すると発表した。これはドコモの回線利用者が「信用スコア」をもとに、気軽に金融機関から融資を受けられる仕組みである。10月10日には、ヤフーが信用スコアの実証実験開始を発表したばかり。いよいよ大手による新たな市場競争が本格化することになる。
2018.10.18 11:49
スマホ決済Origami Pay(オリガミペイ)とは?仕組み・使い方・クーポン取得方法 - 日本キャッシュレス化の先駆け
スマホ決済Origami Pay(オリガミペイ)とは?仕組み・使い方・クーポン取得方法 - 日本キャッシュレス化の先駆け
ソフトバンクやAmazonなど大手が次々に本格参入している「キャッシュレス決済」市場。しかし、日本で他社に先駆けてスマホ決済サービスを提供し、市場を開拓してきたのは「Origami Pay(オリガミペイ)」を提供するベンチャーOrigamiだ。2018年9月には中国銀聯との提携を発表し世界で使える決済手段となった。本記事では、Origami Payのこれまでの取り組み、仕組みや使い方、キャンペーンと連動したクーポン取得方法を解説する。
2018.10.16 15:17
SaaS比較サイト「ボクシル」がカカクコム「価格.com Biz」との提携を発表
SaaS比較サイト「ボクシル」がカカクコム「価格.com Biz」との提携を発表
幣メディア「Beyond(ビヨンド)」とSaaS比較サイト「Boxil(ボクシル)」を運営するスマートキャンプは10月16日、法人向け購買支援サイト「価格.com Biz」との業務提携を発表した。働き方改革が叫ばれる中、業務効率化や生産性向上のため注目されるSaaS。市場は2021年には約5,800億円(国内)まで拡大すると予測されている。比較サイト2社の提携で、より幅広いユーザーと「SaaS情報」のあらたな接点創出を目指す。
2018.10.16 11:00
いよいよ日本で「信用スコア」をめぐる覇権争いの幕開けか?ヤフーが参入を発表
いよいよ日本で「信用スコア」をめぐる覇権争いの幕開けか?ヤフーが参入を発表
ヤフーは10月10日、同社が所有するビックデータをもとに独自のスコアを開発し、これを利用した実証実験を開始すると発表した。同スコアにもとづき、Yahoo! JAPAN IDユーザーに対する特典プログラムを実施するほか、パートナー企業のサービス利便性向上や課題解決などについて検証するという。中国ではすでに芝麻信用(ジーマ信用)という信用スコアが普及しており、日本でも今後この流れは進む可能性がある。
2018.10.11 14:47
ソフトバンクとYahoo!のPayPay(ペイペイ)がアプリ利用スタート|使い方・キャンペーンなど徹底解説
ソフトバンクとYahoo!のPayPay(ペイペイ)がアプリ利用スタート|使い方・キャンペーンなど徹底解説
ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは10月5日、サービスの利用開始を発表した。2016年に「PayPay」会社設立の発表、7月にはインド「Paytm(ペイティーエム)」との連携、9月に中国「AliPay(アリペイ)」とのサービス連携を発表し着々と足場固めを進めてきた同社。スマホ決済ユーザー数と加盟店数のNO.1獲得を宣言し、いよいよ本格的に動き出す。本記事では、支払い方法や特典などについて紹介する。
2018.10.06 16:22
トヨタとソフトバンク新会社設立「100年に一度の大変革」へ2018年の取り組みまとめ
トヨタとソフトバンク新会社設立「100年に一度の大変革」へ2018年の取り組みまとめ
10月4日トヨタ自動車とソフトバンクの共同記者会見が行われ、新会社「MONET Technologies(モネテクノロジーズ)」の設立が発表された。国内時価総額1位のトヨタと2位のソフトバンクとの提携で、世界のモビリティ市場へ本気の競争を挑む。記者会見の内容とともに、トヨタの2018年の自動運転車、コネクテッドなどにおける協業や出資の動向をまとめた。
2018.10.04 13:57
ライドシェアが広がらないワケ - 規制にソフトバンク孫社長も怒りのコメント
ライドシェアが広がらないワケ - 規制にソフトバンク孫社長も怒りのコメント
ソフトバンクグループ孫社長は7月19日に開かれた会見の中で、ライドシェア禁止の現行法に怒りをあらわにした。ソフトバンクは世界で配車アプリ事業に投資を行っているが、日本では法の規制により、普及できない状況にある。そもそもライドシェアとはどんなサービスで、なぜ政府はライドシェアに消極的なのだろうか。詳しく解説する。
2018.10.04 11:29
富士通・NTTデータが自治体と連携、RPA導入で行政改革を加速
富士通・NTTデータが自治体と連携、RPA導入で行政改革を加速
富士通は9月21日、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結した。RPAの導入でこれから約3か月にわたり、職員の業務負担軽減やミス防止などの効果を実証していく予定だという。また、NTTデータも仙台市との連携を発表。労務、情報システム、財務など6業務に対しRPAツール利活用の有効性を検証するという。
2018.09.27 14:18
企業ブランディング「人的魅力」を生活者は重視ー電通1万人調査
企業ブランディング「人的魅力」を生活者は重視ー電通1万人調査
