コピー完了

記事TOP

無料RPAツールのオススメフリーソフト4選!無料トライアルのサービスも

最終更新日時:
記事の情報は2022-06-13時点のものです。
【2022年最新】無料で導入できるRPAフリーソフトを4つ紹介。フリーソフトのメリットやデメリットも解説しているので導入のヒントに役立ててください。また、有償版の機能を無料トライアルできるサービスも紹介します。

【厳選】比較表でおすすめRPAをまとめてチェック!
RPAツールの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

RPAの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。繰り返し作業や単調な作業の自動化を目的として導入されるRPAの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

RPAとは

RPAとは、Robotic Process Automationの略でパソコンの作業を自動化するソフトウェアのことです。なかでも、決まった動作やくり返しの動作における自動化に強みを発揮します。人間の業務をRPAが代行することで、従業員の負担を減らし、より幅広い仕事を行うえるようになるとして注目されています。人間の業務を代わりに行うことからデジタルレイバー(仮想知的労働者)とも呼ばれます。

従来はこのようなロボットを作ろうとすれば、プログラミングの知識が必要で、開発する手間もかかりましたが、RPAツールはノンプラミングといって、プログラミング知識がなくても直感的に開発できるようにUIが設計されていますし、開発までの期間も短縮できるようになったことから、生産性を高める手段として注目を集めています。

RPAとは何か、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

RPAとは?意味やAIとの違い | メリット・導入手順をわかりやすく解説
RPAとは、ソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化のことです。RPAが得意な業務は、ExcelやWebのコ...
詳細を見る

RPAツールでできること

RPAツールは次のような作業が可能です。

  • インターネットにある情報を収集
  • Excelへのデータ入力や天気
  • システムのインストール
  • Webサイトの更新
  • 帳票の印刷
  • 定型文の自動送信

RPAツールがとくに効果を発揮するのが定型業務です。決められた手順で決められた処理を行うのは人間よりもロボットの方が向いています。人が行うとミスや突合作業が発生する可能性もありますが、RPAツールではそれが起こりません。

また、処理スピードもロボットの方が上ですし、時間や場所を問わずに働くので、休憩時間や終業時間にロボットを稼働させて、必要な処理を行うといったことも可能になるので、時間、場所に囚われずに業務を遂行できます。

単純作業をRPAツールに任せることにより、定型業務のスピード・正確性が高まるだけではなく、人間はよりクリエイティブな業務に注力できるようになります。結果として従業員一人当たりの生産性は高まり、スピーディーな事業展開が可能となります。

無料のRPAツールを導入するメリット

無料のRPAツールを導入するメリットは次のとおりです。

  • 最小の規模で導入をはじめられる
  • 本導入の前に使用感を確かめられる
  • 予算編成に役立てられる

RPAツールはサーバー型の場合はとくにセットアップに時間がかかります。それに対し、無料のRPAツールはクラウド型ないしデスクトップ型のケースが多く、比較的短期間で利用できトライアルに適しているといえるでしょう。

有料のRPAツールを導入する場合は、数十万から数百万の費用が掛かるし、使いこなすのも簡単ではありません。一般的なプログラミングより簡単といっても、ロボットを作成するのには手間がかかるし、いきなり有料版を導入すると結局使いこなせずに多額の費用を無駄にしかねません。

無料版でまず小さく業務を自動化することによって、成功の感触をつかみ、必要に応じて有料版を導入することによって大規模な業務の自動化につなげられます。

無料のRPAツールを導入するデメリット

無料のRPAツールを導入するデメリットは次のとおりです。

  • 有料より機能が少ない
  • 一部サポートを受けられない
  • 英語のサービスが多い

有料のRPAツールと比べてできることが少ないため、無料のRPAツールはお試しや小規模での利用にとどめたほうが費用対効果としては高くなるでしょう。

また、無料のツ―ルはデスクトップ上で動作をするものが多いことから、パソコン環境特有のエラーが発生することも考えられます。しかし、サポートは無料なので基本的にありませんし、英語ベースのサービスだとユーザーフォーラムもマニュアルも、操作画面もすべて英語なので使い方を調べるのは難しいといった事態も考えられます。

RPAツールはシステムを導入するだけで成果があがるものではなく、ツール上でロボットを制作してようやく業務の自動化ができるようになるので、ロボット作りに自信がない企業にとっては無料であることが大きなデメリットになる可能性があります。

無料で使えるRPAツール4選

初期費用も月額料金もかからない無料で使えるRPAツールを4つ紹介します。まずは手軽にRPAツールを導入してみたいという方は参考にしてみてください。無料で利用できるツールとして、Windows限定のUWSCというツールもありますが、開発の難易度が高いことやサポートに対応していないことから説明を割愛します。

Power Automate

Power Automate
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • マイクロソフトが提供しているRPAツール
  • Office製品との連携にとくに強い
  • Windows 10・Windows 11であればデスクトップ版が無料

Power Automateはマイクロソフトが提供しているRPAツールで、Windows 10・Windows 11ならデスクトップ版の「Power Automate Desktop」を無料にて利用できます。ExcelやOutlookをはじめOfficeアプリと連携しやすい点が強みです。

無料プランの条件

Power Automate DesktopはWindows 10・Windows 11であれば無料。Power Automateのクラウド版はWindowsでなくても90日間無料で試用できます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語, 英語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, 韓国語, ポルトガル語, スペイン語, 中国語
導入形態 クラウド型, デスクトップ型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Firefox, Chrome

使い方

  1. Power Automateにアクセスする
  2. メールアドレスを入力し「無料で始める」をクリックする
  3. 画面下部にある「Power Automate Desktop」をクリックしてダウンロード

クラウド版を利用する場合は、2番目までを進められればさっそく利用が可能です。

UiPath Community Edition

UiPath Community Edition
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 有料の開発環境UiPath Studioを利用可能
  • 無料でAI-OCRを試せる
  • コミュニティでの質疑応答に対応

UiPath Community Editionは、Uipathが提供している無料のRPAツールで、条件に適していれば有料のUiPath Studioの開発環境を利用できます。個人や法人の小規模利用であれば、無料版でありながらも必要な機能がひととおりそろった状況で利用可能です。

また、UiPath独自のAI-OCR機能「ドキュメント処理プラットフォーム」を利用して、AI-OCRを使った業務の自動化を試みれます。

無料プランの条件

個人または関連会社において次の条件を満たしている場合には、社内での商用利用が可能です。

  • 物理マシンまたは仮想マシンが250台未満
  • 年間収益が500万ドル未満

上記の条件を超えている場合は、非営利目的でのみ利用できます。詳しくは、UiPath 利用規約の「コミュニティ契約」を確認してください。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語, 英語, 中国語, ドイツ語, フランス語, スペイン語, ロシア語など
導入形態 デスクトップ型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Firefox, Chrome

使い方

  1. UiPath Platformの登録ページにアクセスしてAutomation Cloudへ登録する
  2. UiPath Automation Cloudにログインして「Resource Center」から「Community Edition」をダウンロードする
  3. ダウンロード後、インストールする
  4. アプリを開いて「Community License」を選択する
  5. 「Preview」と「Stable」の2種類から選択する
  6. 「UiPath Studio」と「UiPath StudioX Preview」の2種類から選択する

設定がひととおり終われば、言語を英語から日本語へ変更が可能です。日本語に変更したらお好みのプロジェクトを作成してみましょう。

Automation Anywhere

Automation Anywhere
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 有償版よりも利用難易度が低い
  • フル機能に無料でアクセス可能
  • 小規模事業者向け

Automation Anywhere Community Editionは、オートメーション・エニウェアの提供する無料版のRPAツールです。UiPath Community Edition同様に、個人または小規模事業のみが利用の対象と定められています。無償版で利用できるユーザー数は最大5人なので小さな規模で運用する場合にのみ利用しましょう。ただし、サポート面では有償版に劣るため、手厚いサポートが必要な場合は有償版の導入がオススメです。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語, 英語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, 韓国語, ポルトガル語, スペイン語, 中国語
導入形態 クラウド型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Firefox, Chrome

無料プランの条件

Automation Anywhere Community Editionは、次の条件の場合に利用できます。

  • 物理マシンまたは仮想マシンが250台未満
  • ユーザー数が250人未満
  • 年間収益が500万ドル未満

ただし、Community Editionの利用には次の制限がつくので注意しましょう。詳しくは、Automation Anywhere Community Editionの利用規約にて確認できます。

  • IQ Botを用いた毎月100ページまでのプロセス/アップロード
  • Community Editionの利用マシンは5台まで

使い方

  1. Community Editionのページにて必要事項を入力し「送信」をクリック
  2. 登録完了メールに記載されているURLからContorol Roomにアクセスし、同じくメールに記載されているIDとパスワードを入力
  3. Bot開発のソフトをインストールするためには、「Botを作成」という青いボタンを押す
  4. 名前を付け「記録する」を選択し、コンピューターに接続する
  5. 「Botエージェントをインストール」画面が出たら、「インストールしました」をクリックして完了

有料も含めたAutomation Anywhereの解説は次の記事にて行っています。

Automation Anywhereとは - 機能や料金プラン | ユニバーシティで使い方を研修
Automation Anywhere(Automation 360)はクラウド型のRPAツールで世界中さまざまな...
詳細を見る

