コピー完了

記事TOP

タレントマネジメントシステム比較27選 | 価格・機能 - サービスの選び方

最終更新日時:
タレントマネジメントシステムとは、従業員のスキルや経験を可視化し人材開発・育成に役立てるサービスです。タレントマネジメントシステムの意味や比較ポイントを解説し、おすすめのタレントマネジメントシステムを紹介します。

【無料特典】機能・価格比較表つきサービス資料
特典:機能・価格比較表

おすすめタレントマネジメントシステムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料でダウンロード可能です。ダウンロード特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なタレントマネジメントシステムを含む10社以上のサービスを徹底比較しています。ぜひタレントマネジメントシステムを比較する際や稟議を作成する際に利用ください。

おすすめタレントマネジメントシステム一覧はこちら

ボクシルおすすめタレントマネジメントシステム 【PR】

カオナビ SmartHR
無料トライアル:◯
フリープラン:-
月額料金:要問い合わせ
無料トライアル:◯
フリープラン:-
月額料金:要問い合わせ
・顔写真で直感的に人材情報を把握
・目標管理制度や360度評価、OKRなどあらゆる評価制度に対応
・人事評価、社員情報など人事情報を一元管理
・労務手続きや従業員の情報管理業務を自動化
・勤怠管理や給与計算ソフトなど外部サービスと連携可能
・全社・組織別の名簿をテンプレートを用いて簡単に作成

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントとは、従業員のスキルや経験を透明化し適切な人材開発・人材配置に役立てる管理方法を指します。タレントは英語で「能力」「人材」「才能・素質」を意味するため、タレントマネジメントは直訳で「能力の管理」を表します。

タレントマネジメントはもともと欧米を中心に拡大していましたが、2000年代後半から日本企業でも取り入れられるようになりました。

また、社員のスキルや経験値をデータ化して管理するのが「タレントマネジメントシステム」です。社員の能力を明確に可視化することで、適切な人材配置を可能にします。

おすすめのタレントマネジメントシステム比較はこちら

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントの主な目的は人材開発や人材配置です。従業員の能力を分析し、どのスキルを伸ばすべきかどの部署に異動させるべきかを決定します。

人材開発

従業員のスキルや経験を踏まえ、どのような研修・業務で成長させるかを設計します。身の丈に合った目標設定、適切なパフォーマンス測定、目標に対する振り返り、新たな目標設定というサイクルを回すのにタレントマネジメントは活用されます。ちなみに、サイクルを回す際はPDCAKPTといった指標を使うと良いでしょう。

過去の結果に見合った目標を設定したり、数値には表されない成果を確認したりするのにタレントマネジメントは有用です。

人材配置

人事異動にもタレントマネジメントは利用されます。力の発揮できるポジションに配置したり、空いたポジションに最適な人材を探したりする場合、単に才能を分析するだけでなくスピーディかつ正確に異動を判断する必要があります。従業員のモチベーションに関わるためミスは許されません。

人材配置の目的を実現するためにタレントマネジメントは有用です。基本情報から研修の受講履歴、目標、自己評価、360°評価など、人材に関わる総合的な情報をまとめて確認できます。

>>おすすめのタレントマネジメントシステム比較はこちら

タレントマネジメントが注目される背景

タレントマネジメントが注目される背景には、人材の多様化や労働者の不足、市場の変化があげられます。

グローバル化が進む現代において、タレントマネジメントの重要性はますます高まっており、システムを導入する企業も増加傾向にあります。

人材の多様化

労働者の国を越えた移動が活発化しており外国人社員が増加しています。また、働き方改革による在宅勤務者時短勤務者も特殊でなくなりつつあります。

人材が多様化している中、従来の画一的な人材管理システムでは対応しきれない問題が生じています。一人ひとりの能力を引き出すためには社員の実情に沿った人材管理が必要で、タレントマネジメントは重宝されています。

労働者の不足

日本の労働者不足は深刻です。少子高齢化による労働年齢人口の減少は、とどまるところを知らず経済に大きな影響を与えています。2020年問題のように、将来に対しての懸念も多分にされています。

日本全体で労働者が不足しているため、優秀な人材の確保はさらに難しくなっています。それゆえ、従業員の離職防止が重要になりタレントマネジメントも注目されています。

市場環境の変化

市場の変わる速度は年々早まっています。ITが普及して以降、セールスやマーケティングが多くのデータを使用するように変化しています。目まぐるしい変化に対応するため、従業員の能力を最大限に活かす必要が出てきました。タレントマネジメントは従業員の能力を的確に提示できるため、必要とされています。

>>おすすめのタレントマネジメントシステム比較はこちら

企業規模別のタレントマネジメントシステム検討傾向

自社の従業員人数や利用目的によって、これらの比較ポイントの基準も変わってきます。

次のグラフは、タレントマネジメントのサービス資料をダウンロードしている企業の従業員規模の円グラフです。従業員規模2〜10人の企業でも、タレントマネジメントシステムを13.7%も検討しており、1000人以上の大企業では21%と、新規導入に加えリプレイスの検討をしている企業増えていると推測できます。

従業員規模別のサービス検討度
※参考データ元:2020年ボクシル資料請求数データ

自社と同じ規模の企業が検討しているサービスを知りたい方向けに、各サービスの公式サイトの情報と上記のデータから、従業員数100名以上を「大企業向け」100名未満の「中小企業向け」と企業規模ごとでグルーピングし、おすすめサービス資料を厳選しました。

こちらから口コミや資料請求データからグルーピングした「企業規模ごとのおすすめサービス資料」がダウンロードできます。

\ おすすめ8サービスを比較! /

\ おすすめ7サービスを比較! /

つぎに、細かく検討するための比較ポイントについて詳しく説明します。

タレントマネジメントシステムの選び方

タレントマネジメントシステムを選ぶ際は、次のポイントを比較して導入を検討すると良いです。

  • 料金:初期費用や利用料金はいくらかかるか
  • 機能:利用したい機能が備わっているか
  • 連携サービス:利用しているシステムと連携できるか
  • サポート体制:電話やチャットでのサポートに対応しているか

それぞれの比較ポイントについて説明します。

料金:初期費用や利用料金はいくらかかるか

タレントマネジメントシステムは、プランや利用人数によって料金が変化するサービスが多く、詳しい料金は問い合わせしないとわからないケースが多いです。

そのため、気になるサービスを見つけた際は、問い合わせフォームから料金の見積もりを出すことをおすすめします。

また「カオナビ」や「HRBrain」など、サービスによっては1〜2週間の無料トライアルを行っている場合もあるので、タレントマネジメントシステムを比較する際は料金だけでなく、無料トライアルの有無も確認しておくと良いです。

機能:利用したい機能が備わっているか

タレントマネジメントシステムには主に次のような機能があります。

機能 詳細
人材データベース機能 プロフィール検索
スキル管理
データ分析・レポートなど
評価機能 評価・ワークフロー機能
テンプレート機能
対応の評価項目
(OKR・MBO・360度評価など)
コンピテンシー管理
目標管理機能
その他の機能 採用管理機能
離職防止機能
後継者管理機能
適性検査
eラーニング・研修管理機能など

上記の機能以外にもサービスによってさまざまな機能があります。まずは自社で使用したい機能を明確にし、気になるサービスに必要な機能が備わっているか確認しましょう。

評価機能の充実差で選ぶなら「カオナビ」「タレントパレット」がおすすめです。

タレントマネジメントシステムの選び方まとめ
使いやすさと評価機能を重視するなら「カオナビ」がおすすめ
シリーズ連携させるなら「HRMOS」
人事評価と目標管理をシンプルに行うなら「HRBrain」がおすすめ