電通パブリックリレーションズ・企業広報戦略研究所(C.S.I.)は9月20日、全国の生活者1万人を対象にした「第3回魅力度ブランディング調査」の結果を公表した。この調査は、生活者が企業のどのような活動に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを解析することを目的に行われているものである。
2018.09.22 09:00
最大1億円「学生スタートアップ育成投資制度」募集開始
最大1億円「学生スタートアップ育成投資制度」募集開始
ディップは9月18日、日本初の学生スタートアップ企業への育成投資制度「GAKUcelerator -ガクセラレーター」を立ち上げた。同日より募集を開始、学生起業家に対し1件あたり数百万円から最大で1億円の投資を行う予定だという。少子高齢化による労働力人口不足が深刻な現代、日本を浮上させるのは学生たちのエネルギーだ。学生起業をあらゆる面で支援する、同制度を紹介する。
2018.09.20 07:00
1位はグーグル「辞めたけど良い会社ランキング2018」をVorkersが発表
1位はグーグル「辞めたけど良い会社ランキング2018」をVorkersが発表
Vorkersは9月18日、同社が運営する就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」に寄せられる会社評価レポートから集計し「辞めたけど良い会社ランキング2018」を発表した。働き方改革は進んでいるものの、いまだブラックな組織体質、人間関係のストレス、福利厚生の不満など、転職する理由にはネガティブな意見も少なくない。しかし一方で、「辞めたけれども良い会社だった」といわれる企業には、一体どんな特徴があるのだろうか。同調査結果を紹介する。
2018.09.19 06:39
【速報】ZOZO前澤社長、月へ行く|イーロンマスク提供の月周回飛行プログラムで
【速報】ZOZO前澤社長、月へ行く|イーロンマスク提供の月周回飛行プログラムで
バスキア作品を124億円で購入し、世界を驚かせたスタートトゥデイ前澤友作社長が、再び驚くべき構想を明らかにした。アメリカスペースX社が提供する、月周回飛行プログラムで民間人初の搭乗者になることを発表したのだ。多くのアーティストを一緒に月に連れていくという壮大な夢を実現する前澤氏。彼が発表したメッセージ全文を紹介する。
2018.09.18 11:17
文科省が推進する「国際バカロレア」とは?グローバル教育の正解はどこにある
文科省が推進する「国際バカロレア」とは?グローバル教育の正解はどこにある
文部科学省は9月10日、「第1回国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018」を10月に開催することを発表した。そもそも「国際バカロレア」という言葉を、知らない人は多いだろう。「バカ」という言葉の響きから、ふざけたことなのかと疑ってしまいそうだが、実はれっきとした国際教育プログラムである。国際バカロレアとは一体どんなものなのか?なぜ今、文科省が推進するのか?詳しく解説する。
2018.09.12 05:30
クックパッドマート「ツルハドラッグ」などチェーン参画でサービス拡大
クックパッドマート「ツルハドラッグ」などチェーン参画でサービス拡大
クックパッドは9月11日、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」に参画するチェーンストア5社を発表した。7月に発表された新しいサービス「クックパッドマート」は、地域にある有名な店や農家の「こだわり食材」をアプリから購入し、商品を指定の店舗で受け取るというしくみだ。今回参画したカクヤス、スマイルドラッグ、ツルハドラッグなど地域のドラッグストアやリカーショップ、カラオケ店などでクックパッドマートの商品が受け取り可能となる。
2018.09.11 13:58
電通の会社員1万人調査から見えた、イキイキ働くための3つのカギとは?
電通の会社員1万人調査から見えた、イキイキ働くための3つのカギとは?
電通は9月4日、「健康に働くための指標」を開発するため、全国1万人の会社員を対象に調査し、その結果を公表した。これによると、仕事や生活でイキイキと前向きな状態を維持するためには、「睡眠」「雑談」「ちょっと幸せになれる習慣」の3つが深く関係しているという。また電通は、この調査結果などをもとに毎日の社員の「バイタリティ(活力)」を可視化する仕組みを、7月から導入した。働き方改革は物理的なストレスを取り除くだけでは達成しない。本質をついた電通の調査を紹介しよう。
2018.09.11 12:26
北海道地震当日から災害情報を配信、Paykeの圧倒的ユーザー視点とは
北海道地震当日から災害情報を配信、Paykeの圧倒的ユーザー視点とは
訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke(ペイク)」を提供するPaykeは9月10日、訪日外国人観光客向けに災害情報の無償提供開始を発表した。同社は北海道地震が起きた当日から、北海道を旅行中のユーザーに対し情報発信を開始しており、その対応スピードの早さは行政を圧倒している。2014年に立ち上がったスタートアップPaykeの圧倒的なユーザー視点とは?
2018.09.11 05:00
楽天がグローバルNo.1目指す決意、10月からブランドロゴ刷新へ
楽天がグローバルNo.1目指す決意、10月からブランドロゴ刷新へ
楽天は9月8日、楽天の新しいステージに向けた挑戦の決意を込め、10月からロゴを刷新すると発表した。新しいロゴはグローバル統一で、物事の始まりや「NO.1」を意味する漢字の「一」をあしらったという。楽天市場をはじめ、楽天トラベル、楽天銀行、楽天Payなど幅広く事業を展開する楽天。あらゆる領域でNo.1を獲得し、楽天経済圏を確固たるものとするのか。になるのだろうか。
2018.09.10 14:45
ソフトバンクが長野県と連携協定、ICT活用で行政ビジネスに名乗り
ソフトバンクが長野県と連携協定、ICT活用で行政ビジネスに名乗り
ソフトバンクは9月6日、長野県と包括連携協定を締結したことを発表した。ICTを活用した教育・文化・スポーツの振興や、子どもたちへの支援など幅広い連携を行うという。5日にはLINEが、神奈川県との連携を発表したばかり。企業の行政ビジネスをめぐる動きは、一気に加速するか。
2018.09.07 07:10
質疑はもう怖くない?AIが回答を提示する未来型の株主総会とは
質疑はもう怖くない?AIが回答を提示する未来型の株主総会とは
ウィルウェイは9月5日、AI(人口知能)を活用した株主総会支援システムの実用化試験実施を発表した。AIが実際の株主からの質疑を受けて適切な回答を導き出し、答弁者に提示できるかを検証するという。旧来型の一方的な情報発信では、株主は満足しない時代。こうしたサービスで効率化をはかりつつ、双方向のコミニケーションを深めるための本質的な変化が企業には必要だ。
2018.09.07 07:00
PayPayが中国「AliPay」とサービス連携を発表、訪日中国人700万人へ先手
PayPayが中国「AliPay」とサービス連携を発表、訪日中国人700万人へ先手
ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは9月5日、中国のスマホ決済大手アントフィナンシャルサービスグループの「AliPay(アリペイ)」とのサービス連携を発表した。訪日中国人需要を確実におさえ、今秋からのスマホ決済サービス開始に向け、着実に足場固めを進める。
2018.09.06 10:02
LINEが描く「Society 5.0」な鎌倉とは?LINEPayで税金や窓口支払いへ
LINEが描く「Society 5.0」な鎌倉とは?LINEPayで税金や窓口支払いへ
LINEは9月4日、神奈川県および鎌倉市と包括連携協定を締結したことを発表した。LINEを活用した行政の仕事効率化、税金や公共施設で「LINEPay」によるキャッシュレスな支払い、病院カルテとの連携など「Society 5.0」実現のため、さまざまな連携をはかるという。LINEが描く、未来都市のあり方とは?
2018.09.06 07:00
キャッシュレス決済派はお金が貯まる?普及に向けた消費者メリットと課題
キャッシュレス決済派はお金が貯まる?普及に向けた消費者メリットと課題
Amazon Payは8月29日、実店舗でのQR決済利用をスタートさせた。ラインの「LINEPay」、ソフトバンクとヤフーの「PayPay」、さらにはメルカリも「メルペイ」で参入する方針を明らかにしており、キャッシュレス化は一気に加速するとみられている。しかし、現金主義が根強いとされる日本。キャッシュレス普及には「単に支払いがラク」というだけではない消費者メリットの訴求も重要だ。キャッシュレス化普及のメリットや課題について、消費者視点から考察する。
2018.09.04 07:00
ホリエモン・幻冬舎 箕輪氏・ZOZO 田端氏etc.話題のビジネス本を買う価値とは?
ホリエモン・幻冬舎 箕輪氏・ZOZO 田端氏etc.話題のビジネス本を買う価値とは?
ディーエイチシーは9月3日、ホリエモンこと堀江貴文氏の「英語の多動力」が8月の発売から約1か月で4万部を突破したと発表した。電子書籍が伸ばしているものの、文字離れなどを背景に低迷しつつある出版業界。そんな中、いわゆる作家ではない、インフルエンサーが出版する書籍が次々ヒットを飛ばしている。堀江氏や、幻冬舎の編集者箕輪氏、ZOZOの田端氏、お笑い芸人キングコング西野氏などである。今、なぜ彼らの書籍が必要とされるのか?
2018.09.03 20:17
「あなたは何歳まで生きたいですか」人生100年時代の本質とは
「あなたは何歳まで生きたいですか」人生100年時代の本質とは
アクサ生命は2018年7月、人生100年時代に備えるサイト「人生100年の歩き方」をオープンし、あわせて「人生100年時代に関する意識調査」結果を公表した。これよれば、6割以上の人が老後の生活に悲観的であることがわかった。長生きへの不安を払拭し、いきいきと人生を送るためには一体何が必要なのだろうか。
2018.08.31 08:03
若者たちよ手を伸ばせ、ドラえもんの未来はすぐそこにある
若者たちよ手を伸ばせ、ドラえもんの未来はすぐそこにある
経産省は8月24日、「空の移動革命に向けた官民協議会」設立を発表した。いわゆる「空飛ぶ車」の実現に向け、ついに政府が本腰をあげたのだ。任天堂ゲームボーイが発売された平成元年、その30年後に仮想現実でゲームする日が来ると、考えた人はどのくらいいたか。空飛ぶ車はアニメや映画の世界の夢物語でしかないと、だれもが思っていただろう。しかしイノベーションはおきている。平成最後の夏、ドラえもんの住む未来は、進化を諦めない人々のすぐ目の前にある。
2018.08.29 08:30
フリーランス約6割が健診を受けていない、自由は不自由なのか?
フリーランス約6割が健診を受けていない、自由は不自由なのか?
フリーランスという働き方を選ぶ人は増えている。「働く時間や場所を選ばない」「やりがいを仕事にできる」などのメリットがある一方、すべてを自分で管理しなくてはならないための弊害も生まれている。ランサーズの「フリーランスの健康に関する意識調査」によれば、専業フリーランスの1年以内の健康診断未受診率は58%、人間ドック未受診率は91%だという。「フリーランスだから仕方ない」は、本当にそうなのだろうか?
2018.08.28 12:36
CEDEC2018開幕!日本最大級の開発者カンファレンスに熱視線
CEDEC2018開幕!日本最大級の開発者カンファレンスに熱視線
コンピュータエンターテインメント協会が開催する、日本最大級のコンピューターエンターテインメント開発者カンファレンス「CEDEC(セデック)2018」が8月22日(水)~24日(金)まで、パシフィコ横浜会議センターで開催される。今年で20回目を迎える同イベントの2018テーマは「空想は現実になる」で、20年前には夢物語だと思われていたVRやAR、AIなどを駆使した技術の紹介や、コンテストなどが行われる。
2018.08.22 12:57
【甲子園決勝】球児を全力で応援!でも批判が多いワケとは
【甲子園決勝】球児を全力で応援!でも批判が多いワケとは
甲子園はいよいよ21日14時より、決勝戦。11年ぶり6回目の出場となる秋田県の金足農業と、2年連続10回目の出場大阪桐蔭の対決だ。常連の有名私立高校が多い中、県立高校である金足農業の躍進ぶりが話題の今大会。一方で、猛暑対策不足、観客の応援について、選手の起用についてなど甲子園をめぐる批判的なニュースも多くみられる。
2018.08.21 10:58
投資家も注目「大学発ベンチャー表彰2018」AIや銅ペースト開発など受賞
投資家も注目「大学発ベンチャー表彰2018」AIや銅ペースト開発など受賞
経産省と文部科学省は8月10日、「大学発ベンチャー表彰2018~Award for Academic Startups~」の受賞者を発表した。独自のAIアルゴリズムを開発した岩手大学発のAISing(エイシング)や、東北大学発のマテリアル・コンセプトなど、今後の活躍が期待される7ベンチャーが選出された。
2018.08.17 11:18
豪雨被害の「獺祭」島耕作とコラボ、個人でもできる被災地支援とは
豪雨被害の「獺祭」島耕作とコラボ、個人でもできる被災地支援とは
西日本豪雨で被害にあった銘酒「獺祭」の旭酒造は、漫画家の弘兼憲史氏の協力を得て、「獺祭 島耕作」を8月10日より発売すると発表した。猛暑に台風に次々と列島を襲う災害が多く、西日本豪雨被災地の情報は減ってきている。しかし今も、避難生活を送る人、復旧活動を続ける人がいることを忘れてはならない。たとえば被災地の酒を飲むだけでもいい、できることから支援をしてみませんか。
2018.08.10 06:45
銀行での本人確認を1本化「金融庁FinTechハブ」初の実証実験
銀行での本人確認を1本化「金融庁FinTechハブ」初の実証実験
2017年に金融庁が設置した「FinTech実証実験ハブ」において、第1号の実証実験が行われ、その結果が公表された。ブロックチェーンに本人確認の情報や取引情報を記録させ、他の金融機関での本人確認を省くことを可能にするための同実証実験。みずほファイナンシャルグループ、三井住友ファイナンシャルグループなど12の金融機関などが参加し、4か月にわたり行われた。
2018.08.09 06:30
マイクロソフト「サーバー移行支援センター」を57社と共同設立
マイクロソフト「サーバー移行支援センター」を57社と共同設立
日本マイクロソフトは8月8日、顧客の最新インフラへの移行を推進する「マイクロソフトサーバー移行支援センター」をパートナー企業57社と連携し、設立したことを発表した。2020年にサポート終了をむかえる「Windows Server 2008」の最新インフラへの移行とDX(デジタルトランスフォーメーション)促進が狙いだ。
2018.08.09 06:00
JR大阪駅「困っている人と支援者をLINEでつなぐ」実証実験スタート
JR大阪駅「困っている人と支援者をLINEでつなぐ」実証実験スタート
大日本印刷は3日、支援が必要な人と支援者をつなぐ「スマホで手助け実証実験」をJR大阪駅で行うことを発表した。事前にLINEでともだち登録を行い、大阪駅の実験対象エリア内に入ると、LINEを通じて支援要請がやりとりされるしくみだという。
2018.08.06 08:49
シャープ社員ツイッターが話題 | 山本隆博さんがTCC新人賞に選ばれたワケ【フォロワー47万人超】
シャープ社員ツイッターが話題 | 山本隆博さんがTCC新人賞に選ばれたワケ【フォロワー47万人超】
シャープ公式Twitter(ツイッター)アカウントの運営を担当する、山本隆博氏をご存じだろうか。いや知らない人のほうが多いだろう。彼はシャープのイチ社員であり、広告代理店のクリエイターなどではない。そんな彼が4月に2018TCC(東京コピーライタークラブ)広告賞の新人賞を受賞した。どんなツイートが話題となっているのか、紹介していこう。
2018.08.02 12:21
「SDGs」は単なる社会貢献ではない、課題解決型ビジネスとは?
「SDGs」は単なる社会貢献ではない、課題解決型ビジネスとは?
