コピー完了

記事TOP

RPAツール比較30選 - 価格や機能 | 種類・選定方法

最終更新日:
ボクシルおすすめのRPAツールを特徴や価格で比較して紹介!種類が多くわかりづらいRPAツールの違いを詳しく解説します。あなたの会社も、手作業で非効率だった業務から開放されてみませんか?

RPAツールとは

「同じ作業の繰り返しで、作業工数がとられている」
「定型業務をなんとか自動化できないか」

この悩みを抱えている方は非常に多いのではないでしょうか。そこで注目されているのが、業務を自動化するRPAツールです。

RPAは、Robotics Process Automation(ロボティックスプロセスオートメーション)の略称です。単純なパソコン作業を自動化するソフトです。アプリケーションをまたいだ自動化を実現でき、Wordの文章をコピーしてExcelにペーストするといった作業を繰り返しを実行させます。

RPAの3段階

RPAは、システムの自己学習機能や判断力によって3つの段階に分類できます。どのような業務をオートメーション化するかによって、必要なRPAが異なるため注意して選定しましょう。

RPAの基本について詳しく知りたい方は次の記事もお読みください。

第1段階:RPA

これまで人間が行ってきたデータ入力や、複数アプリケーションの連携が必要な単純作業を自動化し、反復作業を得意とするソフトウェアロボットです。

画像認識や座標取得の機能を持ち、ルール処理エンジンに判断基準や対処のシナリオを設定することで処理を行いますが、設定されていないイレギュラーには対応できません。

第2段階:EPA

EPAはEnhanced Process Automationの略称で、自由記述の問い合わせの構造化されていないデータを収集し、AIを用いて分析を行うシステムです。

これによって問い合わせに自動回答する、複数データの分析を元にした売上予測などが可能となり、イレギュラーに対応できないRPAが苦手とする、非定型業務を実行できます。

第3段階:CA

Cognitive Automationの略称となり、大量のデータをもとに自己学習を行い最良の判断を下せる、AIシステムを活用したソフトウェアロボットです。

大量の情報からディープラーニング(深層学習)によって、自主的に学習して成長するため、人間の感情に配慮したメッセージの作成や、外的条件にあわせた仕入れ量調整など、人間と近い水準の意思決定が可能になると見られています。

【関連記事】
RPAとは
RPAとAIの違い
RPAの導入事例

RPAツール紹介

実際に、RPAツールにはどのような種類があるのでしょうか。上記で説明した3つの段階ごとに、RPAツールを説明していきます。また、下記で紹介するRPAツールや、紹介しきれなかったサービスのさらなる詳細はこちらからご覧になれます。

Autoジョブ名人 - ユーザックシステム株式会社

Autoジョブ名人 - ユーザックシステム株式会社 画像出典:Autoジョブ名人公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

プラン名 1年ライセンス 5年ライセンス 概要
Autoジョブ名人 開発版 600,000円 2,700,000円 スクリプト開発機能、実行機能含む
Autoジョブ名人 実行版 180,000円 810,000円 スクリプト実行機能
実行指示クライアント 24,000円 108,000円 即時に実行指示するためのソフトウェア、保守料含む
データ変換オプション 開発版 70,000円 315,000円 データ変換開発機能、実行機能含む
データ変換オプション 実行版 10,000円 45,000円 データ変換実行機能
PtoE変換オプション 180,000円 810,000円 PDFをExcelに変換する機能

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
オンプレミス Internet Explorer、Chrome 無料
  • 柔軟性のあるシナリオ作成と編集機能
  • タグ情報を解析してブラウザ操作の自動保存が可能
  • カレンダー登録で無駄なくスケジュールを実行

Autoジョブ名人は、パソコン操作による定型業務を自動化する国産RPAソリューションです。15年以上の実績を持つブラウザ向けRPA「Autoブラウザ名人」に、Windowsアプリにも対応する機能を付けた「あらゆるPC操作を自動化」するRPA。HTMLやUIタグを自動解析し、スクリプト編集画面に反映します。スケジュール実行機能に加え、エラー時のメール通知機能を標準搭載し、効率の良い業務実行を目指せます。

Uipath StudioX(ユーアイパス スタジオX) - Uipath株式会社

Uipath StudioX(ユーアイパス スタジオX) - Uipath株式会社 画像出典:Uipath StudioX(ユーアイパス スタジオX)公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるUiPath StudioXの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:VBA程度のスキルがあれば問題なし