連携サービス:利用しているシステムと連携できるか

タレントマネジメントシステムの導入を検討する際は、自社で利用しているシステムと連携できるのか確認しておきましょう。

たとえば、「カオナビ」ならSlackSmartHRと連携可能、「HRMOS」ならHRMOSシリーズと連携可能です。

また、API連携に対応しているサービスもあります。タレントマネジメントシステムを比較する際は、API連携でどのような連携ができるのかも確認しておきましょう。

サポート体制:電話やチャットでのサポートに対応しているか

システムを利用する上で、十分なサポートを受けられるかも重要な比較ポイントです。

電話・メール・チャット対応しているか、サポートページを設けているかなど、サポート体制を確認しましょう。

また、タレントマネジメントの運用には人事に関する知識が必要となるので、システム導入する際は専門家のコンサルティングのもと導入することをおすすめします。

そのため、タレントマネジメントシステムを導入する際は、サービスの導入実績やサポートにかかる費用も確認しておくと良いでしょう。

おすすめタレントマネジメントシステム26選

おすすめのタレントマネジメントシステムを紹介します。比較しやすいように特徴や機能をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

タレントマネジメントシステム比較表

タレントマネジメントシステム主要5サービスを最新情報を交えて料金や機能を比較しました。ぜひシステム導入を検討する際の参考にしてください。

タレントマネジメントシステム比較表

さらに詳しくサービスを比較したい方は無料でダウンロードできる資料をご覧ください。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料はこちらからダウンロードできます。

\【無料DL特典】タレントマネジメントシステムの比較表/

企業規模でおすすめサービスを比較したい方はこちらから「大企業向けサービス」「中小企業向けサービス」の資料を無料ダウンロードできます。

\ おすすめ5サービスを比較! /

\ おすすめ4サービスを比較! /

カオナビ - 株式会社カオナビ

カオナビ - 株式会社カオナビ 画像出典:カオナビ公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるカオナビの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:顔と名前が一致しやすくコミュニケーションがとりやすい

カオナビを利用することで、名前・部署・顔が確認できてコミュニケーションがとりやすい、他部署の方との連携がとりやすいなどのメリットがあります。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:501~1000人(大企業)
★★★★★
評価:項目追加や設定変更できる幅が広く、社内全員の設定している目標が可視化されることで、部署間連携が高まったと感じます。また、新入社員・中途社員が新たに加入した際も、名前・部署・顔といった情報を確認できることで、スムーズにコミュニケーションが図れるツールです。

改善を望む点:分析機能が少し物足りない

カオナビは人材の検索、スキル管理、評価機能は充実していますが、データ分析機能は少し物足りないと感じる方もいるようです。しかし、最近は分析機能も充実してきています。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:50~100人(中小企業)
★★★★
【良い点】
項目追加や設定変更できる幅が広く、機能を理解して工夫すればかなり色々な用途に使える。また管理者画面もどこで何ができるのか分かりやすい。タレントマネジメントには正解がなく最初に要件定義しきれないので、後から試行錯誤しやすい柔軟性の高さは評価できる。 もちろんユーザーとしても機能が分かりやすく使いやすい。
【改善点】
分析機能は最近少し追加されたが、さらに拡充していってほしい。

>>カオナビの口コミをもっと見る
>>カオナビの事例を見る

料金プラン

プラン 料金
ストラテジープラン 要問い合わせ
パフォーマンスプラン 要問い合わせ
データベースプラン 要問い合わせ

※カオナビは料金プランと利用人数で月額が決まる料金体系です。公式サイトのお見積りフォームから費用の見積もりができます。

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • 顔写真に紐づけて評価、社員情報などを一元管理
  • 5年連続「人材管理システム」シェアNo.1(※)
  • 配置シミュレーションなど戦略的タレントマネジメントが可能

カオナビは、顔写真‎に紐づけて人材情報を一元管理し、その情報をもとにした人材配置シミュレーション、離職予兆の把握などができるタレントマネジメントシステムです。

自由に登録項目を変更できる柔軟性の高い人材データベースだからこそできる、多様な切り口の人事情報分析機能を備えています。また、人事評価システムも兼ね備えており、OKRや360度評価、コンピテンシー評価など幅広い評価項目に対応。評価テンプレートやワークフローも簡単に作成できます。

※ ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2020」人材管理市場- ベンダー別売上金額シェアで5年連続1位(2015~2019年度予測)

公式サイト:カオナビ


カオナビには目標管理や360度評価など、企業に合った評価制度を柔軟に運用できる「評価ワークフロー」機能もあるため、紙やエクセルでの煩雑な評価管理から脱却し、効率的な評価運用が可能になります。

HRMOS(ハーモス) - 株式会社ビズリーチ

HRMOS - 株式会社ビズリーチ 画像出典:HRMOS公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- - -
  • 従業員と組織の情報を正確に可視化
  • オートメーション機能で日常業務を自動化
  • 従業員全員で活用し業務効率化

HRMOSは、人事データ活用をサポートしてくれるタレントマネジメントシステム/人事情報システムです。

従業員および組織の過去から現在までの情報を一元管理でき、従業員数推移、退職率、平均勤続年数など必要な情報をレポート機能で簡単に出力可能。入社対応や人事異動、休暇/退職対応、従業員情報の転記作業といったあらゆる日常業務を効率化します。

また、全従業員が自ら入力した個人情報や変更事項の内容を人事が承認するだけで、従業員情報が最新の状態にアップデートできます。

公式サイト:HRMOS

HRMOS(ハーモス) - 株式会社ビズリーチ

HRMOS(ハーモス) - 株式会社ビズリーチ 画像出典:HRMOS公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
-
  • 幅広い評価制度に対応
  • 役割や役職に応じて細かく評価シート
  • API連携でスキル・給与などのデータを一元化

HRMOSは、MBOやOKR、360°評価など幅広い評価制度に対応した人事評価システムです。

高いカスタマイズ性により役割や役職に応じて細かく評価シートを設計可能で、チームの目標・評価プロセスをサポートするフィードバック機能により、細やかな評価制度の運用ができます。過去から現在までの評価データのみに限らず、API連携によりスキル・給与など成長に関わるさまざまなデータを一元化できます。

評価シートの未入力者へのリマインド、組織改編や人事異動のタイミングでの評価ラインの更新、評価スコアの集約・集計などを自動化し、人事担当者の負担を削減します。

公式サイト:HRMOS

CYDAS PEOPLE(サイダス ピープル) - 株式会社サイダス

CYDAS PEOPLE - 株式会社サイダス 画像出典:CYDAS PEOPLE公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるCYDAS PEOPLEの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:システムを通してコミュニケーションが活性化される

今まで見えなかった他部署の社員について知る機会ができた、システム内に社内コミュニケーションの場が設けられているなど、コミュニケーション活性化に関する機能が充実しています。

【評判】業種:金融/保険系・利用アカウント数:1000件以上
評価:★★★★★
今まで見えにくかった他部署の社員について、知る機会ができた。また、コミュニティーの場所がこの製品を通して設けられているのが良いと感じる。大幅なバージョンアップが控えていると聞いているので、そちらに期待したいと思っています。

改善を望む点:直感的ではない部分がある

直感的に操作しづらい部分、カスタマイズできる反面、設定が複雑な部分があるなどの意見が見られました。今後のバージョンアップでの改善が期待されています。

【評判】業種:金融/保険系・利用アカウント数:1000件以上
評価:★★★★☆
使用していて特段不便と感じることもありませんが、あえて挙げるとするとPayViewを一人ずつ修正できるようになると嬉しいです。人におすすめするかと聞かれるとハイとはいいきれないとも思ったので4にしました。

>>CYDAS PEOPLEの口コミ・評判はこちら

料金プラン

料金
初期費用 要問い合わせ
利用価格 要問い合わせ

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • 勤怠情報や連携システムから人材データを収集
  • 一覧性の高い画面で人材一人ひとりを把握
  • 社内コミュニケーションに役立つ機能を搭載

CYDAS PEOPLEは、日常業務でシームレスに人材データが集まる、タレントマネジメントシステムです。人材データは、従業員マイページや勤怠情報、連携システムなどからシームレスに集まります。集まったデータは一覧性の高い画面で確認できるため、人事担当者が変わっても、それぞれの人材についてすぐに把握できます。

従業員は、マイページで会社からのお知らせや同僚のフィードを確認可能。1on1トークやフィードなどの機能により、社内コミュニケーション活性化を目指せます。今まで知ることのなかった他部署のことを知る機会もでき、自社についてより深く知れるでしょう。

公式サイト:CYDAS PEOPLE

jinjer人事 - 株式会社ネオキャリア

jinjer人事 画像出典:jinjer公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

料金
利用価格 要お問合せ
無料トライアル あり

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
  • マスタや項目のカスタマイズが可能
  • 組織情報を顔写真で表示
  • 各種人事情報をダッシュボード化

jinjer人事は、人事関連の情報を一元管理できるタレントマネジメントサービスです。

人事データをリアルタイムに可視化し、入退職の推移、役職や年齢の構成比、従業員のパフォーマンスをいつでも簡単に確認できます。情報管理にあたっては、企業独自の項目を自由に追加できレイアウト変更も可能。顔写真表示による直感操作で組織改編をシミュレーションできるほか、過去〜未来の組織図を出力する機能も備え、戦略人事をサポートします。

公式サイト:jinjer人事

banto(バントウ) - 株式会社サイダス

banto 画像出典:banto公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

料金
初期費用 19,800円
利用価格 月額300円/1ユーザー

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • Slackと連携して目標の進捗管理ができる
  • botの質問内容は自由にカスタマイズが可能
  • コミュニケーションを活性化する機能が充実

bantoは、目標の進捗管理をSlackと連携してシームレスに行えるOKR・KPIシステムです。

Slack内でbotの質問に答えていくだけで、bantoの管理画面に自動で反映されます。そのため、ツールを立ち上げて入力する手間がかからないので、日々の進捗管理に余分な工数がかかりません。また、botの質問内容は自由にカスタマイズできるので、メンバーや環境に合った質問の作成が可能です。

ほかにも「コメント機能」で目標に対するフィードバックを行い 「バリューバッジ」で仲間を賞賛する機能を活用することで、従業員のコミュニケーション活性化につながります。

公式サイト:banto

ゼッタイ!評価 - 株式会社あしたのチーム

ゼッタイ!評価 画像出典:ゼッタイ!評価 公式サイト

評判・口コミ

【評判】職種:係長・契約・派遣・委託・従業員規模:31~50人(中小企業)
評価:★★★★☆
短期間で導入することができ、価格もリーズナブルだと思います。人事制度を運用し始めてからのサポートも、ホームページにおせっかいなほどとあるように、充実していました。社員数が30人までだと制度構築も無料なので、初期コストがかなり押さえられていると思います。

料金プラン

料金
初期費用 要問い合わせ
利用価格 1,000円/1人

※従業員50~100人の場合

機能・詳細

評価項目 人材管理 目標管理 スキル管理 テンプレート
- - -
  • 評価制度をゼロから導入サポート
  • 12か月で自社運用を目指せる
  • 企業の課題に沿った選べるプラン

ゼッタイ!評価は、3,000社以上の導入実績のノウハウにより、多様な人事評価制度の構築ができる人事評価システムです。

評価制度の運用ルール考察やコンピテンシー作成などのスタートアップから、運用後もトータルサポートします。サポート内容も充実しているので、評価制度の導入がはじめてという企業でも安心して運用できます。

公式サイト:ゼッタイ!評価

あしたのクラウドHR - 株式会社あしたのチーム

あしたのクラウドHR - 株式会社あしたのチーム 画像出典:あしたのクラウド公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるあしたのクラウドHRの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:充実の集計・分析機能とシート管理のしやすさ

評価軸別・評価者別などさまざまな切り口で分析できる機能や、評価結果から給与査定額を自動算出できる機能など、充実した集計・分析機能が備わっています。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:11~30人(中小企業)
評価:★★★★☆
あしたのクラウドHRを導入して良かったことは「過去のシートがすぐ見られる」「評価期間中に自分で進捗を確認しやすい」「上長への提出が『承認依頼』のボタンを押すだけで済む」の3点です。Excelシートで目標・評価を管理していたときに比べて非常に便利になりました。ただ、目標や自己評価コメントを記入するボックスが小さく、入力中に少し見づらいのは改善してほしい箇所です。

改善を望む点:UIが少し見づらい

目標や自己評価コメントを記入するボックスが小さく入力中に少し見づらい、UIがわかりづらいなどの意見もありました。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:101~200人(中小企業〜大企業)
評価:★★★★☆
【良い点】
これまでエクセルで管理しており、複数人での情報更新やそれに伴う履歴がわからず不便だった。加えて、年度ごとに運用方法の変更でテンプレートが変わるため、分析するという概念すらなかった。使い勝手はよく管理しやすいので満足しています。また、サポート体制もしっかりしているので、助かります。
【改善点】
強いていうならUIがわかりづらいところがありますが、特に問題になるほどのことではありません。

>>あしたのクラウドHRの口コミをもっと見る
>>あしたのクラウドHRの事例を見る

料金プラン

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 月額45,000円

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • あらゆる評価シートに対応できるカスタマイズ性
  • 人事データの活用がグッと楽になる充実の集計・分析機能
  • 他にはない選べるサポートプラン

あしたのクラウドHRは、全国2,500社以上の実績に裏打ちされた人事評価制度の構築・運用ノウハウに基づいて、評価業務のフローをすべて一元管理できる人事評価システムです。

目標から査定までの流れをすべて管理できるだけでなく、ありとあらゆる評価シートに対応できるように細かなカスタマイズにも対応しています。

また12/14より、新機能「社員名鑑」をリリース。社員名鑑では、顔写真や名前、メールアドレスといった基本情報はもちろん、趣味や社内部活動など企業独自の項目を作成可能。社員同士の理解を深めることで、社内コミュニケーションの活性化やスムーズな仕事の推進にもつながります。

公式サイト:あしたのクラウドHR

wevox(ウィボックス) - 株式会社アトラエ

wevox - 株式会社アトラエ 画像出典:wevox公式サイト

評判・口コミ

【評判】業種:メーカー/製造系・利用アカウント数:11件〜30件(中小企業)
評価:★★★★☆
数名チームで案件を請け負うことが増えたため、作業効率、モチベーションの維持などの向上を期待し、導入しました。料金システムが安かったので試してみたのですが、あらゆる要素が数値で可視化され、改善しやすかったです。シンプルに状態をみることも可能で、チームの人間に負担なく、パフォーマンスをうまくアップさせることができて満足しております。

料金プラン

料金
初期費用 無料
利用価格 月額300円~

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- - - -
  • アンケートにてエンゲージメントを可視化
  • エンゲージメントの改善で管理職の育成や離職の防止に貢献
  • AIによる解析で改善方法まで提案

wevoxは、従業員の会社に対する感情を数値化した「エンゲージメント」を測定し、改善に向けサポートしてくれるシステムです。1回約3分の簡単なアンケートでエンゲージメントを測定します。アンケートはスマートフォンに対応しているため、場所を選ばず回答が可能です。アンケートの結果は、自動で集計や分析がなされるため、担当者はエンゲージメントの改善に集中できます。

スキルナビ - 株式会社ワン・オー・ワン

スキルナビ - 株式会社ワン・オー・ワン 画像出典:スキルナビ公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

料金
初期費用 要問い合わせ
利用価格 要問い合わせ

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • あらゆる人材データを一元化管理
  • 個人や部門のスキルをグラフ化し比較が容易に
  • 人事異動シミュレーションで適材適所の人材配置

スキルナビは、社内に点在するあらゆる人材データをデジタル化し、クラウドで一元化管理できるタレントマネジメントシステムです。社員情報や経歴情報、目標評価や他社評価など、人材に関するさまざまなデータを一元化し、ルールに則った合理的な評価ができます。個人や部門のスキルをグラフとして可視化することで、比較も簡単に行えます。グラフを使った人事異動シミュレーションもでき、人事異動による各部門のスキルバランスの変化を具体的にイメージできるようになるのが特徴です。

HRBrain(エイチアールブレイン) - 株式会社HRBrain

HRBrain 画像出典:HRBrain公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるHRBrainの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:シンプルなUIで扱いやすいツール

HRBrainはシンプルなUIで操作系がシンプルにまとまっています。1on1や目標の管理に最適なツールです。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:50~100人(中小企業)
評価:★★★★☆
人事評価のために最低限必要なものが揃っています。また、UIがシンプルで見やすく、評価者・被評価者どちらも使いやすいツールです。1on1や四半期、半期等の面談内容も蓄積でき、メンバーが内容を更新したら都度通知があり、必要なフィードバックを行えていないとリマインドされますので、つい時間がなくて後回しにしがちなフィードバックも適宜実施できます。

改善を望む点:アクションが多くわかりづらい部分がある

HRBrainには、保存・更新・公開・承認といったアクションがあり、どのアクションで誰に見えているのかがわかりづらいといった意見もあります。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:50~100人(中小企業)
評価:★★★★☆
以前は評価項目についてExcelで記載して提出してもらい、面談もマネージャーそれぞれのやり方で実施したいたため、年間評価が評価時期付近の印象だけで決められていた感が否めませんでしたが、共通のフォーマットで管理職と人事が常に内容も把握でき、過去の面談内容も蓄積されているため、以前より公平な評価ができるようになりました。
【改善点】
保存、更新、公開、承認といろいろなアクションがあり、どのアクションで誰がどのように見えているかがわかりづらい

>>HRBrainの口コミをもっと見る

料金プラン

料金
利用価格 69,800円/月〜
無料トライアル あり(14日間)

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- -
  • テンプレートの汎用性
  • ⾯談ログを⾒やすく整理
  • 集計作業は完全自動化

HRBrainは、⽬標・評価管理のプロセスを⼀気通貫で効率化する人事評価システムです。定番のMBOやOKR、その他⽬標管理⽅法にあった豊富なテンプレートを搭載しています。

⽬標シートとあわせて1on1のフィードバックを残すことで、育成やコミュニケーションを促進します。データは評価者別、スコア別などさまざまな切り口で分析可能。⼀⼈ひとりの評価が“見える化”されるので、納得感のある評価を実現します。

公式サイト:HRBrain

MBO Cloud - 株式会社サイダス

MBO Cloud 画像出典:MBO Cloud公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるMBO Cloudの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:目標を決めた本人や周りのモチベーションに良い影響を与えられる

MBO Cloudは、全社員の目標やゴール設定をクラウド上で共有できるので、従業員のモチベーション向上、コミュニケーションの促進に良い影響を与えます。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:31~50人(中小企業)
評価:★★★★☆
目標管理をクラウド化できるので、これまで紙やエクセルデータで管理していたことによる参照の手間が激減しました。目標を本人にも、上司にも、周りの人にも明示することができるので、モチベーションに良い影響を与えている。また、半期に行われる人事評価の際も、いちいち資料を作る手間なく、すぐに見ることができる点が良い。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはMBO Cloudに改善を望む口コミはありませんでした。

>>MBO Cloudの口コミをもっと見る

料金プラン

料金
初期費用 -
(従業員数による従量課金制)
利用価格 50,000円

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
-
  • 目標の進捗を継続的かつ効果的に管理
  • テンプレート設定で柔軟にカスタマイズ可能
  • 人事考課の業務工数大幅カット

MBO Cloudは、社員の目標達成を多角的にサポートする目標管理・人事考課アプリケーションです。社員が目標を達成するためには、進捗状況を常に意識することが重要です。目標までの道のりを見える化し、継続的かつ効果的なマネジメントを実現できます。

現在運用している目標管理制度に合わせて柔軟にカスタマイズできるので、社内の目標管理の制度が変わっても、設定を変更するだけでそのまま利用可能です。また、目標設定シート集計作業の簡易化、催促メール一括送信の運用サポート機能により、人事考課の工数を大幅に削減できます。

公式サイト:CYDAS HR/MBO Cloud

SmartHR(スマートエイチアール) - 株式会社SmartHR

SmartHR(スマートエイチアール) - 株式会社SmartHR 画像出典:SmartHR公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるSmartHR(スマートエイチアール)の口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:担当者と書類をやりとりする手続きが不要になる

SmartHRは、従業員が自身で情報を入力できるため、人事部門が行う書類の受領や入力のコスト削減を実現できます。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:200~300人(大企業)
評価:★★★★★
入社手続き等において、従業員情報を自身で手元のPCから直接入力できるため、わざわざ担当者と書類をやりとりするような煩雑な手続きが一切不要となります。また担当社員においても、書類の受領や入力コストがなくなり、双方がハッピーだと思います。SmartHRの導入により、手続きに必要な情報をメールでやり取りしたり、書類を発送したりする手続きが一切不要となりました。

改善を望む点:特にありませんでした

ボクシルの口コミにはSmartHRに改善を望む口コミはありませんでした。

料金プラン

料金
スモールプラン
スタンダードプラン
プロフェッショナルプラン
要お問合せ
¥0プラン 無料(利用人数30名まで)
無料トライアル あり(利用人数に関係なく15日間無料)

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- - -
  • 目的に合わせてカスタムできる社員名簿
  • 全従業員の顔がわかる人材データベース
  • 作成した名簿を特定の人と共有・公開

SmartHR(スマートエイチアール)は、労務手続きや従業員の情報管理業務を自動化するタレントマネジメントシステムです。

全社・組織別の名簿をテンプレートを用いて簡単に作成でき、顔写真・名前・部署・資格といった情報を名簿に加えることで人材データベースとして活用できます。「アルバイト」「店舗別」「部署別」「資格保有者」の細かい条件に応じた名簿を、必要な情報のみをピックアップして作成できます。作成した名簿を共有したい時は、権限を与えた人のみが閲覧可能なので、安心・安全に公開できます。

