Article square balloon green
2017-12-11

今さら聞けないRPAの基本 | AIとの違いやメリットを解説

RPA(Robotic Process Automation)とは、ホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーだ。近年注目されるホワイトカラーの生産性を向上させるRPAのメリット・事例を徹底解説する。
RPA
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
RPAの資料を無料DL

人材不足、高騰する人件費など、先進国を中心に“労働”にまつわる課題は枚挙にいとまがない。こと日本は、高齢化率が21%を超える超高齢社会に突入している。労働人口の減少とともに、労働生産性は低空飛行しており、企業では積年の課題になっている。

これを背景に、安い海外の人件費を活用する、BPO(社内業務を外部に委託する)市場は、2020年までに4兆円に達すると予想されている。また、生産性を向上させるサービスが次々に登場するなか、RPA(Robotic Process Automation)が欧米を中心にバズワードになっている。

2013年では200億円弱の市場規模だったが、近年、年率+約40-60%で急成長している。2020年には5,000億円に達すると見込まれているほどの成長ぶりだ。

本記事では、急速に普及しつつあるRPA(Robotic Process Automation)の概要を簡単に紹介する。

RPAとは何か?

Thoughtonomy社資料より抜粋

RPAとは

RPAとはホワイトカラーの間接業務を自動化するテクノロジーである。海外ではデジタル・ワークフォースとも呼ばれている分野だ。

構造化されたデータを収集・統合し、システムへ入力する、単純なフロント/バックオフィス業務を自動化可能だ。例えば、Excelのデータ入力や、ネットのデータ収集に使える。

特に、以下の業務は、RPAと相性が良いとされている。

  • 一定のルールに従って繰り返す
  • データが構造化されている
  • Windowsやクラウドのアプリを使う
  • 業務が標準化されている
  • プロセスに3人以上のリソースを求められる
  • ヒューマンエラーが起こりやすい

RPAの3つの段階

RPAは広義的に3つの段階あるとされており、それぞれの違いは、「判断力」や「自己学習機能」にある。

第1段階は、定義されたルールに従ってデータを処理する。第2・3段階は、複数のデータをひも付けて分析、システム自体で判断ルールを組み立てる。それでは、各段階をより詳しく紹介していく。

Class1:RPA

Robotic Process Automationと呼ばれるこの段階は、狭義的な意味でのRPAであり、今まで解説してきたRPAである。

決められた方法にしたがって、自動的に処理をしていくのが特徴。人為的なミスを防げるのが利点だが、決められたこと以外はできない。単純作業の反復に組み込まれる傾向がある。

Class2:EPA

2番目の段階はEnhanced Process Automationと呼ばれる。大量のデータを解析し、その結果を出力するのが主な守備範囲である。

既存の画像をもとに新たな画像をカテゴリ分けする機能、ビッグデータから顧客の傾向を分析する機能などがある。より大量のデータを処理・分析する点において、Class1と異なる。

Class3:CA

Cognitive Automationと呼ばれるそれが3段階目にあたる。Class2と異なる点は、より自立した結果を出力できる点だ。

売上データや経済情勢、流行などを多面的に分析した経営意思決定が可能。たとえば、顧客対応データをもとに自動対応するか、コールセンターに代わるか、資料を送付するかを、自動で判断し実行できる。

このように、読み取ったデータを加味したうえで、多様な選択肢あるいは今までにない選択肢を提案できる。


なお、本記事では、Class1の定義をRPAとして進めていく。

RPAとAIの違い

RPAとAIは混同されがちだが、厳密には定義が異なる。

狭義のRPAとは、3段階のうちClass1を指す。ルールに沿って、単純に作業をこなすのが特徴だ。比較的安価で導入できる点にメリットがあり、導入もAIほど難しくない。

他方、AIとは、Class2およびClass3をさす。大量のデータをもとに分析し、結果を出力するのが特徴である。出力する結果は、Class2とClass3では異なるが、どちらもビッグデータにもとづいている。

RPAは単純な作業を繰り返し実施する。一方、AIはビッグデータを分析し結果を出力する。これらの点でRPAとAIは大きく異なる。

RPAの活用シーン

では、RPAは具体的にどのような業務で使えるのか?

Source:Kinetic Consulting Service社資料よりGV独自作成

上記のとおり、財務/経理、人事などのバックオフィス、審査業務の多い金融、保険、政府関連、顧客情報を処理する通信やヘルスケア、小売など、幅広い領域で活用が進んでいる。

RPA導入企業

ちなみに、RPAはどのような企業で導入されているのか。

次の図に代表的な例を示しているが、豪州金融最大手のANZ社やBig 3の一角であるGMのようなオールドエコノミーの企業のみならず、GoogleやUberのようなハイテク系の超優良企業が名前を連ねる。

ここで面白いのが、従来BPOを提供していたアクセンチュアやキャップジェミニでも導入していることだ。

BPOサービスの約30%がRPAとセットで提供されているとみられる。

まとめると、欧米ではRPAのテクノロジー自体は、すでにキャズムを超え、現在early majorityに浸透しており、今後さらに拡大すると見られている。(RPAに詳しい人だけでなく、単に作業を効率化させたい一般人にも拡大すると予想されている、ということ。)

RPAの導入例について、さらに詳しく知りたい方は▼

RPAによる業務効率化 | メリットと導入事例を紹介 | ボクシルマガジン
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、機械学習や人工知能(AI)を活用し、オフィス業務を自動化・...

RPAを導入するメリットは何か?

RPAを導入することは、企業にメリットをもたらす。その中で、特筆すべき5つのメリットについて解説する。

1.人件費のコストダウン
一般に、RPAのコストは人件費の1/10~1/3と言われており、圧倒的に安い(下図の例では、フィリピンやインドの人件費より安い。)

2.業務処理のスピードアップ
ソフトウェアなので、ヒトのように休憩も必要なく、24時間365日休まず働ける

3.アウトプットの正確さ
データのコピペを含む単純作業は、人為的なミスが発生しやすい。しかし、ソフトウェアはミスを最小限にできる

4.高付加価値業務へのリソース増強
セールスや経営企画業務の場合、販売活動や戦略を練る時間に集中できる

5.リソース追加の簡便さ
BPOや人材派遣のように、リソース追加のリードタイムが無い

Source:Kinetic Consulting Service社資料よりGV独自作成


資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
おすすめのRPAの資料を無料DL

Article whitepaper bgS3 0
RPA
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
エッジコンサルティング株式会社、株式会社FCEプロセス&テクノロジー
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事