7月25日、JICAは第1回「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」で6件の採択を決定したことを発表した。帝人フロンティアの「デング熱対策のための防蚊衣類生産・販売ビジネス調査」、リモート・センシング 技術センターの「衛星データを活用した農作物生産性向上のための農業情報サービスビジネス調査」など、日本企業の技術やアイデアが世界に貢献することとなる。
2018.08.02 06:00
冷笑主義・シニシズムが強まる日本人 10年の生活者分析から見えたもの
冷笑主義・シニシズムが強まる日本人 10年の生活者分析から見えたもの
ブランドコンサルティング会社のリスキーブランドは7月18日、同社が2008年から10年にわたり調査しているデータを活用し「日本人の仕事意識調査」を発表した。日本人はこの10年で、どう価値観を変えたのか。また企業はそれに対し、どのようなブランド戦略で対応すべきなのか。
2018.08.01 06:05
29日(日)開催決定 隅田川花火大会 最新の混雑回避情報を入手せよ!
29日(日)開催決定 隅田川花火大会 最新の混雑回避情報を入手せよ!
7月29日(日)、第41回隅田川花火大会が開催される。隅田川の2か所の会場で、計20,000発の花火が打ち上げられる東京の風物詩だ。例年70万人以上の人出があるこの花火大会、実は混雑予報と回避情報が提供されていることをご存じだろうか。ナビタイムジャパンは23日、ビックデータを活用し、リアルタイムに混雑回避できるシステムの提供を発表した。29日大会開催については、28日(土)18時に公式Twitterにて発表される予定だ。
2018.07.28 09:10
「AI養命酒」にあなたは何を聞く?人に愛される広告とは
「AI養命酒」にあなたは何を聞く?人に愛される広告とは
薬用養命酒を販売する、養命酒酒造は「AI養命酒」があたるキャンペーンを実施している。AIと養命酒、一見まったく関係のないジャンルのものが掛け合わされているという驚き。体に良いものを販売する企業としてこれまで培ってきた「真面目」なイメージの転換。人の目を惹く広告には、理由がある。
2018.07.25 06:00
「高温注意情報」で学校プール活動中止相次ぐ - 最高気温41℃超えも
「高温注意情報」で学校プール活動中止相次ぐ - 最高気温41℃超えも
7月23日、気象庁は7月中旬以降の気温についての総括と今後の見通しについて発表した。これによれば、7月中旬の平均気温は、関東甲信越で平年差+4.1℃であった。また豪雨被害のあった東海地方は+3.6℃、近畿地方は+3.4℃となっており、被災した方やボランティアの方を苦しめているという。1961年の統計開始以来の危険な暑さ、一体いつまで続くだろうか。
2018.07.24 10:56
ホリエモン 机上の空論ではなく行動を学ぶ「ゼロ高等学院」開校
ホリエモン 机上の空論ではなく行動を学ぶ「ゼロ高等学院」開校
7月23日、ホリエモンこと堀江貴文氏が主宰する新しい高等学校の開校が発表された。その名も「ゼロ高等学院」。さまざまな有識者やHIU(堀江貴文イノベーション大学)のサポートのもとに誕生するこの学院、テーマは「座学を目的とせず、行動を目的とする」だ。
2018.07.24 05:30
英バーバリーの廃棄問題から考える「サスティナビリティ」とは?
英バーバリーの廃棄問題から考える「サスティナビリティ」とは?
BBCが20日、英国の高級ブランドバーバリーが売れ残りの衣料品やアクセサリーなど、約42億円相当を焼却処分していたことを報じた。これに対し環境団体からは非難の声があがっている。ここで注目すべきは、企業の持続可能性と社会的責任、つまり「サスティナビリティ」と「CSR」の問題だ。バーバリーは本当に正しい判断をしたといえるのだろうか。
2018.07.23 14:28
熱中症対策に「エアコンつけてね!」コミニケーションロボBOCCOが呼びかけ
熱中症対策に「エアコンつけてね!」コミニケーションロボBOCCOが呼びかけ
連日の猛暑日、熱中症による搬送数も増えている。東京消防庁によれば、7月9日~15日の速報値では9,956人となり、前年同週より2,000人以上も多い結果だ。そこで、熱中症対策に役立つコミにケーションロボ「BOCCO」を紹介しよう。部屋の温度や湿度を感知し、警戒度をモニタリング、スマホに通知してくれるかわいらしい相棒だ。
2018.07.21 09:00
細田守監督「未来のミライ」には、ジブリの背景美が受け継がれていた
細田守監督「未来のミライ」には、ジブリの背景美が受け継がれていた
細田守監督作品「未来のミライ」がいよいよ本日公開。第71回カンヌ国際映画祭・監督週間で上映され、公開前から国内外でも注目を集める作品だが、その見どころはストーリーだけではない。真っ青な空、切なくなるような夕日など、背景の美しさに見る人は目を奪われる。「未来のミライ」で背景美術を手掛けるのは、スタジオジブリで手描きによる技術を磨いてきた制作チームだ。本記事では、そのチームを率いる美術監督髙松洋平氏にお話を伺い、作品について、自身の働き方についてなど語っていただいた。
2018.07.20 06:00
無期転換ルールでも「待遇は社員同等にはならない」否定的な人6割
無期転換ルールでも「待遇は社員同等にはならない」否定的な人6割
日本労働組合は6月28日、「有期契約労働者に関する調査2018」の結果を公表した。改正労働契約法により定められた「無期転換ルール」が2018年4月1日より施行された。しかし調査によると、このルールを知らない労働者は約7割にのぼり、依然として認知率が低いことが明らかになった。
2018.07.19 14:15
アマゾンプライムデーの裏でストライキ発生、労働者たちの悲痛な叫び
アマゾンプライムデーの裏でストライキ発生、労働者たちの悲痛な叫び
年に1度の「アマゾンプライムデー」が開催中。消費者にとってはお得商品目白押しの、わくわくするイベントだ。しかし世界のアマゾン労働者の間では、プライムデーはXデーだったのだ。ドイツ、スペイン、ポーランドなどでアマゾン労働者によるストライキが発生している。
2018.07.17 14:58
働き方改革で重要なのは「個人と組織」が同じ方向を向くこと
働き方改革で重要なのは「個人と組織」が同じ方向を向くこと
NTTデータ経営研究所は7月12日、働く人1,100人を対象に実施した「働き方に関する調査」の結果を公表した。これによると、働き方改革に取り組んでいる企業は38.9%であった。しかし業種や企業規模により取り組み状況には差があるほか、働き方改革のメリットを感じられない人も多い実態が明らかになった。
2018.07.17 13:49
グーグルCEOも卒業「インド工科大学」が学生のベンチャー起業を支援
グーグルCEOも卒業「インド工科大学」が学生のベンチャー起業を支援
優れたエンジニア育成で有名なインド工科大学(IIT)は4月、IITsが設立した「インキュベーションセンター」で、博士課程学生の論文代わりとして「スタートアップ起業」を支援するという、活気的な支援制度を設けたという。グーグルCEOサンダー・ピチャイ氏を輩出し、世界中の企業が注目するインド工科大学とは?
