動画制作・映像制作の関連情報

コピー完了

記事TOP

動画制作サービスとは?導入メリットや注意点・おすすめサービス

最終更新日:(記事の情報は現在から68日前のものです)
動画制作サービスは、効果的な動画を制作し企業の動画マーケティングを支援するサービスです。動画制作だけでなく、戦略から配信、効果測定など幅広く対応したサービスが多く、マーケティング課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、動画制作サービスの導入メリットや選ぶポイントを紹介します。

【厳選】おすすめ動画制作・映像制作サービスをまとめてチェック!
動画制作・映像制作サービスの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ動画制作・映像制作サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ動画制作・映像制作サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

動画制作サービスとは

動画制作サービスとは、動画の企画・撮影・編集・配信などを行ってくれるサービスのことです。商品や企業の説明、プロモーション、SNSで使用する動画など幅広い用途があり、マーケティングの有効な手段として、多くの企業が活用しています。

動画マーケティングが注目されている背景

動画マーケティングとは、動画を活用して商品やサービスの魅力を伝えたり、ブランドの認知度を高めたりするマーケティング手法です。動画マーケティングが注目されている背景には、次のような理由があります。

情報量が多く視覚・聴覚を利用した訴求ができる

動画は、テキストや画像よりも情報量が多く、視覚と聴覚の両方を刺激するため、記憶に残りやすく、購買意欲を高める効果があるとされています。

2014年4月には、Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士が「1分間の動画はWebページだと3,600ページ分に匹敵する情報量をもつ」といった研究結果を発表しました。さらに、閲覧者への影響も大きく、動画を利用するとプロダクトへの理解が74%高まり、商品の購入率が64%アップするといったことまで明らかになっています。

また、感情やストーリーを伝えやすく、商品やブランドに対する印象や信頼を高めやすいことも魅力として挙げられます。

動画マーケティングのスゴさを資料化!1分観るだけでWebサイト3,600ページに相当?
1分間の動画はWebサイト3,600ページに相当する情報量と言われています。それを活用した動画マーケティングについ...
詳細を見る

拡散力が高く話題になりやすい

動画はSNSやYouTubeなどのプラットフォームで簡単に共有や拡散ができ、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で手軽に視聴が可能です。

また、拡散力が高いため、口コミの力で多くの人に届く可能性があります。さらに、ユーザーの行動や反応を測定しやすく、改善施策の実施が行いやすいことも特徴です。

若年層(Z世代)の多くは動画視聴から情報を得ている

若年層、とくにZ世代は、テキストよりも動画で情報収集することを好む傾向にあります。YouTubeやTikTokといった動画プラットフォームは、彼らにとって主要な情報源の一つです。

このため、若年層をターゲットにしたマーケティング戦略において、動画コンテンツの活用は非常に効果的でしょう。

インターネット環境やデバイスが充実してきた

高速インターネット接続の普及と、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスの性能向上により、いつでもどこでも高画質な動画を視聴できるようになりました。

これにより、消費者は動画コンテンツをより手軽に楽しめ、マーケティングの観点からも動画コンテンツの重要性が高まる要因となっています。

動画配信プラットフォームも一般的になっている

YouTubeやVimeo、TikTokなど、動画を配信するためのプラットフォームが一般的になり、誰でも容易に動画コンテンツを公開できるようになりました。

これにより、企業や個人が動画マーケティングを行う際のハードルが大幅に下がり、より多くのクリエイターやブランドが動画を通じて情報発信を行うようになったのも、動画マーケティングが注目されている背景でしょう。

動画制作サービスで制作できる動画のジャンル

一言に動画制作と言っても、目的に合わせてさまざまな動画のジャンルが存在します。一般的に、企業が制作する動画ジャンルは次のとおりです。

  • プロモーション・広告用動画
  • サービス・商品紹介動画
  • デモンストレーション動画
  • マニュアル動画
  • FAQ動画
  • ブランディング動画
  • 企業説明・採用動画
  • セミナー・研修動画
  • インタビュー動画

プロモーション・広告用動画

プロモーション・広告用動画は、特定の商品やサービス、イベントの魅力を短時間で効果的に伝えることを目的として制作されます。これらの動画は視聴者の注意を引き、関心を喚起し、行動を促すための訴求ポイントが明確にされているのが特徴です。

プロモーション・広告用動画の制作では、ターゲットとする視聴者層を明確にし、ニーズや関心に合わせたコンテンツを企画することが重要です。また、動画の公開プラットフォームや配信方法も、ターゲット層のメディア消費行動を踏まえて慎重に選ぶ必要があります。たとえば、若年層をターゲットにする場合は、SNSやYouTubeなどのプラットフォームでの配信が効果的でしょう。

サービス・商品紹介動画

サービス・商品紹介動画は、製品やサービスの特徴、利点、使用方法を詳細に説明し、顧客が理解することを目的としています。この種の動画は、見込み客に対して製品の価値を具体的に伝え、購入意欲を喚起させるために制作されます。

たとえば、新しい技術を用いた家電製品の紹介動画では、機能の詳細や生活へのメリットを実演しながら説明することで、視聴者に製品の魅力が直感的に伝わります。また、オンラインサービスの紹介動画では、画面操作のデモンストレーションを通じて、利用方法やサービスの便利さをアピールします。

サービス・商品紹介動画は、公式Webサイト、製品のランディングページ、ECサイト、SNSなど、さまざまなプラットフォームで活用されます。紹介動画は顧客の製品理解を深めるだけでなく、最終的な購買決定に大きな影響を与えるものになるでしょう。

デモンストレーション動画

デモンストレーション動画は、製品やサービスが実際にどのように機能するのかを実演し、使い方や効果を直接的に視聴者に見せることを目的とした動画です。この種の動画は、とくに操作が複雑な機器や、使用することで得られる効果が直接視覚化できる製品に適しています。

例として、キッチン用品のデモンストレーション動画では、料理の調理過程を通じて製品の使い勝手や機能性を紹介します。この場合、実際に製品を使って料理する様子を映し出すことで、便利さや効率性を視聴者に直接感じてもらえるでしょう。

デモンストレーション動画の制作には、製品やサービスを理解し、魅力を最大限に引き出せる専門知識が求められます。また、実際に製品が使われているシーンを撮影するためには、適切な環境設定やプロの撮影技術が必要になる場合もあるでしょう。

デモンストレーション動画は、製品の購入を検討している顧客に対して、機能性や利便性を具体的に示せるため、購入意欲の喚起に直結します。WebサイトやSNS、展示会などの場で効果的に活用され、製品の理解を深め、購入に向けた最後の一押しとなることが期待されます。

マニュアル動画

マニュアル動画は、製品やサービスの使用方法、組み立て方、設定方法などを詳細に説明することを目的とした動画です。従来のテキストや画像ベースのマニュアルと比較して、実際の操作手順や使用シーンを動画で視覚的に示せるため、ユーザーの理解を深めやすく、より実践的なサポートが可能になります。

たとえば、電子機器のセットアップマニュアル動画では、電源の入れ方、基本的な操作方法、設定変更の手順などをステップバイステップで紹介します。ユーザーは動画を見ながら実際に操作を行い、テキストだけの説明ではわかりにくい部分も視覚的に理解できるため、初心者でも簡単に製品を使いこなせるようになるでしょう。

マニュアル動画の制作には、製品やサービスに精通しているだけでなく、解説する内容をわかりやすく伝えるための工夫が必要です。視覚的に理解しやすいアニメーションの挿入や、重要なポイントを強調するテキストの表示などが効果的です。

マニュアル動画は、製品サポートの一環としてWebサイトやSNS、YouTubeなどで公開され、製品の問い合わせ減少や顧客満足度の向上に貢献します。また、ユーザー自身が問題を解決できるようになることで、カスタマーサポートの負担を軽減する効果も期待できます。

FAQ動画

FAQ動画は、よくある質問と回答を動画形式で提供することにより、ユーザーの疑問や問題を効果的に解決するためのコンテンツです。テキストベースのFAQセクションと比較して、動画は視聴者により直感的で理解しやすい説明を提供できるため、ユーザーエクスペリエンスの向上に貢献します。

オンラインサービスの登録方法、アプリの基本的な使い方、製品のトラブルシューティング方法など、ユーザーから頻繁に寄せられる質問をピックアップし、それぞれに対する解説動画を制作します。これにより、ユーザーは自分の疑問に対応する動画を選択し、視聴することで簡単に解決策を見つけられます。

FAQ動画は、マニュアル動画と同じくWebサイトやSNS、YouTubeチャンネルなど、さまざまなプラットフォームで共有できます。結果として、カスタマーサポートへの問い合わせを減少させることにも貢献します。

ブランディング動画

ブランディング動画は、企業や商品のブランド価値を伝え、視聴者に深い印象付けを目的とした動画です。これらの動画は、単に商品やサービスの機能を紹介するのではなく、企業理念、価値観、ストーリーを通じて、視聴者との感情的な結びつきを強化します。

