コピー完了

記事TOP

BtoCマーケティングオートメーション(MA)ツール選定4つの注意点 | 特徴・事例

最終更新日:
BtoC向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールを選定する際は、コンシューマーマーケティングならではの特性に注意しなければなりません。4つの注意点とおすすめMAツールを紹介。BtoCマーケティングの特徴や事例も掲載しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MAツール(BtoC)の資料を無料DL

一口に“マーケティングオートメーション”と言っても、国内外あわせて実に100以上ものサービスが展開されており、その中でもBtoB向けやBtoC向けのものに細分化されます。

もともとはBtoBツールが主流でしたが、普及するにつれ、BtoCマーケティングオートメーションへの需要が高まりつつあります。BtoC MAツールではアクセス解析やWebページ最適化など、Webマーケティングに重要なツールが一つに集約され、PDCAサイクルを回すことでより効率的なマーケティング施策を打ち出せます。

では、BtoC向けのマーケティングオートメーションを選定する際はどんなことに注意すればいいのか?マーケティングオートメーションの選定方法、【BtoC向け編】を紹介します。

BtoB向けのマーケティングオートメーションについてはこちらの記事でまとめています。

BtoCの特性を理解しよう

BtoCとBtoBは単にビジネスモデルを分別する言葉ではなく、それぞれに特性があります。まずはBtoCマーケティングの特徴を理解しましょう。

1. 購買者と決済者は同一人物

BtoBにおける購買者と決済者は複数人存在し、組織的な意思決定のもと購入に至る場合がほとんどです。

対してBtoCでは購買者も決済者も同一人物です。そのため購入に至るまでのプロセスでは経済的合理性のみでなく、本人の興味や関心が深く関わってくる場合が多くなります。

2. 購入までの期間が短い

複数人での会議・検討などを経てようやく購入に至るBtoBでは、製品(サービス)購入までに数か月かかる場合がほとんどです。

しかしBtoCでは購入までの期間が短く、早ければ商品を見た瞬間に購入されます。検討に入ったとしても購入までに数か月かかるということはまずないでしょう。

3. 顧客数が多い

BtoBの顧客数は一般的に1,000~10,000程度といわれています。それに対してBtoCでは、サービス内容次第では数万~数百万にもなります。

4. 購入基準が嗜好に左右されやすい

コンシューマー向け製品の購入基準には個人の趣味や関心が大きく反映されます。まったく同じ商品であったとしても一方の商品に自分の好きなキャラクターなどが起用されていれば、多少金額差があったとしても自分が好きなものを選びます。

BtoC向けMAツール選定時の注意点

それではBtoCの特性を理解したうえで、BtoC向けMAツールの選定時に注意すべき点を紹介します。

1. メールマーケティング機能の充実

BtoC向けマーケティングオートメーションでは、メールマーケティングの自動化が基本となります。そのためメールマーケティング機能の充実は外せません。

シナリオ設定、開封率測定、配信時間設定などの基本機能は必ず押さえておきましょう。

下記の記事でメールマーケティングについて詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

2. システムの視認性

設定したシナリオやその結果など、メールマーケティングにおけるデータの視認性は非常に重要です。PDCAサイクルを効率的に回すためには信頼性の高いデータが必要なので、瞬時にデータを把握できるUIであればベスト。

3. 簡単なWebコンテンツ機能

従来マーケターが新たな施策をWebサイトに反映させるためには、プログラミング知識を持つかエンジニアに依頼するかが必要でした。自身でプログラミングができない場合PDCAサイクルにロスタイムが発生するため、業務効率化を阻む原因ともなっていました。

近年は、専門知識がなくても扱えるツールが増えています。Webコンテンツを簡単にカスタムできるマーケティングオートメーションツールなら、施策をスピーディーに反映でき、業務効率化が加速し回転率のいいPDCAサイクルを生み出します。

4. 位置情報が活用できるか

オンラインからオフラインへと誘導するO2Oマーケティングを施策している企業が多く存在しますが、そんなマーケティング戦略に欠かせないのが位置情報機能です。

Webサイトにて購買意欲のある顧客が、実店舗付近にいる際にキャンペーンメールを送信することで、顧客の購買意欲を掻き立てられるでしょう。

BtoC向けMAツール【厳選】

注目のMAツール(BtoC)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめMAツールをまとめてチェック!
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

BtoC向けMAツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。メールマーケティングの自動化やWebコンテンツのカスタマイズなどさまざまな目的で導入されるMAツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ 画像出典:b→dash(ビーダッシュ)公式サイト

b→dashは、データも機能も一点に集約できるAll in oneのマーケティングプラットフォームです。データは一元管理されるので、どこからでもスムーズにアクセスできます。また、あらゆる機能を搭載しているので、他のMAツールと並行して利用する煩わしさもありません。

また、MAツールを利用したことがない人にもおすすめです。直感的なUI/UXに加え、専任のサポーターが助けてくれるので、導入しても利用できない状況を生み出しません。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
b→dashの資料を無料DL

