コピー完了

記事TOP

決算書とは? 概要・見方・使い方 | 4つの書類をそれぞれ解説

最終更新日:
決算書とは基本的に「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「株主資本等変動計算書」を指します。それぞれの諸表は何に使われるのか、どのようにみればよいのかを中心に解説していきます。

「決算書とは?」見方、読み方が今ひとつわからないあなたへ

会社員でも、個人事業主でも、経営者でも、何気なく触れている「決算書」という言葉。きちんと理解できていますか?

決算書は大きく分けて「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「株主資本等変動計算書」の4つがあります。いずれも会社の経営や財務の状況を客観的に示した書類ですが、それぞれ目的が異なります。

これまで決算書について曖昧な理解しかしていなかった人は、この機会にしっかり基本を身につけましょう。

決算書とは?

決算書とは、会社のお金の状況を示す書類。

  • 賃借対照表(バランスシート、BS)
  • 損益計算書(PL)
  • キャッシュフロー計算書
  • 株主資本等変動計画書

の4つに大別され、この内「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つを合わせて財務三表と呼ぶこともあります。

決算書の役割

決算書は、なぜ必要なのでしょうか。税金を申告するため?株主や銀行に経営状況を公開するため?

もちろん、第三者に向けて活用する場面は多いですが、それだけではありません。自社の経営状況を客観的に見ることで、問題点に気づき、そこから得た情報を活かして経営改善を行うことで、会社の業績を向上させることができるのです。

【決算書が必要になるシチュエーション】

  • 企業の確定申告を行うとき
  • 銀行などに融資の申し込みを行うとき
  • 出資者、取引先などの利害関係者が経営状況を確認するとき
  • 自社の経営状況を把握したいとき

決算書の種類を知る

決算書には、4つの種類があることは説明しました。
それぞれの違いと特色、見るべきポイントについて知っておきましょう。

賃借対照表とは

賃借対照表とは、ある時点での会社の財産状況を知るための書類です。バランスシート、BSとも呼ばれます。主に、倒産リスクや財務基盤の安定性を図るための書類です。

賃借対照表を確認する際に一番重要なのは、自己資本(純資産)が十分に計上されているかという点。事故死ホントは、資本金と会社が過去に得た利益の額で、返済の必要がないもの。純資産に占める自己資本の割合を「自己資本比率」といい、これが高いほど健全な財政状態であると判断できます。一般的に、自己資本比率が20~40%が平均で、40%以上あれば安定と言われます。あなたの会社はどうですか?

損益計算書とは

損益計算書とは、1年間の営業活動でどのくらい利益が出たかを表すもの。PLとも呼ばれます。主に、倒産リスクや収益力を図るための書類です。

じっくり見ていくと、例えば売上が減少した際に、「本業の儲けが減っているのか」「売上自体が減っているのか」「費用がかさんでいるのか」という風に問題点をあぶり出すことができます。

損益計算書で一番注目すべきは、「営業利益」です。これは、売上総利益から、費用を差し引いた利益。商売で儲かっているかが分かる数値です。これがマイナスであれば、早急に事業改善が必要です。

また、複数の会社を比較する際は「営業利益率」にも着目しましょう。これは、売上高に占める営業利益の割合。例えば、営業利益が500万円の企業が2つあったとして、1方の売上高は5,000万、もう一方は5億円だとすると、前者のほうが良いですね。後者は、売上が少し下がるとすぐに赤字になってしまいそうです。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、一定期間の会社のお金の動きを記録したものです。損益計算書には、会計期間での資金の回収状況等は分かりませんが、キャッシュフロー計算書では明らかになっています。
主に、倒産リスクや支払い能力を図るための書類です。

企業の営業活動、投資活動、財務活動によるキャッシュフローが記載されており、それぞれのバランスが重要です。

株主資本等変動計算書とは

株主資本等変動計算書とは、賃借対照表の中にある「株主資本」という項目の動きをまとめたものです。財務三表に比べて、使うタイミングは少ないでしょう。

主に、株主の重要性を図るための書類ですが、中小企業以下では、株主資本に複雑な動きがあることは少ないです。

決算書とは?4つの種類と見方、読み方のポイントのまとめ

決算書は、会社にとって重要な情報の宝庫。一社員であったとしても、決算書を読み解き、経営的な視点を持つことは自分自身のスキルとしても重要なことです。

決算書と行っても難しいものではなく、チェックするのは1部の数値のみ。最初から理解を諦めるのではなく、少しずつ見るべき目を養っていきましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
会計ソフト(財務会計)の最近更新された記事