コピー完了

記事TOP

無料のRPAフリーソフトおすすめ8選|失敗しない選び方 - 有料ツールとの違い

最終更新日時:
仕事をより効率化し、従業員の負担を軽減するRPAツール。人材不足による社員の労働時間の拡大に歯止めをかけるため、RPAを導入する企業が増えています。無料で導入・使用ができるRPAフリーソフトを8つ紹介。フリーソフトのメリットやデメリットも解説しているので、導入のヒントに役立ててみてください。

\【無料DL特典】RPA比較表/

BOXILの資料請求の流れ

RPAツールとは

RPAとは、「Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、PCの作業を自動化できるソフトウェアのことです。すべての作業を自動化できるわけではありませんが、決まった動作やくり返しの動作を自動化できます。

人間の業務をRPAが代行することで、従業員の負担を減らし、より幅広い仕事を行うえるようになるとして、注目されているツールの一つです。人間の業務を代わりに行うことから、デジタルレイバー(仮想知的労働者)とも呼ばれます。

RPAは「NASA」や「Google」などの海外の著名企業も導入しており、日本国内でも関心が高まりつつあります。

RPAツールでできること

RPAツールは次のような作業が可能です。

  • インターネットにある情報を集める
  • MicrosoftのOfficeを操作
  • Excelへのデータ入力作業
  • インストール作業
  • Webサイトの更新作業
  • 印刷、PDF化の作業

たとえばメールの内容をコピー&ペーストする、Excelへデータ入力するなど、人の手で行っていた作業を肩代わりしてくれます。また人が行うとミスや突合作業が発生する可能性もありますが、RPAツールではそのようなことは起こりません。

RPA無料ツールの選び方

RPAツールを導入するときは、企業の規模や業務内容にあわせて選ぶ必要があります。どのようなポイントに気をつけてRPAツールを選ぶべきなのか、5つのポイントに分けて紹介します。

機能や価格が業務規模に合っているか

RPAツールは種類によって可能な業務規模が異なります。そのため、自社でどの業務を自動化したいのかを明確にしておく必要があるでしょう。

RPAツールによっては、単純なくり返し作業のみを自動化できるものもあれば、複雑な処理ができるAI搭載のものも存在します。もちろん、RPAが代行する業務規模が拡大すれば、価格も高くなります。

そのため、業務規模だけでなく価格も加味してRPAツールを絞り込みましょう。

カスタマイズの必要性

RPAツールは主に次の2種類に分類されます。

  • 汎用型:カスタマイズ性が高くさまざまな業務に対応できる
  • 特化型:カスタマイズ性は低いが専門性は高い

汎用型はカスタマイズ性が高いため、自動化できる業務の幅は特化型よりも大きくなります。ただし、有効的に活用するためには、RPAの知識や技術が必要になってくるでしょう。

また特化型のRPAツールはカスタマイズ性こそ低いものの、専門分野においては大きな力を発揮します。そのため、自動化したい業務がカスタマイズの必要がなければ、あえて汎用型のRPAツールを選ぶ必要はありません。

継続的に運用できるかどうか

RPAツールは定期的にメンテナンスを行う必要があります。継続的にRPAツールを運用するためには、次の項目をチェックしておきましょう。

  • 新たに自動化したい業務があった場合に対応できるか
  • 不具合が発生した際に調整は可能か

新たに自動化したい業務がでてきた場合に対応できないと、別のRPAツールを導入しなければいけません。またRPAツールは海外のものが多く、日本語サポートに対応していないツールもあります。

基本的なツールの情報だけでなく、長期的に運用していくのに適しているツールかどうかを導入前に判断しておきましょう。

クラウド型かオンプレミス型か

RPAツールを導入する際にはクラウド型か、オンプレミス型かを確認しておく必要があります。この2つには大きな違いがあるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

