NetSuite(ネットスイート)の導入事例、基本機能・使い方 | クラウドERP解説

最終更新日:
「NetSuite(ネットスイート)」は、ERP、財務会計、CRMといった機能を持つクラウド型業務アプリケーションです。2016年7月に米オラクルが93億ドルで買収したネットスイートの導入事例、基本機能や使い方を解説します。
データ分析ERP(基幹システム)

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ERPの資料を一括無料DL

オラクルが買収した「NetSuite」導入事例と機能、使い方を解説

ネットスイートは、会計システム、ERP(Enterprise Resource Planning)、CRM(Customer Relationship Management)、Eコマースなどを含む主要な業務アプリケーション機能を、単一のシステムで提供するクラウド型ERPです。

2016年7月、ネットスイートは米国の大手ITベンダーであるオラクルに買収され、同年11月にはオラクル傘下の子会社となりました。

クラウドERPベンダーとして急成長を遂げているネットスイートの導入事例、基本機能や使い方を解説していきます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

ネットスイートとは

ネットスイートとは、ビジネスに必要な機能をすべて含んだ、クラウドベースのビジネスアプリケーションスイートです。

ビジネスアプリケーションスイートとは、複数のアプリケーションソフトを一揃いとして提供している製品のことであり、ネットスイートでは1つのシステムでERP・CRM・eコマースを提供しています

各機能が1つのデータベースを参照することから、データの二重入力といった非効率がなくなり、シンプルで効率的な業務をクラウド環境で実現できます。

従来のオンプレミス/インハウス型業務システムの場合、各部門にデータベースが分散していたために、顧客情報の変更がすべてに反映されない、各部門にまたがった集計データをまとめるのに時間が掛かるなどの問題がありました。

しかし、ネットスイートはこの問題をデータベースの一元化によって解決し、リアルタイムでのデータ反映・集計・分析によって、スピーディーな経営判断を行うことを可能にするほか、膨大な初期導入費用を節約することができます。

ネットスイートの特徴

オールインワン

多くの業務システムが機能を限定したアプリケーションであったり、複数のアプリケーションを組み合わせたりするものであるのに対し、ネットスイートは、ビジネスに必要な機能すべてを一つのアプリケーションに統合した、真のオールインワンシステムだということができます。

たとえば、eコマースとCRMがERPと連動することで、顧客情報・在庫状況・売上データがアップデートされ、各部署に最適化したダッシュボードにBI機能によって分析された結果が表示される、ということをリアルタイムで実行します。

これによって業務の省力化と最適化が得られるだけでなく、次のアクションを起こすためのヒントともなります。

海外展開に柔軟に対応できる

海外拠点や海外eコマースなど、複数の国にまたがった業務を行う場合に、海外拠点ごとの商習慣や税制度/法制度に柔軟に対応できる「NetSuite OneWorld」を提供しています。

19言語、190種類以上の通貨に対応し、データベースを共有しているため一元的な管理と運用を可能にします。これにより、各国にまたがるデータをリアルタイムに把握し、ビジネスをスムーズに進めることができます。

またNetSuite OneWorldは、オンプレミス/インハウス型のシステムを海外展開する場合に比べ、導入コスト、導入期間、運用コストの面でクラウド型ならではの圧倒的なアドバンテージを持っており、すでに別のERPシステムが本社に導入されている場合でも、NetSuite OneWorldをシームレスに統合することが可能です。

業種業態を選ばない柔軟性

1997年からクラウド型ERPシステムを提供してきたネットスイートは、その歴史に裏付けられた改善が続けられてきたため、あらゆる業務、業態、国を選ばない機能と柔軟性を持っています。

そのため、通常はネットスイートが標準装備している機能をそのまま利用するだけでビジネスプロセスが完了してしまいますが、さらに柔軟なカスタマイズも可能です。

通常のシステムでカスタマイズを行うには、プログラミングを必要とするため、コストと手間が発生していましたが、ネットスイートでは豊富に用意されたテンプレートをもとに、簡単な設定作業でカスタマイズすることができます

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL


こちらの記事では、ネットスイートを含む3つのクラウドERPを徹底比較しています。他のサービスと比較して検討したいという方は参考にしてみてください。

クラウドERPのNetSuite・ZAC・SuperStreamを徹底比較 | 評判・機能・価格 | ボクシルマガジン
バックオフィスの業務効率化を実現するERPはクラウド化が急速に進んでおり、オンプレミスからの移行も進んでいます。ク...

製造・医療・小売、3つのネットスイート導入成功事例

プレキシオン

会社名:プレキシオン業種:医療画像診断機の開発、販売
事業内容:歯科CBCTスキャナー「PreXion3D Excelsior」の製造、販売

課題:業務のオーバーフロー

同社は主力市場であるアメリカ進出を前に、海外展開が本格化できていないという問題を抱えていた。その原因は安定した経営基盤を持ちながらも、書類を中心とした事業運営を行っていたことによる業務オーバーフローにあった。

効果:業務効率化

NetSuite OneWorldを導入し、スマートフォンで業務をこなしながら日米を行き来するなど、仕事の効率とスピードが劇的に改善された。スマートフォンに慣れた若手社員などには、効率化によるワークライフバランス改善という効果もあった。また、きめ細かなサポート体制にCRMが大きな役割を果たしている。

ベッコフオートメーション

会社名:ベッコフオートメーション業種:電子機器輸入、販売
事業内容:PCベースのオープンな自動制御システムを提供する専業メーカー

課題:オンプレミス型ERPとの連携

同社はドイツに本社があり、日本法人設立に際し、将来的な企業規模拡大を見据え、クラウド型ERP/財務システム導入を検討していた。それとは別に、営業支援システム導入も検討していたが、現場のスタッフが複数のクラウドサービスを使い分けるのは手間になる、本社のオンプレミス型ERPとの連携をどうするかという課題を抱えていた。

効果:売上、財務、営業状況のリアルタイムな把握

ERPとCRMを導入した結果、売上状況や財務状況のリアルタイム把握が可能となると同時に、営業状況も、ダッシュボードで一目で確認できるようになった。また、パイプライン分析により、マーケティング活動の可視化が可能になったほか、営業担当者のリアルタイム在庫確認にも貢献している。

オーマイグラス

会社名:オーマイグラス業種:小売業
事業内容:メガネ・サングラス通販サイト「Oh My Glasses TOKYO」の運営・管理

課題:基幹システムの再構築

同社は常設店舗として渋谷ロフトに進出することになった。常設店舗は初めての試みであり、卸売りのビジネスもスタートすることから、販売チャンネルの多様化に対応でき、在庫管理や販売情報をリアルタイムかつタイムリーに活用可能な基幹システムの再構築が課題となっていた。

効果:取り扱う商品に合わせたプラットフォームを構築

独自のビジネスモデルを持つ同社では、カスタマイズの自由度が求められた結果、基幹システムにネットスイートを採用、9ケ月間をかけた作業が行われた。その結果、取り扱う商品に合わせた望みどおりのプラットフォームが80%程度まで完成、順調に稼働されている。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL


こちらの記事では、ネットスイートをはじめとするクラウドERPの導入事例を紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

ERP導入事例 | オンプレからクラウド移行が増加のワケ - メリット・システムの種類 | ボクシルマガジン
変化の激しい市場経済の中、企業が生き残っていくためにビジネスを加速させるには、クラウドERP導入による業務効率化が...

