広告

コピー完了

記事TOP

会計システムとは - 機能や種類、特徴 | 比較おすすめ

最終更新日時:
記事の情報は2021-08-26時点のものです。
会計システムとは、帳簿や決算書のデータを作成したり取引先の債権・債務を管理したりするシステムをさします。会計業務を効率化できる会計システムをボクシルが厳選して紹介。人為的なミスの起こりやすい会計業務をシステム化しませんか?

おすすめ! - クラウド会計ソフト
  • ★弥生会計 オンライン(アフィリンク)│ 初心者でも簡単に使えるクラウド会計ソフト。今なら初年度無償キャンペーン中!
[Sponsored]
サービス名
法人向けプラン
個人事業主向けプラン
弥生会計オンライン
弥生会計オンライン

1年間無料キャンペーン中!
セルフプラン
年額26,000円/月1,857円

初年度半額キャンペーン中!
サポート付プラン
年額30,000円/月2,142円


>>お申し込みはこちら
白色申告機能のみプラン
無料
白色申告機能+サポート付
年額4,000円/月333円

青色申告機能のみプラン
初年度無料
青色申告機能+サポート付
年額6,000円/月500円

>>無料体験する

会計システムとは

会計システムとは、財務会計の業務を効率化するシステムです。帳簿や決算書、キャッシュフローのデータを自動作成したり、取引先の債権や債務を自動管理したりします。財務状況の分析や予測もできるため、経営方針の検討および決定に役立てられます。

会計業務ではレポート・帳票・決算書など細かな書類を沢山書く必要があるため、大切な時間をうばわれがちですよね。業務を「効率的に進めたい!」「…でも適切な方法がわからない。」「会計システムって難しそう」と考えている方向けに、会計システムの概要を解説します。

会計システムの機能

財務会計機能

帳簿および決算書の自動作成機能はもちろんのこと、近年では、システムの技術革新によって、仕訳にかかる工数を大幅に圧縮できるようになりました。各社によってさまざまな工夫がなされており、他システムとの連携による仕訳データの取り込みや、入力済みデータの流用、仕訳のテンプレート化の方法を用いています。

債権・債務管理機能

顧客の要望に応じた請求および支払いのパターンや、伝票のフォーマット、修正や調整に対応し、売掛・入金情報、および買掛・支払情報の管理を行うシステムです。業種ごとの特性に対応したシステムの導入が望ましいといえるでしょう。

管理会計機能

社内向け(部門別、プロジェクト別)の帳票作成機能です。ERPと連携または内包されることで、総合的な経営分析データを得る方法もあり、企業ニーズによってカスタマイズ性の高い機能だといえます。


【関連記事】
会計ソフトの比較【無料】
会計ソフトの比較【クラウド】
経理とは
経費精算とは
経理の仕事の流れ
経理代行サービスの比較

会計システムの種類

会計システムにはオンプレミス型やクラウド型などいくつかの種類があります。それぞれ特徴が異なるため自社に適した種類を把握して導入しましょう。

Excelや自社システム

Excelや自社で開発した会計システムを利用している企業もあるでしょう。自社の特色にあわせて自由にカスタマイズできるため、使い勝手はよいでしょう。しかし、システムの操作を理解している人でなければ扱いづらかったり、大企業でないと開発のコストが用途に見合わなかったりします。

会計システム【オンプレミス】

ベンダーから会計システムを購入し、自社のサーバーにインストールする種類をオンプレミスと呼びます。自社で処理するため外部からの不正アクセスを防ぎやすい点がメリットです。しかし、導入にはコストがかかるため中小企業には向いていない種類です。

会計システム【クラウド】

クラウド型は、ベンダーのサーバーからネット経由で会計システムを利用します。利用条件を満たしたデバイスなら、インストールせずに利用できます。初期費用が安く導入の敷居も低いのが特長の反面、セキュリティはベンダーのシステムに依存します。

会計システムのなかで、もっとも市場シェアが伸びているのはクラウド型の会計システムです。クラウド型なら書類の保存スペース削減・入力の手間がかからない・テレワークやリモートワークにも対応できるなどのメリットもあり、多くの企業が導入を進めました。今後はクラウド型の会計システムが主流になっていくと予想されます。

会計システムのメリット

会計システムには、他システムと連携したり書類を短時間で作成したりするメリットがあります。

書類の自動作成

経費や売上の仕訳を入力すれば、損益計算書や貸借対照表を自動で作成してくれます。作成された書類に不備がないかを確認するだけで業務が完了するため、作業効率が向上します。

従来のエクセルの場合、書類のチェックだけでも相当の時間がかかっていました。会計システムはヒューマンエラーも起きないので、効率的といえるでしょう。

法改正へ簡単に対応

クラウドの会計システムなら、アップデートを通じて法改正による処理の変更が自動で反映されます。従来は担当者が情報を調べ、自社でシステムに変更を加えていたため負担になっていました。法改正にたいしてそれほど労力を割かなくて済むのはメリットといえるでしょう。

他システムとの連携

会計システムによっては外部のデータやシステムと連携できます。たとえば銀行の入出金明細をデータ連携すれば、自動で仕分けて入力してくれます。一つひとつ対処しないためヒューマンエラーが減ります。

ただし会計システムがこれまで利用していたシステムと連携していない場合もあります。導入の際には、日頃から使っているシステムとの連携が行えるか確認して選定することが大切です。

会計システムの比較おすすめ

会計システムのうち企業や会社が導入を検討すべきおすすめシステムを、ボクシルが厳選して紹介します。さらに多くの会計システムを比較したい方はこちらの記事を参考にしてください。

弥生会計オンライン

BOXIL おすすめ会計ソフト「弥生会計オンライン」

▼弥生会計オンライン【Sponsored】


画像出典:弥生会計オンライン

■Point1:22年連続売上実績No.1
弥生会計オンラインは家電量販店・パソコン専門店などで、22年連続売上No.1実績があります(弥生会計オンライン公式サイト参照)。

■Point2:ベーシックプランは電話サポートが付帯
ベーシックプランでは、操作サポート・業務相談の電話サポートが付帯しています。仕分・経理業務・消費税改正など、会計業務全般に関する相談ができます。

■Point3:起業家応援キャンペーンで初年度0円
2016年以降に法人登記した起業家には「起業家応援キャンペーン」が適用されます。電話・チャットなど各種サポート付いたプランが、初年度0円で利用できます。

■Point4:クラウド会計ソフトなのでテレワークでも利用できる
クラウド会計ソフトなので社内でもテレワーク中の在宅勤務中でも、いつでも・どこでも利用できます。またMac・Windowsどちらでも使えます。

■Point5:業界最大規模のカスタマーサポート
業界最大規模のオペレーター座席数741席、お客さま満足度93%とカスタマーサポートが充実しています。電話・メール・チャットでのサポートだけではなく、画面共有サポートで同じ画面を見ながら案内するサービスも用意されています。

■各プランの比較
操作サポート・業務相談(仕分け・経理・消費税など)が相談できる「ベーシックプラン」と、料金が比較的安価な「セルフプラン」の2プラン用意されています。

初期費用 年利用料 特典 業務相談(仕分・経理等)
セルフプラン 無料 26,000円(税抜) 1年間無料 -
ベーシックプラン 無料 30,000円 (税抜) 初年度半額

■連携サービス
MisocaMake LeapsAirレジSTREAMEDなど他4サービスあり

機能一覧
各種仕訳入力、各種会計帳簿、レポート集計、決算申告、取引明細の自動取得、勘定科目の自動提案、メール・チャットサポート、アプリ、金融機関連携自動取得、無料サポート

