キャッシュレス
LINE Pay単独アプリに、決済特化し店舗マップ導入 - 20%還元祭で特典用意

LINE Pay単独アプリに、決済特化し店舗マップ導入 - 20%還元祭で特典用意

LINE Payは、決済機能に特化したLINE Pay単独アプリをリリースした。コード表示時のパスワード入力を不要としたほか、導入店舗マップにも対応。また最大20%を還元するキャンペーンで、LINE Payアプリ利用者向けに還元上限総額が2倍となる特典を用意し、利用を促進する。

2019.04.17 14:16
LINEスタバカードでキャッシュレス決済、使い方とできること - LINE Payも全店導入へ

LINEスタバカードでキャッシュレス決済、使い方とできること - LINE Payも全店導入へ

スターバックスとLINEは4月8日、デジタル領域で提携する取り組みを発表した。スタバのプリペイドカードをデジタル化し、LINE上で発行、店頭でキャッシュレス決済できる「LINE スターバックス カード」を展開。ほか、LINE公式アカウントを開設し、LINE Payの全店導入を進めることも公表した。

2019.04.10 10:30
楽天ペイの使い方 | キャンペーンや使える店は?Edy・ポイントカードと統合視野

楽天ペイの使い方 | キャンペーンや使える店は?Edy・ポイントカードと統合視野

楽天の決済サービス「楽天ペイ」。スマホアプリによる実店舗でのコード決済に加え、楽天以外のオンラインショップの支払いにも使える。楽天ペイは、定期的に更新されるキャンペーンや、ポイントの貯めやすさも魅力だ。オフライン、オンラインともに使える店も多い。使い方とあわせて、楽天Edyなどとの統合も見据える楽天ペイの概要をまとめる。

2019.03.28 18:44
3月29日はPayPay、Origami Payで支払いがお得|プレミアム"キャッシュレス"フライデーキャンペーン

3月29日はPayPay、Origami Payで支払いがお得|プレミアム"キャッシュレス"フライデーキャンペーン

Yahoo!とソフトバンクの共同出資会社PayPayは、プレミアムフライデーのキャンペーンを行うと発表した。「3月29日はプレフラPayPay!」キャンペーンは、29日の15時~18時までにPayPay加盟の飲食店で決済すると、支払い額の最大20%がPayPayボーナスとして付与されるというもの。付与上限は1万円相当だという。

2019.03.26 13:34
ATM利用減も店頭では現金最多 - 決済アプリで個人間送金は4%未満にとどまる

ATM利用減も店頭では現金最多 - 決済アプリで個人間送金は4%未満にとどまる

マイボイスコムが1月に実施した調査によると、「3年前と比べてATMの利用頻度が減った」人は2割。一方で、店頭でもっとも利用する支払手段は現金が約半数で最多だった。直近1年間に利用した送金手段はネットバンク、ATMが各4割で、モバイル決算アプリを介した個人間送金は4%未満にとどまる。

2019.03.10 09:30
みずほ「J-Coin Pay」は口座へ出金無料、LINE送金も - “本当に”全国で使えるスマホ決済へ

みずほ「J-Coin Pay」は口座へ出金無料、LINE送金も - “本当に”全国で使えるスマホ決済へ

みずほFGは、スマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」を3月1日にリリースする。主に「送る」「送ってもらう」「支払う」の3機能を備えており、実店舗でのQRコード決済や個人間送金に対応している。チャージした電子マネーの口座への出金が無料。またLINEアカウントを介した送金もできる。全国の地銀と連携し全国で使える決済サービスを目指す。

2019.02.20 15:24
メルペイはスマホ決済市場を動かすか - 60代はメルカリで月3万売り上げる

メルペイはスマホ決済市場を動かすか - 60代はメルカリで月3万売り上げる

新たなスマホ決済サービス「メルペイ」がリリースされた。フリマアプリ「メルカリ」の売上金やポイントを実店舗での支払いに使える。コンビニなど「iD」マークのある全国約90万か所で利用できる。月300億円を越える“メルカリ経済圏”が「外」へと拡大する。