ブランディング動画の制作においては、感情に訴えかけるストーリーテリングが重要です。視聴者が動画を見た後に、強い感情や共感を感じ、ブランドへの好意や信頼を高められれば、ブランディングの成功と言えるでしょう。そのため、高品質な映像、感動的な音楽、魅力的なナレーションを使用して、視聴者の心に残るコンテンツを作ることが求められます。

ブランディング動画の成功は、動画制作のクオリティと戦略設計にも大きく左右されます。動画制作サービスを利用する際は、企業や商品への深い理解をしてくれるサービスの選定が重要です。

企業説明・採用動画

企業説明・採用動画は、企業文化やビジョン、働く環境などを伝えるために制作されます。目的は、見込みの高い候補者に対して企業を魅力的に紹介し、彼らを応募へと動機づけることにあります。これらの動画では、実際に働く社員のインタビュー、オフィスの様子、日常の業務風景などが紹介され、雰囲気や文化を感じ取れるようにすることが大切です。

企業説明・採用動画の活用は、優れた候補者を引き付け、採用プロセスを加速させる効果的な手段です。魅力を的確に伝えることで、企業と候補者のミスマッチを防ぎ、長期的に企業に貢献できる人材を獲得することに貢献するでしょう。

セミナー・研修動画

セミナー・研修動画は、従業員の教育や専門知識の共有、顧客への情報提供を目的として制作されます。

セミナー・研修動画の制作においては、内容の正確性と理解しやすさが非常に重要です。実際の操作手順をビデオで撮影したり、アニメーションや図表を使用して複雑なプロセスをわかりやすく説明したりすることが必要です。また、インタラクティブな要素を取り入れて、視聴者の理解度をチェックするクイズや、疑問点を解消するためのFAQセクションを設けることもあります。

インタビュー動画

インタビュー動画は、特定の個人やグループ、経営者、業界の専門家、製品のユーザーなど、さまざまな人物を対象に行われるインタビューを動画に収めたものです。これらの動画は、視聴者に対して、対象者の意見や経験、知識、物語を直接伝えるために制作されます。インタビュー動画は、人々の感情に訴えかけ、ブランドや製品への信頼を築くのに有効です。

インタビュー動画の制作においては、対象者の選定、質問の準備、撮影環境の設定、編集プロセスなど、さまざまな要素が重要になります。効果的なインタビュー動画を制作するためには、対象者がリラックスして自然な様子で対応できる環境を整えること、視聴者が興味をもちやすい内容の質問を用意すること、視聴者の注意を引き付けるための映像技術を駆使することなどが求められます。

インタビュー動画は、視聴者に対して企業や製品の「人間的な側面」を示せるため、ブランドのパーソナリティを表現し、顧客との深い関係を築くのに役立つでしょう。また、専門家や業界リーダーのインタビューを通じて、企業が特定分野における知識や権威を示すことにもつながります。

このように、インタビュー動画は、視聴者に対して信頼と共感を生み出す有力な手段となります。

動画制作サービスの導入メリット

動画制作サービスを導入することで、次のようなメリットが得られます。

  • 効果の高い動画を制作できる
  • 戦略から依頼できる
  • 機材やソフトなどの準備が不要
  • 時間とリソースの削減が可能
  • マルチプラットフォーム対応が容易
  • 継続的なコンテンツ提供が可能

効果の高い動画を制作できる

動画制作サービスで動画を作成するのは、動画制作に必要な専門知識をもったプロのクリエイターたちです。そのため、動画制作サービスを導入することで、マーケティング戦略やターゲットオーディエンスにもとづいた効果の高い動画を制作できます。

さらに、動画制作の専門家は最新のトレンドやテクノロジーにも精通しているため、360度動画やVR動画などの新しいフォーマットを活用した革新的なコンテンツの提供も可能です。これにより、競合他社との差別化を図り、ブランドのイメージ向上に寄与するでしょう。

戦略から依頼できる

動画制作サービスでは動画の制作だけではなく、動画の戦略や分析も実施してくれる場合が多いことも魅力です。

動画の目的やターゲットを明確にし、動画のコンセプトやキーワードを競合調査のうえ選定してくれます。また、動画の配信や運用についてもアドバイスやサポートをしてくれるため、初心者で方向性がわからない場合や期待する効果が見られない場合にも有効です。