公式サイト:SmartHR

sai reco(サイレコ) - 株式会社アクティブ アンド カンパニー

サイレコ 画像出典:sai reco(サイレコ)公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

料金
初期費用 200,000円
利用価格 18,000円/月~
無料トライアル あり

※利用料金について:導入月の利用費は免除、導入翌月から利用費が発生。連携によるサービス利用は、連携先のサービス費用が別途かかります。

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- - -
  • 過去から最新の人材情報を蓄積&見える化
  • 採用基準・育成指標の明確化
  • 異動・組織シミュレーションも簡単

サイレコは、人事担当者の定型業務を効率化し、タレントマネジメントや人事業務を支援するクラウド型人事管理システムです。

従業員の過去から現在まですべての人事情報を一元管理でき、タレント情報の蓄積と見える化を実現します。また、社内のロールモデルとなる人材の情報を抽出・分析することで、自社にあった採用基準や育成指標が明確化され、効率的な採用・育成を支援してくれます。異動・組織シミュレーションをドラック&ドロップで直感的にわかりやすく可視化できるのもポイントの一つです。

公式サイト:サイレコ

ヒトマワリ - 株式会社エラン

ヒトマワリ 画像出典:ヒトマワリ公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるヒトマワリの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:サポート体制が整っていて導入がスムーズに進む

ヒトマワリはサポートスタッフが運用の仕方や導入について丁寧に説明してくれるため、導入から運用まで流れがスムーズに進みます。

【評判】職種:役員(取締役)・従業員規模:51~100人(中小企業)
評価:★★★★☆
バックオフィス要員がそれほど多くないため、 人材管理の効率性を上げることを目的に導入しました。 感想としては、 リテラシーがそれほど高くない社内のメンバーがやな印象を持たなかったので ほど良いスペックなんだとおもいます。 また、営業・サポートの方が、運用の仕方など丁寧に対応してくれるのでありがたいです。 欲しい機能を聞いてくれるところも、今後に期待させてくれます。

改善を望む点:連携サービスについて

連携サービスが増えると更に使いやすくなるので対応してほしいとの口コミが多く見られました。しかし、サポート対応の際に欲しい機能をアンケートをとり、他システムとの連携についても考案中とのことなので、連携システムについては期待できます。

【評判】職種:一般社員・従業員規模:2~10人(中小企業)
評価:★★★★☆
【良い点】
まず直感的な操作ができ、使いやすいです。 このような管理ツールを使うのは初めてでしたが、 運用や操作で困った際は、専任のサポートの方に相談できるのも良いところだと思います。
【改善点】
分析機能がリリースされるとのことで、楽しみにしています。 他の勤怠・給与システムと連携することを考えているそうなので、そちらにも期待したいです。

>>ヒトマワリの口コミをもっと見る

料金プラン

料金
初期費用 -
月額料金(税抜) スタートプラン:5,000円〜
(採用管理機能・人材DB機能)
ライトプラン:60,000円〜
(採用管理機能・人材DB機能・BI分析機能)
オールインワンプラン:140,000円〜
(すべての機能)

プランによって利用できる機能が異なります。

機能・詳細

  • 採用・人材・分析をワンパッケージで提供
  • 専属のコンサルタントによるサポート
  • 高クオリティなのに低コスト

ヒトマワリは、採用管理から人材データベースまで一元管理できるクラウド型人事管理システムです。

採用管理・人材管理・分析・適性検査がワンパッケージで提供されているため、人材情報の一元化と可視化を行い、人材の採用から定着・戦力化までを実現します。

また、システムを提供するだけでなく、専属のコンサルタントがシステム導入と運用を徹底的にサポートしてくれるので安心です。後発サービスだからこそできる高クオリティに加え、導入しやすい価格設定になっています。

公式サイト:ヒトマワリ

HITO-Link パフォーマンス ※2020年7月31日提供終了

HITO-Link パフォーマンス - パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 画像出典:HITO-Link パフォーマンス公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

プラン 料金
人事評価プラン 初期費用:100,000円
利用価格:月額700円
OKR・1on1プラン 初期費用:-
利用価格:月額500円

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
-
  • 目標進捗に今すぐ・かんたんにフィードバック
  • 日々のフィードバックを人事評価に統合
  • 人材マネジメントを支援する機能を一括提供

HITO-Link パフォーマンスは、目標管理とリアルタイムなフィードバックで個人のパフォーマンス向上を実現するタレントマネジメントシステムです。組織と社員の目標を可視化させ、仕事の意味や目的を明確にすることで社員のモチベーション減退を防ぎます。また、人材情報データベースの一元化により、管理や検索がより簡単となっています。

公式サイト:HITO-Link パフォーマンス

タレントパレット

タレントパレット

評判・口コミ

ボクシルにあるタレントパレットの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:社員情報を見える化し最適な人材配置や育成を可能に

タレントパレットは、人材データベース機能、異動シュミレーション、人材育成・スキル管理など、最適な人材配置や育成を可能にする豊富な機能が備わっています。

【評判】職種:一般社員・従業員規模:-
評価:★★★★☆
組織のパフォーマンスを上げることができる、便利なタレントマネジメントのシステムだと思いました。社員の持っているタレントの見える化ができるので、人材の配置や育成がより最適に行えるようになりました。従業員の満足度も上がると思います。

改善を望む点:機能が豊富すぎて使いこなせない場合もある

機能が豊富なことはメリットですが、企業によっては多すぎて使いこなせていない場合もあるようです。

【評判】職種:係長・主任クラス・従業員規模:31~50人(中小企業)
評価:★★★★☆
社員の目標管理、過去の目標と実績、労務情報等、人に関わる情報を網羅的に記録、管理できるサービス。ただし、機能は多くあるが、実際に使いこなすためには相当な訓練と運用の整備が必要。弊社では機能を半分しか使いこなせていない

>>タレントパレットの口コミをもっと見る

料金プラン

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
-
  • 配置シミュレーション機能
  • パフォーマンス最大化にする分析機能
  • グローバル化への対応

タレントパレットは、科学的な人材配置・人材育成が可能なタレントマネジメントシステムです。

人材の見える化により、ある適正やスキルを備えた人材を瞬時に見つけられます。データ連携や項目設定も自由自在で各企業に合わせた運用が可能です。

公式サイト:タレントパレット

HR-Platform - フォスターリンク株式会社

HR-Platform 画像出典:HR-Platform公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金プラン

料金
利用価格 月額:50,000円

機能・詳細

目標管理 人財管理 コンピテンシー管理 レポート 人員検索 マイナンバー管理
- - -
  • 人事データの見える化と集計効率化でデータドリブン戦略人事を実現
  • データ管理や項目設定を企業ごとに最適化するカスタマイズ性
  • きめ細やかな運用サポート

HR-Platform「社員プロファイル&申請承認フロー」は、効率よく組織データを収集・見える化するデータドリブン戦略人事を実現するためのクラウドサービスです。
会社ごとにシステム構築する柔軟なカスタマイズ性を備えています。会社・部門目標と個人目標を連鎖させ、目標の進捗状況を一覧化できます。