UiPath StudioXはVBAを操作できるほどのスキルがあれば苦労せずとも扱えると評判です。

【評判】利用アカウント数:利用アカウント数:301件〜500件(大企業)
★★★★★
Windowsとの親和性が高く、VBAの知識があればコードの記述に関しても躓きはない。
GUIのコントロールとデータ編集が同じ土俵で行えるので使い勝手がよく、個人的には好みの作りになっている。

改善を望む点:特になし

改善を期待する点は、ボクシルにて掲載されている口コミでは特に見られませんでした。

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
オンプレミス Internet Exploler, Chrome, Firefox 無料
  • 業務部門に特化したRPA開発ツール
  • 初期投資を抑えた導入が可能
  • 簡単操作のみでプログラムを開発

UiPath StudioX(ユーアイパス スタジオX)は、業務部門のニーズに特化したRPA開発ツールです。業務部門の担当者が行う、テキストやデータの入力転記、情報の比較に特化しています。高度な開発機能を削り、日常業務で使用する機能だけを搭載することにより、初期投資を抑えた導入を実現しています。独自の機能により、専門知識がなくても直感的なマウス操作だけで自動化プログラムの開発が行えます。

CLOVA OCR(クローバOCR) - LINE株式会社

CLOVA OCR(クローバOCR) - LINE株式会社 画像出典:CLOVA OCR(クローバOCR)公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

無料トライアル あり
Basicプラン 月額3,000円
Standardプラン 月額30,000円
Advancedプラン 月額100,000円

機能・詳細

  • 世界最高水準の認識精度
  • さまざまな書類や画像をテキスト化
  • LINE公式アカウントと連携可能

CLOVA OCR(クローバOCR)は、LINEが独自開発したAI-OCR(文字認識技術)サービスです。手書き文字や多言語に対応しており、非定型の書類でもあらゆる文字を正確に読み取れます。フォーマットが一定の書類も、指定した項目のみをテキスト化できます。また、読み込み時にどのフォームかを自動判別します。LINE公式アカウント内で会話をしながら、身分証画像と自撮り画像を送るだけで、オンライン本人確認も可能です。手続き時間の短縮やコストダウンが期待できます。

現在、2020年期間限定特別価格として、下記の価格から50%オフになっています。

PRO×BoT(プロ×ボット) - 株式会社 ProVision

PRO×BoT(プロ×ボット) - 株式会社 ProVision 画像出典:PRO×BoT(プロ×ボット)公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

  • 「RPA導入前診断」で効果や費用を具体的に把握できる
  • RPAを最大限活用するための「RPA導入後診断」を実施
  • 導入前の相談から導入後の運用・保守まで一貫サポート

PRO×BoT(プロ×ボット)は、RPAの導入前・導入後、どちらにも対応したRPA診断サービスです。「RPA導入前診断」では、導入した際の効果や費用を具体的に提示し、自社にとってのRPAの必要性を判断する材料として活用できます。「RPA導入後診断」では、すでにRPAを導入している企業へ、第三者機関として、機能面の診断や担当者目線での効果を検証し、最大限RPAツールを活用できるようサポートします。導入前の相談から導入後の運用・保守までの一貫した支援により、生産性の向上が実現できます。

batton(バトン) - 株式会社batton

batton(バトン) - 株式会社batton 画像出典:batton(バトン)公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

月額プラン 98,000円/月

機能・詳細

クラウド ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド - 要問い合わせ 無料
  • AIにより環境が変わっても以前の環境を自動検出
  • デバイスを操作するだけで業務を自動化
  • 時間ごとにRPAツールをシェアできる

batton(バトン)は、専門知識不要で簡単に使いこなせるAI搭載のRPAツールです。AIが作業のアイコンを自動検出するので、環境やデバイスが変わっても再設定の必要はなく、作業がストップしません。自動化したい業務をデバイス上で実際に行うだけで、AIが作業内容を記憶するので、難しい設定も不要です。自動化したい業務がそれほどなくとも、1アカウントを時間ごとに他拠点・他社とシェアし、経費負担を抑えながら業務を効率化できます。

RaQubo(ラクーボ) - 株式会社デジタルワークス

RaQubo(ラクーボ) - 株式会社デジタルワークス 画像出典:RaQubo(ラクーボ)公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 200,000円
  • 月額料金 50,000円~
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
オンプレミス 専用ブラウザ、Chrome、Internet Explorer、Firefox 無料
  • シンプルな操作性で誰でも簡単に扱える
  • ⼈が作業している⼤半の操作を自動化可能
  • 充実したサポートでRPAが初導入でも安心

RaQubo(ラクーボ)は、専門知識不要で誰でも触れるUIが特徴のRPAツールです。普段どおりにPCを操作するだけで、行った操作が記録されそのまま自動化できます。導入サポートや運用中の問い合わせに加え、操作説明会への参加や契約更新なども無料で利用できるので、充実したサポート体制により安心して活用できます。

AI-OCRソリューション - 株式会社JSOL

AI-OCRソリューション - 株式会社JSOL 画像出典:AI-OCRソリューション公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 0円〜
  • 月額料金 30,000円~
  • 無料トライアル あり(企業数・期間限定のため要問い合わせ)

機能・詳細

  • AIを活用してあらゆる帳票を高精度にデータ化
  • RPAと組み合わせて業務全体の自動化が可能
  • 企業の課題を解決するDX推進をトータルサポート

AI-OCRソリューションは、AI技術を活用し、紙文書の高精度なデータ化を実現する業務自動化ソリューションです。AIによる学習や画像解析の活用で、継続的な読み取り精度の向上と幅広い帳票フォーマットへの対応を実現します。また、RPAを組み合わせて帳票の読み取りからシステムへの入力業務まで、業務全体の自動化が可能です。業務効率を大幅に向上し、残業時間削減など自社の働き方改革推進につながるサービスです。

WinActor - NTTアドバンステクノロジ株式会社

WinActor - NTTアドバンステクノロジ株式会社 画像出典:WinActor公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるWinActorの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:シナリオ作成支援がある

WinActorは、シナリオ作成をサポートしてくれると評判です。RPAツールに苦手意識を持っている方でも安心して利用できるのは強みだと言えます。DAiKO RPA Powered by おまかせRPANOC RPAサービス(WinActor)といった、販売代理およびサポートを請け負っている企業もあるため、こちらも合わせて検討するとよいでしょう。

【評判】利用アカウント数:201件〜300件(大企業)
★★★★★
業務をRPAに移行する際、シナリオ作成が1番苦労するところかと思いますが、WinActorの場合は、サポート社員がシナリオ作成を一緒に協力してやってくれます。

改善を望む点:型化を要する(ただし他RPAにも共通)

単純作業を自動化する際に強みを発揮しやすいのがRPA。その反面、業務内容を型化できなければ、導入に失敗する可能性もあります。サポートの方からアドバイスをもらいどのような業務を自動化できるのか整理しておくのがよいでしょう。

【評判】利用アカウント数:2件〜10件(中小企業)
★★★★
日本語化されていることで、ストレスなく利用が可能。また、情報システム系の知識が無くてもそれなりに利用できることが強み。RPAに共通して言えるが、業務の型が定まっていなければ利用価値はない。

価格・料金プラン

要問合せ

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド、オンプレミス Internet Exploler、Chrome、Firefox、Edge 無料
  • 導入企業は5,500社以上(※)
  • ドラッグ&ドロップやクリックで編集
  • シナリオ・ライブラリが無料提供

WinActorは、5,500社以上の企業に導入されているNTTグループのRPAツールです。ライブラリと呼ばれるパーツをドラッグ&ドロップにて組み合わせることで、プログラミングをせずとも自動化を実現できます。販売代理店の認証制度もあり、好みの企業からサポートやアドバイスを受けられます。

(※ WinActor公式サイト/トップページより2020年10月時点の数値)

Automation Anywhere - オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

Automation Anywhere - オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 画像出典:Automation Anywhere公式サイト

価格・料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド、オンプレミス Internet Exploler、Chrome、Edge、Firefox -
  • 自然言語処理や機械学習にも対応
  • AIが意思決定する業界初の技術
  • 作業に関わるビッグデータを解析

Automation Anywhereは、広範囲の業務自動化に役立てられる多機能なRPAツールです。反復的な業務を自動化してくれるほか、自然言語処理や機械学習による高度な機械化、AIやビッグデータによる人と似たタスクの処理など、高度な次元で自動化を推し進められます。

Blue Prism - Blue Prism株式会社

Blue Prism - Blue Prism株式会社 画像出典:Blue Prism公式サイト

価格・料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド、オンプレミス Internet Exploler, Chrome, Firefox 無料
  • MicrosoftやGoogleのAI・機械学習を利用可能
  • 企業向けの運用管理や監査、セキュリティ機能あり
  • ユーザーやパートナー、スタッフによるコミュニティ

Blue Prismは、エンタープライズ向けのRPAツールです。MicrosoftやGoogleの機能をドラッグ&ドロップで利用したり、そのほかパートナーのシステムをアプリストアにて導入したりできます。RPAの管理にも注力しているため、導入時に運用方法やセキュリティに関して悩むことは少ないでしょう。パートナーや有志の支援によるコミュニティを利用できるのも強みのひとつです。

SynchRoid(シンクロイド)- ソフトバンク株式会社

SynchRoid(シンクロイド)- ソフトバンク株式会社 画像出典:SynchRoid公式サイト

価格・料金プラン

  • 月額料金 600,000円~
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

  • あらゆる定型作業をRPAツールが代行
  • AIとの連携で非定型業務も自動化可能
  • 導入からすべてのプロセスをサポート

SynchRoid(シンクロイド)は、ソフトバンクとRPAホールディングスが、国内でもっとも多くの導入実績を持つRPAツール「BizRobo!(ビズロボ)」をベースに共同開発した独自のRPAソリューションです。「IBM Watson」や「Pepper」、OCRと連携することで、判断が伴うような非定型業務や顧客対応も自動化できるのが特徴です。導入から開発、トレーニングまでのすべてのプロセスをサポートしてくれます。

RPAロボパット

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

プラン 月額料金
実行専用ロボプラン 40,000円
フル機能ロボプラン 120,000円

無料トライアル あり

機能・詳細

クラウド ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド Internet Exploler, Chrome, Firefox, Edgeなどすべてのブラウザに対応
  • 事務スタッフでもロボットの作成が可能
  • アプリケーション・ブラウザを問わず、どんな業務も自動化
  • 繁忙期に合わせて費用を変動できる月単位の契約

RPAロボパットは、技術者に頼らず、現場主体で導入・運用ができるRPAツールです。

ITやシステムに詳しくない方でもロボを作成し、マウスとキーボードを使って、自分の業務を直観的に置き換えられます。また、デスクトップ画面に表示される画像を認識し、人間がマウスとキーボードで操作することはすべて代わりに操作してくれます。
月単位の契約なので、決算月のような業務が増える時期は多くの台数を動かし、それ以外の月は最小台数に絞る、といった柔軟な運用が可能です。さらに、初期費用も無料のため導入コストが抑えられます。

BizRobo!

BizRobo!

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル なし

機能・詳細

クラウド ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド 独自ブラウザ 無料
  • 100社を越える企業に4,000体以上のロボットを提供
  • 保険業界、流通・小売業界など幅広い業界で導入実績あり
  • 1か月のトライアルサービスも提供

BizRobo!は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットです。用途はインターネット上の情報、社内データ、Excelの保存データから必要な情報を収集、加工、集計、保存、スキャニングなど多種多様な定型作業を代行します。人が行うよりも早く、正確なため、業務改善を推進できます。

クラウドRPA「BizteX cobit」

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 月額料金 100,000円~
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

  • プログラミングの専門知識不要
  • アカウント発行数無制限
  • 申し込みから最短即日で利用可能

BizteX cobitは、最短即日から利用できるクラウド型RPAツールです。開発の専門知識は不要で、簡単な操作だけで作業ロボットを作成可能なため、データ入力やデータ収集の定例業務をミスなく自動化できます。料金は定額かつユーザーライセンス数が無制限なので、全社で業務の効率化・品質向上が期待できます。

パトロールロボコン


評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

パトロールロボコンの価格

  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル

機能詳細

  • オペレーターの月間工数削減率88%の実績
  • 開発型ならではの高い汎用性
  • 最小限のプログラミングで自動化構築できる

パトロールロボコンは、調査・復旧・報告の人手によるシステム運用業務を自動化する開発型RPAツールです。既存ツールやプロセスをそのままに自動化構築が可能なので、開発型にも関わらずプログラミングは最小限に抑えられます。

開発型RPAツールのため、汎用性が高く、複雑なIT運用オペレーションでも自動化が可能です。運用者1人分以下のコストで導入でき、運用中のメンテナンス工数も最小限に抑えられ、人件費の大幅な削減が期待できます。


CELF RPAオプション


評判・口コミ

ボクシルにあるCELF RPAオプションの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:項目を選択するだけで作成可能

CELF RPAオプションは、簡単な項目指定のみでRPAを作れるため、プログラミングが苦手な方に評価されています。

【評判】利用アカウント数:2件〜10件(中小企業)
★★★★★
月額2万円で利用できるRPA。会社全体で動かすための情報システム部門必須のRPAではなく、個人、課単位で動かすことにターゲットを絞った製品。行いたい動きに合わせて、項目を選択していくだけでRPAが作れるノンプログラミングシステム。ただし、コツをつかむまでが少し大変。

価格・料金プラン

  • 年額料金 35,000円(1端末)※
  • 無料トライアル あり

※料金はCELFの料金を除く。

機能・詳細

  • Webアプリ開発サービスとRPAを融合
  • 国内最安級! 高価なRPAツールを安価に導入できる
  • 個人の業務をロボが自動化

CELF(セルフ)RPAオプションは、SCSKが開発・販売しているクラウドサービス「CELF」のオプション機能です。「CELF」の特徴であるWebアプリ作成機能とRPAエンジンを融合したツールで、個別業務やデスクワークを自動化してくれます。高価なRPAツールが端末1台あたり35,000円/年という低価格で利用できるのも魅力です。

SMART Message BOT

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

  • 顧客満足度95%
  • LINEをはじめ既存の資産を活用できる
  • レポート機能により改善サイクルを効率化

SMART Message BOTはチャットボットを活用し、会議室予約やカレンダー管理を効率化するRPAソリューションです。利用者の意図を類似質問から把握するAI搭載で正答率が従来のAI型より非常に高いです。また、LINEやWebchatなどさまざまなインターフェースとつなげて既存の資産を活かすことで、低コストでの導入を実現しています。QAのログから課題や改善点を見える化するレポート機能もあり、効率的な改善サイクルを回すことで生産性を向上させます。

※ こちらはFAQ専用AI(人工知能)を搭載した「FAQ Chat Bot サービス」の料金プランになります。

HRRobo For SAP HCM

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

  • 最新のRPAテクノロジーとSAP HCMに関するノウハウの融合
  • 人事業務をソフトウェアロボット「ILias」に代行
  • オリジナルテンプレートも利用可能

HRRobo For SAP HCMは、人材コンサルティング会社であるオデッセイが提供しているRPAツールです。最新のRPAテクノロジーと同社が培ってきたSAP HCMに関するノウハウを融合させ、企業の人事業務をソフトウェアロボット「ILias」に代行させるRPAソリューションとして提供されています。人間の処理能力の24倍もの能力をもつともいわれており、人材不足に悩む企業にとって大きな力となってくれそうです。

業務自動化ソリューション – ipaS

業務自動化ソリューション – ipaS

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル サンプルスクリプトで対応

機能・詳細

  • PCの基本操作のみでスクリプトを簡単作成
  • あらゆるシステム・アプリケーションを組み合わせて自動化が可能に
  • 複雑な条件分岐や繰り返しの記録・編集もコーディング不要

業務自動化ソリューション – ipaSは、利用しているPCの動作に対し、人が行っていたマウスおよびキーボード操作を記録して、自動化できます。対象はブラウザによるシステム利用、プリンタへの印刷指示、バッチプログラムの実行など、画面上のあらゆる操作を対象としてます。また、コマンドラインからのスクリプトの実行もサポートしており、特定の日時やファイルやメールの受信といった何かを起点とした業務を実行するバッチ処理も自動化できます。

NaU DSP

NaU DSP

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル なし

機能・詳細

  • 国産RPAツール第一号!
  • 「前進判断」「後進判断」「提案型判断」の3つの高度な判断機能
  • ルールの記述もわかりやすくできる

NaU DSPは、"提案"するシステムの構築を可能にしており、一般的なプログラム言語だけで実現するには非常に困難な課題もNaU DSPを用いることで解決可能です。また、従来のIF-THEN(前進判断)だけでなく、求める結果を成立させる条件を推論する「後進判断」と、与件から導き出されるすべての可能性を検証する「提案型判断」の3つの機能を備えているルールエンジンはNaU DSPだけです。


RPAの導入事例や効果はこちらの記事で詳しく解説しています。

RPA運用支援が充実したサービス

つづいて、RPA導入および運用のサポートが充実したサービスを紹介します。

RPA導入により大きな効果が期待できることは確かですが、設定や運用開始後の調整が成功の鍵を握ります。RPAの取り扱い経験者などが社内にいればよいものの、現場に適任者がいなければ、導入が頓挫してしまいかねません。そこで頼りになるのが、RPAの導入をサポートしてくれる販売代理店やサービス提供会社。

