Article square balloon green
2018-12-28

クラウド型PBXのサービス比較19選 | 基本・メリット

現在、クラウド型PBXが主流となりつつありますが、その理由はほかでは得られないメリットの大きさにあります。PBXの解説を、おすすめサービス19選の比較紹介とともに行います。 ※初回公開日 2017/08/19
PBX
Large

本記事で掲載するPBXや、紹介しきれなかったPBXの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひ選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
PBXの資料を無料DL

快適な通話環境を構築

音声通話は、ビジネスを進めるうえで重要なコミュニケーション手段の一つです。企業において、内線同士の通話や、取次、転送を行う際に必要となる「構内交換機」はPBX(Private Branch Exchanger)と呼ばれています。

チャットやスカイプ、その他多くのツールにも音声通話機能はありますが、国外のサーバを経由している場合は、セキュリティが堅固だとは断言しがたい状況です。また、ハードウェアと連携したカスタマイズが可能なツールは多くありません。

本記事では、「PBXとは何か」「PBXの種類や特徴」について説明し、おすすめのクラウド型PBXサービスを紹介していきます。

PBXとは

PBXの正式名称はPrivate Branches Exchangerであり、「構内交換機」と訳されることが多いようです。

オフィスなどの施設で電話機を設置するとき、施設内に設置・運用される電話交換機のことを指します。現在は施設内の通話だけでなく、公衆回線との接続も行っています。また、PBX同士を相互接続し、大規模な内線システムを作ることも可能です。

「PBXとは何か」をもっと知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください!

PBX(構内交換機)とは? ビジネスフォンとの違い | クラウド | IP【図解あり】 | ボクシルマガジン
PBX(構内交換機)とは何か?ビジネスフォンとの違いをわかりやすく解説します。PBXの機能やIP型・クラウド型の違...

PBXの種類

PBXには、いくつかの種類が存在し「通常のPBX」「IP型PBX」「クラウド型PBX」に分類することができます。

通常のPBX

従来のビジネスホンが通常のPBXであり、施設内に交換機本体が必要になりますが、インターネット回線を利用した「IP電話」を利用することはできず、通常の電話回線のみの使用に限定されます。

以下の記事では、IP電話についてより詳しく解説しています。

IP電話とは | 仕組み・特徴・メリット・デメリット・PBX・ビジネスフォンも解説 | ボクシルマガジン
今さら聞けないIP電話とは?インターネット回線の利用によって通話料の削減を実現する「IP電話」(IPフォン)。IP...

IP型PBX

IP型のPBXでは施設内に交換機本体が必要になります。

IP型の特徴としては、

(1)多くのサービスプロバイダーがルーター機能も提供してくれる。
(2)セキュリティ、安定稼働の面では信頼性が高い

などです。

以下の記事では、コールセンターとPBXの関係性について詳しく解説しています。

コールセンターシステムの仕組みを解説 | CTI・PBXとは | ボクシルマガジン
コールセンターのサポートするコールセンターシステムの仕組みを知っていますか? ここでは、コールセンターシステムの仕...

クラウド型PBX

クラウド型のPBXでは、システムをクラウド上にインストールします。

IP型と比べるとコストは低めで、導入の手間も比較的要しません。こうした背景から、現在ではクラウド型が主流になりつつあるようです。

また、IP型はLANが届く範囲でないと稼働しないのに対し、クラウド型ではインターネット回線さえあればどこでも自由につなぐことができる、というわかりやすい違いがあります。

クラウド型PBXのメリット4つ

クラウド型PBXが主流になっている理由は、従来型/IP型PBXと比較した場合、さまざまなメリットがあるからにほかなりません。

機器・工事不要

クラウド型の場合、自社内にPBXを設置する必要がなくなるため、交換機本体も工事も不要です。

多様性

専用の電話端末を必要としないため、携帯電話やPHS、タブレットやPCなど、多様性のある端末が使用可能です。

低価格

機器不要のため初期費用が安い、インターネット回線を利用した定額サービスが多く、低価格で利用できます。

高いスケーラビリティ

端末の多様性を確保しながらも、保留、内線転送、外線転送、メモ録音など、必要に応じて機能を拡張可能です。


先ほどご紹介した記事では、「PBXの種類」についても詳しく説明しておりますので、ぜひ参考になさってください!

PBX(構内交換機)とは? ビジネスフォンとの違い | クラウド | IP【図解あり】 | ボクシルマガジン
PBX(構内交換機)とは何か?ビジネスフォンとの違いをわかりやすく解説します。PBXの機能やIP型・クラウド型の違...

おすすめのクラウド型PBXサービス

それでは、クラウド型のおすすめサービスを紹介していきます!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
PBXの資料を無料でDL

TramPBX Cloud Powered by Avaya

  • 必要なときに必要な分のみ使用
  • 止まらないシステム
  • 環境整備としてのクラウドPBX

TramPBX Cloud Powered by Avayaは、世界No.1電話システムを展開しているAvaya Inc.の技術をベースに共同開発された高機能クラウドPBXサービスです。必要な量のみ使用契約で割り当てられ、増減が自由です。SOHO、中小企業、大企業も対応できます。

プラットフォームはAWS(Amazon Web Service)を採用しているので、99.95%の高可用性を実現しています。さらにプレゼンス機能やコールバック発信というUC機能も標準実装しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TramPBX Cloudの資料を無料DL

BIZTEL コールセンター

  • 各種設定・変更は24時間いつでも可能
  • 最短5営業日でコールセンター構築可能
  • 必要な時に、必要な機能を、必要な規模だけ

BIZTELは、国内導入実績No.1を誇るサービスです。最短5営業日でコールセンターを構築でいるスピーディーさに加え、海外センターやインサイドセールス、拠点新設にも対応可能なうえ、基本的な機能はすべて備えています。稼働状況をリアルタイムでモニタリングすることもできます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BIZTEL コールセンターの資料を無料DL

CT-e1/SaaS


  • 幅広い導入実績
  • 圧倒的コストパフォーマンス
  • 柔軟なカスタマイズ

CT-e1/SaaSは、実務で必要なあらゆる機能を標準装備しているクラウドCTIサービスです。前年同期比30%増の1万3,333席(※2018年6月時点)の導入実績を誇り、業種・業態・規模を問わずさまざまな企業で採用されています。クラウドサービスであるということに加え、開発から運用まで自社完結の一気通貫体制を強みとして、他社と比較しても低価格で充実した機能を利用できます。また、構成の自由度が高く、カスタマイズも専門のエンジニアが無償で対応します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CT-e1/SaaSの資料を無料DL

Dialpad

  • どこからでも高音質通話
  • 通話を他のデバイスにスイッチ可能
  • 転送の作業が簡単

Dialpadは、通話を高品質で提供しているサービスです。通話を途切れさせることなく他のデバイス、他のネットワークに移行が可能で、とにかく高品質のサービスを目指しています。着信した電話にテキスト送信することもでき、信頼性が高いサービスとして評価されています。

録音・同時着信・三者間通話などの機能も充実しており、日々の業務で利用しているグループウェアなどとの連携によって質の高い顧客対応をすることができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dialpadの資料を無料DL

INNOVERA PBX

  • 代表番号も内線もスマートフォンで受発信
  • 今の番号をそのまま使用可能
  • 全通話自動録音

INNOVERA PBXは、スマートフォンで会社の代表電話や内線の受発信ができる、テレワークや在宅ワークに最適なクラウドPBXです。

自宅や外出先からでも会社の代表番号で受発信ができ、個人の携帯番号を知られる心配がありません。内線もスマートフォンで架けられるので、在宅ワーカー同士のコミュニケーションも気軽に取れます。独自回線により番号ポータビリティが利用できるので、電話番号を変える必要もありません。音声データの容量を問わず、すべての通話を6か月間自動録音するため、目の前にいないスタッフの対応状況も通話履歴と合わせて確認可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
INNOVERA PBXの資料を無料DL

ひかりクラウドPBX

  • 簡易な導入によって短期利用が可能
  • 複数拠点への導入が可能
  • スマートフォンを内線端末として利用できる

ひかりクラウドPBXは、内線通話機能とPBX機能をクラウド上で実現するサービスです。オフィスにPBXなどの通信設備を設置する必要がないので、固定資産や保守コストの削減を実現します。クラウド化による簡易な導入と廃止が可能なため、短期利用もできるところがポイントです。

また、複数拠点に導入することができるので、拠点間や本社との通話料などのコストを削減できます。社員個人のスマートフォンを内線端末として利用することができるので、業務効率化も実現可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ひかりクラウドPBXの資料を無料DL

Cloco(クロコ)

  • 利用が簡単で見やすい
  • オペレーター不要でアンケートを実施できる
  • 音声状況や分析結果が見やすい

Clocoは、人や場所、手間が一切必要ないオートコールシステムを扱えるサービスです。アンケートの実施も非常に楽で、過去に行ったアンケートを再利用することもできます。市場調査にも使用可能で、ユーザの利便性を追求しています。

モバビジ

  • 初期費用、運営費用が安価
  • 持ち歩けるビジネスフォン
  • 家でも外出先でも、電話を受けられる柔軟さ

モバビジは、「さまざまなシーンで活用できる次世代ビジネスフォン」をコンセプトにしていて、スマートフォンとの連携性が非常に高いサービスです。外出先でも固定電話番号からの発信が可能で、会社との内線通話を行うこともできます。

AQ Stage

  • 開設・運用に必要な投資は最小限
  • 事業の変化にも柔軟に対応
  • 一元的な保守監視体制で緊急時にも即対応

AQ Stageは、NTTネオメイトが運営するシステムで、電話機やネットワーク機器、公衆回線接続装置はすべて供与されます。事業や企業規模の拡大に伴う変化にも柔軟に対応しており、保守管理体制も万全なサービスです。

FUSION(フュージョン)コネクト

  • 簡単&スピーディ&フレキシブル
  • 4年で700社以上の導入実績。24時間サポート体制
  • インターネット回線があれば全国どこからでも

FUSIONコネクトは、Rakuten Communicationsが運営するサービスです。システムの信頼性がユーザに評価され、多数の導入実績を誇っています。約2週間でシステムを導入できるという機動性と、オペレーターの増設などにより環境変化に柔軟な対応が可能な点が、特に人気が高いポイントのようです。

i-スマートBIZ

  • どんな企業規模でも対応可能
  • あらゆるシーンに対応可能
  • あらゆる業種に対応可能

iスマートBizは、企業の音声コミュニケーションに必要なすべての機能を、ソフトウェア上で実現したクラウド音声サービスです。1台のサーバで数千台規模の社内電話システムをクラウドで構築できます。大企業から中小企業まで、幅広い業種に対応しているサービスです。

コラボスフォン

  • 低価格・短納期・手間いらず
  • 高い機能性
  • 高い導入実績と顧客満足度

コラボスフォンは、基本的な機能を網羅した、人気のサービスです。他のサービスとの連携性も高い上に、準備物が少なく、初期設定も簡単なため、短期間でのシステム導入が可能です。

TELE-ALL-LINE(テレオールライン)

  • 1秒課金による通話料金削減を実現
  • 聞き取りやすい通話音質
  • 短時間通話が多いビジネスパーソンに最適

TELE-ALL-LINEは、高い音質と、1秒単位の課金にこだわったサービスです。短時間の通話が多いビジネスパーソンには最適なサービスということができるでしょう。

CTBASE/ConnectCloud(シーティーベース・コネクトクラウド)

  • 中小規模から高機能なPBX
  • 規模の変動やサービス追加に柔軟
  • 関連ソリューションでコールセンターを快適に

CTBASE/ConnectCloudは、NTTテクノクロスが運営するサービスで、NTTグループの関連ソリューションとの親和性が高く、信頼性の高いネットワークを提供しています。PBXのメンテナンスやバージョンアップの対応など、システム運用に関する企業の負担を大幅に軽減可能です。

CLOUD FON(クラウドフォン)

  • 音声のテキスト化可能
  • スマホからの海外通話が安価
  • ビデオ通話を無料で利用可能

CLOUD FONは、ひかり電話の回線電話と親和性が高く、現在の電話番号をそのまま利用できます。CTI(通話中の顧客の情報を画面に表示するシステム)としての基本機能を備え、通話の録音も可能で、ビデオ通話も無料で利用できます。

twilio(トゥイリオ)

  • キャンペーンなど一時的な利用に最適
  • API連携も容易に可能
  • 初期費用・保守費用は不要

twilioは、プライバシー通話や、トラッキング、サイト誘導など、独自のシステムを展開しているサービスです。特に、コールセンターにおいては使った分だけ従量課金されるため、キャンペーンやイベントなど一時的な利用に最適です。

クラウドテレコール

  • CTI、CRM機能で他のシステムは不要
  • コールセンターやコール業務の柔軟な運用が可能
  • 不要なコストがかからない

クラウドテレコールは、電話システムと顧客管理システムをすべてクラウドで使えるオールインワンサービスで、CTIとCRMをセットにして一つの画面でコントロールできるので、シンプルな操作で電話業務を行うことができます。さらに、顧客情報と電話の履歴が自動的に保存されるので、顧客対応の質向上も図れます。

GoodLine(グッドライン)

  • 情報を守る高セキュリティー環境
  • 多彩な機能でビジネス展開を加速
  • 全拠点でリアルタイムに情報共有

GoodLineは、休日のアナウンスや内線もWebで設定でき、幅広い業界で使われているサービスです。海外へ進出した企業の支援も行っており、高い柔軟性を誇っています。すべての電話を解析することができ、業務成績アップにも利用できるサービスです。

naisen(ナイセン)クラウド

  • 非通知や特定の番号からの着信拒否の設定可能
  • 留守番電話メッセージをメール送信
  • 在宅勤務を徹底サポート

naisenクラウドは、在宅勤務を徹底的に推奨しており、高速でのコールセンター設置も行えるサービスです。複数の電話番号を一括運用し、留守番電話メッセージのメール送信が可能。電話履歴をWeb上で確認することもでき、ユーザーの評価は高いようです。

CTIやコールセンターについて

今回はクラウド型のPBXのサービスを、一挙にご紹介しました。サービスごとに特徴があり、どれがもっとも適しているかは会社の状況によってケース・バイ・ケースです。PBX導入の際は、現場のニーズに合うサービスを選定なさってください。

PBXによって通話環境を充実させた後、CTI(通話中の顧客の情報を画面に表示するシステム)を利用することによって、さらに利便性を向上することができます。

以下の記事ではCTIについて解説していますので、ぜひご覧ください。

CTIとは?機能・種類・メリットや導入事例を紹介 - PBXとの違い | ボクシルマガジン
CTIとはComputer Telephony Integrationの略称で、電話による顧客接点を効率化するシス...

こちらの記事ではコールセンターシステムを比較していますので、ぜひご覧ください。

クラウド型コールセンターシステム比較 | インバウンド&アウトバウンド | ボクシルマガジン
クラウド型コールセンターシステムのおすすめを、「インバウンド・アウトバウンド・兼用型」のそれぞれからご紹介。ぜひ比...

コールセンターの人気関連記事ランキング

CTIとは | おすすめクラウドCTIシステム32選比較・機能・価格【比較表】 | ボクシルマガジン
CTIとは、電話やFAXをPCと連携させたシステムの総称です。クラウドCTIシステムの概要と機能・価格比較表を中心...
フロントオフィス・バックオフィスとは?それぞれの役割と特徴を解説 | ボクシルマガジン
社内業務をフロントオフィス・バックオフィスに分けて考える「フロントオフィス」「バックオフィス」というビジネス用語が...
コールセンターのAI導入・活用事例 | AI機能ありサービス比較3選 | ボクシルマガジン
人手不足と言われるコールセンターでは「AI」の導入が進んでいます。コールセンターでのAI活用事例や、それによってど...
CTIとは?機能・種類・メリットや導入事例を紹介 - PBXとの違い | ボクシルマガジン
CTIとはComputer Telephony Integrationの略称で、電話による顧客接点を効率化するシス...
CTIとは?機能・種類・メリットや導入事例を紹介 - PBXとの違い | ボクシルマガジン
CTIとはComputer Telephony Integrationの略称で、電話による顧客接点を効率化するシス...
コンタクトセンターの市場規模 | クラウド化が進行するソリューション最前線 | ボクシルマガジン
従来コールセンターと呼ばれた顧客窓口業務はアウトソーシングされることが多かったといえますが、CRMを活用したクラウ...
コールセンターシステムによるCS向上事例 | 顧客満足度を向上させるポイント | ボクシルマガジン
顧客の問い合わせへの応対や問題解決のための窓口となっているコールセンターですが、近年は顧客に感動体験を提供する場と...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
PBX
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
東日本電信電話株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事