Article square balloon green
2016-12-06

O2Oとは | 意味・オムニチャネルとの違い・アプリサービスおすすめ14選【比較表】

O2O(Online to Offline)アプリ・サービスには、さまざまな種類があります。O2Oの意味やオムニチャネルとの違いを解説し、サービスを14個比較します。
マーケティングo2o
Large

O2Oとは

そもそもO2Oとは?

O2Oとは「Online to Offline」の略で、オンライン(インターネット)の情報がオフライン(現実世界)の活動に影響を与えたり、行動を促すサービスなどのことを示しており、主にEコマースの分野で使われています。

インターネット上での施策によって新たな顧客を開拓し、購買に結び付けられることが、マーケティング面でのメリットとして挙げられます。また、実行後その効果が測定しやすいというメリットもあります。代表的な例としては、Webサイト上でクーポンを掲載して実店舗でそのクーポンを使ってもらうことなどがあげられます。また最近ではスマホを使った位置情報を活用したアプリなども出てきています。

オムニチャネルと何が違うの?

O2Oと似た概念としてオムニチャネルがあります。まずオムニチャネルとは、顧客が購買できるあらゆる(オムニ)購買ルートや購買場所(チャネル)をつなげ、顧客があらゆるルートからアクセスできるようにすることです。

今さら聞けないオムニチャネル・マルチチャネルとは?違い・意味・導入方法【小売用語】 | ボクシルマガジン
多様化する顧客ニーズに対応すべく、新たな顧客接点を構築するオムニチャネルが注目されています。この記事では、オムニチ...

これに対してO2Oは上記のようにオンラインからオフラインのルートに限定したものです。O2Oとオムニチャネルでは実際に関わってくる顧客の種類や数も異なってくるため、この2つのマーケティングにおける施策の方法などは異なってきます。

O2Oに焦点を当て、O2Oが普及し始めた詳しい背景などについては、記事の中で紹介していきますのでそちらもぜひ参考にしてください。

また、より大きなマーケティング効果を得られるO2Oアプリ・サービスを14選比較できるよう紹介します。

1. おすすめのO2Oアプリ・サービス

バーコードプロモーション(店頭ダイレクトマーケティング)

  • 流通を気にせず、サービス導入可能
  • コストカットしながら的確なキャンペーン実施
  • 購入者属性の把握でマーケティングも有利

バーコードプロモーションは、メーカーが利用するO2O販促サービスです。レシートやバーコードのデータを用いることで、店舗間の隔たりにとらわれることなく、キャンペーンを実施できます。また、データを取得できているので、キャンペーンによる結果の集計や分析も簡単に行えます。このサービスによって、プロモーション全体のカバーができるようになっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
バーコードプロモーションの資料を無料DL

giftee(ギフティ)

  • 今すぐ簡単に贈れる
  • 住所を知らない相手にも
  • 贈れるギフトは100円から

gifteeは、小さな感謝の気持ちと一緒に、メールやLINEなどで気軽にギフトを送れるサービスです。個人間でも使いやすいサービスで、日ごろのありがとうを伝える時など、思い立ったときすぐに贈れるカジュアルギフトを取り揃えています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
gifteeの資料を無料DL

Orange EC

  • 店舗とECサイトのポイント統合
  • ECサイトと店舗の在庫を一元管理
  • ECサイトからの注文の店舗受取、取り置き予約

Orange ECは、ECサイトを構築する基本的な機能を標準搭載しているパッケージです。
パッケージをベースにした機能追加や、各種サービスと連携することで、最短期間・低コストで作りたいECサイトを構築できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Orange ECの資料を無料DL

PCON(ピーコン)

  • 位置情報と連動した情報配信
  • 最適なタイミングで通知が可能
  • グラフィカルな解析機能

PCONは、iBeaconとスマートフォンを利用して顧客の位置情報を取得し、その情報を活用してさまざまなサービスを実現するまったく新しいO2O集客ツールです。 たとえば商業施設などの店舗や敷地内に設置することで顧客の位置情報を取得し、その行動履歴を把握可能になります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
PCONの資料を無料DL

dodo point(ドドポイント)

  • 「手ぶらで」利用できるから利用率が高い
  • リピート率や購買行動を「見える化」
  • クーポン「回収率」が圧倒的に高い

dodo pointは、カード・アプリ不要でタブレットに携帯番号を入力するだけ「手ぶらで」ポイント付与ができる、日本初のクラウド型ポイントシステムです。顧客情報の収集や、ターゲティングしたクーポン配信でリピーター獲得のお手伝いをします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
dodo pointの資料を無料DL

