広告

コピー完了

記事TOP

RPAとAIの違い|連携によって得られるメリット

最終更新日時:
記事の情報は2021-02-15時点のものです。
RPAとAI(人工知能)の違いや、組み合わせるメリットについて解説。RPAとAIの長所を理解して両者をうまく使いこなしましょう。

RPAとは

RPAは、Robotic Process Automationの略で、業務プロセスの自動化を担うロボットをいいます。人間があらかじめ設定したルールにそってデータを入力してくれたりファイルを生成してくれたりするため、シンプルな作業を省略可能です。従業員の工数を削減するほか、人間にしかできない業務へ専念できるためモチベーション向上へ期待が持てます。

AIとは

AIは、Artificial Intelligenceの略で人工知能をさします。人工知能とはビッグデータにもとづいた判断指標において、人間から依頼された業務をこなすシステムです。ディープラーニングと呼ばれる仕組みを使えば画像認識や音声認識、言語処理をこなせるので、より人間に近い判断をできるようになります。

AIには、EPAやCAといったより細かな分類も存在します。

EPAとは

EPAとは、Enhanced Process Automationの略称で、大量のデータを解析した結果によって業務プロセスを自動化します。既存の画像をもとに新たな画像をカテゴリ分けする機能、顧客の購買傾向を分析する機能などがあります。大量のデータを処理・分析して判断する点において、RPAとは異なります。

CAとは

CAは、Cognitive Automationの略で、EPAよりさらに自立した結果を出力できます。売上データや経済情勢、流行などを多面的に分析した経営意思決定が可能です。たとえば、顧客対応データをもとに自動対応するか、コールセンターに代わるか、資料を送付するかを自動で判断し実行します。また、読み取ったデータを加味し、多様な選択肢あるいは今までにない選択肢を提案できます。

RPAとAIの違い

RPAとAIの違いは、人間が作ったルールに従うかシステムが分析してルールを作るかです。RPAは依頼する業務および実行する方法をあらかじめ定めておくのに対し、AIは依頼業務のみを決めておき思考回路および判断軸はシステムに任せる違いがあります。

RPAは人間が作ったルールに従う

RPAは、人間が行う単純な操作を一定のルールに基づいて再現します。たとえば、メールのテキストをExcelにコピーアンドペーストするといった業務です。

RPAの長所

RPAの強みは、指示された内容に対しては精度を保って稼働してくれる点、AIと比べて低価格で利用できる点です。人間が提示したルール内で常に動くため、ケアレスミスといった集中力の欠如による失敗がありません。また、ルールを人間が設定するため比較的シンプルなシステムで運用でき、コストを抑えられます。

RPAの短所

反対にRPAの弱みは、ルールを人間が提示しなくてはいけない点、エラーが発生した際にメンテナンスが必要な点です。業務をRPAに起こすとどのようになるのかを考え、設計する必要があります。また、Excelやメールの仕様変更によりエラーが起きる際は、RPAが再稼働できるよう調整しなくてはなりません。

AIはシステムが分析して判断する

一方AIは、自己学習機能持ちます。蓄積されたデータをもとにシステムが計算を行い、その結果にもとづいて依頼された業務をこなすのが特徴です。例をあげれば、メールの文面を大量に分析したその結果をふまえて優先度の高いメールをお知らせしてくれるものがあります。

AIの長所

AIの長所は、人間による判断も含め自動化できる点です。AIはデータからルールを生成するため、人間が暗黙知として判断していた場合であってもAIはみずから法則を考え処理してくれます。人間が画像から文字を読むような行為であっても、AIであれば独自のロジックで文字を読み取ってくれます。

AIの短所

AIの短所は、精度がシステムやデータ量に依存する点です。AIは人間がケアレスミスをするように、判断のミスをするケースがあります。ゆえに、AIに判断を任せきりにするのではなく人間がダブルチェックしなくてはなりません。また、大量のデータがないとAIが学習しきれず精度は低くなります。

RPAとAIの連携・組み合わせ

RPAとAIは、組み合わせることでそれぞれの長所を活かして自動化できます。たとえば、領収書のPDFを読み取ってExcelに転記する作業を考えてみましょう。PDFの読み取りは、AIに任せることで人間のような判断にもとづいて処理してくれます。一方Excelへの転記は、RPAなら読み取ったテキストを正確にExcelへ転機してくれます。このように、RPAとAIは強みと弱みが異なるので双方の良い部分を取り入れつつシステム化するのが適切です。

RPAとIoTの違い

RPAとIoTは使われる文脈が大きく異なります。IoTは、Internet of Thingsのことでありモノのインターネットと訳されます。簡単に説明すると、身の回りにあるさまざまモノに通信機能をもたせてインターネットに接続するシステムのことです。たとえば、エアコンやテレビをインターネットとつなげて外出中に操作するといった例があります。

平たくいえば、パソコンでデータの転記やファイルの作成をする場合はRPA、パソコンに限らずモノをインターネットにつなげて管理する場合はIoTと呼びます。

IoT(Internet of Things)とは?モノのインターネットの意味・活用事例をわかりやすく解説
IoT(Internet of Things = モノのインターネット)とは、モノのインターネットという意味で、エ...
詳細を見る

RPAが注目された背景と影響

日本でRPAが必要とされる背景には、超高齢社会に伴う人材不足、そしてRPAの改善による利便性の向上があります。

超高齢社会による人材不足

日本は人口の21%超える割合で65歳以上の人がいる超高齢社会となっています。また、超高齢社会とあわせて生産年齢人口が減少しており人材不足という問題が浮上。これによって、いままで人間の手で行われてきた事務作業を、RPAに代替させて効率化する動きが出てきています。

RPAツールの改善

RPAツールの機能が向上してきたことで、多くの場面においてRPAを導入できるようになりました。また、機能面が便利になっただけでなく、クラウドでのサービス提供が広がってきた点も普及に一役買っているでしょう。現状は、大企業での導入が盛んなRPAツールですが、今後は中小企業も含め幅広い企業にて導入されるようになるのでしょう。

国内・世界のRPA市場規模を解説 | 業務を自動化する注目ソリューション9選
日本だけでなく、世界的にも急成長しているRPAについて、国内から海外の市場規模まで解説します。RPAの基本的な説明...
詳細を見る

RPAで定型業務を効率化

RPA(Robotic Process Automation)について、基本的な説明やAIとの違いを解説しました。

RPAはAI技術を利用したものですが、狭い意味では人間が行うPCのデスクトップ上の操作を一定のルールに基づいて再現するソフトウエアがRPAと定義されており、いわゆるチャットボットや機械学習によって蓄積された内部データからパターンマッチングをして回答を導き出すAIシステムとは一線を画するものと認識されることが多いです。

両者は厳密な区別がややこしく理解に時間がかかってしまうこともありますが、RPAは効率的な業務運営を実現してくれる非常に便利なツールなので、ぜひ概要を理解して自社に取り入れてみてください。


こちらの記事では、RPAを導入時した企業の事例を紹介しています。RPA導入を検討している方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

RPAの導入事例12選  - 製造業や金融業、IT、不動産
RPAの導入事例をボクシルが厳選して紹介!RPAで解決できた課題や解決で得られた効果を解説します。導入したいけど失...
詳細を見る

関連記事

RPAの導入事例12選  - 製造業や金融業、IT、不動産
RPAの導入事例をボクシルが厳選して紹介!RPAで解決できた課題や解決で得られた効果を解説します。導入したいけど失...
詳細を見る
国内・世界のRPA市場規模を解説 | 業務を自動化する注目ソリューション9選
日本だけでなく、世界的にも急成長しているRPAについて、国内から海外の市場規模まで解説します。RPAの基本的な説明...
詳細を見る
RPAとは - AIとの違い | メリットやデメリット、導入手順を紹介
RPAは、ソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化をさします。RPAが得意な業務には、ExcelやWebのコ...
詳細を見る
RPAとAIの違い|連携によって得られるメリット
RPAとAI(人工知能)の違いや、組み合わせるメリットについて解説。RPAとAIの長所を理解して両者をうまく使いこ...
詳細を見る
2018年のSaaSを大予測、クラウド業界に起こる4つの「衝撃トレンド」
2017年、SaaS業界にはさまざまな出来事が起こりました。今回は1年の締めくくりとして、ボクシルがクラウドサービ...
詳細を見る
RPAツール比較14選 - おすすめの価格や機能 | クラウド【比較表2021年版】
ボクシルおすすめのRPAツールを特徴や価格で比較!比較ポイントごとにまとめた比較表も用意しました。おすすめの選び方...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
RPA
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
RPAの最近更新された記事