ロボット
フードデリバリーが自動配達をリードする -  ロボットやドローンが出前する時代に
フードデリバリーが自動配達をリードする - ロボットやドローンが出前する時代に
フードデリバリーサービスにより、これまで出前を行っていなかった飲食店の料理を手軽に食べられるようになった。現在は人間の配達員が食品を運んでくるが、世界では自動走行ロボットや自律飛行ドローンによる自動配達が広まり始めている。フードデリバリーはほかの荷物の配達と違って自動化しやすいからだ。
2019.08.12 18:30
テクノロジーは障がい者の目耳手足になる アクセシビリティを向上する3分野の最新技術
テクノロジーは障がい者の目耳手足になる アクセシビリティを向上する3分野の最新技術
働く意欲があっても障がいを抱えているため外出が難しく、就労をあきらめる人は多い。しかし駅などのバリアフリー化が進んだのと同じように、障がい者の活動を阻む障壁はテクノロジーによって解消されつつある。試験的ながら、遠隔操作ロボットが接客するカフェまで登場した。アクセシビリティ向上をもたらす最新技術を紹介する。
2019.01.25 06:30
ロボット大賞2018、工場の稼働停止ふせぐIoTシステムが2冠、ドローン2技術も受賞
ロボット大賞2018、工場の稼働停止ふせぐIoTシステムが2冠、ドローン2技術も受賞
経済産業省と日本機械工業連合会は、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省との共催により「第8回ロボット大賞」を実施、10月12日に受賞ロボットを発表した。2018年のロボット大賞を制したのは、ファナックの「ZDT(ゼロダウンタイム)」。工場の生産性向上や人手不足に寄与する実績から、経済産業大臣賞と総務大臣賞の2冠に輝いた。
2018.10.17 16:43
「ことつなチャット」LINE、メッセ、WeChatなど異なるSNSでの多言語同時翻訳サービスを実現
「ことつなチャット」LINE、メッセ、WeChatなど異なるSNSでの多言語同時翻訳サービスを実現
9月18日、Kotozna(ことつな)はインバウンド向けにSNSを使った多言語同時翻訳サービス「kotozna chat」(ことつな チャット)を開始することを発表した。Facebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)、LINE(ライン)、WeChat(ウィーチャット・中国語読みでウェイシン)、Kakao Talk(カカオトーク)など異なるSNS同士でも、各ユーザの母国語でメッセージができる多言語同時翻訳サービスを実現したという。
2018.09.19 05:30
熱中症対策に「エアコンつけてね!」コミニケーションロボBOCCOが呼びかけ
熱中症対策に「エアコンつけてね!」コミニケーションロボBOCCOが呼びかけ
連日の猛暑日、熱中症による搬送数も増えている。東京消防庁によれば、7月9日~15日の速報値では9,956人となり、前年同週より2,000人以上も多い結果だ。そこで、熱中症対策に役立つコミにケーションロボ「BOCCO」を紹介しよう。部屋の温度や湿度を感知し、警戒度をモニタリング、スマホに通知してくれるかわいらしい相棒だ。
2018.07.21 09:00