ERPだけじゃない!5つの基本機能

統合基幹業務システム(ERP)

財務会計、在庫管理、サプライチェーン、受注/請求管理、人事管理、BI機能などに加え、集計・分析・レポート機能が一つのアプリケーションに統合された統合基幹業務システム(Enterprise Resources Planning)です。

一元管理される業務データ、顧客データ、取引データなどが一つのデータベースに集約されるため、変更後すぐに関連データをアップデートします。これにより、リアルタイムにダッシュボードでの業績評価指標確認ができます。

経営状態や業務の進捗状況確認から将来的な業務の方向性を読み取ることが可能になるほか、入力や集計の省力化による業務効率改善を実現します。

顧客関係管理(CRM)

ネットスイートのCRM機能は、マーケティング、営業、カスタマーサポート、購買履歴などの顧客データを包括的に管理し、顧客の動向をリアルタイムに可視化することができます。

さらに、自社営業とパートナーの活動を一元管理できる「パートナーリレーションシップマネジメント」機能、24時間365日のセルフサービス顧客サポートを提供する「カスタマーポータル」など、ほかにはない機能を持ち、ライフサイクル管理によって充実したカスタマーサポートと顧客満足度を向上させます。

また、営業活動によって獲得したリードや購買などはバックオフィス業務と完全に統合され、高度な分析によってより洗練されたマーケティング活動へつなげることも可能です。

eコマース

ネットスイートでは、ERPなどのバックオフィス業務と、CRMなどのフロント業務をシームレスに統合したECサイトを、クラウド上で簡単に構築可能なeコマースソリューションを搭載しています。

Webサイトホスティング機能によってクラウド上にホスティングされるWebサイトは、豊富な開発ツールを使用することでデータベースに連動する動的なECサイトを構築し、在庫管理を反映したバックオフィスとのプロセス統合で、迅速かつ正確な処理を行うことが可能です。

また、それによって得られる顧客の動向などは、アクセス状況などを通じて分析され、オンラインフォームやメール配信などの機能を活用したマーケティングに活かすことができます。

グローバル経営管理(OneWorld)

NetSuite OneWorldは、19言語、190以上の通貨での業務に標準対応した、グローバル経営管理ソリューションです。

一元化されたデータベースにより、グローバル/ローカル双方のビジネス状況をリアルタイムで可視化するほか、現地の税制や商習慣にも柔軟に対応、海外拠点や海外ECサイトなど、複数の国またがる業務を、一つのシステムに統合して業務を効率化します。

クラウド型であることによる導入期間、導入コスト、運用管理のアドバンテージは、オンプレミス型システムに対して圧倒的です。また、本社がオンプレミス型システムを導入している場合でも、海外拠点にNetSuite OneWorldを導入し、シームレスな統合環境を構築することも可能です。

ビジネスインテリジェンス(BI)

ネットスイートに標準で搭載されるビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)機能は、経営状態、業務の進捗状況を可視化することにより、激動する現代の市場環境の変化をいち早く察知し、アクションに移すことを可能にします。

データに不整合のない一元的な管理を行うネットスイートでは、正確なデータを元にした的確な分析で、タイムリーでリアルタイムな情報提供が可能であり、各従業員の役割に最適な形でダッシュボードに表示されます。

もちろん、それによって得られた情報はドリルダウン可能な各種レポート、主要業績評価指標(KPI)などの個別の形で提供可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

担当業務別にみるネットスイートの活用方法とは?

ここでは、担当業務別にネットスイートの使い方や活用方法を解説します。

経営層

市場環境の変化をいかに素早く察知し、いかに最適な判断を下すか、経営層に求められることは正確でスピーディな経営判断です。
そのためには経営状態や業務の進捗状況を、常にリアルタイムに把握する必要があります。

経営層におすすめの機能
・BI

ネットスイートのビジネスアプリケーションスイートは、ERPにCRM/eコマースを統合した環境を持つため、BI機能を最大限活用して、常に最新の売上/業績/財務状況をダッシュボードで確認し、リアルタイムに主要業績評価指標(KPI)を表示、経営判断をサポートします。