運用に不安を抱えている方や、リプレイス(乗り換え)を検討している方は、相談してみてください。

DAiKO RPA Powered by おまかせRPA - 大興電子通信株式会社

DAiKO RPA Powered by おまかせRPA - 大興電子通信株式会社 画像出典:DAiKO RPA Powered by おまかせRPA公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル 要問い合わせ

機能・詳細

  • 純国産のRPA「WinActor」を採用
  • 情報システム担当者がいなくても安心のサポート体制
  • 同社サービスと組み合わせて稼働削減を実現

DAiKO RPA Powered by おまかせRPAは、4,800社以上の導入実績を誇る「WinActor」を採用したRPAツールです。利用開始後のトラブルシューティングや操作説明を、電話やメール、リモートサポートツールを介して遠隔で行うサポートつきで、情報システム担当者がいない企業でも安心して利用可能です。また同社のDAiKO OCR with AI insideと組み合わせることで、業務効率化につながります。

NOC RPAサービス(WinActor)- NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

NOC RPAサービス(WinActor)- NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社 画像出典:NOC RPAサービス公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

要問い合わせ

機能・詳細

  • しっかりした事前調査と導入支援
  • 安心のアフターフォロー
  • アウトソーシング30年以上のノウハウ

NOC RPAサービス(WinActor)は、間接部門専門のアウトソーサーが提供しているサービスです。「ツール売り」ではなく、運用を見越した支援をしているので「人とロボットが共存できる」環境を構築してくれます。これにより作業効率の向上や業務コスト削減が可能です。また、アフターフォローに関しても満足度の高く、エラーや不具合が生じてもすぐに対応してくれるので安心に利用できます。

WinActor導入支援 - 日本ワムネット株式会社

WinActor導入支援 - 日本ワムネット株式会社 画像出典:日本ワムネット公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル あり

機能詳細

クラウド/オンプレミス ノンプログラミング 対応Webブラウザ 研修動画
クラウド、オンプレミス Internet Exploler, Chrome, Firefox、Edge 無料
  • シナリオ制約や訪問の操作研修までサポート
  • 他サービスのノウハウを活用
  • フル機能を2か月お試し

日本ワムネットのWinActor導入支援は、充実したサポートが特徴。自動化業務の可視化やシナリオの制作、導入先への訪問操作研修まで、導入・運用に困らないよう支援します。ファイル転送・共有サービスや、FAXサーバーの運用実績を活かせるので、より効率的に自動化できます。Windows端末で使えるあらゆるアプリを自動化できるので、使用アプリに縛られません。無料トライアルは2か月間、しかもフル機能で試せます。

EPAツール紹介

つづいては、顧客対応を自動化するEPAツールを紹介します。

LoBoT - ピーシーフェーズ株式会社

LoBoT - ピーシーフェーズ株式会社 画像出典:LoBoT公式サイト

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 200,000円
  • 月額料金 50,000円(エンタープライズプラン)
  • 無料トライアル なし

機能・詳細

  • LINEで資料請求や来店予約を自動受付
  • フォームの入力項目も自由に設定可
  • 会話形式でコンバージョン率を高める

LoBoTは、LINEでチャットをするだけで資料請求や来店予約の入力フォームを自動受付可能なチャットボットです。フォームの入力項目は自由に設定可能なため、資料請求や来店予約など幅広く活用できます。取得したデータを指定したメールアドレスに送信してくれるため、スピーディーな対応を実現します。

Rebot(リボット) - 株式会社Resola

Rebot - 株式会社Resola 画像出典:Rebot公式サイト

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 100,000円
  • 月額料金 50,000円(ベーシックプラン)
  • 無料トライアル なし

機能・詳細

  • AIを使った自動応答チャットボット
  • オペレータの手間を最小限に
  • オペレータによるチャットサポートも可能

Rebotは、AIのチャットボットとオペレータのチャットを組み合わせてたチャットサポートツールです。
既出の質問はAIが回答してくれるうえ、AIには回答できない内容はその場でオペレータにつなげてくれるので、効率よく顧客対応できます。
また、AI・問い合わせフォーム・LINE@とのツール連携が備わっています。

CAツール:Web接客

Sprocket

評判・口コミ

現在口コミを募集中です
口コミを書く

価格・料金プラン

  • 初期費用 要問い合わせ
  • 月額料金 要問い合わせ
  • 無料トライアル デモで対応

機能・詳細

  • タグを設置でWeb接客が開始
  • サイト訪問者の分析が可能
  • ユーザー離脱を防止

Sprocket(スプロケット)は、ユーザーが離脱する心理に着目し、接客を自動化するWeb接客ツールです。
サイト訪問者の行動を分析し、行動に応じて施策の一元管理が可能です。テスト機能の結果を踏まえて、中長期な視点でLTV分析を行い、顧客育成にもつなげられます。