エンジニアが直接ユーザー声を聞き、システム要件・運用要件を共有しながら、導入後の運用をきめ細やかにサポートします。日本語と英語のバイリンガルに対応可能です。

公式サイト:フォスターリンク提供サービス

Geppo - 株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー

Geppo - 株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー 画像出典:Geppo公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるGeppoの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:従業員のコンディションを把握できる

従業員のコンディションを可視化することで、離職防止の効果を発揮します。

【評判】職種:事業部長・工場長クラス・従業員規模:1000人以上(大企業)
評価:★★★★☆
導入が簡単で、HRテクノロジーの導入としては非常に使いやすいツールだと思う。実際に個人のコンディションは把握できるようになり、離職者も3名ほど防ぐことができた。一方で、まじめに取り組もうとするとマンパワーがそれなり以上にかかる。導入する際は担当者を付ける必要があると思います。

改善を望む点:あくまでツールはコンディションを可視化するもの

最終的にはツールで従業員のコンディションを可視化したあとに、組織がどのように動くのかが重要になります。口コミを見ると、可視化しただけで具体的な行動を起こせていない企業もいるようです。

【評判】職種:サービス、レジャー系・利用アカウント数:1件
評価:★★★☆☆
導入された当初は、普段つながりのない人事と気軽にコミュニケーションができるツールとして期待大!でしたが、結局ツールはツール。可視化した後に、人事が組織をどのように握って動かすのかというのが重要で、正直あまりツール導入当初の目的となるような事は達成できていないのでは…と思うため。

料金プラン

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 月額39,800円(社員数50名まで)

機能・詳細

  • 答えやすいから高回答率
  • 面倒なオペレーション業務はすべて代行
  • 打ち手につながりやすい

Geppoは、従業員のコンディションを可視化できるHRテクノロジーツールです。毎月厳選の3問の質問に答えるだけで従業員負荷がもっとも低いパルスサーベイを実現。これにより離職防止や適材適所、現場の声の吸い上げなどさまざまな目的に活用できます。

アンケートの配信はもちろん、回答促進からコメントの読み込み、レポートまで、面倒な運用はすべて代行します。また、直感的なインターフェースとアラート機能で、変化の兆しを見逃することを防止します。2017年HRアワードの人事労務管理部門で優秀賞受賞という実績もあります。

公式サイト:Geppo

SmartCompany(スマートカンパニー)

SmartCompany

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • 高い業務適合性
  • オンプレミス・クラウドの両方対応
  • トータルソリューションまで提供

SmartCompanyは、戦略的な人事を高機能でサポートしてくれる人事システムです。段階的な拡張機能を備えているため、運用を続ける中で必要なシステムのみ拡張できます。

これにより、もし導入時に最低限のシステムしか決定していなくても安心です。各企業の目的に合わせて、システムの運用から総合的な解決策の提供まで行ってくれるのも特徴です。

公式サイト:SmartCompany

HITO-Talent

HITO-Talent

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • 人事部門と共同開発
  • 強固なセキュリティを持つ人材データベース
  • シンプルで直感的な操作性

HITO-Talentは、人材の発掘、適正配置、計画的な育成と評価、優秀人材のリテンションをといった戦略的な人事機能で企業の持続的な成長を支援するタレントマネジメントシステムです。

7,000人の従業員を抱える、人材サービスのパーソルキャリア人事部と共同開発されたため、データベースの管理項目に限界がなく、それでいながら着艦的なマニュアルいらずのオペレーションを実現しています。
人材の適正配置、組織風土の改善はもちろん、新規事業立ち上げにも有効なシステムです。

公式サイト:HITO-Talent

Cornerstone OnDemand(コーナーストーン オンデマンド)

Cornerstone OnDemand

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • 社員データを一か所で把握
  • セルフサービス方式を導入
  • 社員のモチベーションアップに有効

Cornerstone OnDemandは、世界中に3,000万人近くのユーザーを抱えるタレントマネジメントソリューションです。
データがリアルタイムで更新され、ビジネスリーダーが的確な意思決定を行いやすくなります。

社員のデータも集中的に管理でき、社員やマネージャーが自らアクセスできるセルフサービス機能もあるので、社員のニーズにも応えられます

公式サイト:Cornerstone OnDemand

SAP SuccessFactors(サクセスファクターズ)

SAP SuccessFactors

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • ソーシャルを利用したオンボーディング
  • 意思決定プロセス支援
  • 人事関連業務を分析し「見える化」

サクセスファクターズは、クラウドベースのタレントマネジメント・ソフトウェアスイートです。

上長は社内の専門家を迅速に検索し、ビジネス展開に対応できます。オンボーディング(新メンバーに業務を手ほどきする)にソーシャルの仕組みを取り入れているのが特徴です。
社内コミュニティが成長するにつれ、スキルマネジメントがいっそう効率的になるでしょう。

公式サイト:サクセスファクターズ

Oracle Taleo Cloud Service

Oracle Taleo Cloud Service

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • 優れた人材をリサーチしリーダーを育てる
  • リクルーティング・成果報酬管理
  • 従業員のキャリアパス形成

Oracle Taleo Cloud Serviceは、事業者向けのタレントマネジメントシステムです。

「民をして上と意を同じくし……(道者令民与上同意、可与之死、可与之生、而不畏危也)」と古典にもありますが、組織目標と従業員目標を近似させ、適切なコーチングを行うことは組織の持続可能性を高めます。
DBで世界的に有名なOracle社のシステムで、有機的な人材管理を推進できるのではないでしょうか。

公式サイト:Oracle Taleo Cloud Service

POSITIVE(ポジティブ)

POSITIVE

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • グローバル企業やグループ会社に対応
  • ブラウザのみで全機能を使用可
  • モバイル給与・就業システム付属

POSITIVEは、人的資源を能動的にマネジメントするための統合パッケージです。

リクルーティングをはじめとした「人事管理」のみならず、給与系、各種評価とキャリア形成、就業管理をサポートし、人材開発に役立つ機能が豊富に用意されています。
グループ単位で組織スキルを分析し、自社の強みと弱みを数値化できます。

公式サイト:POSITIVE

ROSIC(ロシック)

ROSIC

料金

料金
初期費用 要お問合せ
利用価格 要お問合せ

機能・詳細

  • 拡張性が高い
  • 質の高いコンサルティングサービス
  • 永続的なサポート

ROSICは、人材データ・マネジメント支援・BIを融合させた人事システムです。多彩な分析機能はもちろん、データ分析からマネジメントまで一貫性があるため、実効性あるツールです。導入時には専任コンサルタントがサポート。各企業にあったデータベース構築のアドバイスをしてもらえます。