2018.07.13 05:30
メルカリが発表「ふなっしーを買う宮崎県民、ヒョウ柄を買う和歌山県民」
メルカリが発表「ふなっしーを買う宮崎県民、ヒョウ柄を買う和歌山県民」
フリマアプリを提供するメルカリは7月5日、サービス開始5周年を記念して「都道府県別」の利用動向を発表した。購入金額やクーポンの利用状況など、県民性が反映された興味深いランキング。ふなっしーを一番購入しているのは、千葉県ではなく宮崎県民だった。
2018.07.12 12:14
「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと
「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと
野村総合研究所は6月26日、全国の未就学児を持つ女性4,088名に対して、保育に関する調査を実施した。これによると現状保育の利用希望があるのに利用できていない子どもは、全国で34.8万人と推計され、政府の女性就業率目標を達成するためには、あらたに27.9万人の保育の受け皿が必要だという。
2018.07.12 11:03
仕事中でも堂々と上司に宣言しよう「花火大会に行ってきます!」
仕事中でも堂々と上司に宣言しよう「花火大会に行ってきます!」
いよいよ各地で花火大会がはじまる季節。忙しくて花火に行く時間がないビジネスマン諸君には、今年は違った視点で花火を見ることをお勧めする。たった1日で百万人以上が集まる集客力、年代問わず人々を惹きつけるインパクト、浴衣や屋台のトレンド、花火のIT化、地域への経済効果はどうなのか?ビジネスの見えない部分を「透かし見」する訓練は、ビジネスパーソンの基本だ。そこで今回は、花火大会をいろいろな角度から紹介し、透かし見訓練の一例を紹介する。さあ、今年こそ上司に堂々と言ってみよう。「花火大会に行くのでお先に失礼します!」
2018.07.10 12:39
豪雨被災地のために何ができる?ZOZO、ドコモ、HIKAKIN氏も支援へ
豪雨被災地のために何ができる?ZOZO、ドコモ、HIKAKIN氏も支援へ
西日本を襲った「平成30年7月豪雨」により、120名が死亡、81名の行方不明者(9日21時現在、朝日新聞発表)、各地のライフラインの寸断など大きな被害をもたらしている。避難者数は11,227名にのぼる。ZOZOの前澤社長は、岡山県倉敷市へ衣類7,000点の支援を発表。ドコモ・ソフトバンク・auは被災地へ無料Wi-Fiの提供、インフルエンサーHIKAKIN(ヒカキン)氏が募金を呼びかけるなど、被災地支援の動きが広がっている。
2018.07.10 05:45
精神障害は「医療・福祉」がトップ、厚労省が公表した労災の実態
精神障害は「医療・福祉」がトップ、厚労省が公表した労災の実態
厚労省は7月6日、平成29年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。脳・心臓疾患、精神疾患、裁量労働制対象者の3事案に分けたデータで、それぞれ労災請求件数は前年より増加傾向となっている。6月に成立した「働き方改革関連法案」では「高プロ」制度が過労死につながると根強い反発がある。現状の労災件数・過労死件数はどうなっているのか。
2018.07.10 05:30
再配達はもうさせない、業界初の「置きっぱなし」保険
再配達はもうさせない、業界初の「置きっぱなし」保険
物流系ITスタートアップのYper(イーパー)は5日、東京海上日動と共同で「置き配保険」を開発したことを発表した。EC業界の拡大とともに宅配需要は増加の一途だが、宅配業界の人手不足は深刻だ。この大きな課題に対し、宅配業者が安心して「置きっぱなし」にできるしくみを作ったスタートアップが、Yperだ。
2018.07.05 12:02
メルカリが「トレンドワード2018上半期」を発表、1位はあの大人気ゲームアプリ
メルカリが「トレンドワード2018上半期」を発表、1位はあの大人気ゲームアプリ
フリマアプリを提供するメルカリは6月28日、2017年上半期と比較し2018年上半期に検索数が急上昇したワードを抽出し、ランキングを発表した。ユーザーが検索するもの=買いたいもの、であるメルカリ内の検索は消費者の購買意欲をストレートに表しているものともいえる。2018年上半期は、どんなものが検索されたのか。気になるランキングを見ていこう。
2018.07.04 06:00
フィンテックで「給与の自由化」目指すペイミー、スタートアップバトル制す
フィンテックで「給与の自由化」目指すペイミー、スタートアップバトル制す
7月3日、フィンテックを活用した給与即日払いサービス「Payme」を提供するペイミーが、「Nikkei FinTech Startups Awards 2018」 において優勝したことを発表した。また同日、セブン銀行との協業も発表された。創業たった1年で「給与」の常識を覆そうとしているペイミーの取り組みを紹介する。
2018.07.03 11:02
マイクロソフトも注目するインド「アンドラ・プラデシュ州」とは?