CAツール:請求書発行

Make Leaps - メイクリープス株式会社

Make Leaps - メイクリープス株式会社 画像出典:Make Leaps公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるMakeLeapsの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:請求書の発行から郵送、メール送信まで可能

MakeLeapsは、請求書の発行から郵送、メール送信まで一括で管理できるので、事務作業の手間暇が削減できると評判です。

職種:事業部長・工場長クラス・従業員規模:51~100人(中小企業)
★★★★
請求書の発行だけではなく、その請求書の郵送・メール送信までしてくれるのが良いと思います。また、売上集計表の機能があることで、毎月いくらくらいの売上があがっているのかが一目でわかるようになっているのも魅力の一つだと思います。

改善を望む点:特になし

改善を期待する点は、ボクシルにて掲載されている口コミでは特に見られませんでした。

>>MakeLeapsの口コミをもっと見る

価格・料金プラン

プラン 月額料金
個人プラン 500円〜
法人プラン 800円〜

無料トライアル あり

機能・詳細

  • 営業・経理の書類をWebで完結
  • 「作成予約」でスマート管理。
  • マルチデバイス対応

MakeLeaps(メイクリープス)は、シンプルなインターフェースで、すべての書類を効率良く作成できます。定期的な請求書をスケジュールに設定して、作成の自動化ができます。マルチデバイスに対応しており、すべての作業をどこでも行えます。

CAツール:BI

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド) - ウイングアーク1st株式会社

MotionBoard Cloud - ウイングアーク1st株式会社 画像出典:MotionBoard公式サイト

評判・口コミ

ボクシルにあるMotion Board Cloudの口コミの中から、「評価されている点」と「改善を期待する点」を紹介します。

評価されている点:ファイルの自動更新

Motion Board Cloudは、クラウドにて操作することでファイルが自動で更新されるため、管理の工数を削減できると評判です。

【評判】職種:契約・派遣・委託・従業員規模:101~200人(中小企業)
★★★★★
エクセルファイルがそのまま使えるのが便利でした。わざわざ別のデータを作る必要もなく、ファイル更新をすると自動でアップロードできる仕組みなので、分析にかかる時間がかなり削減されています。簡単に可視化データを準備できるので、会議の際に重宝しています。

改善を望む点:特になし

改善を期待する点は、ボクシルにて掲載されている口コミでは特に見られませんでした。

価格・料金プラン

  • 月額料金 30,000円〜
  • 無料トライアル あり

機能・詳細

  • さまざまな情報を仮想統合し、多彩な表現でデータを可視化
  • Excelを最大限に利用可能
  • リアルタイム情報/IoTデータの活用を促進

Motion Board Cloud(モーションボードクラウド)は一味違った機能を持っています。CRM(顧客管理システム)やSFA(ネットワークを活用した営業効率化システム)を埋め込めば、現在地周辺の取引先や見込み顧客一覧を把握できます。これらの機能は営業マンにとってはとても便利なのではないでしょうか?このほかにも予算実績管理ボードや営業マネージャダッシュボードといったノウハウが詰め込まれたテンプレートも揃えています。

無料トライアル あり
料金 月額30,000円〜

BizSpread(ビズスプレッド) ※サービス提供終了

価格・料金プラン

プラン 月額料金
3ユーザープラン 20,000円/人

無料トライアル あり

機能・詳細

  • 難しい計算も時間をかけずに表示
  • ドラッグ&ドロップだけで集計作業ができる
  • わかりやすいマニュアルとサンプルですぐに使いこなせる

BizSpreadは集計・分析をWebで利用できるBIツールです。定型の集計作業は一度作れば後はデータを入力するだけで集計ができ、難しい計算であっても時間をかけずに表示できるので、短時間で作業できます。
レポート作成ではドラッグ&ドロップでデータを選ぶだけで、自動で最適なグラフを提案してくれます。1つのレポートでもさまざまな視点で分析できるほか、ダッシュボード機能を使って別々の場所にあるデータの関係性を見ることも可能です。

