広告
動画制作・映像制作の関連情報

コピー完了

記事TOP

動画制作サービス・ソフト比較おすすめ31選 | 映像素材サイトも

最終更新日:(記事の情報は現在から458日前のものです)
動画の重要性が増すなか、求められるクオリティも増す一方。スマートフォンでも簡単に動画を編集できるようになりましたが、クオリティを担保するためには、専門業者へ依頼するのが有効。おすすめの動画制作サービスを紹介します。

【厳選】おすすめ動画制作・映像制作サービスをまとめてチェック!
動画制作・映像制作サービスの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ動画制作・映像制作サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ動画制作・映像制作サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

動画制作サービスとは

動画制作サービスとは、商品やサービスの説明、プロモーション用の魅力的な動画を制作してくれるサービス、または個人で制作できるツールのことです。

近年ではスマートフォンの普及やYouTubeの視聴ユーザーの増加により、動画コンテンツの需要は増加。文字や画像の広告よりも高いマーケティング効果を発揮できる方法として注目され、年々市場規模は拡大しています。

動画の用途は企業によってさまざまです。商品・サービスのPRや企業のイメージアップ、採用活動など、幅広いニーズに応えられるようなサービスも増えてきています。

\料金や機能を資料で比較する!/

動画制作サービスを選ぶポイント

動画制作サービスを選ぶ際には、次のポイントをメインに比較しましょう。

  • テンプレートの豊富さ
  • 編集の柔軟性
  • コスト・費用対効果

それぞれの選び方、サービスの比較方法について比較します。

テンプレートの豊富さ

動画作成サービスには、業界別・目的別にあわせて動画が作成できるテンプレートが用意されています。テンプレートを利用すれば、動画作成がはじめてでもスムーズに動画作成ができます。自社にあったテンプレートがどの程度あるかチェックしてみましょう。

編集の柔軟性

編集の柔軟性も重要なポイントです。文字の色や大きさの微調整・パターン検証ができるかどうかなどは、動画のオリジナリティを出すうえで重要です。サービスによってはデモで使用感を確かめられるところもあるので、チェックしておく必要があります。

コスト・費用対効果

料金設定やプランも確認しておきましょう。どの程度動画を作る予定があるのか、社員が何人関わるのかなどで、料金は変動します。無駄なコストがかからないよう、シミュレーションするのが大切です。

おすすめ動画制作サービス・ソフト比較

シェア率が高いおすすめの動画制作サービス・ソフトを一覧で紹介します。各サービスの特徴や機能をわかりやすくまとめて説明しているので、サービスを比較検討する際の参考にしてください。

\料金や機能を資料で比較する!/

Lumii Video Hub - 株式会社Lumii

Lumii Video Hub
Lumii Video Hub
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 累計1,000本以上の動画制作で実績のあるコンサルタントが動画をプランニング
  • 業種やジャンル、動画の種類、企業規模を問わず対応
  • 動画クリエイターとの直接マッチングで制作費を従来の1/3程度まで削減可能

Lumii Video Hubは、制作する動画の提案からクリエイターとのマッチングまで支援してくれる動画制作サービスです。事業開発やマーケティングの戦略設計に知見のある動画コンサルタントが、動画の方向性や活用方法を提案してくれます。

有名CMや大企業案件で実績のある動画クリエイターから、案件と相性のよいクリエイターとマッチング可能です。サービス紹介や採用求人、YouTubeチャンネル用の動画などで導入事例があります。

※出典:Lumii「動画制作・映像制作の株式会社Lumii(ルミー) | 東京の動画制作会社」(2024年1月26日閲覧)

価格:要問い合わせ

URAKATA Movie - 株式会社Number2

  • 動画制作から、動画SNS運用の全体代行までニーズに応じて支援
  • 動画編集1本から、大量制作や定期契約まで多様な契約プラン
  • 最短3営業日で納品可能

URAKATA Movieは、動画制作はもちろん、動画SNSの運用代行や広告運用までワンストップでサポートする動画制作サービスです。動画制作は1本から依頼でき、最短3営業日でのスピード納品のため急な案件にもおすすめです。

配信代行といった一部業務も任せられ、課題に応じ動画専任チームで対応してくれます。セミナー動画やサービス紹介、社内教育など多様なコンテンツ制作に対応しており、アニメーションによる表現やインフルエンサーを用いたUGCコンテンツ支援なども依頼可能です。

価格:

  • CreativeBPO サブスク:49,800円~/月
  • TikTok運用代行:328,000円~/8本投稿~/月
  • YouTube運営代行:268,000円~/4本投稿~/月

Video BRAIN - 株式会社オープンエイト

Video BRAIN
Video BRAIN
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 既存のテキストや素材を動画テンプレートに入れるだけ
  • 広告、営業資料、採用などシーンを問わず利用可能
  • 動画の視聴データを蓄積

Video BRAINは、業種、業界問わず多くの導入実績をもつ動画編集クラウドです。商品サービス紹介や採用、マニュアルなど多様な動画テンプレートを備えており、手持ちの素材を入れるだけで動画を作成できます。

動画単位での分析が可能で、視聴回数や再生時間などの結果はダッシュボード上で確認可能です。集客コンテンツやEC内コンテンツ、マニュアルなど多様な用途におすすめです。

価格:250,000円~/月

Mteam - 株式会社A to One

  • 業種問わずサービス紹介や採用動画など目的に合った動画を制作
  • 要望を伝えるだけで企画構成、撮影、編集まですべての工程に対応
  • 動画制作はもちろんYouTube、TikTokの運用まで丸投げ可能

Mteamは、YouTube動画やプロモーション動画、企業動画など多様な動画制作を依頼できる動画制作サービスです。ターゲットユーザーに動画を届けるための集客戦略や評価指標の策定など、企画立案から効果測定まで対応してくれます。

大手メディアでのマーケティング施策経験者やTV業界出身の編集者などが多数在籍し、トレンドをもとにしたアドバイスや、撮影編集の方法のレクチャーもしてくれるので、ノウハウも蓄積可能です。

価格:要問い合わせ

CCG C.REPの住まいプロモーションムービー - 株式会社CCG C.REP

  • 住宅、不動産領域のプロモーションで年間100案件以上の実施実績
  • 実写やアニメーション、CG、プレゼンテーションスライドなどの制作に対応
  • プロジェクトを管理する専属の担当者が窓口対応

CCG C.REPの住まいプロモーションムービーは、住宅や不動産領域に特化した動画制作サービスです。独自規制のある不動産の広告ルールに対応しながら、要件をもとに企画立案、動画制作、配信媒体のプランニングまで対応してくれます。

不動産の紹介動画のほか、周辺情報やアクセス動画、ブランドへの反響獲得を目的としたイベント動画など、幅広い内容で制作実績があります。

※出典:CCG C.REP「不動産業界向けプロモーション | 株式会社CCG C.REP(シーレップ)」(2024年1月26日閲覧)

価格:要問い合わせ

ムビハピ - 株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

ムビハピ
ムビハピ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • YouTubeで脅威の視聴率、TVのノウハウ×顧客視点の動画制作
  • ベンチャー~大手企業まで実績豊富、反響の出やすい動画で高いリピート率
  • 丸投げOKで安心。企画~納品までワンストップで納期なども柔軟に対応可能

ムビハピは、クライアントの顧客視点(動画を見せるターゲット視点)で動画を制作してくれる企業動画制作サービスです。

制作陣は「NewsZERO」や「ガイアの夜明け」などを制作してきた元TVスタッフ達。プロの取材力で企業の魅力を引き出し、わかりやすく反響の出やすい動画を制作してくれるので、動画の効果やコスパを求めたい企業には特におすすめです。

制作したYouTube動画の視聴率が、平均60%を超えるといった驚異的な裏付けもあるため、動画マーケティングを強化していきたい企業にもおすすめの制作会社です。

※出典:アジアピクチャーズエンタテインメント「動画制作・映像制作会社ならムビハピ|東京で選ばれているTVマンが提案」(2024年1月26日閲覧)

価格:300,000円~

Videomaker - Inmagine123RF株式会社

Videomaker
Videomaker
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 1億点以上の素材とAIでプロ級動画を制作
  • 文章入力ができれば、専門知識は一切不要
  • 簡単3ステップ・最短2分で動画が完成

Videomakerは、文章を入力するだけで動画が作れるオンライン動画制作ツールです。1億点以上の素材と人工知能を活用するサービスで、動画制作の専門知識は一切不要。「タイトルとテロップになる文章の入力」「作成したい動画の業種の選択」「動画に入れるBGMと音声ナレーションの選択」の簡単3ステップ。最短2分でプロレベルの動画に仕上がります。

入力した文章をもとに、AIが自動で素材をピックアップ。トランジションやエフェクトも、業種や雰囲気に合わせて自動制作するため、動画演出にかける時間を大幅にカットできます。安心の年額定額制、制作本数無制限で、外注費用を気にせず制作できます。

※出典:Inmagine123rf「Designs.ai - Creative work done effortlessly」(2024年1月26日閲覧)

価格:要問い合わせ
初期費用:要問い合わせ

VIDEO BRIDGE - 株式会社フリーモーション

VIDEO BRIDGE
VIDEO BRIDGE
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • テレビや映画、CMの制作実績があるプロとつながれるマッチングコミュニティ
  • 会員登録、案件登録や発注手数料が無料
  • 映像制作が初めてといった企業をサポートするコンシェルジュプランあり

VIDEO BRIDGEは、事務局による審査を通過した映像クリエイターと直接取引できるクリエイティブマッチングコミュニティです。プロジェクトを掲載してクリエイターを募集したり、登録クリエイターへ直接、制作依頼したりできます。

契約、取引に対し、紹介手数料といった費用の負担がなく利用可能です。取引代行やプロジェクトマネジメントなどに対応する、コンシェルジュプランを利用した場合に費用が発生します。

サービス利用料:無料

※コンシェルジュサービスをオプションで提供

VideoTouch - VideoTouch株式会社

VideoTouch
VideoTouch
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 動画の収録や編集がブラウザで完結
  • 視聴時間や視聴維持率、満足度などのデータをグラフ化
  • 音声データを字幕データ化できるAIを搭載

VideoTouchは、動画の収録や編集、共有、分析まで行える動画作成ツールです。Google Chromeの拡張機能から、ワイプやマーカー、クリックエフェクトを使用できます。AIによる書き起こしにより、音声データを字幕データとして動画に実装可能です。

カットや挿入、プレビューといった基本的な編集機能はもちろん、動画をURLや埋め込みリンクによって共有もできます。評価や視聴回数など視聴データを分析できるため、動画の改善にも役立ちます。

価格:要問い合わせ

Kazakami TV - フラグマン株式会社

  • テレビCMの制作から放映までワンストップで対応
  • 制作に必要なあらゆる素材を制作可能
  • 既存のデジタル施策と連携させた効果的な活用法もサポート

Kazakami TVは、テレビCMの制作から放映までをワンストップで対応するサービスです。CM制作の他にも広告運用やブランディングなど、さまざまなデジタルマーケティングをサポートしています。

動画の撮影からアニメーションの制作まで自社で制作しているため、手間とコストを最小限に抑えながら、より効果的なテレビCMを制作できます。

価格:1,000,000円~

Powtoon - 株式会社ギャプライズ

  • 編集不可の領域を無くし、フルカスタマイズが可能
  • 多種多様なテンプレートを搭載
  • さまざまなプラットフォームと連携

Powtoonは、企業や教育機関向けに開発された、直感的な操作で初めての方でも扱いやすい動画制作ツールです。

職種や業界に合わせた多くのテンプレートを用意。動画の作成スキルがなくても、導入後すばやく動画を作成できるでしょう。また、モバイルやSNSに最適化された動画は、ワンクリックでアップロード可能。FacebookやInstagram、HubSpot、YouTubeなどへ、直接管理画面上からアップロードが行えます。