公式サイト:ROSIC

口コミ・機能・料金をまとめて比較する

タレントマネジメントシステムの料金や機能をまとめて比較したい方は、無料でダウンロードできる一括資料請求がおすすめです。

サービス名
カオナビ
HRMOS
jinjer人事
HRMOS
HRBrain
banto
CYDAS PEOPLE
スキルナビ
満足度
4.02
3.6
0.0
0.0
4.46
4.0
4.71
0.0
口コミ・評価
4.0点
評価者となるマネージャーだけでなく、社員としても、他部署のメンバーや互いの目標を確認することができ、仕事しやすくなります。機能として扱いやすいのはもちろんですが、「顔」が見えることが自然と関心を持つポイントだと思います。
5.0点
顔と名前を一致させる王道のツールではないでしょうか。社員番号、所属といった様々な属性でフィルタを設定することが出来ます。チーム編成時、チーム異動時といったキャリアパスを考える際に利活用出来るツールです。
4.0点
社員の顔写真が一覧で見えるようになっているため、そこから各社員のページに飛び、部署異動などの経歴を確認することができる。とてもシンプルなUI。 別ツールで組織図の閲覧が可能であるが、部署異動の経歴まで調べることはできなかったため、HRMOS COREにより、数年前の案件担当者や情報を即時に調べることができるようになった。
3.0点
社員情報の検索や閲覧、全社組織図の閲覧が出来るため、 新入社員でもHRMOSCOREを見ると、どんな人が在籍しているかが一目で分かるようになった。名前と顔が以前より覚えやすくなったと思う。 また、他支社で働いている人に関しても顔が分かる為、今まで以上に親近感が湧くようになった。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
4.0点
エクセルやスプレッドシートで管理をせざるをえなかった環境を、システム化されているため、視認性が極端に向上した。半期ごと、四半期ごとに評価をおこなうこともでき、おざなりになりがちな上長や部門長からのフィードバックもコメントが残るので、当人の成果を確認しやすい。
5.0点
Excel管理して四半期末にしか見返さない目標から、毎週の1on1の度にメンバー,マネージャーとで一緒に確認し、1on1をしながらアップデートしていくという形に変わりました。
4.0点
チャットから質問に回答するだけで営業の数字入力や日報などの報告が完了。報告した営業数値やタスクの進捗状況は、bantoの画面で自動で集計され、全社員で確認することが出来他に類をみないサービスです。
5.0点
今まで見えにくかった他部署の社員について、知る機会ができた。また、コミュニティーの場所がこの製品を通して設けられているのが良いと感じる。大幅なバージョンアップが控えていると聞いているので、そちらに期待したいと思っています。
4.0点
使用していて特段不便と感じることもありませんが、あえて挙げるとするとPayViewを一人ずつ修正できるようになると嬉しいです。人におすすめするかと聞かれるとハイとはいいきれないとも思ったので4にしました。
まだ口コミはありません
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
人員検索
レポート
コンピテンシー管理
人財管理
目標管理
マイナンバー管理
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
100,000-
利用料
月額/ユーザー
(ユーザー)
500-
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
19,800-
利用料
月額/ユーザー
(ユーザー)
300-
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
月額/ユーザー
サービス資料
カオナビの資料
HRMOSの資料
jinjer人事の資料
HRMOSの資料
HRBrainの資料
bantoの資料
CYDAS PEOPLEの資料
スキルナビの資料


企業規模でおすすめのサービスを比較したい方はこちらから「大企業向けサービス」「中小企業向けサービス」の資料をダウンロードできます。

タレントマネジメントシステムの導入事例

タレントマネジメントを導入する場合、企業によって課題が大きく異なります。最適な人材配置を実施したい企業や公正に人事評価をしたい企業などさまざまです。自社の悩みに似た企業を探し解決法の参考にしましょう。

G社:IT通信業・200人〜500人(大企業)

G社業種:IT・通信業
従業員数:200人〜500人(大企業)

IT・通信業のG社では人数の増加に伴い、Excelで運用していた人事評価を効率化する必要に迫られました。G社は、直感的に操作できカスタマイズのしやすいシステムを導入しました。他社のシステムは、見た目がシステマチックで若い社員に評判でなかった点も理由の一つです。

当初は予見していなかったメリットに、顔写真を見て人を理解できることがあげられます。普段関わりのない人を名前だけでなく顔を見て把握できるため、初対面の方でもあってもコミュニケーションのハードルを下げられます。

S社:小売業・50人〜100人(中小企業)

S社業種:小売業
従業員数:50人〜100人(中小企業)

小売業を請け負っているS社は、外資系企業のグループ会社から日系企業のグループ会社に参入しました。

外資系企業の人事管理システムを使用していたものの、海外のシステムでは管理したい項目を扱えず不便を感じていたそうです。部署の異動をはじめとした自社独自の項目はExcelで管理していたため、人事管理システムとExcelで二重に管理していました。

問題を解決するためにS社は、管理項目のカスタマイズや履歴の一括管理が可能なタレントマネジメントシステムを導入しました。情報へのアクセス時間を短縮したりExcelと重複して管理する問題が解消されたりしました。複雑なシステムから開放されたためヒューマンエラーも起こりにくくなったそうです。

S社:コールセンター業界・100人〜500人(大企業)

S社業種:保険代理業
従業員数:100人〜500人(大企業)

S社は、金融保険商品の販売を請け負うコールセンターの会社です。採用を積極的に進めたS社は、採用拠点や雇用形態、採用媒体が増加したために管理のしづらさを感じていました。また、離職率や異動情報をExcelで管理していたため人為的なミスもありました。

システム導入後は、データ管理を一元化させミスを削減しています。複数サービスを併用し複雑化した状況が、一つにまとまったことで改善されました。

S社:小売業・1,000人〜5,000人(大企業)

S社業種:小売業
従業員数:1,000人〜5,000人(大企業)

ドラッグストアを展開するS社は、データを書類で管理していました。紙の印刷や発送、回収といった作業が増大し続け、さらには保管場所も議論を呼んでいました。

雇用契約書の発送から回収までに1か月半かかっていたのが、導入後は約10日間に短縮されました。また、3,400人分の年末調整もシステム上で実施することで大幅なペーパーレス化にも成功しています。

S社:銀行業・5,000人〜10,000人(大企業)

S社業種:銀行業
従業員数:5,000人~10,000人(大企業)

S社は本業の銀行業以外にさまざまな事業をグループで展開しています。しかし、グループの融合にあたり人材情報の一元化を求められました。所属している企業に関係なく情報を一元管理するため、タレントマネジメントシステムを導入しました。導入後は、企業の垣根を超えた適正配置や評価軸の統一が進められています。

F社:コンサル業・50人〜100人(中小企業)

F社業種:コンサル業
従業員数:50人〜100人(中小企業)

コンサル業を経営しているF社では、少ない人数でいかに展開するか、従業員の能力をいかに成長させるかが検討されていました。タレントマネジメントシステムは、OKRを運営していくために導入しました。目標を定量化したり進捗の基準を具体化したりするのを意識し進めました。導入した結果、誰が何をしているのかがわかりやすくなり行動量が増加しました。


タレントマネジメントの運用手順

タレントマネジメントは一般的に次の手順で利用します。

  1. データ集約・登録
  2. データ分析・スコアリング
  3. 施策の実施
  4. データ更新
  5. 施策の見直し・実行

タレントマネジメントシステムを導入することで、より効果的な運用が可能です。

1. データ集約・登録

社員の顔写真や過去の経歴、研修の受講履歴、現職での評価、パフォーマンス、スキルなど、分散しがちな情報をエクセル、またはシステムで集約して一元管理します。

2. データ分析・スコアリング

データ化された情報は分析しやすくなります。タレントマネジメントシステムでは過去の経歴やトレーニングの履歴、評価の推移をもとにランク付けやスコアリングの機能が備えられています。

3. 施策の実施

分析データをもとに、人材配置の最適化戦略的な人材開発を模索し施策を立案・実行します。コンサルティングのようなアドバイス・レコメンドを行うタレントマネジメントサービスも登場しています。

4. データ更新

人材評価やスキルは日々変化するため、最新のデータへ逐一更新しなくてはなりません。成績やスキルアップの状況を把握し良い施策につなげます。

5. 施策の見直し・実行

施策の結果から効果を分析し改善案を策定します。タレントマネジメントシステムは、従業員の顔写真を確認できるため顔と氏名が一致しやすくマネジメントのサポートに使えます。


