防災

台風や災害の避難時、持っていくのは「携帯電話」情報収集はやっぱり「テレビ」
台風や災害の避難時、持っていくのは「携帯電話」情報収集はやっぱり「テレビ」
BIGLOBEは「災害に関する意識調査」を実施、9月19日に調査結果の第1弾を発表した。それによると、避難の際に持って行くものは「お金」よりも「携帯電話」と考えている人が多いことがわかった。また最近インターネットで情報を収集する人が多いが、災害時の情報収集は「インターネットニュース」より「テレビ」と回答した人が多い結果となった。
2020.08.07 15:01
北海道地震当日から災害情報を配信、Paykeの圧倒的ユーザー視点とは
北海道地震当日から災害情報を配信、Paykeの圧倒的ユーザー視点とは
訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke(ペイク)」を提供するPaykeは9月10日、訪日外国人観光客向けに災害情報の無償提供開始を発表した。同社は北海道地震が起きた当日から、北海道を旅行中のユーザーに対し情報発信を開始しており、その対応スピードの早さは行政を圧倒している。2014年に立ち上がったスタートアップPaykeの圧倒的なユーザー視点とは?
2020.08.07 13:56
「アレクサ、赤十字で100円寄付して」 アマゾンと日赤が提携、スマートスピーカーで義援金を贈れる
「アレクサ、赤十字で100円寄付して」 アマゾンと日赤が提携、スマートスピーカーで義援金を贈れる
アマゾンは7月30日、日本赤十字社と災害に関するパートナーシップ協定を締結したことを発表した。アマゾンが持つテクノロジーを利用した赤十字活動の充実を想定しているといい、まずは、アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」などに話しかけるだけで義援金を贈れる、Amazon Alexaのスキル提供を開始した。
2020.08.07 12:24
大阪地震を受けSNSで話題 「東京都防災アプリ」が間違いなく役に立つ
大阪地震を受けSNSで話題 「東京都防災アプリ」が間違いなく役に立つ
18日朝に発生した大阪北部を震源とする地震を受け、「東京都防災アプリ」が注目されている。2015年に都が発行した防災ブック「東京防災」のアプリ版ともいえるもので、防災の基礎知識から発災時に活用できるコンテンツまで、さまざまな情報が収録されている。ダウンロードは無料。
2020.08.07 11:55
災害時の無料Wi-Fi「00000JAPAN」とは?注意点と使い方を解説
災害時の無料Wi-Fi「00000JAPAN」とは?注意点と使い方を解説
00000JAPAN(ファイブゼロ・ジャパン)とは、災害時に利用できる無料Wi-Fi。NTT、au、ソフトバンクの大手通信3社も参画しており、地震や台風などで甚大な被害が起きた際に「00000JAPAN」というSSIDが期間限定で無料開放されます。00000JAPANの使い方や、無料だからこそ気をつけたい注意点、対策とは。東日本大震災をきっかけに発足した、災害時の通信インフラを支える世界初の取り組み・00000JAPANについて解説します。
2020.06.23 21:10
アプリで防災訓練、ヤフーが大阪府と機能開発 広がるスマホアプリ活用【防災の日】
アプリで防災訓練、ヤフーが大阪府と機能開発 広がるスマホアプリ活用【防災の日】
ヤフーは8月28日、スマートフォン向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」の新機能「訓練モード」を大阪府と共同で開発。9月5日に実施する「大阪880万人訓練」と連携して活用すると発表した。自治体の訓練と連携するのは全国初の試みだという。ほか、大阪地震で話題となった「東京都防災」アプリなど、身近なスマートフォンアプリを活用した防災訓練・学習が広まっている。
2018.08.31 16:06
豪雨被害の「獺祭」島耕作とコラボ、個人でもできる被災地支援とは
豪雨被害の「獺祭」島耕作とコラボ、個人でもできる被災地支援とは
西日本豪雨で被害にあった銘酒「獺祭」の旭酒造は、漫画家の弘兼憲史氏の協力を得て、「獺祭 島耕作」を8月10日より発売すると発表した。猛暑に台風に次々と列島を襲う災害が多く、西日本豪雨被災地の情報は減ってきている。しかし今も、避難生活を送る人、復旧活動を続ける人がいることを忘れてはならない。たとえば被災地の酒を飲むだけでもいい、できることから支援をしてみませんか。
2018.08.10 06:45
豪雨被災地のために何ができる?ZOZO、ドコモ、HIKAKIN氏も支援へ
豪雨被災地のために何ができる?ZOZO、ドコモ、HIKAKIN氏も支援へ
西日本を襲った「平成30年7月豪雨」により、120名が死亡、81名の行方不明者(9日21時現在、朝日新聞発表)、各地のライフラインの寸断など大きな被害をもたらしている。避難者数は11,227名にのぼる。ZOZOの前澤社長は、岡山県倉敷市へ衣類7,000点の支援を発表。ドコモ・ソフトバンク・auは被災地へ無料Wi-Fiの提供、インフルエンサーHIKAKIN(ヒカキン)氏が募金を呼びかけるなど、被災地支援の動きが広がっている。
2018.07.10 05:45
「防災アプリ」がランキング急上昇 DL数上位のアプリ7選【Android/iOS】
「防災アプリ」がランキング急上昇 DL数上位のアプリ7選【Android/iOS】
18日に起きた大阪府北部を震源とする地震。防災関連の情報がのきなみ注目されているが、スマートフォン向けのアプリストアでも、防災関連アプリのダウンロード数が増加しているようだ。Android用のGoogle Play、iPhone(iOS)用のApp Store、それぞれのランキングでトップ30に入ったアプリを計7つ紹介する。
2018.06.19 17:00
地震の備え、日常食にもなる「ヘルシー非常食」5選
地震の備え、日常食にもなる「ヘルシー非常食」5選
6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震を受け、防災グッズや非常食の見直しへの意識が高まっている。今回は、熊本地震で被災された方々のリアルな意見を基にして開発されたという玄米おかゆをはじめ、「備蓄品としての非常食」でありながらも「長期保存がきく日常品」として大活躍する5品を厳選して紹介する。
2018.06.19 10:31