男性の両立(育児・病気・介護)

イクメンになるための準備方法や注意点、男性の育児両立への支援の輪まで徹底解説!
イクメンになるための準備方法や注意点、男性の育児両立への支援の輪まで徹底解説!
子育てに積極的に関わり、楽しみながら子供に接する男性である「イクメン」が、改めて話題になっています。共働きで核家族化が進み、夫婦が協力して子育てを行う必要性がある現代ですが、まだまだ男性みんながイクメンになるにはハードルが高い点も。イクメンになるためにはどういった点に気をつける必要があるのでしょうか。
2020.06.26 17:27
育児休業取得率(育休取得率)男女別の推移と現状、計算方法、世界各国との比較
育児休業取得率(育休取得率)男女別の推移と現状、計算方法、世界各国との比較
育児休業取得率(育休取得率)とは、出産した本人または配偶者が育児休業を取得した場合の割合のことです。本記事では、育児休業取得率(育休取得率)の計算方法、育児休業取得率(育休取得率)の男女別推移、性差による育休取得の現状と課題、特に男性の育児休業取得の難しさにも焦点をあて、世界各国との比較から育児休業取得率向上に向けていま必要なこととは何かを探ります。
2020.06.17 18:40
育児休業とは?育児休業給付金や育休制度の申請方法・必要な条件・書類について
育児休業とは?育児休業給付金や育休制度の申請方法・必要な条件・書類について
育児休業制度はこれまで何度も改正を繰り返し、2017年10月にも期間の延長など制度利用者の立場にたった改正が行われています。本記事では育児休暇との違い、育児休業に関する背景や取得の条件、育児休業給付金の申請の手続きなどについて説明していきます。
2020.06.16 18:59
パタハラの原因・事例・対処法と会社に義務付けられた防止策を解説
パタハラの原因・事例・対処法と会社に義務付けられた防止策を解説
日本の男性の育休取得率は6%台と低く(2019年)、その要員としてこうしたパタハラ(パタニティー・ハラスメント)の存在があるのでは、と指摘が上がっています。本記事では、パタハラの原因と対処策に加えて、実際にあった事例や政府の方針を含めて解説します。
2020.06.11 16:16
育児休暇取得率の現状 | 男性の取得率が低い原因と改善策を探る
育児休暇取得率の現状 | 男性の取得率が低い原因と改善策を探る
女性の社会進出とともに注目される育児休業制度。しかし「パタハラ」や企業環境、経済的理由などから、男性取得率はまだまだ低い現状があります。「なんちゃって育休」なる言葉もうまれる現状をふまえ、男性の育児休暇取得率アップのための改善策を解説します。
2020.05.15 13:13
ミレニアル世代の人生観・結婚観は世界共通、「男性の育児休業」は経済効果の鍵に
ミレニアル世代の人生観・結婚観は世界共通、「男性の育児休業」は経済効果の鍵に
2020年1月14日、巡回写真展『スウェーデンのパパたち』クロージングイベントが、スウェーデン大使館内アルフレッドノーベル講堂(東京都港区)で開かれた。テーマは、父親の育児休業。本レポートでは登壇者のコメントをヒントに、男性が気兼ねなく育児休業を取得できるために必要なことを考察する。
2020.01.22 10:22
共働き夫婦がともにキャリアを諦めないための「6つの役割(ライフロール)」とは
共働き夫婦がともにキャリアを諦めないための「6つの役割(ライフロール)」とは
共働き夫婦が増えていますが、どちらかが本意ではないキャリアダウンをするケースは少なくありません。本記事では、子育て中の共働き夫婦がともにキャリアを諦めることなく、家事育児と仕事を両立しながら人生100年時代をゆたかに暮らすために意識すべき、人生における「6つの役割」(ライフロール)について提案します。
2019.10.11 19:21
男性が育休取得して仕事と育児を両立するメリットは「マネジメント力向上」である
男性が育休取得して仕事と育児を両立するメリットは「マネジメント力向上」である
厚生労働省は2020年までに男性の育児休暇取得率13%の目標を掲げている。各界の著名人男性が育児休暇を取るニュースも増えたが男性の育休取得率は3.16%にとどまる。男性の育児休暇取得に「メリット」感がないのだろう。今回は「育児休暇の経験がビジネススキルを飛躍的に伸ばす」という事実に焦点を当てた。
2017.12.19 02:30
イクメン・イクボス、受賞企業に学ぶ「男性が育児と仕事を両立できる」会社の作り方
イクメン・イクボス、受賞企業に学ぶ「男性が育児と仕事を両立できる」会社の作り方
24日に開催された「イクメン推進シンポジウム」で「イクメン企業アワード2017」「イクボスアワード2017」 の表彰式が行われた。男性の家事育児と仕事の両立について、企業と上司がどういう支援を行うのが良いか、成功企業の事例からヒントを探る。
2017.10.24 18:58