RPAのメリット

RPAのメリットは、生産性を向上させたりコストを作戦させたりする点にあります。誰でもシナリオを作成できることもRPAの強みです。

生産性向上

RPAは単純な繰り返し業務に強い特徴があります。人間では1日8時間しか作業できなくてもRPAなら24時間作業を続けさせられます。また、指示を間違えていなければ動作を謝らないため、ミスを減らせます。

コスト削減

RPAで自動化された業務へは労力がかからず、人件費を削減できます。入力の間違いやコミュニケーションによる勘違いをなくせるため管理コストも減ります。

誰でもシナリオ作成

RPAにはプログラミングを必要としないため、誰でもシナリオ作成に着手できます。いままでは自動化するためにはシステムの開発が必要でした。しかし、RPAなら直感的な操作でシナリオを設計できるため、システムに慣れていない方でも自動化に携われます。

RPAのデメリット

RPAのデメリットは、障害によるサービス停止のリスク、仕様変更による誤作動、導入と浸透にコストがあげられます。いずれのデメリットも準備しておけばある程度のリスクを回避可能です。

障害でサービス停止

RPAは障害でサービスを停止させられるリスクを含みます。サーバーダウンやコンピューターのバグにより、RPAを実行しているシステムそのものが可動しないためです。対策は障害の前兆を事前に感知すること、仮に障害を受けてもサービスを迅速に復旧させることでしょう。

仕様変更による誤動作

RPAにおいて仕様の変更は誤動作の原因になります。導入時のシステム環境でシナリオを設計するためシステム仕様を変更した場合、正確に動作する保証はありません。RPAを使用しているサーバーやパソコンでは仕様を変更しない、または変更しても影響のないことを確かめてから利用するように気をつけましょう。

導入と普及のコスト

RPAは導入だけでなく普及にもコストがかかります。自動化するツールの特性上なくても業務に支障をきたしません。わざわざRPAを利用してまで得られるメリットを丁寧に伝え、実際に利用してハードルを下げるのが必要です。

RPAツールの種類

RPAツールには自社内にシステム設備を構築するオンプレミス型と、インターネット上のサーバーを通じてサービスを利用するクラウド型の2種類があります。

オンプレミス

オンプレミスは、サーバーを自社に導入し運用する形態です。クラウドと異なりサーバーを物理的に配置します。オンプレミスのメリットはカスタマイズの自由度が高いこと、一度インストールすればサーバーのメンテナンス費用しかかからないことです。

クラウド

クラウドは、サービスをインターネットを通じて利用する形態です。オンプレミスとの違いは、インターネットさえあれば利用できる点です。オンプレミスよりもカスタマイズしづらいものの、導入にかかる期間が短く初期費用を安く済ませられます。

RPAツールを選定方法

それでは、RPAツールを選定する際にはどのようなポイントに気を付けるべきでしょうか。

まずは、自社の業務内容に基づいてRPAツール導入を検討するべきであり、業務をどのように自動化したいかを充分に吟味する必要があります。

自動化したい内容によっては、利用できるツールが異なる場合もあり、高度な連携が必要な場合はCAツールも視野に入れるべきでしょう。

しかし、高機能だからというだけでCAツールを導入しても、結果的に使いこなせないというケースも考えられ、必要にして充分なツールを「3段階のRPA」から、慎重に検討することが重要です。

RPAツールの導入は念入りな情報収集を!

システム選び

近年、RPAツールを導入する企業は増えてきています。しかし、ボクシルに寄せられるRPAツールに関する評判・口コミを調べると、「システム導入する前に情報収集を徹底しておけばよかった」という意見は少なくありません。

システム導入時に情報収集を念入りに行なった企業では導入後の満足度が高く、反対に情報収集に時間をかけなかった企業では社内の利用率が低くなりやすいです。

RPAツールは他のシステムと比べて比較検討するポイントが難しいシステムです。そのため、システム導入で失敗しないためには、各サービスの情報収集を念入りに行い、料金や機能(利用端末の制限はないか、リモート対応できるかなど)、特徴を比較することが重要です。

ぜひ、RPAツールの導入を検討する際は、ボクシルの無料でダウンロードできる資料を参考に情報収集し、気になるサービスを比較してください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

RPAツールの導入にあたって

大事なことは、まずどの業務が定型化されてて、自動化の余地があるか調べることです。これが曖昧なままでは、RPAツールを選定できません。

そして、定型化できる業務がわかったら、適用できるRPAツールの選定に移ります。この際、販売店に自社で自動化したい業務について詳細に伝えるようにしましょう。最適なRPAツールを提案してもらえます。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

RPA
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
RPAの最近更新された記事