マイクロソフトも注目するインド「アンドラ・プラデシュ州」とは?
マイクロソフトは6月29日、「アジアにおいてAI が大きな成果を挙げている5つの分野」についてを発表した。同社はインド、アンドラ・プラデシュ州政府と協力して教育系アプリ開発したという。また日本政府も、同州への投資を行っており、日本企業の進出を進めている。注目が集まる「アンドラ・プラデシュ州」とは、一体どんな場所なのだろうか。
2018.07.03 06:15
「副業は収入を増やすため」月3~5万円のリアルな事情
「副業は収入を増やすため」月3~5万円のリアルな事情
総合求人情報サイト「はたらこねっと」を運営するディップは6月25日、ユーザーに対して行った副業についてのアンケート結果を公表した。これによると、副業(Wワーク・掛け持ち)経験者は5割以上いたものの、収入は「1~5万円未満」が6割。副業での稼ぎはあくまでも少額のお小遣い程度、という人が多いことがわかった。
2018.06.29 10:51
AIが転職活動を劇的にラクにする、「Joins Job」が日本初の機能を導入
AIが転職活動を劇的にラクにする、「Joins Job」が日本初の機能を導入
6月25日、IT・Web業界特化の転職求人サービス「Joins Job」を提供するITIは、構文解析・検索アプリケーションなどのサービスを提供する Daxtra との協業を発表した。「Joins Job」にAIを用いた構文解析技術と、スマートフォンでの転職活動を支援する2つの機能を搭載し、転職活動の手間やコストの削減を目指すという。
2018.06.26 10:33
猛暑日 熱中症で救急車を呼ぶべきか?総務省、緊急受診アプリ「Q助」の活用を
猛暑日 熱中症で救急車を呼ぶべきか?総務省、緊急受診アプリ「Q助」の活用を
総務省は6月22日、「5月の熱中症による緊急搬送状況」についてを発表した。これによると、全国での緊急搬送人員数は2,427人であった。天気予報によると、今週は梅雨の中休みで30度越えの日が続くため、警戒が必要だ。熱中症は高齢者や子供だけではなく、働く世代にも多いことが5月の統計からも判明している。暑くてもスーツを着て外を歩かなくてはならない日も忙しい人こそ、いざというときの備えとしてぜひご一読いただきたい。
2018.06.25 11:38
中高生にAI教えます!東大発スタートアップ企業の新たな挑戦
中高生にAI教えます!東大発スタートアップ企業の新たな挑戦
東大発のAIスタートアップ企業Corpy&Co.(コーピー)は6月22日、ビジネスパーソン・エンジニア向けのAI教育研修プログラムである「AI Dojo」を、中高生向けにアレンジし「AI Dojo for Youths」として提供することを発表した。第1段は文科省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている鳥取県の中高一貫校「青翔開智中学校・高等学校」で行われるという。
2018.06.22 11:22
グーグル「Google Trends」2017年に人々がもっとも検索したのは「how・答え」だった
グーグル「Google Trends」2017年に人々がもっとも検索したのは「how・答え」だった
グーグルで検索したことがない人は少ないが、「Google Trends」を見たことがない人は意外と多いのではないだろうか。グーグルで検索されたワードの中でも多く検索されたワード、急上昇ワードなどをチェックでき、広告・マーケティング・商品企画などトレンドを意識した仕事をする人にとっては使えるサービスなのだ。今回は「Google Trends」の出している2017年のまとめをおさらいする。
2018.06.22 05:30
「テレワークのメリット・デメリットは、正直よくわからない」労働者の本音とは?
「テレワークのメリット・デメリットは、正直よくわからない」労働者の本音とは?