弥生会計オンラインについてはこちらの記事で詳しく機能やプラン、導入事例を紹介しています。ぜひご覧ください。

弥生会計オンラインの使い方と評判!料金プラン・機能や設定・導入事例
弥生会計オンラインは、全国10,000以上の会計事務所から推奨されているクラウド会計ソフトです。弥生会計オンライン...
詳細を見る

クラウド会計ソフトフリー(freee)

  • 自動仕訳による帳簿作成
  • 請求書作成から資金繰りの経営分析まで可能
  • 日々の経理も大幅に効率化

freeeはクラウド型会計ソフト利用者の約4割のシェアを占めており、導入の際に利用者が多いのは安心できる要素の一つですね。

経理・簿記の知識がなくても簡単に決算書が作成できたり、スマートフォンやMacにも対応していたり、より良い環境で使えます。また、わからないことがあってもすぐにチャットサポートに相談でき、無料でメールサポートも受けられるため、安心です。

freeeアプリストアで外部サービス連携や拡張機能を追加

freeeアプリストアはfreeeの連携アプリとユーザーが繋がるプラットフォームです。外部サービス連携や拡張機能のアプリを選んで連携することで、 freeeを便利に利用できます。

たとえば、コミュニケーションツール「Slack」と連携すると、会計freeeで申請した経費精算などの承認業務をSlack上でできるようになります。

マネーフォワード クラウド会計



  • 作業効率を大幅改善
  • ネットにつながれば端末問わずに利用可能
  • リアルタイムでデータ共有ができる

マネーフォワード クラウド会計は、国内クラウド会計ソフトNo.1の対応数を誇り、強固なセキュリティ、万全のサポート体制で初めての方でも安心して利用できるクラウド型会計ソフトです。

明細データの自動取得や仕訳の自動入力ができるので、今まで時間がかかっていた会計業務の作業時間を大幅に改善できます。インストールが不要でどのOSでも利用できるので、時間や場所を選ばず、リアルタイムにデータ共有が行えます。

ジョブカン会計 - 株式会社DONUTS

ジョブカン会計
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • シリーズ累計導入実績12万社突破
  • ツカエルシリーズや達人シリーズとも連携可能
  • 法改正にも対応、無料でアップデート版を提供

ジョブカン会計は、豊富な機能とジョブカンシリーズとの連携が強みのクラウド会計ソフトです。会計業務に必要な機能を網羅。試算表の科目をダブルクリックすることで簡単に総勘定元帳をチェックできたり、ライブラリ機能では取引内容の入力の手間を省けたりします。

ジョブカンシリーズでは、ジョブカン経費精算ジョブカンワークフローなど、バックオフィスの業務をサポートするサービスが多数存在します。また、ジョブカンシリーズの機能を、5ユーザーまでなら追加料金なしで利用可能です。それらをジョブカン会計と連携することで、会計業務の効率化を実現できます。

ジョブカン会計公式サイト(2021年8月時点)

Oracle NetSuite - トライフォース・グローバル・ソリューションズ株式会社

Oracle NetSuite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 多言語や外貨に対応し、全世界で導入実績あり
  • 豊富な機能とシステム連携
  • 自社に合った機能を追加できる

Oracle NetSuiteは、財務・会計機能だけでなく、受注管理、在庫、顧客関係管理など自社に合わせた機能を統合できるシステムです。リアルタイムにデータ集計やレポート作成を実施し、最新の経営状況を常に把握して迅速な意思決定を促進。英語や中国語など20言語と外貨にも対応し、複数の会社の管理もできるため、グローバル企業にも役立ちます。

ほかにも、salesforce.comとの連携や、Google appsとの統合など、業務効率化に役立つシステムと連携が可能です。充実した機能と連携により、決算処理業務を大幅な効率化を実現します。

PCA会計クラウド - ピー・シー・エー株式会社

PCA会計クラウド
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 充実した会計機能を搭載
  • PCA独自のシステムによる柔軟な連携対応
  • 安心のサポート&セキュリティ