>>おすすめのタレントマネジメントシステム比較はこちら

タレントマネジメントのメリット

タレントマネジメントには次のようなメリットがあります。

  • 人材配置の最適化
  • 公平な能力評価
  • 人材育成の促進

従業員と企業、双方に良い影響を及ぼします。

人材配置の最適化

人材配置を最適化するには、能力の把握が必要です。タレントマネジメントではスキル以外にも、目標やキャリア、ビジョンがわかるため適切な人材配置に役立てられます。人材配置は、従業員のポテンシャルを引き出せるきっかけになるため、能力の正確な理解は欠かせません。

人材を適切に配置できると、同じ従業員数でより良いパフォーマンスを発揮できます。人材の確保が難しい昨今、少ない従業員で多くの業務を遂行するのは重要なことです。

公平な能力評価

人事評価でよく聞かれる悩みが「能力を公平に評価できるているかわからない」です。評価制度への不信感は、従業員満足度の低下に直結するため避けてとおれません。どうすれば評価されどうすれば昇進できるのかを示しておきましょう。

公平な能力評価には基準が必要です。タレントマネジメントは戦略的な人事が目的で、運用には客観的な指標が求められています。従業員の能力・実績を公平に評価すれば、企業に対する信頼が向上し離職を防止できます。

人材育成の促進

従業員は業務内容や上司によって成長のスピードが大きく変わります。各従業員に合った職場環境は、タレントマネジメントによって判断できます。

能力を透明化して伸ばすべき強みや克服すべき弱みを判断しましょう。幹部候補を育成する計画も立てやすくなるため、長期的に見ても経営が安定します。


>>おすすめのタレントマネジメントシステム比較はこちら

タレントマネジメントのデメリット

タレントマネジメントには次のようなデメリットがあります。

  • 浸透させる労力
  • 制度を作るコスト
  • 過剰な機能

メリットの多いタレントマネジメントですが、計画的に導入してはじめて効果があることに注意しましょう。

浸透させる労力

タレントマネジメントの浸透は簡単ではありません。広く利用してもらえるまで繰り返し働きかけることが必要です。

従業員が協力してくれなければの導入は失敗します。浸透させるには意義や目的、効果を正しく理解してもらう必要があります。

制度を作るコスト

タレントマネジメントは月額で数百万円かかることもあれば(オンプレミス型の場合)、数千円で済むこともあります。導入時にはコストに気をつけましょう。

導入費用だけがコストではない点に注意しましょう。運用ルールの作成やマニュアルの用意もコストとして考えられます。

過剰な機能

タレントマネジメントの中には、自社にとっては機能が過剰なものもあるでしょう。できることが多すぎて扱いが複雑であったりベンダーの開発に力が入っていてコストが高かったりします。

導入時には目的を明確化させ、目的にあった手法やサービスを導入しましょう。慣れていない人が扱う場合や予算を出せない場合は、機能が少なくシンプルであることに注意します。

利用の流れを想定しているか

タレントマネジメントを導入した後、どのように普及させるかどのような体制で利用するのかをあらかじめ想定しておきましょう。

タレントマネジメントの運営には、全社員の協力が必須です。形骸化しては意味がないため、どのように利用するか想定したうえで導入しましょう。

タレントマネジメントを導入する際の注意点

タレントマネジメントを導入する際は、目的が明確か、現場の意見を採用しているか、利用の流れを想定しているかに注意しましょう。

導入の目的が明確か

タレントマネジメントを導入する場合、なぜ自社に必要かを再確認しましょう。なぜ導入すべきかを考えれば、どのように活用したいかも見えてきます。導入しても「余計な手間が増えた」「何に使われているのかわからい」「導入前と何がどう変わったのか」といった不満が募れば、従業員満足度もモチベーションも低下します。

どのような悩みを解決すればよいのか理解していれば、導入時の問題発生を抑えられます。従業員に納得してもらうためにも導入の目的をはっきりしておきましょう。

現場の意見を採用しているか

タレントマネジメントを導入する際は、人事担当者だけでなく現場の意見にも配慮しましょう。現場の従業員から有用性を問われ、非協力的になることが予想されます。標準となるモデルがあったとしても、細かい部分は企業ごとに調整しなくてはなりません。たとえば、企業や部署によって数字の重みが異なったり求められる機能が異なったりします。現場の声を反映させて導入しましょう。

システム導入の成否は事前の情報収集が重要!

 システム選び

近年、タレントマネジメントシステムを導入する企業は増えてきています。しかし、タレントマネジメントシステムを含む人事系システムはボクシルに寄せられる評判・口コミを調べると、導入する前に情報収集を徹底しておけばよかったという意見は少なくありません。

システム導入時に情報収集を念入りに行なった企業では導入後の満足度が高く、反対に情報収集に時間をかけなかった企業では社内の利用率が低くなりやすいです。

そのため、システム導入で失敗しないためには、各サービスの情報収集を念入りに行い、料金や機能、特徴を比較することが重要です。

ぜひ、タレントマネジメントシステムの導入を検討する際は、ボクシルの無料でダウンロードできる資料を参考に情報収集し、気になるサービスを比較してください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

BOXILの資料請求の流れ

「大企業向けシステム」「中小企業向けシステム」でおすすめサービスを厳選して比較したい方はこちら

\ おすすめ5サービスを比較! /

\ おすすめ4サービスを比較! /

タレントマネジメントで人材の有効活用を

「適材適所」を実現するために採用企業が増えている、タレントマネジメント。人材不足が企業経営にも影響を与えるなか、一人ひとりの個性を生かし既存人材を有効に活用・育成するためにも、欠かせない考え方です。

個々人の能力(タレント)を可視化し一元管理できるタレントマネジメントシステムの導入も進んでいます。組織の全体最適を目指し、ジョブ型雇用カンパニー制など時代の変化にあわせるならなおさら、有効活用できるでしょう。自社の課題や導入目的を明確にし、最適なシステムを選択しましょう。

タレントマネジメントシステムの選び方まとめ
使いやすさと評価機能を重視するなら「カオナビ」がおすすめ
シリーズ連携させるなら「HRMOS」
人事評価と目標管理をシンプルに行うなら「HRBrain」がおすすめ

人事管理システムについてはこちらの記事で紹介しています。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

タレントマネジメントシステム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
タレントマネジメントシステムの最近更新された記事
カオナビ×サイダス×タレントパレット | クラウド型タレントマネジメントシステムの評判・価格・シェアを比較
人材管理ツールのメリット・デメリットをまとめ | コスト・導入難易度は?
おすすめのクラウド人事管理システム比較29選|労務・採用・評価・勤怠管理ごとに最適な各種サービスを紹介
人材管理とは?企業・経営として知っておくべきこと・おすすめシステム
テレワーク時のマネジメント方法と課題 | 勤怠管理・評価に役立つツールを比較
KPTとは | ふりかえりのフレームワーク・進め方・成功のコツ・ポイント
サクセッションプランとは | 目的・プロセスの解説とツール4選
カオナビの使い方 - 機能・料金・事例 | クラウド人材管理ツールで何ができる?
チームビルディングとは | 方法や目的、事例 - ゲームのおすすめ
カンパニー制とは | メリット・デメリット・事業部制との違い・導入事例