管理会計システムとは | 最適な経営の意思決定を助けるツールを比較【クラウド】

最終更新日:
管理会計システムは「会社をもっと成長させたい」「事業の方向性を見定めたい」といった意思決定を行うのであれば必須のシステムです。会社や事業の成長性や方向性を見極めるために重要な数値が得られる、クラウド管理会計システムのおすすめをボクシルで厳選して紹介。
データ分析ERP(基幹システム)

管理会計とは

管理会計とは現状の経営状況を可視化したものです。会社にとって大きな意思決定をする際には、現在の事業の状況を正確に数字で把握することが大切です。経営の意思決定において重要となる指標や数値は、外部へ伝えるべき内容とは異なる部分があり、財務会計に対して「管理会計」と呼ばれます。

英語だと「management accounting」となるのでわかりやすいですが、マネジメントに大きな影響を与える会計だということです。

クラウド管理会計システムを比較

管理会計システムとは、会社が内部で管理を行うための会計管理ができるシステムのことです。経営状況を理解し、戦略や方針などの意思決定を行う、業績改善のための施策を講じるための手助けとなるシステムのおすすめを比較していきます。

▼管理会計ができるクラウドERP
クラウドERPの中でも、シェアが高いものをまずは紹介します。

クラウドERP ZAC

ZACはオロが開発しているクラウドサービスです。販売管理、在庫管理、勤怠管理など会社に関わる業務管理機能を軸に、管理会計や経営に関わる数値のモニタリングをサポートしてくれます。
管理会計の面においてはアウトプット機能が充実しており、セグメントごとの会計データの見える化、自社のKPIに関わる数値の取得しレポートを作成できます。これまでは一つひとつを手作業でやっていたという方にとっては、その労力が飛躍的に縮小されるでしょう。
BIツールによる細かい分析もできるので、ただ数値を把握するだけでなく、「なぜそのような結果になったのか」「これからどうすればいいのか」といった今後の経営判断にも役立ちます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERP ZACの資料を無料DL

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)

すでに120以上の企業に導入されている、「経営に必要な数字を見える化」してくれるクラウドサービスです。売上や粗利はもちろん、外注費や販管費といった具体的な数値を期間ごとや事業セグメントごとに把握できます。現場の人間に毎回聞かなくても、手元でいつでもリアルタイムの状況を把握できるため、意思決定のスピードも高められるでしょう。
管理会計に関する機能だけでなく、プロジェクト管理や顧客管理、経費精算機能なども備えているので、全体の生産性向上にも繋がります。

初期費用0、月額6,000円〜(管理会計の自動化機能は14,000円〜)とコストパフォーマンスにも優れたツールです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Reforma PSAの資料を無料DL

▼管理会計ができるクラウド予算管理システム

Sactona

Sactonaは、企業の管理会計のコンサルティング業務を行っている、アウトルックコンサルティング株式会社が手がける経営管理サービスです。
管理会計・経営管理面での業務効率化、質の向上に特化していることが特徴で、予算編成や予算管理から、業績レポーティングから中期経営計画の作成までこのサービス一つでスピーディーに行えます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Sactonaの資料を無料DL


上記で紹介したサービスたちはいわゆるクラウドの「ERPシステム」と言われるサービスですが、クラウドERPシステムでは管理会計だけでなく、生産・人材・会計といった部門ごとに動いているシステムを統合させ、企業内の情報を一元化して経営判断を行えます。

クラウドERPシステムの導入には、経営状態の可視化や危機管理の強化、意思決定のスピードアップといったメリットがあり、経営者の管理会計をサポートしてくれます。

各種クラウドERPシステムの一括資料請求

上記で紹介したクラウドERPや、その他ボクシルに掲載している各種サービスの詳細資料を一括で見て導入を検討したい方は、こちらから無料でダウンロード可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウドERPシステムの資料を無料DL

その他のクラウド管理会計システム

上記で紹介したもの以外にも、管理会計ができるシステムは多く存在します。その中で、管理会計機能が優れているものを集めました。

NetSuite

NetSuiteは世界中で30,000以上の企業に活用されているおり、細かいニーズに合わせた複数の製品、機能があり幅広い問題に対応できるのが大きな強みです。最もオーソドックスな「NetSuite ERP」では基本となる数値をいつでもリアルタイムで集計・レポートでき、余計な業務を削減できます。
CRMやEコマースなどの他業務の機能と財務情報をシームレスで連携できるので、複数のサービスをいったりきたりする必要もなく、このサービス上でさまざまな業務を処理できるのも嬉しいポイントです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

iDempiere(アイデンピエレ)

iDempiere(アイデンピエレ)は、企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「会計管理」だけ利用したいという場合にも対応しています。オープンソースのためライセンス費用は無料で、他のERP・基幹システム製品と比較して低コストで導入できるのもポイントです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiereの資料を無料DL