2019.02.19 16:37
飲食店キャッシュレス決済導入進む - POSレジも根強い人気

飲食店キャッシュレス決済導入進む - POSレジも根強い人気

「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードは飲食店のITツール導入に関する調査を行った。もっとも多く導入されているITツールは「キャッシュレス決済」。また導入され評価が高かったITツールは「POSレジ」「集客メディア」だった。経営者からは、導入によって人件費削減や売上アップに効果があった、海外のお客に対応できたといった声が挙がった。

2019.02.19 06:30
PayPayは100億円でシニアと富裕層を獲得した - 決済アプリ利用動向調査

PayPayは100億円でシニアと富裕層を獲得した - 決済アプリ利用動向調査

12月にPayPayが実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」は大きな話題を呼んだ。キャッシュレス決済比率向上に貢献したといわれるが、実際には、ユーザーはどういった行動をとったのだろうか。ヴァリューズは、ユーザーの行動ログ分析を通じて、スマホ決済アプリの利用動向を調査した。

2019.02.14 13:22
QRコード決済が電子マネーを超える日はくる?2019年利用者数は960万人へ

QRコード決済が電子マネーを超える日はくる?2019年利用者数は960万人へ

2018年末、PayPay、LINEPayなど各社がQRコード決済の大型キャンペーンを展開し、キャッシュレス旋風が起こった。では、実際の利用者数はどのように推移しているのか。ICT総研が発表した「モバイルキャッシュレス決済の市場動向」によれば、スマホのQRコード決済サービス利用者(アクティブユーザー)は2018年度末に512万人、2019年はさらに伸び960万人になると見込まれる。ただ、電子マネー利用者数と比較すると、規模はまだ半数程度である。今後QRコード決済利用者はどのように増えていくのだろうか。

2019.01.12 08:30
Amazon Pay 「Alexaで支払い」対応、実店舗スマホ決済にも参入 - 使い方とメリット

Amazon Pay 「Alexaで支払い」対応、実店舗スマホ決済にも参入 - 使い方とメリット

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazonアカウントに登録した情報を利用してほかのECサイトでも支払いができるキャッシュレス決済サービス。8月には実店舗での“スマホ決済”に対応、さらにスマートスピーカーで支払いまで完結できるAlexaスキルの提供も始めた。使い方とメリットもあわせてAmazon Payの概要を解説する。

2018.12.25 06:30
LINE Pay、ビックカメラグループ全店で決済対応開始 LINEポイント最大5%付与キャンペーン中

LINE Pay、ビックカメラグループ全店で決済対応開始 LINEポイント最大5%付与キャンペーン中

LINE Payは12月21日より、全国の「ビッグカメラ」「コジマ」などビックカメラグループ全店で「コード支払い」の決済対応を開始する。また、「ビックカメラ」グループで利用すると最大5%の「LINEポイント」を付与するキャンペーンも実施している。

2018.12.21 09:51
ドコモ「d払い」使い方 | アマゾンで大型ポイントバックキャンペーンも、フィンテック拡大に注力

ドコモ「d払い」使い方 | アマゾンで大型ポイントバックキャンペーンも、フィンテック拡大に注力

d払いは、NTTドコモが提供する決済サービス。オンライン決済で使えるほか、実店舗でのスマホ決済にも対応している。12月にはAmazonでの支払い対応もスタート、dポイントが最大34倍貯まるといった高還元率のキャンペーンを展開している。d払いの使い方や同じくドコモが提供する「ドコモ払い」との違いをあわせて、ドコモが注力するフィンテック領域を解説する。

2018.12.20 11:11
政府が電子マネーでの給与支払いへGOサイン、キャッシュレス社会が加速

政府が電子マネーでの給与支払いへGOサイン、キャッシュレス社会が加速

政府の国家戦略特区諮問会議は17日、電子マネーでの賃金支払いを解禁する方針を固めた。銀行口座の開設が難しい外国人材受け入れ拡大や、2027年に4割を目指すキャッシュレス決済比率の引き上げを狙ったものだ。給与をスマートフォンの決済アプリなどに直接入金できるため、利用者の利便性は高まる一方、ますますセキュリティ面での強化が求められることとなる。