PCA会計クラウドは、日々の伝票入力で元帳・試算表・決算書を作成でき、各種管理帳票の出力も可能なクラウド会計ソフトです。

予約伝票や自動仕訳の機能により、入力忘れの防止や入力の高速化をサポートします。ログ管理、アクセス制御、パスワードの桁数・有効期限設定などの内部統制機能で安全に利用できるうえに、電話やメールで手厚いサポートが受けられるので、問題をすばやく解決できます。また、同社の提供する基幹業務ソフトとの併用で、ドキュメントと登録データを紐づけしたり、口座取引・クレジットカード取引を自動で仕訳作成したりできます。

勘定奉行クラウド - 株式会社オービックビジネスコンサルタント

勘定奉行クラウド
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 従来どおりの操作性とクラウドならではの自動化機能を搭載
  • 専門家ライセンス機能により顧問税理士との情報共有が容易
  • 圧倒的操作スピードを実現

勘定奉行クラウドはオービックビジネスコンサルタントの提供するクラウド会計システムです。
クラウドの特性を活かした自動仕訳機能により、銀行の入出金明細や他システムのデータ管理にかかる工数が削減できます。
また、専門家ライセンス機能により顧問税理士とリアルタイムでの情報共有が可能です。
操作性に関しては、高速処理が可能なデータベースと操作性を向上するマイクロソフトテクノロジー「WPF」が搭載されているため、クラウドとは思えないスピードを実現。作業中のストレス軽減が期待できます。

SAP Business One

SAP Business One
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • ビジネスの成長に合わせて拡張できる
  • 短期間でシステムの導入が可能
  • モバイルアプリで外出先からも利用が可能

SAP Business Oneは、ビジネスの成長に合わせて拡張できるので、長期的に活用できる便利な会計システムです。サービスはクラウド型またはオンプレミス型なので、短期間で導入できます。モバイルアプリもあり、従業員は外出先からも利用可能です。

キャンペーン:無料トライアル実施中サービスをまとめて紹介

無料トライアル特典をまとめて比較

人気のサービスの中でも、「無料トライアル期間」や「無料プラン」、その他特典があるサービスを厳選しピックアップしました。
ぜひ、比較・検討にお役立てください。

会計システムを導入して業務を効率化!

会計システムを使うことで、面倒な作業を省いて業務効率化できます!低コストでも、実用的なものは数多くあります。それぞれの会社に合ったシステムを見つけて、賢く仕事をしましょう。

関連記事

クラウド会計ソフト比較10選おすすめ!価格・機能比較表【最新版】
業務効率化ツール比較サイト「ボクシル」ではクラウド会計ソフトを料金・使いやすさ・サポートから徹底比較し、おすすめの...
詳細を見る
弥生会計オンラインの使い方と評判!料金プラン・機能や設定・導入事例
弥生会計オンラインは、全国10,000以上の会計事務所から推奨されているクラウド会計ソフトです。弥生会計オンライン...
詳細を見る
クラウド会計ソフトの市場規模・シェアを調査してみた | 法人利用数徹底機能比較
クラウド会計ソフトの市場規模やシェア状況について紹介します。また、個人事業主と中小企業での導入状況や法人利用数TO...
詳細を見る
合名会社とは?合名会社の定義やメリット・デメリットを徹底紹介!
日本でも設立されている合名会社。その特徴を詳しく解説します。
詳細を見る
持分会社とは?株式会社との違いやメリット・デメリットを徹底解説!
持分会者とは何なのでしょうか。設立するメリット・デメリットを含めて解説します。
詳細を見る
決算期とは?変更の手続き方法は?と思うあなたへ基礎から解説!
決算期とは何なのか、種類や変更手続きの方法、そして決算期を変更することによるメリットまで、決算期の基礎を解説してい...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
会計ソフト(財務会計)の最近更新された記事