MJS LINK NX-I

MJSLINK NX-Iは、管理会計では、部門会計・本支店会計・セグメント管理・プロジェクト管理などさまざまな体系で管理でき、会計業務の効率化を実現します。財務部門がシステムのコアなので、全社的な経営情報の集積基地として高度な経営判断を支援します。

経過月や過年度の実績から、今後の数値の予測や決算シミュレーションを実行し、それに応じた予算修正も可能です。また、高度な分析機能やわかりやすい操作画面を提供しているので、安定したシステムの運用が可能です。

ALL-IN

経営に関わるあらゆる業務をすべて一元化しようというサービスがALL-INです。管理会計向けの特別な機能があるというわけではありませんが、会計/財務の他にも販売管理や在庫管理、顧客管理、営業支援にグループウェアまで備わっています。
特に中小企業など1人が複数の数値・業務を管理するような場合には、このサービス1つで完結するので数値管理や他メンバーへの共有も非常にスムーズ。
あらゆるデータがここに集まるということは、それぞれを独立させることなく全体で管理・分析し、最適な意思決定をするのにも役立ちます。

初期費用0円、月額費用38,000円〜(4ユーザー目からは1ユーザーごとに+3000円)というお手軽な価格も魅力です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ALL-INの資料を無料DL

クラウド会計ソフト freee(フリー)

クラウド会計ソフトとして国内でもトップクラスの人を誇るfreee。簿記や会計の知識がなくても、簡単に決算書などの会計書類が作成できることで大きな話題となりましたが、中小・中堅企業向けのビジネスプランを2016年6月より提供しています。
人工知能の力でバックオフィス業務を極力自動化してくれることに加え、経営の意思決定に必要な数値をリアルタイムで把握できるのでスピード感を損ねません。
経理業務の効率化はもちろん、管理会計を含め会社全体の生産性向上にも貢献してくれるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
クラウド会計ソフト freeeの資料を無料DL

ProActive for Saas

SCSKが提供するERP「ProActive」。5,600社への導入実績を誇る国産の業務管理システムですが、そのクラウド版がProActive for Saasです。
従来から定評のある機能をそのままに、クラウド化することで管理者のシステム運用の負荷軽減や使いやすさの向上につながっています。
管理会計の面においては、予算と実績をリアルタイムで対比しながら、期間ごと、事業ごとに細かくセグメントを分け、重要な数値の把握・分析が容易にできます。

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service



Oracleが提供するクラウド型の管理会計・予算管理システムです。全世界で10,000社への導入実績があるソフトウェア「Oracle Hyperion Planning」のクラウド版にあたります。
経営計画の策定や予算編成はもちろん、細かいKPIの管理や経営数値の予測シミュレーション機能など充実した機能が売りです。

料金は1ユーザー月額14,400円、最小10ユーザーから。開発元が大手IT企業ということで顧客サポートの面も充実しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Oracle PBCSの資料を無料DL

管理会計と財務会計の違い

企業会計は目的に応じて管理会計と財務会計の2種類にわかれます。先述のとおり、管理会計は社内で用いることを目的としています。そのため、作成の形式に関しての規則はなく、企業ごとに作成方法は異なります

一方、財務会計は、外部報告や税金計算を目的として行うものです。そのため、財務会計は一定の基準により作成されている財務諸表をもとにして行われ、株主や債権者などの外部ステークホルダーに対して開示されます。

損益計算書や貸借対照表といった、いわゆる財務諸表といわれるものの目的は、外部の利害関係者へ会社の状況を伝えることであり、一般的に「財務会計」と呼ばれているため両者は異なります。

管理会計システムの主要機能

管理会計システムに一般的に備わっている、経営状況を可視化してくれる機能を紹介します。

予算管理・予実帳票

管理会計システムの機能である予算管理と予実帳票は、セグメント別予算登録や予算種別登録といった機能により、予算を的確に振り分けて進捗状況を確認することで、予算管理を適正化させます。

こうした会計管理情報は経営判断を行う際に重要な要素となるため、多くの管理会計システムが予算管理と予実帳票機能を備えています。

帳票出力

管理会計システムでは、部門別比較貸借対照表、予実対比表、会社別実績表といった帳票を出力できます。

管理会計は企業ごとにルールや帳票フォーマットが異なります。基本的に会計管理システムで出力可能な帳票のフォーマットは固定されていますが、製品によってはフォーマットの作成や編集も可能です。

帳票とは | 種類と目的・サービスの選び方も徹底解説 - 求められる電子化 | ボクシルマガジン
帳簿や伝票などを「帳票」と呼び、作成・保存が義務付けられています。帳票の目的と役割は何でしょうか? 帳票の電子化が...