2018.12.18 12:19
Origami Payが「オリガミで、半額」キャンペーン開始、吉野家で牛丼並盛が半額に|スマホ決済サービス各社が攻勢

Origami Payが「オリガミで、半額」キャンペーン開始、吉野家で牛丼並盛が半額に|スマホ決済サービス各社が攻勢

スマホ決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」は、12月17日より「オリガミで、半額。」キャンペーンの展開を発表した。第一弾は吉野家で「牛丼並盛一杯半額」になるという。PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」でキャッシュレス旋風を巻き起こしたが、すかさずLINE Payも20%還元キャンペーンを発表。大手の相次ぐ戦略に、日本で早くからスマホ決済を手掛けてきたOrigami Payがいよいよ反撃に出るのか。

2018.12.18 10:56
LINE Payチャージ方法・使い方 | 20%還元スタート、PayPayに対抗か

LINE Payチャージ方法・使い方 | 20%還元スタート、PayPayに対抗か

“キャッシュレス元年”といわれる2018年。「LINE Pay」も着々とユーザー、加盟店を増やしており、残高を20%還元するキャンペーンも始めた。LINE Pay(ラインペイ)はLINEアプリ上で完結し、個人間送金や「割り勘」も可能。LINE各サービスやLINEポイントとも連携している。キャッシュレス浸透をうたうLINEはフィンテック領域への参入も進めている。LINE Payのチャージ方法、使い方とともに、LINE PayおよびLINEの動向をまとめた。

2018.12.17 13:05
PayPayでクレカを不正利用される事態が相次ぐ | 公式Twitterでも注意喚起

PayPayでクレカを不正利用される事態が相次ぐ | 公式Twitterでも注意喚起

100億円あげちゃうキャンペーンがわずか10日で終了し、大きな話題となったPayPay。実は登録したクレジットカードを不正利用されたという声が相次いでいる。PayPay公式ツイッターでは、不正利用に対する注意喚起を行っているが、なぜこのような事態が発生してしまったのか、セキュリティについての言及はない。

2018.12.17 12:42
PayPayキャンペーン終了も、たしかに見えた日本キャッシュレス化の幕開け

PayPayキャンペーン終了も、たしかに見えた日本キャッシュレス化の幕開け

ソフトバンクとヤフーの合同出資会社PayPayが、4日からスタートしていた「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月13日をもって終了すると発表した。還元金額が上限の100億円に達したという理由だが、開始からわずか10日での終了に、まだ利用していなかったユーザーからは残念という声もあがっている。ビックカメラにはPayPayの還元を求めて長打の列ができ、PayPayで賽銭を納められるお寺も登場。PayPayが起こしたキャッシュレス旋風は、一時的なキャンペーンだけでは終わらないだろう。

2018.12.14 10:07
インバウンド対応NO.1を目指すLINEPay、スターバックスと提携を発表

インバウンド対応NO.1を目指すLINEPay、スターバックスと提携を発表

LINEは12月5日、スターバックスコーヒージャパンとの包括的な業務提携の締結を発表した。デジタル領域におけるイノベーションが目的だといい、スターバックス店舗でのLINEPay(ラインペイ)での支払いを可能にするほか、スターバックスのLINE公式アカウントを2019年春に開設予定だという。

2018.12.05 17:25
PayPayキャンペーン初日、キャッシュレス化がようやく消費者のもとへ|17日からミニストップも導入を発表

PayPayキャンペーン初日、キャッシュレス化がようやく消費者のもとへ|17日からミニストップも導入を発表

諸外国に比べてキャッシュレス化が進まないと言われてきた日本において、12月4日は特別な日になったに違いない。PayPay(ペイペイ)の「100億円あげちゃうキャンペーン」初日、ツイッターではPayPayがトレンド入りし、利用した人から多くのつぶやきが寄せられた。また一時PayPayの利用ができなくなる障害も発生し、困惑の声もあがった。企業間競争が激化する中、どこか遠いところの話だった「キャッシュレス化」が、ようやく消費者の元にやってきたのだ。

