保育

幼児教育・保育無償化は2019年10月から、対象世帯とは?認可外施設も対象?
幼児教育・保育無償化は2019年10月から、対象世帯とは?認可外施設も対象?
幼児教育や保育を無償化する改正子ども・子育て支援法が、5月10日に可決・成立し、2019年10月からの実施が決定しました。この記事では、幼児教育無償化(幼保無償化)の内容と、対象世帯や認可外施設はどう扱われるかなどについて、詳しく解説します。子育て世代にとって助かる制度である一方、保育の質確保を疑問視する声などもあり、議論を呼んでいます。
2020.06.24 19:33
「共働き子育てしやすい街」5位の松戸市、KidsDiary導入で保育所のICT化推進
「共働き子育てしやすい街」5位の松戸市、KidsDiary導入で保育所のICT化推進
千葉県松戸市は2月4日、保育所職員が保育業務に専念できる環境を作ることを目的とし、公立保育所で保育業務改善サービス「キッズダイアリー(KidsDiary)」を導入したことを発表した。導入施設は、北松戸保育所、小金原保育所、コアラ保育所、梨香台保育所、六実保育所、牧の原保育所、馬橋西保育所、古ケ崎保育所、八柱保育所、小金北保育所、二十世紀ケ丘保育所、松ケ丘保育所、新松戸中央保育所、松飛台保育所、新松戸南部保育所、新松戸北保育所、古ケ崎第二保育所の17か所。
2019.02.08 06:15
「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと
「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと
野村総合研究所は6月26日、全国の未就学児を持つ女性4,088名に対して、保育に関する調査を実施した。これによると現状保育の利用希望があるのに利用できていない子どもは、全国で34.8万人と推計され、政府の女性就業率目標を達成するためには、あらたに27.9万人の保育の受け皿が必要だという。
2018.07.12 11:03