営業

営業活動を効率よく行うためには、顧客の購入履歴を把握し、ニーズを満たしたマーケティングを行うことが必要となり、その進捗状況を上司が把握、的確な指示を出せることが重要です。

営業におすすめの機能
・統合受注
・注文管理
・インセンティブ管理
・BI

CRMを使用することにより、外出先でも顧客の購入履歴とニーズを可視化することが可能になるだけでなく、在庫管理や売上がERPに連動しているため、営業先での在庫確認、注文プロセスを行えます。

その進捗状況は、リアルタイムに上司が確認でき、的確で効率的な指示を可能にする他、一連の活動をカスタマーサポートに活かすことで顧客満足度の向上を実現します。

マーケティング

マーケティングにおすすめの機能
・顧客取得&マーケティング
・検索エンジンの最適化
・BI

ネットスイートのeコマース機能では、オンライン注文フォーム、イベント登録フォームなどのさまざまなフォームを作成可能な他、カスタムの質問フォームを作成し、訪問者の回答受信にしたがってマーケティング担当者や営業担当者へ連絡するとともに、新規顧客レコードを作成することも可能です。

また、プロモーションURL、クーポン発行機能でマーケティングプログラムを最大化できるほか、BI機能でそれを分析し、よりよいマーケティング展開のためのヒントを得ることもできます。

会計

会計におすすめの機能
・財務管理
・在庫管理
・注文管理
・BI

財務会計、在庫管理、注文管理、サプライチェーンがシームレスに一体化したネットスイートでは、営業活動によって変化するこれらのデータがすべてリアルタイムで反映されます。

このため、会計システムに売上状況を入力し直すなどの手間が必要なくなるほか、これらのデータを元にした分析もBI機能が行うため、資料作成の時間短縮も実現します。さらに手形管理、締め日の設定など日本の会計システムに準拠した財務諸表も装備しており、会計業務のスピードを大幅にアップすることができます。

eコマース

eコマースにおすすめの機能
・分析
・サイト作成
・在庫管理
・注文管理
・顧客取得&マーケティング
・検索エンジンの最適化
・顧客&パートナーセルフサービス
・BI

ネットスイートのeコマース機能を使えば、在庫管理と顧客情報に連動した動的なECサイトを簡単に作成できます。

その作成方法もHTMLファイルを単純にアップロードするか、カスタマイズした外観を作成するかを選択できるほか、独自に作成したHTMLファイルをアップロードし、ネットスイートにホストさせるなど、柔軟性に富んだ使い勝手を有しています。

さらに、顧客別サイト活動、リファラルレポート、検索エンジンキーワードをはじめとする各機能を利用したマーケティング分析によって、ECサイトの改善だけでなく、営業活動全体の改善を行うことができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

ネットスイートで業務システムを一元化

クラウド型業務システムとしてネットスイートが登場した20年前、ERP業務システムのほとんどはオンプレミス/インハウス型でした。

膨大なデータ処理を行う必要のあるERPには、オンプレミスが適していると思われていたこと、クラウド上でサービスを行うSaaSシステムが一般的ではなかったこと、などがその理由として考えられますが、いまやクラウド型業務システムに進出していない大手メーカーはない、ともいえる状況となっています。

その中で、クラウドだからできることがあるという観点に立って開発の進められたネットスイートは、他のシステムに対する明らかなアドバンテージを持っており、事例でもご紹介したように、業務を効率化し、企業を発展させていく大きな効果を顧客に提供しています。

業務効率化をはかり、収益の改善と企業価値を高めていくためにも、ネットスイートの導入をおすすめします。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL


以下では、本記事で紹介したネットスイート以外のクラウド型ERPの徹底比較を行なっています。他のサービスも比較してみたいという方はぜひご覧ください。

注目のERP(基幹システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめERP(基幹システム)をまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

ERP(基幹システム)の各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。販売管理、在庫管理、生産管理の効率向上などさまざまな目的で導入されるERPの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社オロ、株式会社デジタルスフィア
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事