機材やソフトなどの準備が不要

動画制作サービスを導入するメリットとして、高品質な動画を制作するための専門機材やソフトウェアの準備が不要であることも挙げられます。最新のカメラや照明機材、映像編集ソフトなど、プロフェッショナルな動画制作に必要な設備は高価ですが、動画制作サービスを利用すれば、これらの機材やソフトウェアを用意する必要はありません。

また、専門チームがもつ最先端の設備を活用して、高解像度でクリアな映像品質の動画を制作可能です。これにより、限られた予算内で最大限の効果を発揮する動画コンテンツの制作が実現します。

動画撮影で必要となる出演者やナレーターなどのキャストの手配も行ってくれるため、機材の用意だけでなく人員探しも不要です。

時間とリソースの削減が可能

動画制作サービスを導入することで、自社で動画制作プロジェクトを進める際に必要となる時間とリソースを大幅に削減可能です。

専門の動画制作チームは、企画立案から撮影、編集、完成までのプロセスを効率的に管理し、短期間で高品質な動画を提供できます。これにより、社内の従業員が本来の業務に集中でき、プロジェクト全体の生産性を高めることにもつながります。

マルチプラットフォーム対応が容易

動画制作サービスを利用することで、異なるプラットフォームやデバイスに最適化された動画コンテンツの制作も容易になります。

専門の動画制作チームは、YouTube、Facebook、InstagramなどのSNSプラットフォームの特性や、スマートフォン、タブレット、パソコンといったデバイスごとの表示最適化に精通しています。これにより、ターゲットとするオーディエンスが使用するプラットフォームやデバイスに合わせた動画コンテンツを効率的に制作し、配信できるでしょう。

継続的なコンテンツ提供が可能

動画制作サービスを利用することで、一貫して高品質な動画コンテンツを継続的に提供できます。

専門の動画制作チームと長期的なパートナーシップを築くことで、ブランドのメッセージやイメージを一貫して伝えられ、視聴者との信頼関係を構築しやすくなります。また、定期的に新しい動画コンテンツを提供することで、オーディエンスの関心を維持し、エンゲージメントを高めることにもつながります。

動画制作できる人材を社内に抱えて内製化する選択肢もありますが、よほどの理由がない限り、属人化の観点から避けたほうが良いでしょう。

動画制作サービスを選ぶ際のポイント

動画制作サービスを選ぶ際には、次のようなポイントを意識しながら比較しましょう。

動画制作の実績はあるか

動画制作サービスを選ぶ際には、動画制作実績を確認することが重要です。動画制作実績を確認することで、動画制作サービスのクオリティやスタイル、得意分野などを把握できます。とくに、自社の業界や類似のプロジェクトに関する実績があるかどうかを確認することが重要です。

動画制作実績は、動画制作サービスの公式サイトやSNSなどで確認できます。確認する際は、動画の内容やメッセージ、動画の長さやフォーマット、視聴数や反応はどうかなどを確認することで、求める動画を制作してもらえるかの判断材料となるでしょう。

サービスの対応範囲はどれくらいか

動画制作サービスを選ぶ際は、サービスの対応範囲も確認しましょう。動画制作から配信、効果検証まで対応してもらえるのか、レポートや報告会はどのくらいの頻度であるのかなども確認しておくと安心です。

ほかにも、動画・映像の修正可能回数は何回か、修正可能回数を超えた場合の追加料金や納期の延長についても、事前に確認しておきましょう。

企画の提案内容や動画の質は担保されているか

動画制作サービスが提案する企画内容や動画の質が、期待するレベルを満たしているかを確認しましょう。

質の高い動画を制作するためには、クリエイティブなアイデアと高い技術力が必要です。事前にポートフォリオを確認し、イメージに合ったクオリティの動画を提供できるかを判断するとよいです。

得意な分野や領域はどこか

動画制作サービスが得意とする分野や領域を確認することも重要です。たとえば、あるサービスは教育関連の動画制作に強みをもっていたり、別のサービスは企業紹介や商品紹介に特化していることもあります。

目的に合った得意分野があるサービスを選択することで、期待以上の結果を得られる可能性が高まります。

企業や製品に対して深い理解をもってくれるか

動画制作チームが、自社の製品やサービスの本質を深く理解し、動画で表現できるかどうかは非常に重要です。

とくに、動画にしたい商材が技術的に複雑な製品だったり、特殊なサービスを提供していたりする場合、動画制作チームが本質を理解できない可能性もあります。

魅力を正確に伝えるためには、制作サービスと十分なコミュニケーションを取り、深い理解を求める必要があります。場合によっては、サービス自体を動画制作チームに提供し、実際に使ってもらうといった方法もおすすめです。