価格:要問い合わせ

Kazakami Creative - フラグマン株式会社

  • 幅広いクリエイティブの制作をサポート
  • 各分野のプロフェッショナルをワンチームに
  • ワンストップでコンテンツ制作を対応

Kazakami Creativeは、動画や映像制作などあらゆるコンテンツ制作をサポートするサービスです。経営コンサルタントやデジタル事業会社の出身者も制作チームに在籍しており、多角的な視点での動画制作が可能です。

広告運用やブランディングのサポートも行っているので、総合的なデジタルマーケティングが行えます。ワンストップでコンテンツを制作することで、手間とコストを削減しながら、統一感のあるコンテンツを実現します。

価格:要問い合わせ

Shibuya Movie - 株式会社ジャシック (MEGA.Group)

Shibuya Movie
Shibuya Movie
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 圧倒的クオリティで他社との差別化をサポート
  • 企画から撮影・編集までワンストップで提供
  • ローコストで制作可能

Shibuya Movieは、商品や企業の魅力をシネマティックな世界観で表現する映像制作サービスです。

商品のPR用の宣伝動画でも、シネマティックな映像表現を行うことで宣伝色を抑えたインパクトのある動画を制作し、他社との差別化を図ります。基本的に同じ担当者が企画から納品まですべての工程をワンストップで行うため、当初のコンセプトやイメージからぶれることがなく、制作費用に関しても無駄なコストを抑えてローコストで制作できます。

価格:200,000円〜

RICHKA(リチカ)は、それぞれの企業に最適なオリジナルテンプレートを、専属クリエイターが一つひとつ作成して提供、完成イメージに最適な素材やテキストを追加していくだけで、最短1分で動画作成が可能になるソフトウェアです。

制作に必要な専門知識を必要としないため、すばやくマーケティングに活用でき、高速なPDCAで、プロモーションを改善できます。

気になる価格も、1本数千円とコストパフォーマンスを誇り、マーケターの悩みを解消してくれます。

NewsTV

  • 動画制作費0円
  • データドリブン型ワンストップサービス
  • 企業の真の顧客にリーチ

NewsTVは、企業のマーケティング活動を強力にサポートするビデオリリース配信サービスです。ビデオリリースを無償で、迅速に、高いクオリティで制作できる体制が整えられており、取材から制作・配信・配信最適化まで、すべてのプロセスをワンストップで提供しています。

独自開発の動画配信プラットフォームを使って企業が求めるユーザーを自動ターゲティングすることで、企業が本当に伝えたい内容を、伝えたいターゲットに配信できます。

PhotoCinema+ Business

PhotoCinema+ Businessは、豊富なシナリオテンプレートをベースに、簡単に魅力的な動画を作成可能なソフトウェアです。

用途に合わせて「シナリオ」「おまかせ」「じぶんで」モードを選び、手早く高品位な動画を作ることも、拘りを持って作り込めて、音楽のリズムに合わせて動画をはめ込んでくれるフレーズ編集機能も搭載しています。

また、豊富なエフェクトとともに、さまざまな媒体にあわせたビデオの書き出しも自在に行えます。

CM STUDIO

CM STUDIOは、3ステップで手軽に動画広告を制作できるサービスです。テンプレートを選択し、テキストや動画などの素材を挿入し、確認するだけで動画広告を制作できます。テンプレートは映像のプロが作成しているため、テンプレートに素材を挿入するだけで、高品質の動画を制作できます。

価格:30,000円

NHKクリエイティブ・ライブラリー

NHKが無料で動画素材を提供するサービスです。「いきもの」「自然の風景」「世界の風景」などの映像素材を利用できます。また音素材も利用でき、映像と音の組み合わせがとても面白くできます。

価格:無料

magisto (マギスト)なら動画編集がわずか3ステップで終了します。
その理由は人口知能でユーザーがアップロードした動画のハイライトシーンを検出し、ハイライトシーンのみをつなぎ合わせて、自動的に編集するためです。時間がない方におすすめのWebサービスです。

価格:無料

Crevo - Crevo株式会社

Crevo
Crevo
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn コンテンツ制作部門1位
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

誰でも気軽に利用できるシンプルな料金プランで、はじめての方でも企業・案件の規模を問わず、専門スタッフがしっかりサポートをしてくれます。また動画作成後もマーケティングと動画制作に精通した専門スタッフが、動画の運用方法も提案してくれるサービスもあります。

価格:180,000円〜

エコノミープラン以外は担当者とクリエイティブ・ディレクターがご訪問し、アウトラインを制作するプランやオリジナルBGMを制作するオプションサービスを提供します。具体的な料金は訪問したクリエイティブディレクターと細かく決定していきます。

急ぎの場合、24時間いつでも受け付けとサポートの手厚い映像制作サービス。ボーダーレスには日本や海外の映像コンペでの入賞した実力は折り紙つきのクリエイター揃っています。テレビCMからWeb動画制作まで見積りの例も多数用意しているので、ニーズに合ったものを選べます。

価格:別途問い合わせ

AGEHA

三菱商事や楽天など大手企業でも実績のある映像制作サービスです。担当者クリエイターがニーズを詳細に把握し、映像にしっかりと反映されるまで編集を繰り返す手厚いサービスが特徴です。

価格:別途問い合わせ

動画の企画から、撮影・編集・配信・活用方法まで、専門スタッフがサポートしてくれます。低価格の「パッケージ映像制作」、自社に最適な動画を制作する「オーダーメイド映像制作」、Web・アプリケーションを照会することに特化した「Videovalley」、3種類のサービスを提供しています。

価格:別途お問い合わせ

UGOKIE

UGOKIE (ウゴキエ)は映像制作からアフターフォローまでをトータルにサポートするサービスです。アフターフォローは一度配信した動画の新たな使い道の提案や、再編集することを意味します。「UGOKIE」の最大の魅力と言えます。

価格:98,000円~

企業や商品のプロモーションビデオ、CM制作、研修用ビデオ、BD/DVDパッケージ制作、Web配信などの映像に関するサービスを幅広く提供しています。

価格:別途お問い合わせ

プロモーションビデオやインターネット用の映像コンテンツの制作はもちろん、スタジオや映像機器の貸し出しなども行っています。さらに、メディアを活用した情報発信支援やプロモーションまで行います。

価格:別途お問い合わせ

価格:別途お問い合わせ

SoVeC Smart Video - SoVeC株式会社

  • プロのようにハイレベルな動画を制作
  • 直感的な操作と画面の指示により誰でも扱えるサービス
  • 業界トップクラスの低価格でありながら定額制

SoVeC Smart Videoは、最新AIを搭載した、誰でも簡単にプロのような動画を制作できる動画制作・映像制作サービスです。

ソニーグループの技術を活用して作られた動画フォーマットは、1,600本以上ありカスタマイズが可能です。指示に従って直感的に操作するだけなので、初心者でも簡単に制作できます。月額10万円〜の定額制なため、制作本数の多い企業へおすすめです。

※出典:SoVeC「初めてでも簡単な動画制作ツールSoVeC Smart Video」(2024年2月21日閲覧)

価格:月額100,000円~

だれでもハリウッド仕様で作れる!?無料プロ用動画制作ソフト比較

「社内で動画制作のノウハウを蓄積したい」と考えたとしても、機材やソフトを揃えるのに「初期投資が必要なのではないか」と考える方も多いでしょう。

しかし現在では、ハリウッドの映画製作現場で実際に使用されているプロ用動画制作ソフトが無料で使用できるのです。

もちろん、機能制限はありますが、本格的なハリウッド映画を制作するのでなければ、必要にして十分の機能を搭載しており、いますぐダウンロードして試してみる価値のあるものばかりです。

Media Composer | First

Media Composer | Firstは、ハリウッドの大作映画で活用され、アメリカで圧倒的なシェアを誇る映像編集ソフト「Media Composer」の無償版です。

ビデオ/オーディオトラック数に制限があり、扱えるサイズもフルHDまでとはなりますが、基本機能はまったく同一となっており、豊富なエフェクトと柔軟な編集機能でゴージャスな作品作りを可能にしつつも、永年無料で使い続けられます。

上位版のMedia Composerも月々6,375円とリーズナブル、30日間の無償トライアルも利用可能です。

DAVINCI RESOLVEは、複数の異なるカメラで撮影した素材を、統一したルック(見た目)できる、カラーグレーティングソフトです。

こちらもハリウッド大作映画の多くで活用されており、最終的な仕上げの工程に活用されることが多くなりますが、近年のアップデートで動画編集機能、オーディオ編集機能も充実し、これ単体ですべての工程を仕上げることも可能にもかかわらず、完全無償で使用できます。

コラボレーション作業を前提とした有償版、DAVINCI RESOLVE STUDIOも用意されています。

FUSION

FUSIONは、存在感のあるタイトルや3D / VR処理、複雑な映像合成を実現する、コンポジットソフトウェアで、こちらもハリウッド大作映画のCGで欠かせない存在となっています。

動画編集機能は充実してはいませんが、自社タイトルを凝ったモーションで作成するといった編集が可能であり、RESOLVE同様、コラボレーション機能を搭載した有償版、FUSION STUDIOと無償版のFUSIONがリリースされています。

【番外編】動画制作に役立つおすすめサービス

エイトのTikTok動画制作サービス - 株式会社エイト

エイトのTikTok動画制作サービス
エイトのTikTok動画制作サービス
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 台本作成からキャスティング、動画編集まで広告動画制作をまとめて代行可能
  • TikTokのアカウント開設や配信準備なども課題に応じてサポート
  • 制作動画のYouTubeやInstagram、Twitterでの流用が可能

エイトのTikTok動画制作サービスは、広告出稿の準備から動画作成まで代行してくれるTikTok向けの広告動画制作サービスです。作成動画はYouTubeやInstagram、Twitterにも利用でき、媒体に合わせた加工も依頼できます。

初期費用、固定費不要で動画1本から依頼可能です。TikTok向けの動画制作はもちろん、YouTubeチャンネルの運用や動画作成にもニーズに応じて対応しています。

価格:20,000円〜(税抜)/本

動画・映像制作サービスの口コミ

ボクシルでは、各種サービスに関する利用者からの口コミを掲載しています。

動画映像制作

動画制作サービスを利用するメリット

動画制作サービスを利用するメリットは次のとおりです。

  • 一定以上のクオリティを期待できる
  • 自社のリソースを費やさずに済む

一定以上のクオリティを期待できる

動画作成に関するさまざまなノウハウが揃ったサービスを利用することで、内製よりもクオリティの高い動画が期待できます。もし動画制作が初めてであれば、プロの手を一から借りるのも一つの方法といえるでしょう。

自社のリソースを費やさずに済む

動画制作をプロに任せることで、自社の社員がコア業務に集中できる環境を整えられます。コストはかかりますが、プロに任せることで業務の効率化が期待できます。

動画制作サービスを利用するデメリット

動画制作サービスを利用する場合は次のようなデメリットが起こることもあるので、注意しましょう。

制作コストがかかる

外部サービスに委託する以上、どうしてもコストはかかります。修正する際に追加コストがかかることもありえます。事前に見積もりや相談を重ね、コストが見合っているかよく確認しておきましょう。

意図と異なるものに仕上がることがある

依頼者側の意図が制作側にうまく伝わっていないと、意図と異なる動画になってしまうこともあります。事前相談の時点で動画に込めるメッセージ・デザイン・尺・利用用途などを伝え、コミュニケーション不足がないようにしましょう。

ノウハウが蓄積できない

自社で動画を作成しないと、ノウハウが蓄積されることはありません。今後も動画を制作する見込みがある場合は、ある程度自社にノウハウが蓄積されるよう、担当の従業員を決めておくとよいでしょう。

動画制作の工程

動画制作は主に次の3つの工程から成り立ちます。

  • プリプロダクション
  • プロダクション
  • ポストプロダクション

動画制作サービスに依頼する前に、どのような工程が必要になるのか確認確認しておきましょう。

プリプロダクション

映画を含めた動画制作では、実際の撮影作業のことを「プロダクション」と呼んでおり、事前を意味する「プリ」を頭に付け、撮影前のすべての準備工程を「プリプロダクション」と呼んでいます。

動画制作の目的とターゲット設定

プリプロダクションでは、マーケティング戦略に従って設定された目標とペルソナに向けて、動画で「何をどう表現したらいいか」考えていく必要があります。

ここもあまり難しく考える必要はありませんが、たとえば、分析の結果「自社製品の便利な使い方が浸透していない」と考えられるのであれば、便利な使い方を動画で表現すればいいのです。

この段階で、おおまかなイメージと方向性を決定するのが重要です。

ストーリーとスクリプトを準備

ストーリーとスクリプトのイメージ画像

ヒーリング用のイメージビデオも存在しますが、マーケティングで活用するならば伝えたいメッセージを動画に込める必要があり、それに従ってストーリーとスクリプト(シナリオ)を準備していきます。

上述の例であれば、最終的な「便利な使い方」を表現するまでに、どのようなストーリーの流れを作るかであり、必ず入れたいメッセージをセリフでシナリオにしていきます。

具体的な絵コンテ

作り込む必要はありませんが、大まかな画面構成がわかるように、簡単な図を用いた絵コンテを作成することをおすすめします。

これを作成することによって、「どこで撮影したらいいのか」「どんなものが必要になるのか」「何人のスタッフが必要になるのか」など、プロダクションを行うにあたって必要なものが見えてきます。

キャスティング

自社製品のみを撮影するのであれば必要ありませんが「便利な使い方を解説するシーンを撮影する」ケースでは、キャスティングが必要になります。

自社内の人材で賄うのであれば、スクリプト作成の段階から巻き込んでおくのがいいかもしれません。

内製か外注か確定する

この段階まで準備が進めば、ある程度の難易度(内製できるのかどうか)が掴めてくるはずであり、そのまま進めるのか、外注するのかの判断ができるようになります。

逆にいうと、ここまで準備しないうちに外注へと丸投げしてしまうと、意思の疎通ができないまま内容の擦り合わせに時間がかかってしまったり、意図と異なるものができあがってしまったりする可能性が大きくなります。

プロダクション

動画制作を内製することが決定したのであれば、いよいよプロダクション、すなわち撮影する段階に入ります。

プリプロダクションの段階で、撮影場所といったイメージはできあがっているはずなので、これも決定している前提で簡単に流れを解説していきます。

スケジュールを決定する

まずは撮影に参加する全スタッフのスケジュール調整です。撮影場所に時間制限や使える日程があるのであれば、それを最優先してほかのスケジュールをあわせ込むようにしていきます。

機材を確保する

同様に、撮影にあわせて機材の準備が必要になりますが、カメラのほかに、撮影に関連する自社製品や小物なども忘れないようにしましょう。

撮影に使用するカメラは、一般に市販されているものであればどれも問題ないといえ、特別に用意せずにiPhoneといったデバイスで代用可能でしょう。一点、カメラに関して気を付けるならば、撮影時のフォーマットはFull HD(1080/30P)といった規格に統一した方が無難です。

近年のビデオカメラ・カメラは、どれも高画質を実現しているため、手持ちで撮影された素材を再生すると「手ブレ」が気になる場合が多くなります。できる限り三脚を使用し、安定した構図で撮影を進めるといいでしょう。

可能な限り長時間撮影する

撮影自体は手早く済ませたいものですが、できれば構図を変えて撮影する、複数回撮影するなど、多くの素材を残しておくのが無難です。

その場では気付かなくとも、あとで再生するとフォーカスが外れている、頭が切れているなどは充分あり得ることであり、再撮影の手間をなくすためにも実行しておくのがよいでしょう。

ポストプロダクション

撮影前の準備を「プリプロダクション」と呼ぶのに対し、撮影後の編集、アフレコなど、動画が完成するまでの工程を、事後を意味する「ポスト」を使い「ポストプロダクション」と呼びます。

ここではじめて、動作制作用のソフトウェア、ツールの出番となるわけです。

もちろん、使い方やシステム要件などはソフトによってさまざまですが、大まかな手順や仕組みはそれほど大きく変わらないため、実際の画面を使って解説してみましょう。

撮影素材を編集ソフトに読み込む

まずは、動画編集用のソフトに撮影した素材を読み込んでいきます。
Excelのような作成済みファイルを開くのと同様、読み込みたい動画ファイルを選択して「OK」するだけです。

編集ソフトの操作画面

読み込んだ動画ファイルは、ソフト上で再生して確認できます。再生用のウィンドウまでファイルをドラッグし、使いたい箇所を指定します。

動画編集ソフトの操作画面

この例では、頭とお尻の部分をカットし、「IN」「OUT」の間だけ使用することにし「タイムライン」に乗せていきます。

カット編集

下図は、3つのビデオファイルを「タイムライン」に並べた状態となっており、タイムラインを再生すると、左から並べた順に再生されます。

動画編集ソフトでのカット編集

このように、撮影したビデオファイルを「必要な箇所だけ」カットし、時間軸に沿って並べていくのを、おおまかに「カット編集」といいます。

この例では、1と2のビデオファイルの「上に3のビデオファイルが乗っている」ため、3の部分を再生している間は1と2のビデオファイルは再生されません

エフェクト・特殊効果

そこでエフェクト(特殊効果)を使用してみました。

「ピクチャインピクチャ」というエフェクトですが、3のビデオファイルの再生サイズを小さくすることにより、その下にある「1と2のビデオファイルも同時に見られる」ようになるのです。

下図は、エフェクトがかかっている状態になりますが、左上に3のビデオファイルを小さく表示することにより、1のビデオファイルも見えていることがおわかりでしょう。

エフェクト・特殊効果の作業画面

さらに、スムーズに再生開始されるように、頭の部分に「フェードイン」という、徐々に映像が現れるエフェクトもかけてみました。

タイトル・テロップ

このようにして、ストーリー全体をカバーする編集が完了したら、タイトルやテロップ(字幕)などを追加していきます。

ほとんどの編集ソフトが、タイトル作成機能やテロップ作成機能を持っているので、それを活用するのが簡単ですが、凝ったタイトルを作成したい場合、それ専用の「モーショングラフィックスソフト」を使用すできます。

タイトル・テロップの完成イメージ

音声編集(ミキシング)

先ほどの図をご覧いただいてもおわかりのように、ビデオファイルには同時録音された音声ファイルも付属しています。この音声ファイルは「タイムライン」に並べた分だけ、すべて同時に再生されます。

つまり、あとから製品説明といった音声を録音(アフレコ)でき、BGMを乗せることも可能です。

ただし、そのままだとすべて同じ音量で再生されてしまうので、バランスを取る作業(ミキシング)が必須となります。

これも動画編集ソフト単体で行えるものの、音声のみ外部に書き出し、専用ソフトで編集が行われる場合も多くなっています。

ビデオ書き出し

すべての作業が完了したら、最終的に公開するためのフォーマット(YouTubeであれば、H.264が一般的です)にビデオを書き出し、完成です。

ビデオの書き出し

動画マーケティングを成功させよう

動画マーケティングとははっきりとした定義がなされているわけではありませんが、企業が「自社製品やサービスのマーケティングに動画を活用する」ことであり、一般的にはWebコンテンツの形態で提供されています。

その内容は本格的な製品PV(プロモーションビデオ)から、自社製品の使い方のような「How Toもの」まで、企業のマーケティングに対する考え方の違いでさまざまです。YouTubeチャネルへの投稿や自社サーバーの使用まで、運用方法も多種多様になっています。

ぜひ、動画マーケティングを成功させてプロモーションに活用してみてください。

動画マーケティングとは?動画制作メリット・デメリット・最新事例・動画広告市場規模
動画を活用した「動画マーケティング」が注目されていますが、実際に動画コンテンツを制作して動画マーケティングに取り組...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

動画・映像制作サービス選び方ガイド_20240104.pptx.pdf
動画制作・映像制作
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
動画制作・映像制作の最近更新された記事