Forkwell採用支援サービス

フォークウェル
更新日 2021-02-16
匿名のユーザー
導入決裁者
IT/通信/インターネット系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2020/10/13
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
集客方法がテックイベントへの集客した層を登録させているため、技術研鑽への意欲が高いエンジニアが多く登録されている印象を持っている。2020年に入ってから少し集客の幅を広げたからか、濃度が薄まった印象を持ったが。スキルが高いかどうかという切り口よりは、エンジニアリングに対するスタンスという切り口で考えアプローチをした方がうまくいくツールを感じます。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
導入当時は社員が5名以下、常勤エンジニアは0名でCTOもフルコミットではないという状態。そんな中で採用をしようと考えたときに、技術研鑽へのモチベーションが高く自律した就業が望めるというスタンスよりも採用要件となったため、いろいろな話を聞き導入を決意。導入後1ヶ月で2名の採用ができ、その後もコンスタントに採用が決定し、非常に相性の良いツールという感覚がある。
このサービスの良いポイントはなんですか?
エンジニアが欲しい情報を必ず入れないといけないので、他媒体への転用が効きやすくエンジニアに詳しくない人事でも求人が作れる
集客導線のメインがテックイベント集客なので、技術研鑽に対してアンテナが立っているエンジニアが多い
このサービスの改善点はなんですか?
フィーが高級で市場感と合っていないので、そこの見直し
解約理由はサービス云々ではなく採用凍結のため
どのサービスと連携して使用していますか?
サービスの費用感
導入費用
30万円
/
年間費用
500万円
/
推定投資回収期間(ROI)
わからない
費用に対する所感
割高。初期費用込みで考えると人材紹介より金額が高くなる(Fee35%は変わらず)が、基本的にはDRツールとしてのプラットフォーム提供で特別なサポートがある訳でもなく、媒体Feeとしては割高と捉えられる。
推進者の導入ストーリー
所属部署
人事部門
/
検討開始から導入までの期間
1週間以内
このサービスに決めた理由
技術研鑽へのモチベーションが高く自律した就業が望めるというスタンスよりも採用要件と、同社の集客導線から想定されるペルソナイメージが合致したため
他に検討したサービス
サービスの使用環境
使用OS
Mac,iOS
使用ブラウザ
Chrome,Safari
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性
営業担当の印象
サポートの品質
初期設定の容易さ
料金の妥当性

同じカテゴリのサービスと比較

Forkwell採用支援サービスと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます