サーバー管理ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
特権パスワード管理
利用可能
ワークフロー連携
利用可能
パスワード自動変更
利用可能
パスワード隠ぺい
利用可能
操作証跡取得
利用可能
不正利用の検知
利用可能
情報なし
異なるハードウェア環境への復元
利用可能
仮想環境への復元
情報なし
ファイル/フォルダー単位のバックアップ・復元
利用可能
ハードディスク単位のバックアップ/復元
情報なし
バックアップイメージの統合機能
情報なし
データの重複排除機能
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
6,210,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
CyberArk Privileged Account Security(PAS)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ファイルサーバーを簡単&自動バックアップ『LB ファイルバックアップ4 Server』の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
サーバーを丸ごとバックアップ『Paragon イメージバックアップ12 Server』の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
攻撃者が狙う特権を保護するセキュリティ製品
CyberArkPASは、特権アカウントを保護する豊富な機能をワンストップで提供します。 (主な機能) ・特権パスワード自動変更 ・特権アカウント情報の保護/隠ぺい ・利用者毎のアクセス制御 ・申請/承認ワークフローによる権限付与 ・利用コマンド制限 ・特権操作内容の動画/テキストによる記録 ・特権の不審利用の検知 ・ログレポート機能
2.
4,600社以上、Fortune 100の50%以上が導入
・セキュリティ先進国・イスラエルで開発された本製品は、4,600社以上、Fortune 100の50%以上が導入しております。 ・業種/業界を問わず幅広く採用され、高度なセキュリティ対策として高い評価を得ております。
3.
NW機器やデータベース、クラウドも一元管理
・サーバの特権IDだけでなく、NW機器やデータべースなどあらゆる特権を管理します。 ・オンプレミス/クラウドの環境を問わず一元管理可能です。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
初回ウィザードで簡単設定
インストール後は、初回設定ウィザードが用意されていますので、バックアップ先、バックアップ対象、バックアップの基本設定を簡単に行えるようになっています。共有フォルダは、自動検出されますので、バックアップ対象の選択も簡単です。 ファイルの作成/更新が検知されたタイミングで実行する【リアルタイム】方式と、夜間など指定した時間にバックアップを実行する【スケジュール】方式がバックアップ対象のフォルダ毎に選択できます。LB ファイルバックアップ4 Serverはサービスとして動作しますので、サーバからログオフした状態でもバックグラウンドで実行されます。
2.
複数のバックアップ設定が可能
バックアップの設定は、バックアップ先を変えて複数設定することができます。例えば、頻繁に更新されるファイルが保存されているフォルダはリアルタイムでネットワークドライブへ、更新頻度が低く、ファイルサイズが大きいファイルが多いフォルダは、夜間などサーバを使用していない時にUSB接続の外付けハードディスクにバックアップするなど、データに応じて柔軟に設定を行うことができます。また、重要なデータが含まれるフォルダなどは、同じバックアップの設定で、複数のバックアップ先を指定しておくことで、USBディスクとネットワークドライブに同時にバックアップを行う、といったバックアップの2重化も可能です。 利用可能なバックアップ先は、内蔵ドライブ、USB接続の外付けハードディスク、ネットワークドライブに対応します。
3.
豊富なバックアップ/復元 機能
◆バックアップデータの暗号化、圧縮機能 バックアップ時に暗号化や圧縮を行うことができますので、バックアップデータの容量を削減し、情報漏えい対策も同時に行うことが可能です。標準設定では、復元時の利便性を考え、暗号化も圧縮も行わない設定になっています。 ◆世代管理機能 最新のファイルだけでなく、過去に保存したファイルも含めた99世代までのファイルをバックアップすることができます。リアルタイム バックアップを設定している場合など、誤って上書き保存してしまった時も、過去に遡って復元することができます。 ◆バックアップデータの自動削除機能 バックアップ元のデータが削除された場合、バックアップ先からもデータを削除することが可能です。 ◆バックアップの除外設定 バックアップから除外したいファイル(拡張子)を設定することができます。 ◆ログ機能、メール通知機能 バックアップやリストアの状況を確認することができます。また、バックアップ結果のレポートをメールで通知する機能がありますので、サーバにアクセスすることなく、バックアップの状況を把握することも可能です。 ◆バックアップ前後のバッチファイル実行機能 スケジュールバックアップ時にバックアップの前後に任意のスクリプトを実行することができます。
詳細を確認
1.
OSもデータもアプリケーションも丸ごとバックアップ
稼働中のWindows Serverのシステムボリュームをオンラインでバックアップすることができます。VSS(Volume Shadow Copy Service)を介して実行されますので、OSはもちろん、Microsoft SQL ServerやMicrosoft Exchange Server、Oracleなども一時停止することなく、バックアップすることができます。 インストールしてWindows上でバックアップを行えるほか、CD、USBメモリから起動(ブート)して使用することも可能です。CD起動後には、必要に応じて、RAIDドライバ、ネットワークドライバを読み込ませることができますので、最新のハードウェアにも柔軟に対応することができます。
2.
スケジュール機能でバックアップを自動化、世代管理
バックアップをスケジューリングして定期的に行うことができます。 バックアップしたイメージの世代管理や容量制限が行えます。例えば3世代のバックアップを設定すると、バックアップが作成される度に古いバックアップから順に削除され、新しい3世代のバックアップが常に保存された状態になります。 増分、差分バックアップにも対応。
3.
パーティション操作、コピー、その他の便利な機能
●パーティション操作(Cドライブを大きくしてDドライブを小さくする、新しくDドライブを作成するなど)を行うことができます。 ●ハードディスクの内容を丸ごと他のディスクにコピー(複製)することができます。大きなハードディスクやSSDに交換したり、ディスク自体のバックアップとしても利用できます。コピー元より大きなハードディスクだけではなく、小さなハードディスクへもコピーが行えます。 ●イメージのマウント機能 作成したイメージにドライブレターを割り当てることで、専用ツールを使用せずにバックアップ先から容易にデータを取り出すことができます。 ●ダイナミックディスク対応 ダイナミックディスク内の各種ボリュームのバックアップを行うことができます。 ダイナミックディスク全体のバックアップには対応していません。 ●イメージの暗号化に対応 バックアップイメージを暗号化(AES256対応)して保護することができます。 ●ISOイメージの作成 バックアップを一旦ISOイメージとして作成しておき、後から好みのライティングソフトでCD/DVDへ書き込むこともできます。 ●バックアップイメージの分割 好みのサイズでバックアップイメージを分割することができます。CD/DVD/BDにバックアップする場合には、容量に応じて自動分割されます。 ●圧縮率の変更 作成するバックアップイメージの圧縮率を4段階に設定することができます。 ●仮想環境への対応 『Hyper-V』、『VMware』等の仮想環境でも、物理環境と同様に操作が可能です。 1仮想マシンにつき1ライセンス必要です。
詳細を確認
最低利用人数
10人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし