コピー完了

記事TOP

小規模企業向けクラウドPBX比較5選!選び方・おすすめサービス

記事の情報は2022-08-05時点のものです。
導入コストを抑えられるのに加えて、インターネット回線さえあれば自由に通話できるクラウドPBXは、小規模企業にもおすすめです。クラウドPBXの概要と小規模企業が導入するメリット、サービスの選び方のポイントなどを解説します。

【厳選】おすすめのPBXをまとめてチェック!
クラウドPBXの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

PBXの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。各サービスの料金や機能、特徴などの詳細を確認できます。テレワーク・リモートワークの促進、受電業務の効率化、営業の生産性向上、固定電話の廃止など、さまざまな目的で導入されるPBXの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

クラウドPBXの口コミ数・満足度ランキングはこちらからご覧ください。シェア率の高い人気のサービスから、クラウドPBXを比較できます。

小規模企業向けのPBXとは?

近年、小企業企業や個人事業でも、積極的にPBX(Private Branch Exchange)を導入する事業主が増えています。

小規模企業向けのPBXは、低コストで通話が可能でカスタマイズ性も高いため、今後さらに利用が広がっていくでしょう。まずは、PBXとはどのようなサービスか、基本的なところを解説します。

\【DL限定特典】クラウドPBXの比較表付き/

PBXの機能と仕組み

PBX(Private Branch Exchange)は「電話交換機」のことで、オフィス内やコールセンターなどに設置した複数の電話回線を統合・集約し、外線との接続や内線通話ができるようにする機器です。

外線を内線と接続する役割と、各電話機を外線に接続する役割を持っており、コールセンターシステムには欠かせない機器として広く導入されています。PBXの具体的な機能としては、次のものが挙げられます。

  • 発着信の制御機能
  • 内線通話機能
  • 転送機能
  • 保留機能
  • ダイヤルイン機能

これらの機能によって、社内のすべての電話機が内線・外線を利用できるようになり、必要なタイミングで必要な社員に通話を回せるようになります。

PBXとは? 電話交換機の仕組みを図解!種類・選び方・ビジネスフォンとの違い
PBXは電話交換機のことで、外線の接続を管理・制御したり内線同士をつなげたりするシステムを指します。PBXの仕組み...
詳細を見る

PBXの種類

PBXには大きく分けて、次のように「従来型のPBX(レガシーPBX)」「IP-PBX」「クラウドPBX」があります。

  • 従来型のPBX:19世紀の後半から日本でも導入されている伝統的なPBX
  • IP-PBX:専用機器を用いて外線電話をIP通話網に接続するタイプのPBX
  • クラウドPBX:クラウドでPBXの機能を利用できるタイプのPBX

いずれも外線・内線通話ともに問題なく運用できますが、近年はクラウドPBXの利用が主流になりつつあります。通話を含めクラウドですべて完結し、低コストですぐに導入・利用できることから、小規模企業におすすめのタイプといえます。

小規模企業がクラウドPBXを導入するメリット

小規模企業がクラウドPBXを導入するメリットは次のとおりです。

  • クラウド型の導入でコスト削減が可能
  • 場所に縛られず通話できる
  • スマホの内製化を実現できる
  • ユーザー数の増減に対応しやすい

企業によって得られるメリットはさまざまですが、従来のPBXに比べて、コストを削減できる点や、規模に変化に柔軟に対応できる点などが挙げられます。

クラウド型の導入でコスト削減が可能

クラウド型のPBXを導入すれば初期費用に加えて月額費用も安めなので、全体のコスト削減が可能です。特に、小規模事業者ならばユーザー数もそこまで多くないと考えられるため、安いプランを選択すればさらに費用を抑えられるでしょう。

従来型のPBXを導入する場合、主装置と呼ばれる通話制御用の機器と通話用端末(電話機)が必要で、ネットワークの構築に費用がかかります。

一方、クラウドPBXはインターネット経由でPBXの機能を利用する形態のため、主装置の設置が不要です。パソコンを使って通話が可能なので、大幅にコストを抑えられます。

場所に縛られず通話できる

クラウドPBXはインターネット回線がつながっていれば通話できるので、場所に縛られず利用できるのが大きなメリットです。スタートアップや個人事業主でも気軽に利用可能で、在宅だけでなくレンタルオフィスやコワーキングスペースからも利用できます。

近年はコロナ禍の影響でテレワークや在宅ワークが増加していますが、クラウドPBXを利用すれば、社員の自宅や外出先からビジネス通話が可能です。

会社の番号で発信できるのに加えて、会社の番号で電話も受けられるので、顧客や取引先が違和感を覚えることもないでしょう。

スマホの内製化を実現できる

パソコン端末から通話できるのがIP-PBXやクラウドPBXの特徴ですが、スマートフォンからも会社の番号で通話できるようになるので、いわゆる内製化ができるようになります。

近年は社員に法人携帯を持たせる企業も増えているようですが、クラウドPBXならば個人所有のスマートフォンでもビジネス利用が可能です。社員の外出が多い企業やテレワーク、モバイルワークを導入している小規模事業者にもおすすめできます。

ユーザー数の増減に対応しやすい

従来のPBXやビジネスフォンでは、電話を利用する人数に応じて主装置や端末の準備が必要でした。一方、クラウドPBXならば、社員数の増減に合わせて契約プランを変更するだけよいので、社員数の増減が激しいスタートアップ企業でも費用対効果の高い使い方ができます。

特に、成長が著しい小規模事業者の場合、毎年のように電話を利用する社員が増えるケースは珍しくありません。社員数が増えるたびに端末を増やす必要がないのは、クラウドPBXの大きなメリットといえます。

小規模企業がクラウドPBXを選ぶ際のポイント

小規模企業がクラウドPBXを選ぶ際には、次のポイントを意識しましょう。

  • 初期費用および月額費用は高くないか
  • 既存回線の引継ぎが可能か
  • 他のシステムとの連携はスムーズか
  • セキュリティ対策は十分か

規模に関係なく利用しやすいのがクラウドPBXの特徴ですが、より自社に合ったサービスを導入するために費用だけでなく、他のシステムとの連携性などにも注目することが大事です。

初期費用および月額費用は高くないか

従来のPBXに比べて、低コストで導入・運用できるのがクラウドPBXのメリットですが、サービスによって利用料金は変わってきます。

初期費用と月額費用、通話料などがかかるので、導入を検討しているサービスに、全体としてどれぐらいのコストになるか確認しましょう。複数のサービスを比較検討し、もっとも費用対効果が高いと考えられるサービスを導入するのが基本です。

また、サービスによって契約期間が決められているケースも多いので、最低契約期間がどれぐらいかも必ず確認しておきましょう。

既存回線の引継ぎが可能か

すでに社内で電話を使用している場合、クラウドPBXの導入によって既存回線の引継ぎができるかどうかも確認しなければいけません。既存の電話番号を引き続き使えるならば、社内だけでなく関係各所に番号が変更する旨を通知せずに済みます。

もともとIP電話に対応している番号ならば、スムーズに引き継げるクラウドPBXもあります。場合によっては、番号を引き継ぐためのゲートウェイの導入が必要なケースもあるので、事前にサービスベンダーによく確認しておきましょう。

他のシステムとの連携はスムーズか

顧客管理システムなどの各種業務管理用のシステムや、チャットツールなど、業務効率化を実現できるツールと連携が可能かもチェックしておきましょう。

PBXと他のシステムとを連携できれば、顧客対応がよりスムーズになります。特に、コールセンターを新設する場合は顧客管理システムとの連携は欠かせません。

コールセンターほど大規模な部門ではなくても、顧客から荷電があった際、すぐに必要な情報を得られれば、顧客満足度の向上に役立つでしょう。

セキュリティ対策は十分か

クラウドPBXはインターネット回線で通話データをやり取りするので、他のクラウドサービス同様、十分なセキュリティが担保されていなければいけません。導入するクラウドPBXのセキュリティ機能や、サービスベンダーのセキュリティ体制は必ず確認しておきましょう。

近年は企業の情報漏えいや不正アクセス、サイバー攻撃などのリスクも増大しているので、問題やトラブルが発生した際、迅速にケアを受けられるサービスが望ましいといえます。

小規模企業向けおすすめクラウドPBX比較

小規模事業者向けのおすすめクラウドPBXを紹介します。気になるサービスがあれば、積極的に問い合わせや資料請求をしてみましょう。

\【DL限定特典】クラウドPBXの比較表付き/

MiiTel - 株式会社RevComm

MiiTel
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

MiiTelは1,450社以上の導入実績を持つ、ビジネス向けのスマート電話サービスです。IP電話と録音、文字起こし、音声解析などが利用可能で、営業用とでもコールセンター用途でも幅広く活用できます。