クラウド型のRPAツール

クラウド型のRPAツールは、RPAツール事業者のソフトウェアロボットにアクセスし、Webブラウザから操作を自動化します。クラウド型のメリットは次のとおりです。

  • 導入コストが抑えられる
  • スムーズにサービスを利用開始できる

クラウド型RPAツールは、現在利用しているクラウドサービスの業務を自動化したいときに役立ちます。その反面、クラウド型RPAツールでできることはWebブラウザに限られるため、可能な業務の幅が限定されるというデメリットもあります。

オンプレミス型のRPAツール

オンプレミス型のRPAツールは、自社にサーバーを設置し、ロボットシステムを構築します。オンプレミス型のメリットは次のとおりです。

  • 自社でカスタマイズが可能
  • 自動化できる作業範囲が広い

オンプレミス型はクラウド型よりも幅広く活用できるというメリットがある反面、専門知識や技術を持ち合わせていないと、うまくカスタマイズできないというデメリットがあります。ただし自社のサーバーで作業を行うため、機密性の高い情報を扱うのに向いています。

デスクトップ型かサーバー型か

RPAツールにはデスクトップ型と呼ばれ、個人のPCにインストールして使用するツールがあります。前項で紹介したクラウド型やオンプレミス型はサーバー型です。

デスクトップ型はサーバー型よりも比較的安価で導入できる場合が多いでしょう。ただし、自動化できる範囲が狭いので、まずは小規模でRPAを導入したいという方におすすめです。

有料RPAツールとの違い

有料RPAツールと無料RPAツールでは、費用やサポート面、使用できる機能に大きな違いがあります。無料ツールは費用がかからないので、手軽にRPAツールを導入できるというメリットがあります。

しかしその反面、有料ツールのように手厚いサポートが受けられないことが多いため、スムーズに導入できなかったり、トラブルが起きたときにすぐに対処できないというデメリットがあるでしょう。さらに無料のRPAツールは、有料のRPAツールと比べると利用できる機能や使えるロボットの数が少ないのも難点です。

なかにはクラウド型しか導入できないツールもあるので、セキュリティの観点から見ても、企業として本格的に利用するなら有料ツールを利用した方がいいでしょう。

無料RPAツールのメリット・デメリット

無料RPAツールを導入する前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

無料RPAツールを導入するメリット

RPAフリーソフトを導入すると、次のようなメリットがあります。

  • 人件費を削減できる
  • ミスを防止できる
  • 24時間の稼働が可能
  • 単純作業に割く時間が減る

RPAフリーソフトを導入すると、会議やPCの雑務などを自動化・効率化できます。またデータを突合する必要もなくなり、ミスも減るでしょう。

また人間の業務をロボットが担えば、残業時間が減り、人件費削減につながります。さらに、ロボットは稼働時間の制限がないため、24時間の稼働が可能です。

無料RPAツールのデメリット

RPAフリーソフトには次のようなデメリットがあります。

  • 業務が停止する可能性がある
  • 情報漏えいの危険性がある
  • 指示を間違えてもそのまま業務を続けてしまう

RPAツールは単純業務を自動化できる点がメリットですが、フリーソフトの場合、誤った指示でもそのまま業務を続けてしまう場合があります。また作業中にシステムに障害が起これば、作業が止まってしまう可能性もあります。

さらにクラウド型のRPAツールなどは、不正アクセスが起こらないとも言い切れません。最悪の場合、情報漏えいにつながるリスクがあるでしょう。

完全無料で使えるRPAツール3選

初期費用も月額料金もかからない、完全無料で使えるツールを3つ紹介します。まずは手軽にRPAツールを導入してみたいという方は参考にしてみてください。

RPA Express - Work Fusion社

  • ノンプログラミングで自動化を行うための作業記録ができる
  • オブジェクト認識は構成を解析して操作対象を決める
  • 画像認識に対応

RPA Expressは完全無料のRPAツールでありながら、最低限の機能を備えています。基本的な作業は自動化できるので、はじめてのRPAツールとしては不足なく使えるでしょう。

またRPA Expressには有償版であるRPA Express Proがあります。有償版はサーバーにインストールすることで、複数のロボットの集中管理が可能です。

まずは無償版のRPA Expressを使用し、自動化の幅を広げたいなら有償版にアップグレードするのもおすすめです。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語、英語
導入形態 クラウドのみ
ノンプログラミング
対応Webブラウザ 独自のブラウザ,Internet Exploler
研修動画 要問い合わせ

使い方

RPA ExpressはWindows7以上、64ビットのOSでなければ作動しません。まず導入前に確認しておきましょう。

またRPA Expressは日本語に対応していないので、英語が苦手な方はインストールの仕方をしっかりとチェックしておいてください。

  1. 「Work Fusion」社のサイトを開いて、RPA Expressをダウンロードする
  2. ユーザー登録画面が出てきたら、各項目を入力して送信ボタンを押す 3.インストーラーをダウンロードして、インストールを開始する
  3. 「RPA ExpressInstaler.exe」を実行しセットアップしたら、「Development Workstation(free)」を選択する 5.ユーザーIDとパスワードを設定する
  4. 「Setup Complete」と表示されたら完了

プロジェクトを作るときは、まず作業内容をどこに保存するのかを選びます。パスワードを入力すると作業画面が出てくるので、「+」をクリックし、「Start New Recording」を選択して名前を付けるとプロジェクトを作成できます。

UiPath Community Edition - Uipath株式会社

  • 個人ユーザーやエンタープライズ、法人向け
  • マクロレコーダーで操作を録画できる
  • WindowsOSの操作やアプリケーションに対応

UiPath Community EditionはRPAツールとして認知度の高いUipathの完全無料版です。完全無料版の利用は小規模事業者のみと制限があるものの、機能はUiPath StudioXと遜色ありません。

シナリオやロボットなどの自動プログラムも機能制限なく利用できます。有償版との違いは自動化できるロボットの上限が3台までであるということ。

ただし、個人や法人など小規模利用である場合、無料版としては申し分ない機能を備えていると言えるので、対象になる場合はぜひ利用してみてください。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語、英語
導入形態 クラウド、オンプレミス
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Exploler,Chrome, Firefox
研修動画 無料

使い方

  1. Community cloudに登録する
  2. UiPath Studioダウンロードメニューにある「Resource Center」から、「Community Edition」をダウンロードする
  3. 「Preview(最新アップデートが適用されるが、安全版ではない)」、「Stable(安全版だが、最新機能が使えない可能性がある)」の2種類から選択する
  4. ダウンロード後、インストールする
  5. インストールしたら一番左の「Community License」を選択
  6. 「UiPath Studio Pro(従来のUiPath Studio)」、「UiPath Studio X Preview(プログラミング知識があまり必要ない)」の2種類から選択する

設定が一通り終われば、言語を英語から日本語へ変更が可能です。日本語に変更したらお好みのプロジェクトを作成してみましょう。

Automation Anywhere Community Edition - オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

  • 有償版よりも利用難易度が低い
  • フル機能に無料でアクセス可能
  • 小規模事業者向け

RPA業界でも有名なオートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社が提供する完全無料版のサービスです。こちらもUiPath Community Edition同様に、小規模事業者のみと対象者が限定されています。

しかし有償版との機能差はほとんどなく、フル機能に無料でアクセスできます。ただし、デバイスは1つのみで展開方法はクラウドのみとなっています。

また無償版で利用できるロボットの数は、組織1つにつき最大5台なので、大規模な運用には向きません。さらにサポート面でも有償版に劣るため、手厚いサポートが必要な場合は有償版の導入がおすすめです。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語
導入形態 クラウドのみ
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Chrome,Edge,Internet Explorer,Firefox
研修動画 要問い合わせ

使い方

  1. アカウント登録する
  2. 入力フォームに必要事項を入力し、送信ボタンを押す
  3. 登録完了メールに記載されているURLからContorol Roomにアクセスし、同じクメールに記載されているIDとパスワードを入力
  4. Bot開発のソフトをインストールするためには、「Botを作成」という青いボタンを押す
  5. 名前を付け、「記録する」を選択し、コンピューターに接続する
  6. 「Botエージェントをインストール」画面が出たら、「インストールしました」をクリックして完了

Automation Anywhere Community Editionは日本語で操作できるだけでなく、操作が簡単というメリットがあります。RPAツール初心者でも、直感的に操作ができるでしょう。

無料トライアル版が利用できるRPAツール3選

無料トライアル版を利用できるおすすめRPAツールを3つ紹介します。RPA機能を試してから導入したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Autoジョブ名人 - ユーザックシステム株式会社

Autoジョブ名人 - ユーザックシステム株式会社 画像出典:Autoジョブ名人公式サイト

  • 柔軟性のあるシナリオ作成と編集機能
  • タグ情報を解析してブラウザ操作の自動保存が可能
  • カレンダー登録で無駄なくスケジュールを実行

Autoジョブ名人は、パソコン操作による定型業務を自動化する国産RPAソリューションです。15年以上の実績を持つブラウザ向けRPA「Autoブラウザ名人」に、Windowsアプリにも対応する機能を付けた「あらゆるPC操作を自動化」するRPAです。

HTMLやUIタグを自動解析し、スクリプト編集画面に反映します。スケジュール実行機能に加え、エラー時のメール通知機能を標準搭載し、効率の良い業務実行を目指せます。無料トライアル版は2か月とトライアルにしては長期間お試しできます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語
導入形態 オンプレミスのみ
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Explorer,Chrome
研修動画 無料

料金表

プラン名 1年ライセンス 5年ライセンス 概要
Autoジョブ名人 開発版 600,000円 2,700,000円 スクリプト開発機能、実行機能含む
Autoジョブ名人 実行版 180,000円 810,000円 スクリプト実行機能
実行指示クライアント 24,000円 108,000円 即時に実行指示するためのソフトウェア、保守料含む
データ変換オプション 開発版 70,000円 315,000円 データ変換開発機能、実行機能含む
データ変換オプション 実行版 10,000円 45,000円 データ変換実行機能
PtoE変換オプション 180,000円 810,000円 PDFをExcelに変換する機能

UiPath StudioX(ユーアイパス スタジオX) - UiPath株式会社

UiPath StudioX(ユーアイパス スタジオX) - UiPath株式会社 画像出典:Uipath StudioX(ユーアイパス スタジオX)公式サイト

  • 業務部門に特化したRPA開発ツール
  • 初期投資を抑えた導入が可能
  • 簡単操作のみでプログラムを開発

UiPath StudioX(ユーアイパス スタジオX)は、業務部門のニーズに特化したRPA開発ツールです。業務部門の担当者が行う、テキストやデータの入力転記、情報の比較に特化しています。

UiPathでは高度な開発機能を削り、日常業務で使用する機能だけを搭載することにより、初期投資を抑えた導入を実現しています。独自の機能により、専門知識がなくても直感的なマウス操作だけで自動化プログラムの開発が行えます。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語
導入形態 オンプレミスのみ
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Exploler, Chrome, Firefox
研修動画 無料

料金表

料金プラン 詳細
要問い合わせ

Automation Anywhere - オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

  • 自然言語処理や機械学習にも対応
  • AIが意思決定する業界初の技術
  • 作業に関わるビッグデータを解析

Automation Anywhereは、広範囲の業務自動化に役立てられる多機能なRPAツールです。反復的な業務を自動化してくれるほか、自然言語処理や機械学習による高度な機械化、AIやビッグデータによる人と似たタスクの処理など、高度な次元で自動化を推し進められます。

トライアル版は30日無料で利用が可能です。クラウド上のサーバーに接続してインストールなしで使用できます。Automation Anywhere Community Editionは小規模企業のみ利用可となっているので、一般企業の方はトライアル版を利用してみましょう。

機能・詳細

項目 詳細
対応言語 日本語、英語、中国語ほか
導入形態 クラウド、オンプレミス
ノンプログラミング
対応Webブラウザ Internet Exploler,Chrome,Firefox
研修動画 -

料金表

料金プラン 詳細
要問い合わせ


\【無料DL特典】RPA比較表/

こちらの記事では、より詳しくRPAツールについて解説しています。おすすめRPAツールの料金や機能、口コミ評判を徹底比較しているので、サービス導入を検討している方はぜひご覧ください。

RPAツールのセミナーを受けてみよう

各RPAツールでは、無料のセミナーを開催していることがあります。フリーソフトや無料トライアル版から導入してみるのもいいですが、RPAツールがある程度絞れている場合はセミナーに参加するのがおすすめです。

セミナーではほとんどの場合、主催者側の体験版RPAツールを利用して説明を進めていくため、実際にツールを使用しながら疑問点を解決できます。まずは気になるRPAツールのセミナーを受けてから、導入を検討しましょう。

RPAツールを導入すれば、単純作業を自動化・効率化し、労働時間や人件費の削減が可能です。しかし、「いきなりRPAソフトを導入するのは不安」という方はまず、無料のRPAツールを利用してみましょう。

なかには有償版同様に機能するツールもあるので、選び方を踏まえて自社に合ったツールを試してみてください。

サービス名
batton
CLOVA OCR
RPAロボパットDX
UiPath StudioX
WinActor
Autoジョブ名人
DAiKO RPA Powered by おまかせRPA
Robotic Crowd
満足度
4.56
0.0
4.0
5.0
4.43
0.0
0.0
0.0
口コミ・評価
4.0点
サポートが大変手厚くわからないところを聞くとZOOM等で対応してくださり、素早い解決がされました。 エラーに対しても同様です。作業の画面もわかりやすく自分でも修正ができました。 まだ改善強いて欲しいところもあるため、4に評価をつけました
4.0点
担当のカスタマーサクセスがレシピ作成を代行してくれるので、導入から稼働までがとても早くスムーズ!導入したはいいが使えない…なんてことにもならないので、安心して自分の作成したいレシピづくりにとりかかれる。
まだ口コミはありません
4.0点
業務効率を目指して自社で導入。RPAやAIの利用経験がない社員がそれぞれの業務分類モデルを作成中。担当者のサポートやレクチャーを受けながらだが、着々と活用が進んでいる。
5.0点
Windowsとの親和性が高く、VBAの知識があればコードの記述に関しても躓きはない。 GUIのコントロールとデータ編集が同じ土俵で行えるので使い勝手がよく、個人的には好みの作りになっている。
5.0点
純日本製ということでUIがわかりやすい、かつフローも視覚的にわかる構造になっておりプログラミング未経験でも誰でもわかりやすいです。 RPAの機能としても申し分なく各種業務の手助けになっております。
5.0点
ユーザーの通常の業務操作を実施すれだけでRPA化が可能である。 非常に利便性が高く、頻繁に実施される同様のオペレーション日常業務を簡単に機械化が可能である。 また、複雑なオペレーションにも有用である。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
料金・費用
初期費用
0-
利用料
(月)
98,000-
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
(月)
0-
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
(月)
120,000-
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
0-
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
300,000-
利用料
(月)
100,000-
月額/ユーザー
サービス資料
battonの資料
CLOVA OCRの資料
RPAロボパットDXの資料
UiPath StudioXの資料
WinActorの資料
Autoジョブ名人の資料
DAiKO RPA Powered by おまかせRPAの資料
Robotic Crowdの資料

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

RPA
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
RPAの最近更新された記事