コンテンツ無害化ソリューションのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
html5の対応
利用可能
Windows対応
利用可能
Mac対応
利用可能
Linux対応
利用可能
html5の対応
利用可能
Windows対応
利用可能
Mac対応
利用可能
Linux対応
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
20,000-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Menlo Security (メンロセキュリティー)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
新しい分離(Isolation)テクノロジー
分離(Isolation)上で、コードを実行しながら、安全に、幅広くエンドポイントにコンテンツを提供する技術により、従来の分離セキュリティの課題を解決したプラットフォームを提供します。 ・Webからのマルウェア感染を完全に排除 ・エンドポイントにソフトウェアは不要 ・多様なデバイス、OS、ブラウザで動作可能 ・ユーザ操作への遅延影響は無し ・柔軟なプラットフォームによる、多様な脅威への対策と活用方法の提供
2.
Web Isolation サービス
Menlo SecurityのWeb Isolation Serviceは、全てのWebコンテンツをMenlo Security Isolation Platform上で実行し、エンドポイントから分離することで、ユーザのデバイスにマルウェアが届く前に排除することで、サイバー攻撃からの脅威を防御します。 Javaやフラッシュなどマルウェアでよく使用されるソースを含めた全てのコンテンツをMenlo Security Platformで実行します。マルウェアが排除された安全なレンダリング情報のみをユーザのクライアント端末のネイティブブラウザに送ります。ユーザはソフトウェアやプラグインをインストールすることなく、Web閲覧を快適に行うことができます。
3.
Doc Isolation サービス
Menlo SecurityのDoc Isolation Serviceは、よく利用されるドキュメント( PDF、Word、Power Point)を 、エンドポイントから分離することで、ユーザのデバイスにマルウェアが届く前に排除することで、サイバー攻撃からの脅威を防御します。 マルウェアが排除された安全なレンダリング情報のみをユーザのクライアント端末のネイティブブラウザに送ります。ユーザはソフトウェアやプラグインをインストールすることなく、ドキュメント閲覧を快適に行うことができます。
詳細を確認
1.
ユーザー負担が少ない
ユーザは、業務端末に予めインストールされているブラウザを使って社内のWebアプリケーションを今まで通り使い、Ericomサーバから画面転送されてくる仮想ブラウザはインターネットブラウジング用に使い分けます。 ダブルブラウザ・ソリューションを利用すれば、物理的なネットワークの二重化と比較して低いコストと運用負荷で、ユーザの生産性を大きく損なうこと無く、情報を盗ませない標的型攻撃対策を実現することができるのです。
2.
「Windows」と「Linux」に対応
Windowsを利用する場合、仮想ブラウザとしてIEが利用できるため、IE限定のWebアプリケーションを問題なく利用することができます。ただし、Windowsサーバのリモートデスクトップサービスを利用する仕組みであるため、MicrosoftのRemote Desktop Services CAL(以下、RDS CAL)をユーザ数、またはデバイス数分用意する必要があります。そのため、利用者の数が多いと導入コストの約半分がRDS CALのコストになってしまうこともあります。 ダブルブラウザ・ソリューションでLinuxを使う意義はここにあります。IEではなくLinux仮想ブラウザを使うことによって、RDL CALは不要になり、導入コストを大きく圧縮することができるのです。さらに、Ericom製品はライセンスが他製品の半額以下で、優れたコネクションブローカーの性能により、数万ユーザ以上の環境でもシステムを分けずに一元管理できるため(※)、導入におけるソフトウェアライセンスやハードウェアのコスト、運用管理コストも抑えることができます。 一部のユーザのみIEを使う場合は、WindowsとLinuxの仮想ブラウザを1つのシステムに混在させることも可能です。 ※ 2016年2月のEricom Connect新バージョンで対応予定。
3.
自治体情報システム強靭性向上モデル」にも適合
まず、従来のLGWANで利用しているメールシステムとは別に、インターネットアクセスが必要なメール(県市民や外部とのやりとり)用のメールシステムを新規で用意しますこのメールシステムをWebメールとして構築することができれば、仮想ブラウザ方式で簡単にネットワークとメールシステムの分離を実現します。 また、強靭性向上モデルでは、ファイル共有についても言及しています。原則としてインターネットからダウンロードしたファイルは個人情報取扱ネットワークに持ち込んではいけませんが、ファイルを中継する際にマルウェアや悪意のあるコードを取り除いて無害化できる場合は、ファイルの共有が認められています
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし