コピー完了

記事TOP

クラウドPBXのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?

最終更新日:(記事の情報は現在から57日前のものです)
クラウドPBXの市場規模とシェア率を紹介します。クラウドPBXの今後の導入意向や、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのかをBOXIL編集部の視点で解説しています。

クラウドPBXの市場規模

BOXIL編集部が2024年2月に実施した調査をもとに、クラウドの市場規模を算出※1しました。2023年のSaaS型PBXの市場規模は、およそ3,754.9億円だと算定できます。また、導入を検討しているユーザーの動向や導入予定時期をもとに算出すると、2024年の市場規模は4,100.4億円に到達する見込みで、2025年の市場規模は4,436.6億円規模に成長すると予測できます。

クラウドPBXの市場規模

※1 調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに、1社あたりの利用金額と法人数から算定
※2 同調査の導入時期と導入予定時期から算定

クラウドPBX市場の成長率は?

同調査では、まだクラウドPBXを導入・利用していないコールセンター・カスタマーサポート業務担当者(架電業務に従事する方)に対して、導入予定も調査しました。その結果、およそ10%程度の企業が導入意向を示しました。

導入予定時期 回答数 割合
時期は未定だが利用検討中 17 4.3%
半年以内には利用開始予定 6 1.5%
1年以内には利用開始予定 5 1.3%
2年以内には利用開始予定 7 1.8%
現時点では未定・利用予定はない 361 91.2%

クラウドPBX市場の成長の要因としては、通信業だけではなく金融をはじめクラウドPBXを利用していなかった業界での需要が増加したことが挙げられます。また、テレワーク・在宅ワークが増加したことによりスマートフォンの業務利用が増えたこと、そしてBYOD(Bring Your Own Device)が普及したことなどから、通信費の削減が企業の課題となりはじめたこともあるでしょう。

そこで、スマートフォンの内線化が可能かつ、インターネット回線を利用することで通信費用が削減可能なPBXへの注目が高まっています。

PBXのシェア率

BOXILが実施したPBXの利用ユーザー47人を対象にしたSaaSの利用実態調査によると、PBXのシェア率は、BIZTEL ビジネスフォンやWebex Calling、Omnia LINKが同率で2.1%という結果になりました。

※調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに集計

シェア率とあわせて口コミ・ユーザー満足度もチェック

シェア率だけでなく、各PBXの口コミやユーザー満足度を確認しておくことで、自社にあったサービス選びができるようになります。PBXの口コミランキングもあわせて参考にしてください。

【2024年05月】PBX人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
PBXのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

ここからは、シェア率の高いPBXはなぜ選ばれているのか、PBXに特化したSaaSに絞ってBOXILに寄せられた口コミやサービスの特徴をもとに解説します。

【特典比較表つき】『PBXの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『PBXの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

BIZTEL ビジネスフォン - 株式会社リンク

BIZTEL ビジネスフォン
BIZTEL ビジネスフォン
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 在宅勤務体制の構築や多拠点の内線化に最適
  • 内線番号数や同時通話数に応じて変動するプラン
  • 最短5営業日で導入可能

BIZTEL ビジネスフォンが選ばれている理由としては、とくに設定や操作性の簡単さが挙げられます。在宅コールをする体制になっても、誰がどのような状態かを一目で把握できる点点も評価につながっています。

ソフトフォンやスマートフォンを利用できたり、必要に応じて機能を追加して柔軟に対応できる点を評価する口コミも見られました。

[fixed-sentence-services-1402-button]

Comdesk Lead - 株式会社Widsley

Comdesk Lead
Comdesk Lead
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 平均70%のコストカットを実現
  • 折り返し率が平均約20%向上
  • IP回線と携帯回線を併用できる

Comdesk Leadが選ばれている理由としては、090/080/070の電話番号で発信でき、折り返し率が高まる点が挙げられます。また、架電がワンクリックで実行できること、顧客情報の入力が完了したらすぐに次の顧客に架電ができるため架電数のアップにつながることも評価につながっています。

その他にも、コスト削減や通信回線のクリアさをを評価する口コミが見られました。

Omnia LINK - ビーウィズ株式会社

Omnia LINK
Omnia LINK
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • コールセンター業務に必要な機能を網羅
  • 在宅コールをフォローする豊富な機能
  • リアルタイム音声認識とAI-FAQで問い合わせの削減にも

Omnia LINK選ばれている理由としては、とくに在宅向けの機能が充実していることと、小規模で始めやすい料金体系なことが挙げられます。VPN接続はもちろんのこと、Google Cloud Platformの基盤上で運営されているため高いセキュリティレベルを維持しながら在宅でのコールセンターを構築可能です。

出社・在宅メンバー両方の稼働状況を1画面で確認でき、現在の対応状況や通話履歴などもチェック可能です。また、ヘルプが必要になった際にはワンクリックで通知できたり、ヘルプのためのチャットがあったりするなど、在宅メンバーの不安や課題を解消するための機能も搭載されています。

シェア率だけでなく機能で比較しよう

PBXを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているかどうか」です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくと良いでしょう。

【比較表あり】クラウドPBX比較24選!導入メリットと失敗しない選び方
クラウドPBXとは、電話交換機であるPBXをクラウド化したシステムです。外線の受信管理や複数拠点で内線を利用できま...
詳細を見る
PBX選び方ガイド_20240208.pptx.pdf
PBX
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
PBXの最近更新された記事