エン・ジャパンは6月18日、同社が運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」のユーザーに対して行った「テレワークについてのアンケート」結果を公表した。政府が決めたテレワークデイを7月にひかえ、現場の労働者は「テレワーク」についてどう捉えているのだろうか。調査によると、8,341人の回答者の中でテレワーク経験者はたった4%であった。さらに経験者の中で「今後テレワークで働きたくない」と回答した人の理由には、障壁も見えてくる。
2018.06.20 05:45
「骨太方針2018」うけ経団連・商工会議所がコメント発表「再度同じ轍を踏まない強い覚悟が必要」
「骨太方針2018」うけ経団連・商工会議所がコメント発表「再度同じ轍を踏まない強い覚悟が必要」
6月15日、政府は「骨太方針2018」「未来投資戦略2018」を閣議決定した。これをうけ、同日、日本経済団体連合会中西会長、日本商工会議所三村会頭がそれぞれコメントを発表した。三村会頭はこの中で、「骨太の方針において、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標の達成時期を先送りしたことは止むを得ないが、再度同じ轍を踏まない強い覚悟が必要である。」と述べ、一定の理解を示しながらも課題感をにじませた。
2018.06.18 11:28
#父の日 はツイッター上で1年に唯一、父への感謝量が母を超える日
#父の日 はツイッター上で1年に唯一、父への感謝量が母を超える日
6月13日、NTTデータはSNSニュースサイト「イマツイ」の中で、「父の日」に関するツイートを分析した結果を公表した。また同日、LINEは「ディズニーツムツム」ユーザーを対象にした「父の日」に関するアンケートの結果を公表している。今年の父の日は6月17日(日)、日々ビジネスに、育児に奮闘しているすべてのお父さんに感謝の気持ちを送るニュース3選!
2018.06.15 05:45
エアビー、36社協業で7つの新施策 | キャンセル100万人騒動をどう乗り越える?【住宅宿泊事業法施行】
エアビー、36社協業で7つの新施策 | キャンセル100万人騒動をどう乗り越える?【住宅宿泊事業法施行】
Airbnb(エアビーアンドビー)は6月13日、日本企業36社と共同で、ホストやゲスト向けサービス強化のための世界初となる組織 Airbnb Partners(エアビーアンドビー・パートナーズ)を立ち上げたことを発表した。Airbnbは予約強制キャンセル騒動で100万人とも言われる民泊難民を出すこととなり、対策に追われている。しかしそんなドタバタがありながらも、15日の「民泊新法」施行を前に、日本の民泊業界にかける「本気」を見せた。
2018.06.15 05:00
「肩こり」による生産性低下で1人当たり年間5万円の損害が発生している
「肩こり」による生産性低下で1人当たり年間5万円の損害が発生している
肩こり・腰痛対策アプリ「ポケット・セラピスト」を提供しているバックテックは12日、コニカミノルタの中国駐在者に向けて同アプリの提供を開始したと発表した。コニカミノルタは経産省の「健康経営銘柄」にも選定されており、社員の健康維持に対する意識が高いことでも知られている企業。さらにこのリリースでは、肩こり・腰痛などによる生産性低下で、実際にどのくらいの損害額が発生しているかについても提示されている。多くの人が経験したことのある肩こりや、腰痛、これはひとごとではない!
2018.06.14 05:30
Amazon Pay(アマゾンペイ)がキャッシュレス決済で選ばれる3つの理由
Amazon Pay(アマゾンペイ)がキャッシュレス決済で選ばれる3つの理由
アマゾンジャパンは2018年5月、キャッシュレス決済サービス「Amazon Pay(アマゾンペイ)」に関する利用者意向調査を実施、結果を公表した。Amazon PayはAmazon.co.jpのアカウントを利用することで、Amazon以外のサイトでも決済できるID決済サービス。調査からは、数あるキャッシュレス決済サービスのなかでAmazon Payが選ばれる3つの理由が見えてきた。
2018.06.13 05:30
民泊新法15日施行、Airbnb騒動の裏にある「新法」7つのポイント解説
民泊新法15日施行、Airbnb騒動の裏にある「新法」7つのポイント解説
民泊新法(住宅宿泊事業法)の施行を6月15日に控え、民泊各社が対応に追われている。Airbnbの予約キャンセル問題で、同社が損害を補填する費用は約11億円、民泊難民は100万人ともいわれている。今回の新法施行は業界にとってそれだけインパクトの大きな問題なのだ。そもそも民泊新法とは何なのか?騒動の経緯とともに詳しく解説する。
2018.06.12 05:30
AIはストレスのない未来を作れるか?メンタル管理の重要性とは
AIはストレスのない未来を作れるか?メンタル管理の重要性とは
従業員規模50人以上の事業場における「ストレスチェック義務化」から3年。ストレスの状況や働き方が変わったと実感している人は、どれほどいるだろう。成果が見えにくい「メンタルヘルス」は、企業にとって対策の難しさが指摘されている分野でもある。そこで今回は、企業が抱える課題やAIを活用した取り組みまで、メンタルヘルス企業lafoolの結城氏に話を伺った。
2018.05.23 10:05
地域×ビジネス成功のカギとは?ICT地域活性化大賞「AsMama(アズママ)」に学ぶ
地域×ビジネス成功のカギとは?ICT地域活性化大賞「AsMama(アズママ)」に学ぶ
総務省は2月、ICTを利用して地域活性化に貢献する取り組み事例を表彰する「ICT地域活性化大賞2017」を発表した。地域が抱える課題への向き合い方、ICT活用事例など、大賞企業はどのようにビジネスを成功へと導いたのか。地域×新規ビジネスの可能性を探っていきたい。
2018.05.08 06:30
2018年トレンド予測キーワードは「ボス充」、リクルートマネジメントソリューションズ
2018年トレンド予測キーワードは「ボス充」、リクルートマネジメントソリューションズ
リクルートマネジメントソリューションズは22日、「2030 Work Style Project」が運営する「2030年の『働く』を考える」サイトリニューアルを発表。人材マネジメント領域での2018年トレンド予測キーワードである「ボス充」についても、新設した特集ページにて事例や解説を開始した。
2018.01.26 10:30