ERP(基幹システム)の口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

ERP(Enterprise Resources Planning)とは、企業経営の基礎であるヒト・モノ・カネといったリソースを一元管理し、企業経営の効率化・高度化を実現するためのシステムです。ヒトの管理として人事管理、モノの管理として販売管理や生産管理、カネの管理として会計などの機能を提供するERPの、レビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
ERP(基幹システム)のサービス資料21件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Plaza-i
ZAC
ALL-IN
Reforma PSA
NetSuite
iDempiere
MA-EYES

ERP(基幹システム)のランキング

GRANDIT miraimil
GRANDIT miraimilは、10種類の基幹業務を統合できるクラウド型ERPです。経理、資産管理、販売、在庫、人事、給与などを自由に組み合わせて利用でき、事業の成長や領域の拡大に応じて変更可能です。2021年10月より提供を開始します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
条件を指定して絞り込む
41
並び順
freee会計
freeeは法人向けクラウド型会計ソフトでシェアNo.1のソフトです。経理・簿記の知識がなくても簡単に決算書が作成でき、スマホやMacなど様々な環境で使えます。チャットサポートも充実しており、無料でメールサポートも受けることができ安心です。
料金プラン
1,980円-/月
ZAC
クラウドERP「ZAC」は、プロジェクト別の収支管理を中心としたERP(統合型基幹業務システム)です。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Oracle NetSuite
Oracle NetSuiteは、国内外で24,000社超の導入実績を誇る、クラウドERPです。さらなる成長を求める中堅~中小企業、スタートアップ企業等、業界業種問わず、多くのビジネスに選ばれています。
料金プラン
-
OBIC7
OBIC7は、企業の継続的な成長をサポートする内部統制システムです。
料金プラン
-
Plaza-i
1.業種別フレームワークで業務標準化を推進、属人化から脱却 2.多通貨多言語で海外取引、海外進出、外資系企業をサポート 3.多額なメジャーバージョンアップコストからの解放 複数通貨・複数言語・複数会計基準に標準対応する日本製ERPシステム
料金プラン
-
マネーフォワード クラウドERP
マネーフォワード クラウドERPは、会計から人事労務までバックオフィス全体を連携し自動化できるクラウド型ERPです。必要なものから導入できるため、最短1ヶ月・低コストで利用可能。内部統制にも対応しています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
SAP Business One
SAP Business One(エスエーピービジネスワン)は幅広い業務を手軽に管理できる、多言語対応のERPサービスです。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Galileopt DX
Galileopt DXは、企業成長をサポートする情報基幹システムです。
料金プラン
-
NetSuite
世界で最も利用されているクラウドERPソリューションです。現在、100を超える国で30,000以上の組織において利用されています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
GRANDIT miraimil
GRANDIT miraimilは、10種類の基幹業務を統合できるクラウド型ERPです。経理、資産管理、販売、在庫、人事、給与などを自由に組み合わせて利用でき、事業の成長や領域の拡大に応じて変更可能です。2021年10月より提供を開始します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
GEN
新自由クラウドERP「GEN(ジェン)」販売/在庫/生産管理などのバックオフィス業務を快適に。テレワーク対応にぴったりです。業界初のブースト機能で、帳票編集、項目増設、システム間連携といったカスタマイズが、ノンプログラミングで行えます。
料金プラン
23,500円-/月
無料トライアルあり
Reforma PSA
Reforma PSAは、プロジェクト別の収支を「見える化」するクリエイティブ業向けクラウドサービスです。管理会計やプロジェクト収支管理を行うための『はじめての』クラウドERPとして初期費用0円、月額30,000円~ご利用開始いただけます。
料金プラン
300円-/月
無料トライアルあり
iDempiere
iDempiereは低コスト導入、低コスト運用が可能な、プラグインで機能拡張できるオープンソースのERPです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
EAST2
EAST2は、中堅・中小企業向けプロジェクト原価管理型ERPソリューションです。業務管理機能が充実しており、システムを通して業務の統制や効率化を支援します。
料金プラン
-
AMMIC
製造業、販売物流向けの生産管理に特化したERPです。今までシステム化を諦めていた企業にも対応できる、充実したパッケージ内容が魅力です。
料金プラン
-
ALL-IN
ALL-INは、経営に必要なすべてのシステムをたったひとつにまとめました。顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・人事・給与・会計・販売管理・グループウェアなど、あらゆる業務をカバーするシステムがオールインワンされています。新しく何かを加える必要はありません。
料金プラン
-
無料トライアルあり
MA-EYES
MA-EYESは、業務効率化や売上アップをサポートするERPシステム(統合型基幹業務パッケージ)です。プロジェクト型企業や広告関係の事業に向けたパッケージがあり、リアルタイムで経営数値の把握やプロジェクトの収支、原価管理などができます。
料金プラン
-
無料トライアルあり
SAP Business ByDesign
SAP Business ByDesignは、社内のあらゆる情報を一元管理できるERPシステムです。会計や販売、顧客管理からプロジェクト管理まで、あらゆる部門に必要な機能を集約しています。
料金プラン
-
SAP S/4HANA Cloud
SAP S/4HANA Cloudとは、大企業向けに展開されているSAPのERPです。SAP HANA インメモリーデータベースによるスピード改善、クラウドとオンプレミスという導入形態における選択肢などが特徴。
料金プラン
-
無料トライアルあり
MA-EYESnc
MA-EYESncは業界特化型クラウドERPシステムで、システム業界特有の業務を統合的に管理することが可能です。
料金プラン
40,000円-/月
無料トライアルあり
ERP(基幹システム)のサービス資料21件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Plaza-i
ZAC
ALL-IN
Reforma PSA
NetSuite
iDempiere
MA-EYES
ERP(基幹システム)のお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは生産管理システム在庫管理システム受発注管理システムEDI販売管理システム原価管理システム購買管理システム倉庫管理システム(WMS)工程管理システム施工管理ソフト・アプリサブスクリプション管理システムSCM(サプライチェーンマネジメント)CPQまで含めた一連のERP(基幹システム)のサービスについてまとめています。

ERP(基幹システム)の基礎知識

1
ERPとは
ERPは「Enterprise Resources Planning」の略語で、日本では「統合基幹業務システム」や「業務システム」などと一般的に訳されます。

生産・人材・会計といった部門ごとに運用しているシステムを統合し、社内の情報を一元化することで、経営判断に活かすシステムです。

【ERPが登場した経緯】

もともとERPは、生産管理の手法であるMRP(Materials Requirements Planning)が元であり、生産資源を有効に活用し、効率的な生産体制を確立するための考え方として1990年代に登場しました。さらに製造業界で確立されたMRPの考え方を、一般企業にも適用できるようにしたものがERPです。

ERPは企業経営のベースとなる資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を一元的に管理し、最適な配分を目指す考え方であり、それが徐々に経営資源を有効活用するためのシステムを指すようになった経緯があります。

【ERPの普及する背景】

一昔前は、いわゆるパッケージソフトとして社内サーバーで運用するのが一般的でしたが、近年はあらゆるシステムのクラウド化が進み、サーバーを構築せずにインターネット経由で利用できるようになりました。

これによってERPを導入する敷居が低くなり、中小企業でも積極的に活用するところが増えてきています。
2
ERPの基本機能
ERPはさまざまな製品・サービスが提供されていますが、どの製品でも次の機能は標準搭載されています。

・会計管理:一般的な企業会計を効率化できるシステム
・購買管理:原材料の購入量や商品・サービスの入荷量の管理ができるシステム
・生産・在庫管理:棚卸資産の管理や原価計算、ワークフロー管理などができるシステム
・販売管理:売上高の計算や販売状況、出荷日時や返品の状況などを管理できるシステム

これらのシステムを統合し、一元的に管理・運用できるのがERPの特徴です。

いわゆる「基幹システム」と混同されがちですが、役割に応じて個別のデータベースを管理する基幹システムに対して、ERPはすべてのデータベースを統合管理するので、データのやり取りに時間がかかりません。

なお、導入企業の規模や業種などによって求められる機能が異なる場合もあるため、ERPは必要に応じて機能を追加する形をとるのが一般的です。上記のシステム以外の機能に関しては、新たにサービスを契約してシステムを統合するケースは珍しくありません。
3
ERPはなぜ必要か?
ERPが多くの企業で必要とされた背景としては、IT化の進展による情報管理の重要性が認知されるようになったことや、海外展開をする企業が増加した点などが挙げられます。

【情報管理の重要性が広く認知されるようになった】

かつては、部門・部署ごとに個別に業務情報を管理する方が、効率的と考えられていた時代がありました。しかしIT化の進んだ現代では、ビジネスシーンで取り扱う情報の量が格段に増加しています。

そのため社内の各部署で個別に情報を管理していると、必要な人員が必要なタイミングで情報を活用できない事態になるケースが出てきました。業務プロセスも煩雑になり、機会損失が発生する場面も珍しくなかったのです。

そこでERPを導入し、あらゆる業務情報を一元管理することで、必要な情報をすぐに入手・活用できる体制を目指す企業が増えてきました。

【海外展開を目指す企業が増加した】

2000年代以降、積極的に海外展開を始める日本企業が増加したことも、ERPが普及した背景のひとつです。海外の拠点と情報を共有する必要から、あらゆる業務情報を統合データベースで管理し、どの場所からでもすぐに活用できる環境が求められました。

国内の拠点だけでも業務連携に課題を抱える企業が多いなか、さらに海外展開を進めるためには、徹底した情報管理が求められます。そこで大規模なERPを導入し、社内の情報管理体制を刷新することで、海外展開に備える企業が増えてきたのです。

【DXの推進もERP普及の一因に】

近年、特に注目されている「DX(Digital Transformation)」の実現のため、新たにERPを導入する企業も多くあります。DXはデジタル技術を活用することでビジネス活動を再構築し、競争優位性を確立する試みです。

DXはたんにITツールを導入・活用するのみならず、業務プロセスの改善・再構築も含む概念であり、ERPの導入で基幹業務を刷新し、業務効率化と生産性の向上を目指す企業が目立つようになりました。あらゆる業務情報を統合管理できるERPを、DX実現の要として捉えている企業は少なくありません。
4
ERPを導入するメリット
【経営状態を可視化できる】

ERPでは、あらゆる経営資源を一元的に管理できるため、経営状態の可視化が可能になります。

会計や人事、商品などの情報をまとめて管理できるので、自社の置かれた状況を俯瞰し、客観的な視点から経営判断ができるようになります。特にビジネスにスピードに求められる現代では、ERPによる経営状態の可視化と、それに基づいた合理的な戦略の構築は大きな強みになるでしょう。

【業務効率化と意思決定のスピードアップが可能】

統合データベースによって一元的に管理した情報を活用できるので、社員の業務効率化が実現でき、経営陣の意思決定のスピードアップも可能です。

情報が各所に散在している状況では、情報の収集が目的化してしまいがちで、必要な場面で十分な情報を活かせないケースは珍しくありません。ERPであらゆる情報を統合管理できるようになれば、部門横断的に情報を活用できるようになります。

営業とマーケティングをはじめとして、各部門の連携性が高まり、組織全体のパフォーマンスが大幅に向上するでしょう。
5
ERPを導入するデメリット
【初期費用の負担が大きい】

ERPはさまざまなシステムを統合する必要から、導入規模が大きくなりがちで、イニシャルコストの負担が大きくなる傾向にあります。

特に、事業規模が大きくなれば大きくなるほど導入費用が莫大になり、追加的に機能を実装したり、アドオン(追加開発)したりしなければならないケースも多いため、十分な予算を用意して計画的に導入を進めなければいけません。

【業務フローやマニュアル整備の見直しが多い】

導入にあたっては業務プロセスの見直しが必要な場合も多く、関係部署の業務フローを見直しつつ、マニュアルの整備や社員教育も必要になります。他のシステムの導入・運用と比べて、手間とコストがかかる点は理解しておきましょう。
6
ERPの比較ポイント
【総合的な費用】