Marketo Engage - アドビシステムズ 株式会社

Marketo Engage - アドビシステムズ 株式会社 画像出典:Marketo Engage公式サイト

Marketo Engageは、全世界で約5,000もの導入実績を誇るMAツールです。

コーディングなどのITスキルは不要で、誰でも最適なマーケティング施策の設計・実行が可能です。1つのカレンダーで一元的にマーケティング活動を計画・調整・共有できるので、マーケティングROIの測定・算定が容易になり、より効果のある活動だけに注力しやすい体制を構築できます。業種・業界や企業規模を問わず利用できるので、65,000人以上のユーザーが集うコミュニティを全世界で形成しており、日本においても2,000人以上のユーザーが日々交流をしています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Marketo Engageの資料を無料DL

AutoLine(オートライン) - 株式会社TimeTechnologies

AutoLine(オートライン) - 株式会社TimeTechnologies 画像出典:AutoLine(オートライン)公式サイト

  • あらゆる行動を友だち(会員)獲得の機会に
  • ユーザーデータの収集により効率的な分析
  • ユーザーごとに効果的なアプローチが可能

AutoLine(オートライン)は、友だち獲得やユーザビリティ向上のための機能が充実した、LINE特化型マーケティングオートメーションです。サイト回遊中や離脱時に、任意のタイミングでサイト内ポップアップを表示したり、友だち以外のユーザーにLINEで通知メッセージを送るなどさまざまな行動を友だち獲得の有効な機会につなげられます。自社システムのデータや友だち登録チャネル、Web上の行動履歴などチャネルごとで収集したデータを活用し、各ユーザーに最適化したメッセージ配信が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
AutoLineの資料を無料DL

MOTENASU - 株式会社FID

MOTENASU - 株式会社FID 画像出典:MOTENASU公式サイト

MOTENASUは、顧客への「おもてなし」を取り入れた次世代型MAツールです。

メール、LINE@など顧客一人ひとりにあわせたチャネルをシナリオに組み込め、顧客の属性に合わせた施策を自動で実行できます。また「配布物発注システム」により、オフラインでOne to Oneマーケティングを実施。同一内容のDMを一斉送付するのではなく、個々人にあわせた内容のDMを1枚から発送でき、きめ細やかな顧客対応を実現します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MOTENASUの資料を無料DL

アクティブコア マーケティングクラウド


アクティブコア マーケティングクラウドは、ひとつの管理画面で分析・レコメンド・マーケティングオートメーションが完結できるBtoC向けのマーケティングオートメーションツールです。利用者にあわせた機能やカスタマイズなども可能で、要望や問い合わせなども即時に対応してくれる顧客に寄り添ったサポートも嬉しいポイントです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
アクティブコア マーケティングクラウドの資料を無料DL

Aimstar

Aimstarは高度な分析からキャンペーン管理までを簡単かつ高速に実施するBtoC向けツールです。さまざまなデータを一元管理でき、マーケターの知りたい結果をすぐに把握できます。

機械学習を組み込んだ分析の自動化など強力な分析機能により効果の高いキャンペーンを実現します。業種別のシナリオテンプレートの提供やクイックキャンペーン機能を搭載しており、ライトユーザーからヘビーユーザーまで利用できるサービスです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Aimstarの資料を無料DL

R∞(アール・エイト)

R∞は、データを活用し、顧客ごと施策を自動で実行できる売上直結型のBtoC向けマーケティングオートメーションツールです。優良顧客の育成に必要なさまざまな機能を最初から最後までトータルで提供しています。

売上達成に直結する分析を行うことができ、顧客にどのようなアプローチをすればよいのかをわかりやすいダッシュボードによって把握できます。

紹介したサービスをまとめて比較したい方は、下記のボタンからまとめて資料ダウンロードがおすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MAツール(BtoC)の資料を無料DL

また、マーケティングオートメーションのサービスについて以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

BtoC向けMAツールの選び方

MA(マーケティングオートメーション)ツールを選ぶ際のポイントとして、次の3点が挙げられます。

  1. マーケティングオートメーションツールで管理できるリード数
  2. 営業部門も使えるツールかどうか
  3. SFACRMと連携できるかどうか

ボクシルが作成したマーケティングオートメーションツールの選び方ガイドでは、選ぶ際のポイントだけでなく、マーケティングオートメーションツールを導入するメリットやデメリットといったMAに関する詳細情報を掲載しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MAツールの選び方ガイドを無料DL

導入事例・成功した企業の特徴

以下の記事では、MAツールの導入事例や導入に成功した企業の特徴について特集しています。

BtoCマーケティングの特性を理解してツールを導入しよう

BtoC向けマーケティングオートメーションはBtoB向けとは異なります。実際は両方に対応したツールも多くありますが、厳密には搭載機能が異なったり、必要機能が満たされていなかったりと、十分でない場合があります。

まずはBtoCマーケティングの特性を頭に入れつつ、注意点を押さえてマーケティングオートメーションを導入しましょう。BtoC向けのMAツールに関連して、CCCMについては以下の記事でも解説しています。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

MAツール(BtoC)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社フロムスクラッチ、アドビ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事