SpeedCurve

スピードカーブ
まだ評価はありません
更新日 2021-09-12
サービス資料・基本情報
2019-08-15更新
提供企業作成
資料の続きを閲覧するには
料金プラン(抜粋)
もっと見る
プラン価格
50,000円-/月
月額/ユーザー
-
初期費用
150,000円-
無料トライアル
×
無料プラン
×
もっと詳しく知りたい方へ
サイトパフォーマンス(UX)の資料6件分をまとめて資料請求できます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください
SpeedCurve
Cloudflare
SiTest Lite
anybot
ISSO

基本情報

まだ口コミがありません
BOXIL口コミ

サービス画面 / UI

SpeedCurveのスクリーンショット1
SpeedCurveのスクリーンショット2
SpeedCurveのスクリーンショット3
SpeedCurveのスクリーンショット1
SpeedCurveのスクリーンショット2
SpeedCurveのスクリーンショット3

導入事例と掲載記事

導入実績

  • ・国内(お問い合わせください)。海外(trivago、Expedia、shopify、Forbes、etc)

サービスの説明

表示スピードは遅くありませんか?通常5秒表示のサイトでもピークタイムは15秒以上に?表示スピードの計測はサイト改善を追求するため不可欠です。
サイトの速さは正式にSEOのランキング要素に、2021年5月~開始

Googleの新しいWebサイトの考え方【Core Web Vitals(コアウェブバイタル)】
「ライバルサイトをはじめとする全世界のwebサイトとのパフォーマンスの競い合い」という図式から、自身のwebサイトが、「訪れるユーザーに対してどれだけ高品質な体験を提供できているか」へシフトチェンジしている。

Googleの基本概念は、「サイトに訪れるユーザーの為のサイト設計・運営が行われているか」。
今後のwebサイトで、ポイントとして考えていく点はPageSpeed Insightsの点数だけでなく
・表示されているのにボタンなど動作できない時間が短いか?
・画像の読み込みなどでレイアウトがずれたりしないか?
など、サイトを訪れたユーザが、「あれっ?」と思う瞬間をどれだけ短く・少なくできるかという考え方でサイトの改修・運営を行うことが重要。Webページにおけるユーザー体験の向上を目指して「Core Web Vitals」というコンセプト、指標を公開。

従来の計測サービスでは、時系列での計測に人的コストがかかりました。メルマガ配信やセールなどのピークタイムに対して、どのような状態にあるかを把握することが重要です。Speedcurveでは、継続的に計測を行い続けることで、常にユーザーがどのような状態にあるかを客観視することができます。
●Core Web Vitals(コアウェブバイタル):LCP/FID/CLSの自動計測(事前に設定したスケジュールで自動計測)
 LCP:Good (<2.5s)  Needs Improvement (<4.0s) Poor
 FID:Good (<100ms) Needs Improvement (<300ms) Poor
 CLS:Good (<0.1) Needs Improvement (<0.25) Poor
●フィルムストリップ:モバイル、タブレット、PCのサイト表示の状態を明らかにします。
●アラート:レンダリングブロックの数々のリソース要因をお知らせします。
●競合他社に比較:どのようにレンダリングされているかを視覚化します。
●ROI:従来のサービスに比べて低コストで運用できます。

サービス資料

サイトパフォーマンス計測【スピードカーブ】
2019-08-15更新
提供企業作成

料金プラン

エンタープライズプラン
プラン価格
50,000円-/月
月額/ユーザー
初期費用
150,000円-
最低利用人数
最低利用期間
1年

初期費用
・お客様用のアカウント発行、管理画面の準備などを行います。
月額費用
・月間 計測回数/年間費用/月額参考
10,000まで/600,000円/50,000円
50,000まで/980,000円/81,667円
100,000まで/1,600,000円 133,333円

機能・連携

iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応

よくある質問

Q

Google社が提供しているPageSpeed Insightsを利用して計測しておりますが、SpeedCurveは、どう違うのでしょうか?

A

PageSpeed Insightsは、計測サイト(ページ)のパフォーマンスのネットワークに左右されないHTMLなどのフロントサイド、サーバ側の計測を行うため、最も重要なアクセスが集中しているピークタイムにはSpeedCurveなどの継続的に計測できるツールを利用することが重要です。

Q

計測するためには、どのような情報が必要ですか?

A

計測する内容によって変わりますが、計測するサイト(ページ)のURL、販促施策でアクセスが集中する傾向がある時間帯、曜日などの情報があれば、スムーズに設定可能です。※当社作成の操作マニュアルをお渡しいたします。

Q

最低契約期間はありますか?

A

1年契約、年間お支払い(サービス開始前ご入金)になります。費用についてはお問合せください。
また、年間契約以外ですと、簡易パフォーマンス計測というオプション(有料)がございます。こちらの場合ですと、1~3カ月間、特定のページについてスポットで計測を行い、結果の分析と改善内容を記載したレポートを提出、オンサイトの説明を実施いたします。※オンサイトは関東、関西エリアのみ、他エリアはweb会議でご説明いたします。詳細はお問合せください。

Q

パフォーマンス改善を行うためのサービスはありますか?

A

はい、別途、オプション(有料)になりますが対応いたします。計測データを確認し、フロントエンド、バックエンド(サーバ)の課題に対して、具体的な改善方法と最適なツールの提供などを行います。

口コミ・評判

0.00
0件の口コミ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
口コミを投稿することで
チャートを表示することができます
SpeedCurve
サイトパフォーマンス(UX)
並び順
絞り込み
絞り込み
まだ口コミはありません。

提供会社

株式会社ドーモ
IT/通信/インターネット系
東京都中央区築地1-5-1 RENGA東銀座2F
資本金
1,000万円
代表者名
占部雅一
従業員規模
11~30人
企業URL
https://www.domore.co.jp/
設立年月
2000年12月
提供サービス
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。