O2Oアプリ・サービスの一括資料請求

ボクシルで紹介しているO2Oアプリのサービス資料を一括で見たいという方は下記のリンクからどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
O2Oアプリ・サービスの資料を無料DL

2. 実店舗向けのO2Oアプリ・サービス

オンライン上のさまざまな施策によって実店舗へ顧客獲得や購買促進を実現できる、O2Oアプリ・サービスです。Beacon対応型やスマホアプリ連動型のものなどもあり、O2Oマーケティング効果を得られることで顧客獲得や購買促進につながります。

店舗アプリ

  • 誰でも作れるアプリ簡単作成
  • ハイブリッド採用で簡単更新
  • アプリしかできない便利機能

店舗アプリは、プッシュ通知、クーポン配信、来店スタンプカードなど多数の集客機能を備えております。 Tenpo appお店のアプリをもっと簡単に、集客も思いのままに。 「店舗アプリ」では、高品質のお店公式アプリ(iPhone®/Andorid™)を簡単に作成できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
店舗アプリの資料を無料DL

GMOチェックイン

  • ユーザーのアクティブ化
  • ユーザーメリットを与えながらマネタイズが可能
  • ユーザーとのグリップ力を強化してアプリの継続利用を促進

GMOチェックインは、実績ある多数の大手ネットメディアやスマホアプリから実店舗へユーザーを送客する、来店連動型広告サービスです。媒体等掲載による来店の動機付け、通知機能によるお知らせ配信、インセンティブ付与を行えます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GMOチェックインの資料を無料DL

O2Oクラウドサービス RUNWAY(ランウェイ)

  • 統合管理
  • AR対応
  • 豊富な導入実績

O2Oクラウドサービス RUNWAYは、重要なマーケティング要素である「コンテンツ」「Webやアプリ、実店舗などのチャネル」「消費者の属性」「消費者の行動履歴」「EC」を統合管理できるクラウドサービスです。スマホアプリを通じてプッシュ配信、イベント情報の配信や目の前の商品に関連したコンテンツの表示などを簡単に行えます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
RUNWAYの資料を無料DL

ぽぷろう

  • 業界初!POP作成機能つき
  • 個店アプリが安く、速くもてる
  • 作ったPOPを印刷できる

ぽぷろうは個店で安価に利用可能で、店員の接客力を活かして、イキイキPOPを作成・配信できます。POP作成にかかる時間は90秒です。毎月季節のデザインが更新されるから、飽きずに楽しく運用できます。売上をアップする、町のお店のためのスマホアプリサービスです。

ハッピーのろし(ハピのろ)

  • 積極的な販売促進
  • 集客力アップ
  • 広がる可能性

ハッピーのろしは、iBeaconビーコン)を使ったスマートフォン向け情報発信サービスを提供するサービスです。 これによって積極的な販売促進、プッシュ通知で集客力アップ、リアルタイムの情報提供で顧客満足度の向上など、さまざまな効果を得られます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ハッピーのろしの資料を無料DL

3. イベント向けのO2Oアプリ・サービス

イベントやフェスなどで活躍してくれるO2Oアプリ・サービスを3種類紹介します。実店舗でも利用できるものもありますが参考になると思います。

Peatix(ピーティックス)

  • 参加者とつながれるグループ機能
  • 日本最大級、280万人が使用するアプリで集客
  • 即日チケット販売可能。告知ページは誰でも簡単3分で作成

Peatixは、チケットの申し込みからイベント当日の入場までペーパレスでご利用いただけるサービスです 。申し込みをしたチケットは、スマートフォンアプリやパソコンの画面上に表示されるので、面倒な受け取り手続きも不要です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Peatixの資料を無料DL

SnSnap(エスエヌスナップ)

  • アカウントに合ったハッシュタグを選定
  • すべての数値分析
  • さまざまなブランディングのお手伝い

SnSnapは、イベントへの来客者が会場の模様をスマートフォンで撮影し、 写真を「#」ハッシュタグでSNS投稿すると、会場でプリントして お持ち帰りいただけるサービスです。 クーポンやQRコードなどとの融合を行い、 新たなSNSを用いたO2Oマーケティングを提案します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SnSnapの資料を無料DL

GReeting BEACON(グリーティング・ビーコン)

  • ビーコンをマーケティングに活用
  • スキマ時間を有効活用
  • プロモーションアプリとしても活用

GReeting BEACONは、企業訪問時における受付業務や、ライブイベントが始まるまでの待ち時間など、グリーティングシーンにおけるスキマ時間を有効活用するプロモーションサービスです。ビーコン端末から割り当てられたIDが発信され、スマートフォンと通信をするので、その都度アプリ側の表示や対応を変えられます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GReeting BEACONの資料を無料DL

4. グルメ向けのO2Oアプリ・サービス

飲食店やグルメイベントなどに特化したO2Oアプリ・サービスです。1種類しか紹介していませんがぜひ参考にしてみてください。

favy(ファビー)

  • PCとスマートフォンに簡単に美しく対応
  • 簡単にメニューを追加
  • インターネット予約にも対応

favyは、すべてのお店がホームページを簡単に作るためのWEBサービスです。お店のホームページを作るのにHTMLやCSSなどの技術は不要。だれでも簡単に、スマートフォンだけでお店のホームページが公開できます。ユーザーは最低限のシンプルな文章とお店の写真をアップするだけ。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
favyの資料を無料DL

今回紹介したO2Oアプリ・サービスの比較表

目的によって適したアプリ・サービスが大きく異なるので一概に比較するのは難しいですが、価格が低く設定されているものが多いというのは共通して言えるポイントなのでお気軽に試してみてくださいね。

サービス名 料金 最低利用人数
バーコードプロモーション - -
giftee - -
Orange EC - 500人〜2000人
店舗アプリ 5,000円〜(1アプリダウンロードにつき) 1店舗〜
GMOチェックイン 初期費用・月額費用0円(広告手数料別途問い合わせ) 1店舗〜
PCON 初期費用150,000円〜 -
dodo point - 1店舗〜
O2Oクラウドサービス RUNWAY - -
ぽぷろう 初期費用30,000円〜/月額費用12,000円〜 1店舗〜
ハッピーのろし 初期費用50,000円(無料キャンペーンあり)/月額費用1,000円〜(キャンペーンあり) 1店舗〜
Peatix 初期費用・月額費用0円〜 1イベント〜
SnSnap - -
GReeting BEACON - -
favy 月額0円〜 -

※上記比較表内の欄に「ー」マークのあるものは情報掲載がなく、別途見積もり等お問い合わせが必要になります。

O2Oが広まった背景

O2Oが広まった背景にはスマートフォンやSNSの普及があげられます。従来ではインターネット広告やメルマガなどの宣伝を行うだけである程度の購買促進になりました。

しかし現在インターネット上は情報で溢れかえっているため、ユーザーは情報の取捨選択を行わざるを得なくなりました。そこでユーザーは自分が必要とする情報を必要なタイミングで自ら入手するということが増えてきました。すなわち、消費者優位という状況となっています。

またスマートフォンの影響もとても大きく、アプリでクーポンを得たり、GPSの機能を利用したりと必要な情報を入手するためにあらゆる手法が使われるようになりました。O2Oによる市場規模は今後さらなる拡大が予想されます。

だからこそ小売商売にとってO2Oでのマーケティング戦略は必要不可欠です。そこで店舗を運営されている方の多くは、新たな顧客の獲得やリピート率を上げるために、Webサイトを作成したり、クーポンを配信したりとさまざまな方法を駆使して売上向上につなげようと日々努力しています。

O2Oと同様にマーケティングに関連して「MA(マーケティングオートメーション)」という言葉をご存じでしょうか。これはマーケティングの各プロセスにおける作業を自動化するための仕組みやシステムのことを指します。O2Oと同様、マーケティングを効率化するために必要な仕組みなのでぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

マーケティングオートメーション(MA)とは | メリット・ツール比較・選び方・価格・機能 | ボクシルマガジン
マーケティングに効果のあるツールとして関心を集めるマーケティングオートメーション(MA)とは何でしょうか?基礎知識...

O2Oマーケティングの事例

ここまでにO2Oの説明などをしてきましたが、実際にO2Oを用いた集客の事例をいくつか紹介していきたいと思います。

1. クーポンと位置情報を用いた事例

【ガストアプリ】
すかいらーくグループのファミリーレストランのガストからモバイル向けアプリ「ガストアプリ」が配信されています。このアプリは2014年10 月に配信開始し同年12月末日までの2か月で約150万ダウンロードを達成しています。主な機能としては、アプリ限定のクーポンが配信されプッシュ通知が届いたり、GPS機能を利用して店舗検索などができます。無料会員登録するだけでポイントや会員限定クーポンなどのサービスもありこれにより購買促進が行われています。これにより実際に売上高成長の要因にもなりました。

参考:すかいらーく2014 年度通期決算

このように簡単なアプリのダウンロードをしてもらい、その中からさらに無料会員登録してもらう、といったように誘導を繰り返す流れとなっているため消費者も抵抗なく使えます。また会員限定クーポンの配信や位置情報を取得することで、事業主にさまざまな種類のデータが集まり分析できます。購買促進をすると同時に、今後の課題や施策に活かすこともできます。