ERPは他のツールやシステムと比べて、導入・運用にかかる費用が高い傾向にあるため、どれぐらいのコストがかかるか確認し、費用対効果を概算して導入の是非を判断する必要があります。

ただし、ERPはもともと大企業向けのシステムとして知られていましたが、近年はクラウドサービスの登場で比較的、低コストで導入できるサービスもあります。

クラウドERPシステムは、従来型のサーバーにシステムを構築するオンプレミス型に比べると、低コストで比較的手間をかけずに導入できるので、特に中小企業におすすめです。

ただし、オンプレミス型に比べるとカスタマイズ性で劣る部分はあるので、事業規模や予算、導入を検討しているERPの機能性などを比較したうえで、環境に合った製品やサービスを選択しましょう。

【システムの操作性】

ERPはさまざまな部門の社員が利用するため、できるだけ使い勝手のよいシステムを選ぶことが大事です。誰でも直感的に操作できるUIが理想であり、ITリテラシーが低めの人でも、ある程度は使いこなせるシステムでなければいけません。

コストや機能性も当然重要ですが、スペックの高さにこだわるあまり、使い勝手の悪いものを導入しないように注意が必要です。

ERPの中にも、無料体験版やトライアル版が利用できる製品も多いので、事前に操作性や機能の使いやすさを確認しておきましょう。ベンダーに依頼すれば、導入前に使い勝手をチェックできる場合もあります。

【システムのセキュリティ】

ERP上で機密情報をやり取りする場合もあるため、システムのセキュリティも確認しなければいけません。

顧客の情報や社員の個人情報などを日常的にやり取りする性質上、堅牢なセキュリティの下で運用できるかは非常に重要な選択基準です。アクセス権限の設定やユーザー認証など、具体的にどういったセキュリティ機能が実装されているかチェックしましょう。

また、クラウド型のサービスの場合、システムの運用はベンダーが担当します。ベンダー側のセキュリティポリシーやデータベースの運用環境などを確認し、安全に利用できるサービスを選ぶことが大事です。
7
ERPの導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
【導入目的を明確にする】

導入するERPの選定に入る前に、まずはERPで具体的にどういった問題・課題を解決したいのか、どういった効果を得たいのかを明らかにする必要があります。たとえ高機能でコストパフォーマンスの高いERPを導入しても、課題の解決に役立たなければ意味がありません。

まずは導入目的を明確にして、そこから必要な機能を洗い出すことが大事です。ERPを利用する部門・部署から十分なヒアリングをして、システムの導入で解決すべき問題やニーズを明らかにしておきましょう。

【導入プロジェクトを立ち上げる】

部門横断的に利用するERPは、他の管理システム以上に導入・運用に手間と時間がかかります。営業部門や経理部門、経営企画部門など、ERPを活用することになる部門を横断するチームを立ち上げ、入念な導入計画を立てる必要があるでしょう。

プロジェクトチームを立ち上げたら、各部門のニーズや要望を汲み上げ、調整を図りながら導入を進めることが大事です。ベンダーと各部門の利用者との間に入り、マニュアルの作成や利用者研修を開くといった活動も求められます。

ERP(基幹システム)の口コミ

ZACの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
不動産/建設/設備系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2023/01/28
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
勤怠管理を非常に細かくしてくれるため、かなり便利だと思っています。また、勤怠管理以外にもプロジェクト管理や経費申請でも使っており、中でも経費申請では履歴を見ることができるというのがとても便利だと思ったのでこの評価としました。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
勤怠などといったような、毎日入力する必要がある項目を簡単に済ませることができるため、他の業務に使う時間ができてとても助かっています。
EAST2の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2023/01/25
3/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
予算や進捗の状況が一括で管理できる。 一般的な管理機能以外にも休暇、時間外勤務のスケジュール管理ができ原価管理以外にも充実した管理機能がある。 タブレットからでも見れるのでリアルタイムで費用管理ができる。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
今まで費用管理はパソコン一台で行っていたが、EAST2導入により、対応端末さえ持っておけば現場からも原価管理が行え、数値の入力ミスを最小限にできる。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。