電話番号をクリックするだけですぐに架電が可能。過去のデータから相手に通電しやすい曜日や時間帯なども抽出できるので、営業やアポイントの成功率も高められるでしょう。

さらに、社員一人ひとりの架電数や通電数、商談に至った数などを可視化できる機能もあるので、単に電話としての役割のみならず、営業チームのパフォーマンス向上に役立ちます。

MiiTe公式サイトより(2022年8月時点)

Comdesk Flat - 株式会社Widsley

Comdesk Flat
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Comdesk Flatは、モバイルファーストのクラウドIP電話サービスです。日本型のビジネスフォンをスマートフォンアプリとして利用できます。

スマートフォンだけでなく、タブレット端末でもすべての機能が利用でき、既存の電話運用体制を変えることなくモバイル対応できるのが魅力です。アプリ内で発着信の設定や保留、転送、内線の設定などが可能で、発信時の電話番号も簡単に設定できます。

さらに、複数のユーザーを同時着信させるグループの作成や、自動転送、任意のメッセージを残す留守番電話機能なども利用可能です。コールセンターに必要な機能を、モバイルアプリ内にまとめたサービスといえるでしょう。

MOT TEL - 株式会社バルテック

MOT TEL
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

MOT TELは、最短3営業日でスムーズに導入できる高音質のクラウドPBXです。音声品質や通話の安定性に定評があり、全国にエリア専用のデータセンターを設定しているため、常に安定した通話が利用できます。

通常の通話機能に加えて、専用のチャット機能が実装されているので、社員間で必要なメッセージの交換をしたり、情報の確認をしたりしやすいのも魅力です。

番号の新規取得や移転にも対応しており、既存の電話番号を継続利用したい小規模事業者におすすめできます。20内線で月額3,980円からリーズナブルに利用できます。

CT-e1/SaaS - 株式会社コムデザイン

CT-e1/SaaS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

CT-e1は、業界トップクラスの導入実績を持つ通話クラウドサービスで、コールセンターの運用に必要な各種機能をクラウド環境で利用できます。

IP電話はもちろん、ビジネスフォンやスマートフォンを利用した通話体制を構築でき、さらにACDやIVR、通話録音などのCTI機能、加えてダッシュボードやボイスメールといった機能も利用可能です。

設計から開発、運用支援までサービスベンダーがワンストップで担当しているので、業界・業種に合わせたカスタマイズができます。コールセンターを開設している大企業はもちろん、これからコールセンターを新設する小規模事業者にもおすすめです。

InfiniTalk - ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社

InfiniTalk
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

InfiniTalkは、基本となる通話機能に加えて、チャットやSMS、ショートメッセージ、通話録音、IVRなど、コールセンターやコンタクトセンターの運営に必要な機能が網羅されているサービスです。

クラウド版だけでなく、オンプレミスとしても提供されているので、自社の環境に合った方を選ぶとよいでしょう。操作性や視認性が高く、誰でもスムーズに機能が使えるのに加えて、コンタクトセンターの規模拡大にも柔軟に対応できるのが魅力です。

さらにCRMやSFAなどの各種管理システムと電話機を連携でき、顧客対応の質を向上できます。最小限のシステム構成からリーズナブルにスタートできるので、小規模事業者にもおすすめです。


より多くにクラウドPBXから比較したい方は、こちらの記事を参考にしてくだい。

【2022年】クラウドPBX比較15選!導入メリットと失敗しない選び方
クラウドPBXとは、電話交換機であるPBXをクラウド化したシステムです。外線の受信管理や複数拠点で内線を利用できま...
詳細を見る

小規模企業向けクラウドPBXで通話環境を快適に

PBXの概要と小規模企業がクラウドPBXを導入するメリットを解説するとともに、おすすめのクラウドPBXサービスを紹介しました。

従来のPBXに比べて低コストで導入できるのに加えて、場所に縛られず通話ができる環境を構築できるので、在宅ワークやテレワークを導入している事業者にもおすすめです。

さらにユーザーの増減にも柔軟に対応できるので、これから社員数を増やす予定の企業や、コールセンターやコンタクトセンターを新設する企業は、今のうちにクラウド環境で通話できる体制を整えておくとよいでしょう。

【厳選】おすすめのPBXをまとめてチェック!
クラウドPBXの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

PBXの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。各サービスの料金や機能、特徴などの詳細を確認できます。テレワーク・リモートワークの促進、受電業務の効率化、営業の生産性向上、固定電話の廃止など、さまざまな目的で導入されるPBXの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

クラウドPBX選び方ガイド
PBX
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
PBXの最近更新された記事