2018.12.05 07:00
PayPayヤフオクでも - Yahoo!各サービス順次対応、100億円キャンペーンも開始

PayPayヤフオクでも - Yahoo!各サービス順次対応、100億円キャンペーンも開始

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」がオンライン決済に対応。2019年2月より「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」で、2019年4月よりアスクルが運営するECサイト「LOHACO」でも使用できるようになる。あわせて一部特典TポイントをPayPay(電子マネー)での付与に変更する。なおPayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月4日より実施する。

2018.12.03 15:28
LINE Pay(ラインペイ)が「LINE店舗経理」開始で中小の加盟店を狙う

LINE Pay(ラインペイ)が「LINE店舗経理」開始で中小の加盟店を狙う

LINEは11月26日、LINE Payにおいて、12月6日から「LINE店舗経理」のサービス提供を発表した。「LINE店舗経理」はクラウド会計ソフト「freee」のOEMで、個人事業主の確定申告や、中小企業における経理業務が簡単にできるものである。今後LINEならではのトークチャットボットなどを使い、個人事業主の経営や経理を支援していくという。

2018.11.27 15:23
PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ

PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ

日本能率協会総合研究所は11月9日、日本国内のQRコード決済市場規模を推計した。2018年はPayPayやAmazonPayなど、大手が実店舗での運用・実証実験などをスタートし、〇〇Payの乱立状態となった。同調査によれば、2023年のQR決済市場は8兆円と推計され、東京五輪のインバウンド需要や政府の後押しもあり、市場は拡大するという。

2018.11.26 14:59
スマホ決済「PayPay」着々拡大、Yahoo! JAPANアプリからも利用が可能に

スマホ決済「PayPay」着々拡大、Yahoo! JAPANアプリからも利用が可能に

11月12日、ヤフーとソフトバンクの合弁会社であるPayPayは、スマホ決済サービス「PayPay」と「Yahoo! JAPAN」アプリの連携を開始したことを発表した。これにより、「PayPay」アプリだけでなく、SNSに続いて利用者が多いともいわれる「Yahoo! JAPAN」アプリからも「PayPay」が利用できるようになる。

2018.11.14 16:41
インドネシアでもキャッシュレス急拡大、半数が口座持たない「現金中心社会」で起きている変化

インドネシアでもキャッシュレス急拡大、半数が口座持たない「現金中心社会」で起きている変化

エヌ・エヌ・エー(NNA)は、インドネシアにおける2017年のキャッシュレス化の概況や主なモバイル決済事業者の経営実態についての調査を実施、結果の一部を公表した。インドネシアのモバイル決済市場は急速に拡大しており、2017年は前年比で取引金額が75%増、ユーザー数が3.5倍になったという。

2018.11.05 12:13
QRコード自動判別、キャッシュレスWeChat Pay・Alipay対応マルチ決済アプリIntaPayリリース

QRコード自動判別、キャッシュレスWeChat Pay・Alipay対応マルチ決済アプリIntaPayリリース

拡大するキャッシュレス決済。世界的にも急速に普及しており、中国ではテンセントのWeChat Pay(ウィーチャットペイ)、アリババのAlipay(アリペイ)が広く利用されている。このたびリリースされたマルチアプリ「IntaPay」は、WeChat Pay・Alipay両アプリの決済用QRコードを自動で判別し決済できるというもの。インバウンド向けに開発された。

2018.10.26 09:30
PayPay、LINEPayなどがファミリーマートで利用可能に、コンビニキャッシュレス化進む

PayPay、LINEPayなどがファミリーマートで利用可能に、コンビニキャッシュレス化進む

ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは10月18日、12月以降ファミリーマートでのPayPay支払いが可能になることを発表した。また、ファミリーマートでは同じくLINEPayや楽天Payなどスマートフォン決済6種が12月から利用できるという。セブンイレブンも、来春には「セブン・ペイ」という独自決済手段を導入するといわれており、コンビニ各社のスマートフォン決済は本格化しそうだ。ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンで現在利用できる決済手段についてもまとめた。

2018.10.18 21:58
2019年は「信用スコア」元年か?ヤフーに続きドコモが参入表明で競争激化

2019年は「信用スコア」元年か?ヤフーに続きドコモが参入表明で競争激化

NTTドコモは10月17日、金融機関向けに「ドコモレンディングプラットフォーム」を2019年3月から提供すると発表した。これはドコモの回線利用者が「信用スコア」をもとに、気軽に金融機関から融資を受けられる仕組みである。10月10日には、ヤフーが信用スコアの実証実験開始を発表したばかり。いよいよ大手による新たな市場競争が本格化することになる。

2018.10.18 11:49
スマホ決済Origami Pay(オリガミペイ)とは?仕組み・使い方・クーポン取得方法 - 日本キャッシュレス化の先駆け

スマホ決済Origami Pay(オリガミペイ)とは?仕組み・使い方・クーポン取得方法 - 日本キャッシュレス化の先駆け

ソフトバンクやAmazonなど大手が次々に本格参入している「キャッシュレス決済」市場。しかし、日本で他社に先駆けてスマホ決済サービスを提供し、市場を開拓してきたのは「Origami Pay(オリガミペイ)」を提供するベンチャーOrigamiだ。2018年9月には中国銀聯との提携を発表し世界で使える決済手段となった。本記事では、Origami Payのこれまでの取り組み、仕組みや使い方、キャンペーンと連動したクーポン取得方法を解説する。

2018.10.16 15:17
いよいよ日本で「信用スコア」をめぐる覇権争いの幕開けか?ヤフーが参入を発表

いよいよ日本で「信用スコア」をめぐる覇権争いの幕開けか?ヤフーが参入を発表

ヤフーは10月10日、同社が所有するビックデータをもとに独自のスコアを開発し、これを利用した実証実験を開始すると発表した。同スコアにもとづき、Yahoo! JAPAN IDユーザーに対する特典プログラムを実施するほか、パートナー企業のサービス利便性向上や課題解決などについて検証するという。中国ではすでに芝麻信用(ジーマ信用)という信用スコアが普及しており、日本でも今後この流れは進む可能性がある。

2018.10.11 14:47
ソフトバンクとYahoo!のPayPay(ペイペイ)がアプリ利用スタート|使い方・キャンペーンなど徹底解説

ソフトバンクとYahoo!のPayPay(ペイペイ)がアプリ利用スタート|使い方・キャンペーンなど徹底解説

ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは10月5日、サービスの利用開始を発表した。2016年に「PayPay」会社設立の発表、7月にはインド「Paytm(ペイティーエム)」との連携、9月に中国「AliPay(アリペイ)」とのサービス連携を発表し着々と足場固めを進めてきた同社。スマホ決済ユーザー数と加盟店数のNO.1獲得を宣言し、いよいよ本格的に動き出す。本記事では、支払い方法や特典などについて紹介する。

2018.10.06 16:22
EC決済サービス市場の拡大は「キャッシュレス決済」競争がけん引

EC決済サービス市場の拡大は「キャッシュレス決済」競争がけん引

矢野経済研究所は、国内のEC決済サービス市場の現況、参入企業の動向の解明のために調査を実施、9月14日にその結果を発表した。それによると、2017年度のEC決済サービス市場規模は、前年度比7.2%増の約10兆7,000億円の見通しで、2022年度には、約18兆7,288億円まで拡大すると予測している。