マクロマン - コクー株式会社

  • 完全無料のデスクトップ型RPAツール
  • Windows 10 Proのみで動作
  • サポートは有償

マクロマンは、Windows 10 Proで動作する完全無料のデスクトップ型RPAツールです。提供元のコクーは人材派遣会社で、プロダクトは完全無料とし、別途必要な方向けに有償サポートを提供するというビジネスモデルです。

導入にあたっては、よくある質問やオンラインマニュアルが利用できます。無料オンラインセミナーも適宜開催されています。

無料プランの条件

<動作環境> OS:Windows 10 Proのみ、CPU:1.5Ghz 以上、メモリ:4G 以上、ハードディスク:1GB 以上の空き容量が必要

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 要問い合わせ
導入形態 デスクトップ型
ノンプログラミング -
対応Webブラウザ Chrome, Internet Explorer

使い方

  1. マクロマンにアクセスしてダウンロード

無料トライアルを利用できるRPAツール4選

無料トライアルを利用できるオススメRPAツールを4つ紹介します。RPA機能を試してから導入したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【無料特典】機能・価格比較表つきサービス資料
特典:機能・価格比較表

RPAの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。

Autoジョブ名人 - ユーザックシステム株式会社

Autoジョブ名人
BOXIL SaaS AWARD 2022 BPO/コンサル/RPA部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 柔軟性のあるシナリオ作成と編集機能
  • タグ情報を解析してブラウザ操作の自動保存が可能
  • カレンダー登録で無駄なくスケジュールを実行

Autoジョブ名人は、パソコン操作による定型業務を自動化する国産RPAソリューションです。18年以上の実績を持つブラウザ向けRPA「Autoブラウザ名人」に、Windowsアプリにも対応する機能を付けたRPAです。

HTMLやUIタグを解析しスクリプト編集画面に反映します。スケジュール実行機能に加え、エラー時のメール通知機能を標準搭載し、効率のよい業務実行を目指せます。無料トライアル版は2か月とトライアルにしては長期間お試しできます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語
導入形態 デスクトップ型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Chrome,Edge

料金表

プラン名 1年ライセンス 5年ライセンス 概要
Autoジョブ名人 開発版 600,000円 2,700,000円 スクリプト開発機能、実行機能含む
Autoジョブ名人 実行版 180,000円 810,000円 スクリプト実行機能
実行指示クライアント 24,000円 108,000円 即時に実行指示するためのソフトウェア、保守料含む
データ変換オプション 開発版 70,000円 315,000円 データ変換開発機能、実行機能含む
データ変換オプション 実行版 10,000円 45,000円 データ変換実行機能
PtoE変換オプション 180,000円 810,000円 PDFをExcelに変換する機能

Autoジョブ名人とは? RPAツールの評判と料金体系を解説
Autoジョブ名人はユーザックシステム株式会社が開発・提供しているRPAツールです。RPAを導入することにより業務...
詳細を見る

UiPath StudioX - UiPath 株式会社

UiPath StudioX
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 業務部門に特化したRPA開発ツール
  • 初期投資を抑えた導入が可能
  • 簡単操作のみでプログラムを開発

UiPath StudioXは、業務部門のニーズに特化したRPA開発ツールです。業務部門の担当者が行う、テキストやデータの入力転記、情報の比較に特化しています。

UiPath StudioXでは高度な開発機能を削り、日常業務で使用する機能だけを搭載することにより、初期投資を抑えた導入を実現しています。独自の機能により、専門知識がなくても直感的なマウス操作だけで自動化プログラムの開発が行えます。UiPath Studioでは60日間の無料トライアルを利用できます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語, 英語, 中国語, ドイツ語, フランス語, スペイン語, ロシア語など
導入形態 デスクトップ型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Firefox, Chrome

料金表

料金プラン 詳細
- 要問い合わせ

Automation Anywhere

Automation Anywhere
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 自然言語処理や機械学習にも対応
  • AIが意思決定する業界初の技術
  • 作業に関わるビッグデータを解析

Automation Anywhereは、広範囲の業務自動化に役立てられる多機能なRPAツールです。反復的な業務を自動化してくれるほか、自然言語処理や機械学習による高度な機械化、AIやビッグデータによる人と似たタスクの処理など、高度な次元で自動化を推し進められます。

トライアル版は30日無料で利用が可能です。クラウド上のサーバーに接続してインストールなしで使用できます。Automation Anywhere Community Editionは小規模企業のみ利用可なので、一般企業の方はトライアル版を利用してみましょう。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語, 英語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, 韓国語, ポルトガル語, スペイン語, 中国語
導入形態 クラウド型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Firefox, Chrome

料金表

料金プラン 詳細
- 要問い合わせ

RPAロボパットDX - 株式会社FCEプロセスアンドテクノロジー

RPAロボパットDX
BOXIL SaaS AWARD 2022 小売DXトレンド2022
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • プログラミングなしに現場で簡単にロボットを作成
  • 1か⽉単位での契約が可能
  • 充実サポートがすべて無料

ロボパット(Robo-Pat)DXは、プログラミングなしに現場で簡単にロボットを作成できるデスクトップ型純国産RPAソフトです。1か⽉単位での契約が可能で、充実したサポートがすべて無料です。

ロボパットDXの無料トライアルは1か月、3ライセンスまでです。無料トライアル中にも通常と同様のサポートが利用できます。導入にあたっては、無料オンラインセミナーを利用できます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 要問い合わせ
導入形態 デスクトップ型
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer, Edge, Chrome

料金表

料金プラン 詳細
- 要問い合わせ


\【無料DL特典】RPA比較表/

こちらの記事では、より詳しくRPAツールについて解説しています。オススメRPAツールの料金や機能、口コミ評判を徹底比較しているので、サービス導入を検討している方はぜひご覧ください。

【2022年】RPAツール比較18選!おすすめサービスの価格や機能の比較表も
ボクシルおすすめのRPAツールを特徴や価格で比較!比較ポイントごとにまとめた比較表も用意しました。選び方をふまえて...
詳細を見る

RPAツールのセミナーでも無料で試せる?

各RPAツールでは、無料のセミナーを開催していることがあります。フリーソフトや無料トライアル版から導入してみるのもいいですが、RPAツールがある程度絞れている場合はセミナーに参加するのがオススメです。

セミナーではほとんどの場合、主催者側の体験版RPAツールを利用して説明を進めていくため、実際にツールを使用しながら疑問点を解決できます。まずは気になるRPAツールのセミナーを受けてから、導入を検討しましょう。

RPAツールを導入すれば、単純作業を自動化・効率化し、労働時間や人件費の削減が可能です。しかし、「いきなりRPAソフトを導入するのは不安」という方はまず、無料のRPAツールを利用してみましょう。

なかには有償版同様に機能するツールもあるので、選び方を踏まえて自社に合ったツールを試してみてください。

有料RPAツールを導入するべきケース

無料のRPAツールでもさまざまな定型業務を十分に自動化できますが、一定の水準で限界が来ます。無料RPAから有料RPAに切り替えた方がよい基準としては次の2つが挙げられます。

自動化する業務の規模が大きくなる場合

無料のRPAツールを使用すると、自動化する業務の規模が大きくなった時に対応できない場合があります。

たとえば、無料版のRPAツールでは一度に稼働できるロボットの数が限られている場合があります。しかし、複数の作業を同時並行で処理しようすれば、やはり複数のロボットを同時に稼働させたくなります。

また、とくにデスクトップ上で稼働するロボットの場合は、コンピューターの環境によって特有のエラーが発生することもあるので、複雑な処理をする場合は管理・運用が問題になりがちです。そうした場合はロボット管理ツールを導入したり、クラウドシステム上で動作するRPAロボットの導入が必要になりますが、これらは大抵有料です。

機能制限が業務の自動化を著しく阻害している

RPAツールの中には有料プランの他に、機能を制限した無料プランを用意しているツールも存在します。無料プランの機能だけでロボットを開発、業務を自動化できるのならばよいのですが、ロボットの開発に慣れてさまざまな業務を自動化しようとすると、どうしても有料版の機能が欲しくなる場合があります。

こういった場合は他の無料でも機能が豊富なRPAツールがないかを調査して、他のツールに乗り換えたり、有料プランを契約するかを選択しなければなりません。

サポートが必要な場合

RPAツールにより、これまでハードルの高かった業務の自動化が簡単にできるようになったといっても、使いこなすのは難しいですし、使っているシステムやパソコンによっては固有のエラーを起こす可能性があります。

このようなエラーに一つひとつ対応して、業務を自動化していくのは意外と骨の折れる作業で、ユーザーフォーラムを閲覧したり、自身で試行錯誤するだけではなかなか解決しないことが多いです。

有料のRPAシステムの場合は、こういったケースに対して手厚いサポートをしていることもあります。RPAツールに精通したメンバーがいない、トラブルを社内だけで解決できる自信がないといった場合は、いっそ有料RPAシステムを契約した方が業務コストが削減できる場合もあります。

無料RPAツールを使用して開発だけは他社に任せるケースも

RPAツールの使い方は千差万別なので、どのツールを使って業務を自動化するかよりも、業務を自動化するためのロボットをどう開発するのかの方が重要なテーマになりがちです。

ロボットの開発ができないと業務は自動化できないので、RPAツール自体はランニングコストを下げるために無料のツールを使いつつ、必要に応じて開発は外注に出して迅速なロボット開発を行うといった運用体制も状況に応じてはよいです。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

RPA選び方ガイド
RPA
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
RPAの最近更新された記事