コピー完了

記事TOP

ハッシュタグとは | Instagram・Twitter・Facebookでの付け方を各SNSごとに解説

最終更新日:
公開日:
ハッシュタグとは、投稿をカテゴライズして検索を容易にするためにハッシュマーク(#)を付ける形のラベルのことです。ハッシュタグにより、拡散力を高めて認知度向上を図れるといったメリットがあります。インスタグラムやツイッターなどの各SNSでの使い方やハッシュタグの付け方を解説をします。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとは、言葉の前に#(ハッシュマーク)を付けるラベルのことです。「#(ハッシュマーク) + 文字列」の形で利用されるのが一般的です。

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSで活用され、投稿をカテゴライズして検索を容易にできます。

ハッシュタグを付ける意味

ハッシュタグは、SNSによる投稿のタグとして利用されます。ハッシュタグのあとに特定のキーワードを付けると、投稿がタグ化される仕組みです。

タグ化によって同じキーワードでの投稿を簡単に検索でき、趣味・関心の似たユーザー同士で話題を共有できるのが一般的な使われ方です。

ハッシュタグ検索に引っかかるメリット

ハッシュタグ検索のメリットは、知りたい情報がすぐに見つかることや、情報の信頼度が高いことが挙げられます。ハッシュタグ検索では、ユーザーのリアルの声がわかるため、口コミとしての役割を果たします。

今では、ネット検索よりもSNSによるハッシュタグ検索をする方も多いようです。

ハッシュマークとシャープの違い

ハッシュマークとシャープの記号は別物です。ハッシュマークは#、シャープは♯の形となります。ハッシュマークは横線が水平で、縦線が右に少し傾いているという違いがあります。シャープは、縦線が垂直で、横線が少し右上がりです。

ハッシュマークは日本語で「井桁」と呼ばれ、「いげた」と入力し変換すると、ハッシュマークが出てきます。キーボードでは「3」に割り当てられています。

ハッシュマークは、ラベリングとしての機能があり、シャープは音楽で使用される半音上げる意味をもつ記号です。

ハッシュタグの歴史はTwitterから

ハッシュタグは、Twitterのユーザーが利用したことがきっかけで広まりました。

あるTwitterユーザーが、Barcampというイベント開催に際し「#を使ってつぶやこう」と呼び掛けたのが始まりです。

そこから多くのユーザーに広がっていき、2009年にTwitter公式がハッシュタグ機能の実装を発表しました。当初は英数字のみしか使用できませんでしたが、2011年には漢字やひらがなに対応し、現在は「日本語のハッシュタグ」も利用可能です。

ハッシュタグの使い方

ハッシュタグの付け方や使い方を、主要なSNSである「Instagram」「Twitter」「Facebook」のそれぞれで簡単に説明します。

Instagramのハッシュタグの付け方

Instagram(インスタグラム)とは、ユーザーが撮影した写真を共有できる、スマートデバイス向けの写真・動画共有SNSです。

ハッシュタグはInstagramで最も利用されているようです。一般的に、ハッシュタグは単語ごとに付けられますが、文章のようなスタイルで差別化を図るのも新しい使い方と言えるでしょう。

Instagramを起動

Instagramを起動し、下のアイコンを選択します。(※カメラアイコンの場合は、それを選択してください。)

Instagram 投稿

投稿する写真(イメージ)を選択

「ライブラリ」から写真一覧を表示させ、選択して「次へ」をタップします。

今撮影した写真を投稿したい場合は「写真」タブを選び、フィルタ(特殊効果)を適用してから「次へ」をタップします。(下図の1~5の手順)

Instagram 画像選択しフィルタの適用

キャプション入力画面からハッシュタグを挿入

「キャプションを書く」をタップし、写真の説明文とハッシュタグを挿入していきます。

ハッシュタグを入力するには「半角」で「#(ハッシュタグ)」を入力します。「全角」で入力すると、ハッシュタグが反映されないので注意しましょう。

Instagram投稿 キャプションやハッシュタグ入力

画像を投稿して確認

単語を入力すると、関連するタグ候補一覧が表示されます。

キャプションとハッシュタグを確認し「シェアする」をタップすると画像が投稿されます。
Instagramでは、ハッシュタグを30個まで追加できます。

Instagram 投稿のシェア

投稿した画像のハッシュタグをタップすると、同じハッシュタグを付けている投稿の一覧が表示されます。「最新」の投稿を確認し、自分の投稿があるか見てみましょう。

Instagram ハッシュタグ検索

Instagramでは、ハッシュタグをフォローする機能もあります。この機能により、自分の知りたいキーワードの最新情報が常にチェックできるようになりました。

Instagramでのハッシュタグ付け方をさらに詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

Twitterのハッシュタグの付け方

Twitterにおけるハッシュタグの付け方は、「#(ハッシュタグ)」の後にタグにしたい単語を入力するだけです。ハッシュタグの前に文章がある場合は、スペースを空ける必要があります。ハッシュタグは全角でも半角でも構いません

Twitter ハッシュタグ投稿

また、Twitterでハッシュタグのついたツイートを見たい場合は、検索ボックスにキーワードを入力して検索しましょう。

Twitterの「最近のトレンド」には、人気のあるハッシュタグが表示されることもあり、ハッシュタグを活用することで大きな話題を起こせる可能性があります。

Twitter ハッシュタグ検索

Facebookのハッシュタグの付け方

FacebookもTwitter同様、「#(ハッシュタグ)」の後にタグにしたい単語を入力します。Facebookの場合も、ハッシュタグは全角半角どちらでも有効です。

Facebookにおいて推奨されている、ハッシュタグのマナーは次のとおり。

  • 記事、写真に関係のないタグ付けはしない
  • タグ付けは関連するもので3~4個に絞る

Facebook ハッシュタグ投稿

ハッシュタグを検索する場合も、検索ボックスに入力するだけで完了です。
検索枠の下に候補が表示されるので、クリックするとそのタグを入れた投稿一覧を閲覧できます。

Facebook ハッシュタグ検索

Facebookの利用方法の詳細を知りたい方は、次の記事をご覧ください。

ハッシュタグ活用のメリット【個人編】

それでは、ハッシュタグにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

投稿を見てもらえる可能性が高くなる

ハッシュタグを付けることにより、フォロワーだけでなく、同じ話題に関心のあるユーザーから投稿を見てもらえる可能性が高まります。

特にInstagramユーザーは、Google検索よりもハッシュタグ検索を優先する傾向があり、20〜30代女性がターゲットであれば効果的です。

ハッシュタグを軸にしたコミュニケーション

ハッシュタグは、だれでも簡単に使えるため、それを軸にしたコミュニケーションに発展するケースも多く、思わぬところで自身の投稿にアクセスが集中することもあります。

SNSならではのコミュニケーションが取れることもメリットでしょう。

ハッシュタグ活用のメリット【企業編】

ソーシャルマーケティングが一般的になり、InstagramやTwitterなどのSNSを利用する企業は増加しています。SNSではハッシュタグの活用が重要なポイントです。企業がハッシュタグを使うメリットを紹介します。

ターゲットにリーチしやすい

自社の商品を知らないが、同じ話題で関心を持つユーザーにリーチしやすくなります。

メーカーやブランド自体を知らなくても、同じカテゴリーであれば、ハッシュタグを頼りに投稿を検索される可能性が高くなります

また、多くのユーザーが使っているハッシュタグを利用することで、自社をフォローしていないユーザーに対して投稿を見てもらえます。

拡散による認知度向上

InstagramやTwitterで、企業が「#〇〇」のように宣伝することで、その商品を気に入ったユーザーが同様のハッシュタグを使い投稿してくれる可能性があります。

他にも、企業側からキャンペーンとしてハッシュタグを利用できます。

たとえば、江崎グリコはTwitterで「#カプリココット」を付けてつぶやくと、カプリココットというお菓子が当たるキャンペーンを行いました。

ハッシュタグを企業が上手く利用することで、商品の認知度向上や会社自体に興味を持ってもらうことにつながります。

Facebookでは、ハッシュタグをつけない方が投稿が拡散されやすいようです。これは、ハッシュタグが執拗な宣伝に利用されていることが背景としてあるようです。

各種SNSのハッシュタグ使い方まとめ

Instagramにおけるハッシュタグ投稿は、キーワードでカテゴリ化しユーザーが検索しやすくなるメリットがあります。投稿する際に「#〇〇」のように書くだけで、投稿が閲覧されやすくなります。

Twitterにおけるハッシュタグ投稿は、キーワードやトピックを分類するために使われます。この機能を使えば興味のあるトピックを簡単にフォローできます。また、ハッシュタグ投稿で人気のあるものは、トレンドトピックに表示されます。

Facebookにおけるハッシュタグ投稿は、トピックやフレーズに「#」を付けると、より効果が高まります。Facebookでは、ハッシュタグの付け過ぎはユーザーを遠ざけ、企業のイメージダウンになりかねないので注意しましょう。

SNSを利用している方は、ぜひハッシュタグの使い方をマスターして自分の投稿を検索してもらいやすくしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事