小さな店舗だとアプリを作るのは難しいという悩みもあると思いますが、下記のサービス紹介で既存のアプリを利用することで手軽に利用できるO2Oサービスもございますのでぜひ参考にしてみてください。

2. SNSを用いた事例

【#Ponta(ハッシュドポンタ)】
 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)が、Twitter Japanの協力のもと開発したO2O(Online to Offline)サービス「#Ponta(ハッシュドポンタ)」の第1弾として、エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平林 朗、以下「H.I.S.」)による『H.I.S.夏旅tweetキャンペーン』が、2013年8月1日(木)よりスタートします。
------------------中略--------------------
「#Ponta」は、Ponta会員がTwitter上でツイートするだけで、リアル店舗で利用できるPontaポイントがたまるサービスです。Ponta会員には、キャンペーンごとに特定の#ハッシュタグを付けてツイートするだけでおトクなキャンペーンに参加できる楽しさと利便性を、提携社にはキャンペーン情報の拡散効果を提供します。

引用:Twitterを活用したO2Oサービス「#Ponta(ハッシュドポンタ)」第1弾! H.I.S.社が『H.I.S.夏旅tweetキャンペーン』を実施

この事例で最も注目すべきポイントは、拡散力が強いということです。たとえばアプリなどのサービスではダウンロードしたり使用しても他のユーザーに通知されるということはありません。しかし「#Ponta」ではTwitterでツイートすることでサービスの条件が満たされるので、サービス自体が情報拡散行為となっているのです。またTwitterではリアルタイムに情報が流れるので、「より多くの人に」「今すぐに」知ってもらうことが可能となります。

以下のサービス紹介でSNSを用いたO2Oサービスもありますのでぜひ参考にしてみてください。

3. 実店舗と連携した事例

【ハードオフ】
ブランド品、本・DVDソフト、家電などの自動車を除いたリユース市場は国内だけで年間5000億円規模に上り、年間でおよそ10%程度の成長を続けている。現在、市場規模の約1割のシェアを獲得し、オーディオなど中古電化製品の小売りではNo.1の売上を誇るハードオフコーポレーションはリユース市場の成長をうながした要因のひとつでもあり、今もけん引し続ける存在だ。 そんな日本最大のリユースショップチェーン店が、これまで手掛けてこなかったネット販売戦略とECと店舗を活用したO2O施策に力を入れようとしている。
以下省略

引用:お客様事例(リユース業界:ハードオフコーポレーション)|小売りのミライを

この事例は、家電製品を中心とした中古商品の売買を行うハードオフがOrangeECを用いた例です。商品の仕入れが予測できないリユース業界でも可能なの?と思うかもしれませんが実はすでに使われているんです。これを可能にしているのが実店舗の在庫一元管理です。買取した商品と販売した商品の情報を素早くECサイトと共有できます。これにより店舗側は2重販売を防止でき、顧客は検索してほしい商品がある店舗を見つけられるので一石二鳥です。

ちなみにOrangeECは上記のおすすめのO2Oサービスでも紹介していますのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

O2Oアプリ・サービスの選び方

O2Oアプリ・サービスを選ぶ際のポイントとして、次の3点が挙げられます。

1. アプローチの手段

一つ目のポイントとして、顧客へのアプローチの手段が挙げられます。O2Oアプリ・サービスの中にはwebサイト、メール配信、アプリ、プッシュ通知、iBeaconなどさまざまな手段があり、各店舗に合ったものを選ぶことでより効果が得やすくなります。

ビーコン(Beacon)とは | iBeaconの概要と導入事例について解説 | ボクシルマガジン
ここではスマホの位置情報を利用したIoTの技術であるiBeaconについて紹介します。また、ビーコン(Beacon...

2. 実店舗との連携

二つ目にポイントとして、O2Oアプリ・サービスと実店舗との連携が挙げられます。実店舗の在庫状況をリアルタイムで共有できるのか、実店舗側に実績データなどが送られ一元化できるようになっているのかといった連携がどこまでできるのかが重要となります。

3. データ分析

三つ目のポイントとして、O2Oアプリから得られたデータが分析されるかが挙げられます。アプリによってはリピート率やクーポンの回収率などを分析してくれるものもあり、この分析結果で改善点を見つけられます。

O2Oアプリ・サービスまとめ

マーケティング効果を得られるO2Oアプリ・サービスを14選、紹介しました。低コストで手軽に導入できるものから実用的なものまで、多様なO2Oアプリ・サービスの中から適したもの選択することで、顧客へのより良い購買誘導ができます。

手軽に始められるので、ぜひトライしてO2Oアプリ・サービス利用を始めてみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事