2018.09.19 09:29
キャッシュレス普及に課題、日本人には「金融リテラシー再教育」が必要だ

キャッシュレス普及に課題、日本人には「金融リテラシー再教育」が必要だ

日本では、政府が主体となって2025年のキャッシュレス比率を40%に拡大させる動きが進んでいる。MMD研究所では、2018年5月に全国の15~69歳を対象とした「モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を実施。同研究所では約3人に2人がキャッシュレス化に賛成しているものの、普及にあたってクリアすべき課題があると指摘した。

2018.09.07 05:25
PayPayが中国「AliPay」とサービス連携を発表、訪日中国人700万人へ先手

PayPayが中国「AliPay」とサービス連携を発表、訪日中国人700万人へ先手

ソフトバンクとYahoo!の合弁会社であるPayPayは9月5日、中国のスマホ決済大手アントフィナンシャルサービスグループの「AliPay(アリペイ)」とのサービス連携を発表した。訪日中国人需要を確実におさえ、今秋からのスマホ決済サービス開始に向け、着実に足場固めを進める。

2018.09.06 10:02
LINEが描く「Society 5.0」な鎌倉とは?LINEPayで税金や窓口支払いへ

LINEが描く「Society 5.0」な鎌倉とは?LINEPayで税金や窓口支払いへ

LINEは9月4日、神奈川県および鎌倉市と包括連携協定を締結したことを発表した。LINEを活用した行政の仕事効率化、税金や公共施設で「LINEPay」によるキャッシュレスな支払い、病院カルテとの連携など「Society 5.0」実現のため、さまざまな連携をはかるという。LINEが描く、未来都市のあり方とは?

2018.09.06 07:00
AI搭載レジでキャッシュレス促進 置くだけで商品認識、瞬時に決済

AI搭載レジでキャッシュレス促進 置くだけで商品認識、瞬時に決済

ジェーシービー(JCB)は9月3日、AI搭載レジ「Wonder Register(ワンダーレジ)」を用いた店舗支援の実証実験を9月下旬より都内で実施すると発表した。センサーや電子タグを必要とせず、画像認識技術を用い、商品を置くだけで金額を算出、電子マネーでの決済までも行う。これにより、キャッシュレス化の促進や人手不足解消への取り組みを進めるという。

2018.09.04 14:58
キャッシュレス決済派はお金が貯まる?普及に向けた消費者メリットと課題

キャッシュレス決済派はお金が貯まる?普及に向けた消費者メリットと課題

Amazon Payは8月29日、実店舗でのQR決済利用をスタートさせた。ラインの「LINEPay」、ソフトバンクとヤフーの「PayPay」、さらにはメルカリも「メルペイ」で参入する方針を明らかにしており、キャッシュレス化は一気に加速するとみられている。しかし、現金主義が根強いとされる日本。キャッシュレス普及には「単に支払いがラク」というだけではない消費者メリットの訴求も重要だ。キャッシュレス化普及のメリットや課題について、消費者視点から考察する。

2018.09.04 07:00
Amazon Pay(アマゾンペイ)がキャッシュレス決済で選ばれる3つの理由

Amazon Pay(アマゾンペイ)がキャッシュレス決済で選ばれる3つの理由

アマゾンジャパンは2018年5月、キャッシュレス決済サービス「Amazon Pay(アマゾンペイ)」に関する利用者意向調査を実施、結果を公表した。Amazon PayはAmazon.co.jpのアカウントを利用することで、Amazon以外のサイトでも決済できるID決済サービス。調査からは、数あるキャッシュレス決済サービスのなかでAmazon Payが選ばれる3つの理由が見えてきた。

2018.06.13 05:30
「現金お断り」キャッシュレスロイヤルホスト、店舗運営の働き方改革ロールモデル

「現金お断り」キャッシュレスロイヤルホスト、店舗運営の働き方改革ロールモデル

現金お断りの飲食店が東京都内に誕生した。運営はロイヤルホールディングス(以下、ロイヤルHD)で、ロイヤルホストの系列だ。楽天ペイとの協業で完全キャッシュレスによる業務負担軽減を目指すという。開店して間もない11月9日に来店してみた。

2017.11.10 19:55