サービス自体の強みが明確か

動画制作に関して素人の場合は、どのサービスが作る動画も同じに見えてしまうことがあるでしょう。サービス自体の強みや特色はどこにあるのか、強みはニーズに合致しているかを確認することも、比較材料のひとつです。

動画制作サービス導入時の注意点

動画は注目度の高いマーケティング手法ですが、動画制作にはいくつかの注意点があります。動画制作サービスを利用する前に、次のような注意点があることも押さえておきましょう。

動画を作る目的が明確か

動画を制作する前に、目的を明確にすることが重要です。動画を通じて何を伝えたいのか、どのようなアクションを促したいのかを具体的に定義しておく必要があります。

たとえば、新商品の紹介、ブランド認知度の向上、マニュアルの提供など、目的に応じて制作する動画の種類や内容が変わってきます。目的が不明瞭なまま制作を進めると、効果的な動画を作ることが難しくなります。

また、動画制作サービスに依頼したあと動画の内容や品質に不満がある場合は、フィードバックや修正依頼ができます。フィードバックの際にも、具体的な理由や要望を伝えることが必要です。クオリティの高い動画を制作するためにも、動画制作の目的は常に意識しておきましょう。

動画を配信する媒体はあるか

動画を配信する媒体も事前に検討しておく必要があります。動画を見てもらうためには、YouTube、ウェビナー、自社Webサイト、SNSなど、適切な配信プラットフォームを選ぶことが重要です。

配信媒体によって、動画のフォーマットや長さ、視聴者の嗜好などが異なるため、事前に配信媒体を決定し、特性に合わせた動画制作を行うことが効果的です。

十分な予算は確保できているか

動画制作には、制作費用だけでなく、配信にかかる費用や広告費用も考慮する必要があります。高品質な動画を制作するためには相応の予算が必要になることが多いため、事前に予算を確認し、制作コストと効果を天秤にかけて検討することが重要です。

不足している場合は、動画の尺を短くする、素材をシンプルにするなどの工夫が必要になるでしょう。また、予算が厳しい場合はそもそも動画制作が適切な手法かどうかも、あらためて検討するとよいです。

動画制作でかかる費用は何で決まる?

動画制作でかかる費用は、多くの要素にもとづいて決まります。具体的には、動画の尺の長さ、使用する動画素材の種類、そして作業範囲が主な要素です。

尺の長さ

動画の尺、つまり動画の長さは、制作費用に大きく影響します。長い動画ほど多くの時間とリソースが必要になるため、費用も高くなります。

たとえば、30秒のプロモーション動画と3分間のサービス紹介動画では、制作にかかる時間と労力が異なるため、当然費用も異なります。

使用する動画素材

動画制作においては、使用する素材によっても費用が変わります。

たとえば、既存のイラストやフリー素材を使用する場合は低コストのまま抑えられますが、オリジナルのイラストを新たに作成する場合や、高度なCGやアニメーションを使用する場合は費用が高くなります。

また、インタビューや実写動画の場合は、撮影に必要な機材やロケーション、キャストによっても費用が異なります。

担当する作業範囲

動画制作サービスが担当する作業の範囲によっても、費用は大きく変わります。

企画や戦略設計から始まり、ディレクション、撮影、編集、そしてナレーションの追加まで、制作過程のすべてをカバーする場合は、それぞれの工程に専門のスキルと時間が必要になるため、全体の費用が上がります。

逆に、撮影素材の提供を受けて編集のみを行う場合のように、作業範囲が限定されている場合は、費用を抑えられます。

おすすめの動画制作サービス・ソフト

次の記事では、口コミ評判で人気の動画制作サービスを多く紹介しています。動画制作サービスを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

動画制作サービス・ソフト比較おすすめ31選 | 映像素材サイトも
動画の重要性が増すなか、求められるクオリティも増す一方。スマートフォンでも簡単に動画を編集できるようになりましたが...
詳細を見る

動画制作サービスの導入で動画マーケティングをより効果的に

動画制作サービスは近年の動画マーケティングを効率的に行うために注目されているサービスです。動画制作サービスを選ぶ際には、動画制作実績の確認やサービスの対応範囲に着目して選ぶとスムーズでしょう。

動画の制作依頼をする際は、動画マーケティングを行う目的や内容を明確にしてから依頼することをおすすめします。動画制作サービスを導入して、自社のPRや商品・サービスの紹介を効率的に行いましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

動画・映像制作サービス選び方ガイド_20240104.pptx.pdf
動画制作・映像制作
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
動画制作・映像制作の最近更新された記事