分析機能

管理会計システムのセグメント管理機能では、プロジェクト、製品、商品分類、地域などさまざまな切り口での財務データの分析ができます。

多くの製品は、さまざまなセグメントを設定することで、多方面から会計情報を分析できる設計がなされています。

管理会計システム導入によるメリット

管理会計システム導入で、最適な経営の意思決定ができるようになると紹介してきましたが、具体的なメリットについて3点解説していきます。

効率化による決算早期化

管理会計業務は担当者が手作業で行う場合、非常に手間や時間がかかり、データ収集だけでも非常に多くの時間を費やします。

しかし管理会計システムを導入することにより、自動仕分けや分散入力による会計情報のスピーディーな収集、外部システムとの連携といった機能により管理会計を効率化することが可能となります。

こうした機能をフルに活用することで、決算を早期化できるでしょう

データ正確化による内部統制の強化

データの正確さは内部統制の基礎となるもので、数値に信頼性がないと業務の適正確保もままなりません。

管理会計システムでは社内のマスターデータや取引データを統合し、一元管理化することで複数の業務プロセスをシステム上で連携できます。そのため、正確なデータを収集することも可能です。

また、システム上で会計作業を行うと業務の可視化やログの対応が可能となるため、内部統制への対応や強化を行うために役立ちます。

スタートアップが内部統制すべき理由は?クラウドERPで上場準備ベンチャーの急成長を支えよ | ボクシルマガジン
スタートアップやベンチャーは、「内部統制」に取り組まなければ上場を実現することはできない。上場準備を進める急成長企...

経営目標の明確化

会計管理システムは、管理会計をより実効的に行うためのツールです。では管理会計の目的はといえば、可視化された情報を基に適切な経営戦略を立てることです。

管理会計は経営戦略を立てるための手段です。システムを利用することで管理会計が正確かつスピーデイーに行えるのであれば、経営層も経営戦略や経営方針の策定に専念できます。

クラウド管理会計システム活用で何が変わるのか

クラウド型の管理会計サービスであれば、忙しい経営者でもリアルタイムで簡単に気になる指標が確認でき、迅速な意思決定が行えます。これからの経営計画を立てる際にも、余計な手間を無くせるはずです。

これまでは、経営に関わる重要な数値をExcelのシートなどで担当者が管理していることも多く、経営者が確認したいと思っても、「担当者に聞かなければわからない」ということも少なくありませんでした。

本記事で紹介したクラウド管理会計システムを利用して、最適な意思決定を実現しましょう。

ERPの人気記事ランキング

ERPとは | 導入メリット・デメリット - クラウド製品&システム徹底比較 | ボクシルマガジン
ERPは「Enterprise Resource Planning」の略で、経営・業務資源計画を意味する単語です。...
顧客情報管理はなぜ必要?名刺管理ツールでセキュアに収集・共有を進める方法 | ボクシルマガジン
競争の激しい現代では顧客情報管理がビジネス成功のカギを握っており、それを実現するための名刺管理ツールが注目されてい...
ERPパッケージとは | 概要やメリットを解説 - クラウド19サービス比較 | ボクシルマガジン
ERPパッケージとは、従来バラバラだった業務システムを統合し、一括管理するパッケージです。ERPパッケージのメリッ...
ERPシェア・市場規模 | 世界調査と国内最新動向・注目クラウドサービスも紹介 | ボクシルマガジン
クラウドERPが大きな注目を集め、企業の基幹システムとして不可欠なものとなりましたが、その市場規模やERPシェア・...
ラインオブビジネス(LoB)とは | ERPとの違い・導入のメリット | ボクシルマガジン
LoBとは、「企業が業務をするうえで主要な、基幹アプリケーション」という広義な意味を持っています。LoB自体の詳し...
基幹システムのクラウド化 - 再構築や移行時の課題と導入事例 | サービスも紹介 | ボクシルマガジン
基幹システムは社内に存在する情報を共有し、ITによる統制を可能とします。近年は基幹システム再構築にあたってクラウド...
NetSuite(ネットスイート)の導入事例、基本機能・使い方 | クラウドERP解説 | ボクシルマガジン
「NetSuite(ネットスイート)」は、ERP、財務会計、CRMといった機能を持つクラウド型業務アプリケーション...
クラウドERPのNetSuite・ZAC・SuperStreamを徹底比較 | 評判・機能・価格 | ボクシルマガジン
バックオフィスの業務効率化を実現するERPはクラウド化が急速に進んでおり、オンプレミスからの移行も進んでいます。ク...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社オロ、株式会社デジタルスフィア
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事